Page: 2/10  << >>
GWラストスパート

連休中のto doリストでまだ出来ていなかったこと、を最終日にやる!と。そのためにトレは早朝に済ましておきたかったんだけど、起きたらなんかしんどかったのでやめた。喉が痛い。昨日の寒さで風邪ひいたっぽい。


とりあえずホットケーキを焼いて朝ごはん

 

バイク実走。連休中に逆瀬川-一軒茶屋のリベンジを、と思ってたけど、どうしても気持ちが乗らず、果たせず。走りに出る準備はしてしまったので、もやもやした気分のまま六アイへ。いつもより1枚重いギアで踏む練習、と割り切って3周回。足を休めないよう意識しつつ、疲れが残らないようLT値を超えない範囲で回した。


しそおにぎりで昼ごはん

で、引越して依頼5ヶ月の間ほったらかしにしていたCD棚作りへ。手持ちのCDが全部入るよう、計算上は2,500枚入るサイズで材料を揃えた。


側板となる材に、棚位置を罫書きしていく。この辺は4年前に作った際と同じく、手順は全て『清く正しい本棚の作り方』に則った。


もう1枚の側板にも同様の位置で印を入れていく


それができたら今度はその印したポイントがそれぞれ外側にくるように2枚の側板を並べあわせ、両サイドのポイントにむかって定規でピーっと線を引く。これが棚板がくる位置の目印になる。ここまで30分ぐらい。Larry Coryell聴きたいな。


今回、一番下の棚だけ間隔を広めにとって、DVDが入るサイズとした。懐かしのAt The Gates


床面から一番下の棚板まで隙間があるので、そこにレコードを並べてもいいかしら。GRAILSのLPジャケはこれだけで一つのアート


さて、棚板がくる位置のそれぞれに、2箇所ずつ下穴用のポイントを打った



今回の側板は、設置の関係上38×89mmのツーバイ材を使用している。そのためネジ長が70mm前後とやや長めのものを使用する必要があり、ドリルにもある程度パワーが必要かと思い、Amazonで↑のインパクトドライバを購入した。ちなみに前回作ったときは、ヤフオクで2,000円ほどのメーカー不明のドリルドライバを使っていたが、2,3年でバッテリーが弱くなってしまい、引越しの際に処分した。なので今回はAC電源式のものを購入。


さすがにちゃんとしたモノだけあって、パワーが全然違う。またたく間に下穴空けが完了した。


並行して晩ごはんのキッシュ作り。朝のうちに仕込んでおいたパートを型に入れ、さらに1時間ほどねかしてからオーブンへ。


その間に塩茹でしておいたそら豆と、生ハムとチェダーチーズ、タイムを載せて焼く。


焼いている間に棚作りを進める。間の写真を忘れたが、棚板1枚1枚に木工ボンドを塗布し、接着させたのち側板にネジで固定していく。今回は棚板幅が1820mmとかなり長いので、写真の机の上に立って作業した。特に最初の数枚を止める際にグラグラとして、かなりやりにくかった。写真は片側の側板の固定が終わり、それをひっくり返してもう片方の側板をとりあえず乗っけてみたところ。


で、今度は反対側の側板を固定していくわけだが、ご覧のとおり今度は全ての棚板を一気にサンドしてボンドが乾く前に手早くネジ止めしていかなければならない。これだけ枚数があると大変。


先にネジを仮置きしておいて、いざ・・・


やはりこの長さに苦戦して少しモタついたが、ほぼブレることなく固定が完了した。作業開始から3時間半ほどが経っていた。設置および完成図のほうはまた後日。


キッシュもうまく焼けておいた。レシピではペコリーノチーズを使っているのだが、スーパーでは売ってなかったのでチェダーで代用。計らずもきれいな色彩に仕上がった。そら豆はやっぱ美味しいな。今シーズンもう1回は作りたいところ。というわけで、疲れた。晩になって喉がまた痛くなってきた・・・

| かっつん | 21:10 | comments(0) | - | pookmark |
GORMシェルフユニット


IKEAで配送を依頼していた棚が届いたので組み立てた。


と言ってもパイン材で出来た支柱と棚をネジで止めるだけだが・・・


しかしなぜかネジが通常のプラス/マイナスでも六角でもなく、このタイプ・・・電動ドリルが使えず、手動。しかもスパナは玩具のようなものしか手元になかったため、かなりめんどくさかった。


足に履かせるゴムは別売で130円/2ピース也。


これまた精度なんて欠片もないような代物であるため、装着するのは力技で。


以前の住まいでも使っていたRIBBAの飾り棚


ちょうどこのシェルフの奥行幅と同じだったので、取り付けてみた


とりあえず暫定で。棚やステンレスのバスケットは別売のものを追加することもできるし、木材なので、自分で棚板を買ってきて取り付けたり、何かをぶら下げるためのフックを打ち込んで使うのも自由。なのでこれから少しずつ使い勝手の良いように改造していくつもり。

| かっつん | 21:09 | comments(0) | - | pookmark |
KNOT ANTIQUES GOORIS & ANNEL BED マイクロ3ゾーンCL P900


困ったことに風邪が長期戦の様相を帯びてきた。丸4日走れていないと、さすがにちょっと焦る。とにかく早く寝るしかないねー。ということで無理やり寝具の話にもっていく。なかなかスンナリとはいかなかったが、年末ぎりぎりにマットレスとフレームが揃い、新しい年を新しい寝具で迎えることができた。もともとマットレスは引っ越し直後に大阪の家具屋町というところまで買いに行ったもので、12月22日には搬入されていた。アンネルは国産のメーカーだが、このモデルは米国SERTAの定番モデルをパクって参考にして作ったものだとか。某シモンズに限らず、どうもベッドメーカーというのはそのライセンスだけが独り歩きしているような場合も少なくないようで、ブランドネームが担保するクオリティに対して、過度な期待はしないほうがいいみたい。当たり前だが、良いものはそれ相応に、高価である。


この『マイクロ3ゾーンCL 』にはダブルサイズで計1128個のポケットコイルが使用されており、かつ最も体圧のかかる腰部(中央部)ではコイル配列の密度を高めている。お店の人は価格帯的にはこの下のランクの『HC3ゾーン P650』がオススメのようだったけど、若干腰が沈むような感触があったため、この『マイクロ3ゾーンCL』を選択した。少し困ったことはと言えば、マット厚が30僂△襪燭瓠対応するシーツが既製品にはほとんどないことか。幸いにも、無印のシーツがマット厚18〜28cmに対応となっていたのでダメ元で買ってみたら、いまのところ問題なく使えている。


ベッドフレームは当初、無印の無垢材あたりでお茶を濁そうかと思っていた(IKEAは安いが大型家具を買うのはリスクが高過ぎるのでやめた)のだが、以前ソファを物色していた折に知った国産家具メーカー/KNOT ANTIQUESで良さげなモノがあったので発注した。こちらは運送業者が持ってくる部材を間違えたり、組み立ても素人同然でありえない間違いをしていたりと大変だったが、当初より1週間遅れの29日になんとか設置が完了した。次は「理想の枕を」といきたいところだが、枕は本当にムズカシイ、らしい。お金もないし、とりあえず枕ジプシーになるのはしばらく先にしておこう。

| かっつん | 21:04 | comments(0) | - | pookmark |
とんだメリークリスマス


紆余曲折あってようやく本日夜、ベッドフレームが到着した。し・か・し!なぜか配送/組み立て業者が持ってきたパーツの中に大型のスタンド・ミラーが。「え?そんなん頼んでないけど」と言ってるうちにどうも本来あるべきはずの「スノコが届いていないっぽい!?」ということが判明。つまりは配送ミス。一週間、このスノコの入荷を待ってたんですが・・・。20時を回っていたため元請の佐川とは連絡が取れないとのこと。発注した家具店へ連絡してもらうも、やはりそちらからも今日中には佐川と連絡が取れないため、どうしようもない。下請の配送/組立て業者としては「僕らは言われたものを言われたとおり運んで組み立てただけなので」というスタンスなので、この人らに言ってもやはり、どうしようもない。とりあえずスノコがないとマットレスを載せることはできないので、寝室からいったんリビングのほうへ運び出してもらい、帰ってもらった。それが↑の写真である。そして一見まともに見えるこのフレームだが、実はサイドフレームと脚の取り付けの天地が逆なんである。プロなのになんでこんなん間違えるのかしらん・・・。配送ミスについて家具屋さんは電話で平謝りに謝っていたが、こちらとしては謝られたってねぇ・・・という感じ。はっきり言ってめちゃくちゃ邪魔やし。スノコはまだ多分、九州の倉庫にあるっぽい。つまりは最速でも明日中の配送は無理なので、あと2日ほどこの大きなフレームとリビング同居せなあかんということで。はぁ、メリークリスマス。

| かっつん | 21:20 | comments(0) | - | pookmark |
『家具の町』に行ってきた

引越しの際、これまで使っていたベッドを処分した。睡眠の質を少しでも良いものにしたいという気持ちもあって、新しいベッドマットはこれまでより少しマシなものを買うことにした。そうしてネットをウロついていたところ、社長サンのblogがかなり独特のイロを持っている家具屋サンの存在を知り、週末に大阪の実家へ帰ったついでにちょっと寄ってみることにした。


面白いことに、そのお店がある場所の地名は大阪の"家具屋町"というのだ。実家へ帰ったついで、とは言うものの、実際はJRの環状線と東西線〜片町線を乗り継いで1時間近くかかる"長尾"という駅が最寄になる。そしてそこからお店まではかなりの早歩きで20分ほどの距離。つまりは、結構メンドクサイ。もちろん初めて来る場所であるが、基本的に歩いている人がほとんどいない。歩道も、少ない。みんな、車。歩いていると後ろから跳ね飛ばされても文句が言えないような、なんとなく殺伐とした雰囲気で。


撥ねられないよう注意しながら歩いていると、このように「家具」の文字がちらほらと現れだす。しかし基本的に人気は、ない。


さらに進んでいくと、道路沿いに家具店が連続して並ぶ。しかしどこもこれといって活気は、ない。気づけば行く先に暗雲が立ち込めてきた。


目的地に到着。こちらも店内にお客さんの姿は、なし。


ともあれ、このようにたくさんのベッドマットが並ぶ。その数公称で300だとか。面白いのは、主力商品はサイドにそのカットサンプル(メーカー配布のものではなく、お店独自で中身を切り裂いて作っているようだ)が並んでいるところ。某有名ブランドでも「開けてビックリ」なモノは多いですよ、というメッセージのようで。基本的にこの写真からもわかるとおり、有名どころの中ではSERTAをメインに推しているようだ。しかしHPを見ているとわかるが、どこどこの○○が絶対に良いですよ!というよりは、複数のメーカー、複数のラインナップの中からそれぞれのお客さんに合った良いモノを選んでもらいたい、というスタンス。なんといっても商売であるので、ここの主張を100パーセント鵜呑みにするつもりはないが、名より質、という考え方は個人的に好きである。いくつか気になるものを試させてもらったが、しょせん素人が数分横になったところで、それが自分に本当に合っているかどうかなどは分からない。後はある程度バクチである。まったく見たことも触ったこともないものをネットで買うよりは、短い時間でも目で見て肌で触れることにはそれなりの意味があるとは思うが。1時間半ほどで購入するものを決定した。届くのは2週間後。何を買ったかはそのときにまたお知らせしようかしらん。結局、往復の時間を合わせて5時間近くかかった。実家で遅めの昼食をとり、帰宅すると17時前。ちょっとだけ走ってきた。




住吉川を1週半してから山手幹線を芦屋まで。住吉川の北行きの上りはそれほど急ではないのだが、結構キツい。下りもわりと速めに駆け下りたので、序盤でだいぶ脚を使ってしまった。結構ツライ状態で残り10km。体感的な強度は以前ポーアイでハーフ走をしていたときよりもキツいかも。時間は短いが、わりと良い練習になった。

| かっつん | 22:52 | comments(0) | - | pookmark |
見えなければいい、というものでもない


朝ランするつもりで起きたが、足ダメージの回復具合が芳しくなかったため、中止。トレオフにして二度寝。しばらく治まっていたのだが、最近また日中の立ち眩みが酷い。貧血なのか、エネルギー不足に因るものなのか、不明。


引っ越してから明日で1週間になるが、LDK以外のスペースはほとんど手付かずである。自転車部屋にする予定のこちらは、ご覧のとおりMINOURAのスタンドこそ設置したものの、床は段ボールやら衣装ケースでいっぱいで、まだ室内トレが出来る環境にない。今冬は固定ローラーが欲しいが、階下への騒音・振動対策も考えなあかんしね。とあるイケメンさんが日々着々とパワトレに励むサマを、指をくわえて見ている次第。


さておき今回、引っ越しにあたってエアコン、洗濯機、ベッドは処分して買い替えることにした。そして今夕、洗濯機が到着。必要なスペックと価格からSHARP ES-GE60Nにしたのだが、普通であればぜーったいに選ばないこのカラーリングは・・・そしてカタログ画像で見るよりも、実物はプラステイックの安い質感が加わって究極にダサい。


普段はこうして目につかない場所に隠しておけるのでいいか、と思って買ったが、それにしてもあまりに酷く気に食わない見た目というのは、ただそれがそこに在るというだけで、己がテンションを萎えさせるのに十二分である、というのがよくわかった。

| かっつん | 22:50 | comments(2) | - | pookmark |
新しい朝が来た


久々に密度の濃い1週間でありました。徹夜を覚悟していた金曜夜は気力体力とももたず、2時前にはダウン。4時間ほど寝て朝から最後の荷詰めを開始。なんやかや言っても最後はどないでもなる、という周りの言葉通り、昼頃には一応の梱包作業が終了した。引っ越しのトラックは「午後便」というアバウトな時間区分であったため、そろそろかしらん?とソワソワしながら室内の清掃などをして待っていた。15時過ぎに業者から連絡があり、15時半頃にやってきた。うちはそれほど荷物が多くないほうだと思っていたが、結局は段ボールが50箱ちょい、それに大型家電・家具・自転車・植木などがあわさって結構なボリュームになった。ちなみに段ボール梱包のうち4割近くがCDと本。


そう、そういえば今回の引っ越し業者はサカイ。前回引っ越し時にお願いした地域の引っ越し業者が安くて良い仕事をしてくれたので今回もそちらで、、、と考えていたのだが、見積もり合わせをしてみたところ、ちょうどその辺りはトラックの遊びがあまりないようで価格がほとんど下がらなかった。対してサカイはどんどん下がる。こちらが「今どれだけ安くしてくれても、この場では決められない」と言っても、どんどんと価格を下げて提示してくる。最終的には当初提示の値段から4割も下がっていた。結局その場では決めなかったのだけど、その価格差(固定ローラー台が買える)は大きく、サカイにお願いすることに。

そんなこんなでやって来てくれた3人のサカイさん。ひととおり荷物を確認する中で、植木群を見て「えっ!?」という表情。どうも指示書には書いていなかったみたいで、加えて荷物量も指示書からの想定より多かったのか、これ、全部載るんかか?という気配が漂っているのを敏感に感じるワタクシめ。それでも、積めるとこまでとりあえず積んでいきましょか、という感じで引っ越しスタート。正直、普段はサカイ品質wwとか草生やしてる自分らだったが、今回のまさしく「プロ」という仕事にはちょっと感動。おそらく社員2人+アルバイト1人という構成なのだが、責任者とそこから指示、それに基づく作業分担が徹底していた。早く、丁寧に運ぶといった基本はもちろん、これはどういったものでどう運んでほしいのかという客側の気持ちをしっかりくみ取ってくれる感じ。


植物にしても「枝折れは補償できません」と事前に断りを入れつつも、不十分な梱包については時間をかけて追加梱包するなど可能な限りケアしてくれて(ちなみにサカイのパンフでは、動植物については「運べないものリスト」に載っている)結果としてこんなデカいジューンベリーもほとんど無傷で新居に移すことが出来たのでした。ただただ有り難い。


そんなややこしい荷物があったことも関係して、搬出作業に2時間超。転居先のガス開栓の立会いがあった自分は、一足先に自転車でそちらへ向かった。ちなみに、賃貸契約書文言の修正などがあった関係で、鍵渡しは当日現地で、というドタバタぶり。なんとかその辺の確認とガス開栓も終え、それから1時間ばかし、照明のほとんど無い暗い室内で荷物の到着を待っていた。


チャリをすっ飛ばしてきたことで発汗した汗が冷え、これは確実に風邪をひくなぁとぼんやりと考えたり。19時前になってトラックが到着し、搬入スタート。ここでも先の作業と同様にプロフェッショナルな仕事が行われ、何の不満もなく2時間ほどで作業が完了した。最後まで本当に行き届いた仕事で、今回の引っ越しは当たりだったなーとしみじみ思った。


時刻は21時をまわっていたが、とりあえず晩ごはん何か食べないと!と思い、先の待ち時間中に目星をつけていたR2沿のうどんや『得正』へ。ここのカレーうどんがめっぽう旨いのだと書いてあったが、いやこれはマジでうまい。出汁の深みを背景に、インド料理かと思うようなスパイスが鮮やかに香る。ここはまた来たい!と思うと同時に、この時間にこんなモノを食べたら太るやろうなーという思いもチラリ。仕方がないこととはいえ、トレーニング時間が激減し、外食が激増したこの1週間でありました。

| かっつん | 23:19 | comments(0) | - | pookmark |
ある意味良い記念になった雑誌掲載のお知らせ


かねてより当サイトをご覧頂いていた方は知っているかもしれない。かつてこの家がインテリア雑誌の取材を受けたことを。もう1年9ヶ月も前の話。その後待てど暮らせどまったく何の連絡もなかったのだが、先日その出版社より連絡があり、別の雑誌で掲載させてもらえないか、とのこと。やはり当初予定していた雑誌への掲載はボツっていたらしい。それならそれで、連絡ぐらい欲しいよね。というわけで某誌に2Pだけ載った。思うところあって、誌名は伏せときますが。笑

| かっつん | 23:07 | comments(4) | - | pookmark |
工具棚を増設

ぼちぼち自転車関係の工具なども増えてきたため、その辺まとめて置いとける棚が欲しいなーと思い立ち、例によってDIYとも呼べない超簡単工作で増設。まずホームセンターで買ってきた集成材の表面を紙やすりで軽くサンドして、ペイント。塗料は以前この部屋をペイントした時の余りものを使った。

ブラケットはIKEAで購入。ペイントした棚板が乾くのを待ってる間に買ってきた。棚幅が1200mmとちょっと長めなので、3点で支持。下地のある箇所を調べ、以前取り付けたアイアンフックとバランス良く収まる場所に設置。以上終わり。




かかった費用は
パイン集成材(1200×18×200mm) ¥1,050
ブラケット(EKBY VALTER) ¥300×3=¥900
ネジ ¥100
でした。
| かっつん | 22:19 | comments(0) | - | pookmark |
8月のIKEA


日曜日、自転車で行って来た。昨年7月に同じように自転車で行ったところ、軽い脱水症状のようになってヤバかったという恥ずかしい思い出があるため、今回はしっかりと飲み物持参でゆっくりと。

この日はどっちかというと「IKEAに行きたい」というより「自転車に乗りたい」という目的だったため、買ったのはこのLAMPLIGのポットスタンド¥299だけ。なぜにポットスタンド?しかも4つも?と思われそうだが、これをベランダ・ガーデニングで地面に直置きしている鉢の下に敷こうかなーと。直射日光で猛烈な暑さになる地面からの熱気対策と、通風や排水性の確保が目的。使ってみてイイ感じだったらまた買い足すつもり。

| かっつん | 22:48 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode