Page: 2/10  << >>
KONE(3rd) & CHEMEX 6cup Glass Coffeemaker


ドリップ関係の器具を新調したよん。以前から気になっていた《Able Brewing Equipment Inc》KONEのステンレスフィルター。改良を重ねてこれが3世代目になるみたい。ペーパー不要であるため、コーヒー豆本来の特徴が味わえる。


今春にはABLE BREWERSからこのフィルターとセットで使えるサーバーが$120で発売されたけど、送料やらなんやら含めると結構な金額になるため、やめた。もともとこのKONEのフィルターは、CHEMEXの6cupにピッタリ合うよという大きさだったので、自分もそれを買った。






とりあえず、両者とも箱からしてめっちゃ洒落ておる


KONEのフィルターは「金属」というイメージからするとずいぶん軽い。強い力が加わると変形してしまうと思われるため、取り扱いにはちょっと注意が必要かしらん。


CHEMEXはハンドルタイプのものとどっちにしようか迷ったけど、最終的にこちらのタイプに。知らなかったが、マシンメイドとハンドメイドだと価格が倍ほども違ってくる。もちろんボクのは前者ですが。。


KONEを装着したところ


ちなみにこれまで使っていたKalitaのポット+バヨネットフィルターと並べると、サイズ的には結構デカくなる。



ちなみに抽出の手順の動画がこちら

蒸らし時間が少し長めなことと、お湯を中央一点に注ぐところがポイントか。実際淹れてみたところ、いつもより酸が多く明度が上がった印象で、反対にコクや苦味は減衰する感じ。コーヒー豆本来のキャラクターはこちらのほうがよりクリアに感じられそうだが、味の好みとしてはこれまでの抽出器具のほうが(たくさん飲む分には)いいかも、、、と思った。正直、最初は「うーん、こんなもんか」と思ったのだが、メッシュをいろいろ試してみたところ、味が激変!これまで16段階中4~5のあたりで挽いてたんだけど、KONEのフィルターだとかなり細かく、12~13ぐらいが良いみたい。何せ、イヤな渋味や雑味がキレイに抜けて、物凄く明度の高い、豆それぞれが持つキャラクターがクリアに感じ取れるドリップになった。これは楽しい!思わず3~4種類の豆をストックして、飲み比べしたくなる。

| かっつん | 22:05 | comments(0) | - | pookmark |
最近の珈琲



自宅コーヒーはHONOさんから浮気する気がまったく起こらない。最近は王道のブラジルが好きな周期に入っている。外で飲む分だと、神戸の『Espresso Bar Plus』のドリップがめちゃ良かった。あの複雑な透明感はなかなか、家では出せない。そんなこともあって、近々自宅のコーヒー器具を揃えなおそうかと考えている。

| かっつん | 22:31 | comments(0) | - | pookmark |
鳳凰単叢 蜜蘭香





久しぶりに飲んだ蜜蘭香。鼻腔に良い香りがスッと抜け、身体は内からポカポカと温まる。 今冬は外に出る機会が増えたため家でゆっくり中国茶を飲む機会が少なくなってしまったけど、たまにはこうやってのんびりする時間も必要やと思った。この直前、窓際の陽だまりで15分ほど昼寝した。
| かっつん | 22:14 | comments(0) | - | pookmark |
今月の珈琲と西光亭のくるみクッキー


今年もHONOさんにはお世話になりそうです。


左からシングルオリジンのPANAMA Berlina Estate、ブレンドの新作1211 HONO Chrome、そしてお試しで送っていただいたETHIOPIA。このエチオピアは、うまく淹れられるようになる前になくなってしまった。PANAMAは華やかな香りと大人しい酸で美味しい!1211は、かなりユニークな味。うまく表現できないのだが。。今度はエスプレッソでおとしてみようかな。


珈琲のお供に


梅田阪急で買いました


くるみがたーっぷり入ったクッキーが、上質の粉砂糖でくるまれております。めっちゃ美味しい!

| かっつん | 22:46 | comments(0) | - | pookmark |
今月の珈琲






久しぶりに珈琲ネタ。HONO ROASTERIAさんでブラジルとエルサルバドルを250gずつ、どちらもイーブンダークローストでお願いした。エルサルバドルは口に運ぶ瞬間にベリー風の果実味、舌でころがすとそこからレーズンのような厚みが浮かぶ。美味しいコーヒーってこんなにも複雑で深みがあるんだね。対するブラジルは風味という点ではよりストレートだけど、こちらはそのどっしりとしたボディの中に言い様のない香ばしさやビターな深みを感じる。それでいて不思議なぐらいに飲み口はサッパリとしている。どちらも申し分なく美味くて幸せ。HONOさんで買った豆は、いつも挽いた瞬間からその良質さがハッキリと判る。センスの良いパッケージにもテンションが上がります。

| かっつん | 22:50 | comments(0) | - | pookmark |
最近のマイブーム〜KALDI COFFEE FARM〜


昔っから輸入食材店にはよく行くが、これまで神戸だと北野の神戸グロサーズや元町の明治屋を利用することが多かった。それが半年ほど前、カルピスバターを扱っているお店を探している際にハーバーランドにカルディというお店があるのを知って行ってみたのだが、ここが結構安くて良い。たとえば今日買った↑の商品、ココナッツミルク×2缶、ホールトマト缶×2缶、オイスターソース、ビール、パスタ(500g)×2袋、タイ料理のペースト×2袋で1,200円。まぁ全体的に貧乏くさい話でなんだけど、どうも性格的に同じモノなら10円でも安く買いたくなる性質なようで。タイ料理のペーストは同じものが冨澤商店では2.5倍の値段で売っていたりするのよね。お店はそこまで大きくないのだが、品数はけっこう豊富で、多国籍な食材が揃っていて面白い。ワインもよくよく見てみるとお買い得なモノが置いてあったりするし。というわけで2週間に1度はここにチャリで行って、安い食材を買っては帰りしているのでした。ちなみに店名にあるようにメインはコーヒーなんだけど、残念ながらコーヒー豆はダメダメ。2回しか買ってないからめぐり合わせが悪かったという可能性もあるが、わりと回転の良いはずの主要なブレンドを買ってみても、もう豆を挽いた段階から鮮度が良くないことが分かってしまうレベル。実際、よくない酸味が出まくって飲めたもんじゃない、ということもあったり。なので、僕はここではコーヒー豆は買いません。。

| かっつん | 23:20 | comments(2) | - | pookmark |
紅茶いろいろ


トルコで十二分に買ってきた(と思っていた)チャイが物凄い早さでなくなってきているため、こらヤバイと思い、別途紅茶を買い足すことに。ちょうどいつもお世話になっているSelecteaさんがフェアトレード月間ということで半額キャンペーンをやっていたため、アフリカ&セイロン紅茶計4種をまとめ買い。新発売されていたケニア紅茶とマラウィ紅茶のブレンド/アフリカ・ユニティーは、ちょうどそのまろやかな渋み(青さと言ってもいい)がトルコ・チャイのそれと似ている感じもする。それから個人的にオススメなのがヌワラエリヤ/ケンメア茶園BOP。ヘタなダージリン飲むなら、こっちを絶対にオススメします。もともとかなりコストパフォーマンスの高いアフリカ紅茶なだけに、この半額期間はほんとお買い得。


お茶関係がしっかりストックされてると、妙に気持ちが安心するのは自分だけではないはず。


こうして見ると整然と管理されているようですが


実際はラベルを何枚も重ね貼りしているため、自分以外には何の茶葉が入っているか判別不能であるという実態。

| かっつん | 23:03 | comments(0) | - | pookmark |
トルコ珈琲
 
旅行中はチャイばっかり飲んでいて、たしか1,2回しか飲まなかったトルコ珈琲。エジプシャンバザールに行った際、超有名な老舗コーヒー店『Mehmet Efendi』で買った粉で淹れてみた。本当はジュズベという専用器具を使うんだが、ミルクパンで代用した。カップ相当の水を入れ、珈琲粉はデミタスカップ1に対してティースプーンに超大盛り1杯程度。砂糖は好みだが、個人的にはデミタス1杯に対し、大匙1ぐらい入れてもいいと思う。最初、粉は水に浮いている状態だが、かき混ぜてはいけないらしい。中弱火で加熱して、自然に沈むのを待つ。しばらくすると泡が浮いてくるので、これをスプーンですくってカップへ移していく。この泡にうま味と砂糖を入れた場合は甘みがほとんど全部入ってくるので、泡を捨てちゃうと、結果シャバシャバのなんだかよくわからない液体を飲むことになる。泡が出なくなったら、強火で一瞬だけ煮立たせて出来上がり。

普段飲んでいる珈琲とは全く別物の飲み物、といった感じ。酸味はなく、ドロっとした苦味があり、苦味のわりにコクはない。個人的にはあまり好きではない、、、かなり独特のクセがあるので、単品で味わうにはちょっとアクが強すぎるかなーと。
| かっつん | 21:36 | comments(0) | - | pookmark |
美味しいチャイの淹れ方


さて気を取り直して。2月に北野のインド料理店/シャミアナさんで買ったチャイ用のスパイスミックス。その際、なかなかお店で飲むような味にならないと相談したところ、ポイントとして’擦ぬ椶竜軻を使う牛乳、水、砂糖、スパイスを最初から全部一緒に入れて火にかける0貅冦ちしたら火を止め、最後にもう一度火を入れて温める、というポイントを教えてもらいました。そこで↑の特濃牛乳。



うちではこれを250cc+水150cc、そこにスパイスを小さじ山盛2杯半、砂糖はその都度好みで(個人的には大さじ1.5杯ぐらいの甘めが好き)を入れ、↑に書いたようなやり方で入れている。



このやり方にしてから、お店で出てくるものとかなり近い、トロリとした密度のある味になった。振り返ってみればこれまではなんとなく「丁寧に煮詰めたほうが美味しい」と思い込んでそうしてたんだけど、実際はそうすることでミルクの風味が飛んでしまっていたのかもしれない、と思ったり。美味しいチャイが入らない〜とお悩みの方は一度お試しあれ。

| かっつん | 21:30 | comments(2) | - | pookmark |
2月の珈琲


って気づけばもう3月か。早っ。前回サンプルでいただいたケニヤが大変美味しかったので、今回オーダー。あとはブラジル・アルトアレグレエステート。



HONOさんのダニッシュローストは、上手く淹れると軽やかさと多種の香味が混じり合ってほんっと美味しいんだけど、それがけっこう難しかったりもする。でまぁ、そんな試行錯誤も含めて楽しめるのが珈琲の良いところだなぁと思ったりもしたのだった。

| かっつん | 22:54 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode