Page: 2/7  << >>
咲く、散る


ここ神戸の桜も満開の盛りを過ぎた感があり、今日明日の雨風で散っていってしまうのだろう。朝、やんわりとした空気の中に溢れる桜並木の下を走るのは、なんともいえず良い気分だった。そんな桜と期を同じくして、うちのベランダではジューンベリーが白く可憐な花をつけていた。何を思ったかモッコウバラと同じプランターに植えてしまったためそちらの勢いに押されがちではあるが、毎年少しずつその幹を太く確実にその背丈を伸ばしていってくれている。昨年はなぜか一つも実がならなかったこいつであるが、今年の6月はどうなるだろうか。


クレマチスは本当に元気。雨まかせで水遣りもほとんどしていないが、次から次に新しい芽が出てかなりの勢いで伸びている。こちらもまた、真っ白な花をつけてくれるだろうか。

| かっつん | 22:31 | comments(0) | - | pookmark |
春である


モッコウバラが一気に芽吹いてきた。今年で3年目なので、そろそろ花が咲いてほしいなと思うが、いかに。同じくハニーサックルやトケイソウ、クレマチスにも鮮やかな新芽が踊る。枯れないことをいいことに、冬場は2週間に一度水やりをするぐらいで放置していたのだが、こうして新しい緑が動き出す春先になると途端に植物に対して胸が躍りだすという現金な性格でございます。植物が人間に与えてくれる喜びや心の安定作用には、想像以上のものがあるなーと、毎度ながら感じさせられる次第。単純に手が回らない、ということもあるけど、わけあって今年はこれ以上増やせないと思いますが、、、

| かっつん | 22:15 | comments(0) | - | pookmark |
たまにはグリーンの写真など


え!?まだゴーヤあるんですか?という突っ込みは置いといて、ご覧のとおりモンステラがごっつい大きくなってますのね。手前ににゅ〜っと出てるのは気根。



2010年5月にやってきたときはこんなだったのにねー。今また新葉が開いてきているのだが、たぶん今年はこれが最後かな。来春こそは植え替えてあげようと思う。ちなみに例年、ゴーヤを撤去するのは10月に入ってからでございます。

| かっつん | 22:20 | comments(0) | - | pookmark |
西側ベランダの表裏


いつも台所の窓からこんな風に見えている西側の植物たち。水やりも基本ここからするので、実はあまり外から眺める機会がない。



しかしていったん外へ出て眺めやるとこの茂りっぷり。ベゴニアもヘデラもここの居心地は良いようで、小さい鉢なのに本当によく育っている。





そして家の中からは見えなかったコラリーナ・ドゥ・ルッツェルナの花が予想外に美しく。葉の下にシャンデリアのように垂れ下がる花房。


完全に枯れてしまったと思ったポトスも再生中

| かっつん | 22:10 | comments(0) | - | pookmark |
天空の城ラピュタ


「バルス!」じゃないけどね。台風被害を避けるため、室内に取り込んでいるモンステラ。ゆっくり開きつつある新芽が室内灯にぼんやりと浮かび上がっていた。前回の新芽は途中で先っぽで引っかかってちぎれてしまったため、今回のは慎重に慎重に。観葉植物はこの時期に出てくる葉が最も巨大になる傾向にあります。なのでむっちゃ楽しみ!


| かっつん | 22:49 | comments(0) | - | pookmark |
補色な世界






赤と緑の組み合わせって、なんとも言い難いインパクトがあるよねー。毒々しいけどギリギリのところで涼やかで、ドぎつい押し出しがありつつ妙に心が落ち着く収まりの良い空間を感じたり、、、という不思議な感触。



ベゴニアとセージでジャングリーな度合が増してきた台所前。植物の強さをヒシヒシと。

| かっつん | 22:36 | comments(0) | - | pookmark |
ダリア ブラックナイト


銅葉のダリア/ブラックナイトが開花



このスッとした立ち姿がなんとも美しい



上から見るとこんな感じ。葉色とのコントラストがまた綺麗なのだ



珍しく接写してみた

| かっつん | 23:11 | comments(0) | - | pookmark |
満開




今朝、ジョギングに出ようと玄関ドアを開けたら満開のクレマチスが朝陽にパーッと輝いており思わず「ほぅ」と溜め息が漏れるほどに綺麗だったという。


その上にハンギングされたオーストラリアン・ブルーベルも花盛り。でもなんだか来週辺り梅雨入りしちゃいそう。あの温湿度は大半の植物にとってある意味真夏の灼熱よりも酷なので、枯らさないように要注意。

| かっつん | 22:36 | comments(2) | - | pookmark |
甘い香り

ここ1週間ほどで開花のピークを迎えているハニーサックル



一つ一つの花の寿命はとても短く、数時間程度。ピンク〜白〜ゴールドと色が変わり、最後は黄色っぽくなって朽ちる。特に夜になると、このベランダの窓を開けていると物凄く甘い香りが漂ってくる。



玄関前ではクレマチス/ロコ・コラが毎日開花

その上にはオーストラリアン・ブルーベルの小さな青い花


その向かいには今年もトケイソウが増殖中


トラディス・カンティアにも無数の蕾


ベゴニアの花も、可愛らしくて好きだ。
| かっつん | 22:39 | comments(2) | - | pookmark |
クレマチス/ロコ・コラ




うちに来てからもうすぐ2年になるジャックマニー系のクレマチス/ロコ・コラ。今年はこれまでになく旺盛な伸びっぷりで、ざっと見ただけでも蕾が20個近く付いている。



そのうちの一つ目が今日、開花を始めた。かなり花持ちが良い花なので、これからこの白色が壁面をワーッと華やかにしてくれるかな。



オマケといっては失礼だが、今年も屋外スパルタ式で越冬したモンステラ。今年も新芽が動き出した。これはちょっと葉先が傷んでるみたいだけど、とにかくかなりのスピードで巨大化していってるので、今年もサイズ更新を期待してます。そろそろ植え替えてあげたほうがいいんだけどねー。

| かっつん | 22:18 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode