Page: 2/716  << >>
月例京都ランチ

5月12日土曜日。昨晩はほとんど飲まなかったわりに、起床時の疲労度は強め。とは言え土曜のロング走はもうこれで3ヶ月ほど継続していて「必ずやらなければならないこと」として自分の中で定着しているため、大きな葛藤はなく着替えてスタート。ただ、走り出しの感触としては直近1ヶ月のロング走の中では一番キツいかも、、、という感じ。シューズはすっかり坂道ロング走専用になってしまったHOKA ONE ONE Clayton2。基本的につま先部の空間が広いはずのHOKAだけど、このclayton2は自分の足だと特に左側の小指が少し圧迫される感じがあって、しばらくして慣れる(というか麻痺する)まではわりと痛い。そんなんで「身体が重いなー」「つま先が痛いなー」と考えつつ、山幹の一本上の道を経由して高羽へ、そこから鶴甲方面への上りを開始。キツいはキツいけど、だんだん身体がその辛さに慣れてくるところがあるのか、それなりに耐えられる程度の負荷で表六甲DW入り口までの上りもプラスしてからUターン。束の間、このまま終了して帰宅しようかしらんという考えが過ぎりつつ、それだと己に負けた感を引きずったまま残りの休日を過ごすことになるよというような考えが無意識的に働いて、いつものノルマをこなす感じで渦ヶ森へ。ここでも特にこれといったハイライトはなく、疲労度に比例した減速加減で上って下ってを繰り返して計28.2kmを走って帰宅。このコース取りでちょうど30kmになればスッキリしていいんだけど、微妙に足りない。もう少し余裕が出てくれば上り返しのループを1回プラスしようと思いつつ、なかなかその余裕が生まれないというのが現実。今回はave.4:32/kmと、前々回のav.4:29/km、前回のave.4:31/kmと比べると少し遅いけど、体感的な疲労から予想していたよりはだいぶ速かった。結局、アップダウンのあるコースだと、メンタルが弱いから特に上りですぐにリミッターをかけてしまっているのかもしれない。なので調子が良い日でもそれほどペースが上がらないのかも。

 

DSC09256.jpg
さておき、今日は月例の京都ランチの日。11時前に家を出て、12時半過ぎにお店に到着。お店に向かいながら「何食べようか」と考えていて、今日のメインは牛肉のタリアータだなっていう気分だったけど、黒板を見ると残念ながらタリアータ(羊だったような気もするが)は品切れ。というわけで毎度のことながら楽しく悩んだ末にオーダー。

 

DSC09257.jpg
いつもながらに美しい突き出し。今日はタコとセロリの佐サラダもついていた♪

 

DSC09260.jpg

DSC09263.JPG
タリアータの代わりにという感じで頼んだ牛タンとブルーチーズのサラダ。嬉しいことに、通常の牛タンに加えて木下牧場の三角バラも入っていたり。チコリの苦味と濃厚なパルミジャーノの旨みと、上質なオリーブオイルの甘やかな酸味と一緒に食べるともう最高。

 

DSC09264.JPG

この時期には必ず食べておきたいハモフライ。初めてこちらのお店で食べた時はそのふわっふわで肉厚な食感に感激したのを覚えてる。自家製タルタル的なソースも他では味わえない美味しさで絶品。

 

DSC09266.JPGDSC09268.JPG
クラブハウスサンドイッチ。これは初めて注文した料理。いつものビフカツサンドはもちろん絶品中の絶品だけど、このクラブハウスサンドはこちらのお店で供される絶品スモークサーモン、サラミ、パルミジャーノなどが少しずつ味わえる感じで、そういう点でメキシカンサラダと似た存在かも。めちゃくちゃ美味しくって大満足。

 

DSC09271.JPG
そして〆に登場したのが洋食メニューから鶏のから揚げ薬味ソース♪

 

DSC09274.JPGDSC09275.JPG
デザートももちろん。デザートだけ見てもこのお店のレベルの高さは際立っている。


また次回の予約をして帰途へ。出町のトランスポップギャラリーで逆柱いみりさんの個展をやってたり、神宮丸太町近くに行ってみたい器やさんがあったりしたんだけど、食べるほうですっかり満足してしまったため、どこにも立ち寄らずに帰ることに。往復3時間かけて通う価値があるお店って、他にはないなーといつも思う。

 

DSC01140.JPG
晩ゴハンはサラダだけでもいいかという感じだったので、裂いた蒸し鶏をあわせてヘルシーに。野菜たっぷりでボリュームを稼ぐのは良いことだと思ってたけど、その分、消化にかかる負担が大きくなっているだろうから、最近はその辺もあらためて考え中。。

| かっつん | 21:54 | comments(0) | - | pookmark |
親しくない人たちとの飲み会が苦手

5月8日火曜日。目覚ましで起きて予定通りジョグへ。昨夕に短時間ローラーをしたけど、疲労のほうは回復傾向。ペース抑え気味の意識で六甲アイランドへ。終盤にかけて臀筋や背筋を起点にして走れているような感覚があり(強い追い風で後ろから押されているような感覚にも少し似ていた。実際に追い風基調だったのかもしれないけど、、、)わりと良い感覚でもって終了。ただ、体感よりも実際のペースは上がっておらずave.4:32/kmだった。心拍は少し低めで137bpm。


今日は終日研修だったので、いつもよりだいぶ気分がラク。ただ、雨が降って風が吹く中で1時間ほど屋外の講習があり、身体が完全に冷え切ってしまって体調がよろしくない感じに。。

 

DSC01122.JPG
5月9日水曜日。昨日までの回復基調が一変してなぜか今朝は強めの疲労を感じる。4時過ぎに一度目が覚めたけど、朝ランをキャンセルして長めに寝た。

 

DSC01123.JPG
帰宅して短時間ローラーしてから晩ゴハン。

 

5月10日木曜日。やっぱり冬場と比べると、日の出が早くなる分だけ同じ睡眠時間でもスムーズに起きられる感じがする。ここ数日はヒンヤリとするような気温だけど、走り出してしまえばこの上なく快適。今週はあまり練習してない感じなので、珍しく脚のダルさは軽め。とは言えペースを上げる感じもなく、いつものように六甲アイランド方面へ。体感的な強度としては一昨日とあまり変わらない感じだったけど、後で数値を見るとave.4:18/kmで147bpmといずれも高めだった。最近は体感と実数値にズレがあることがちょくちょくあるな。

 

DSC01130.JPG
晩ゴハンはパスタ。

 

5月11日金曜日。今度の職場は付き合いの飲みが多そうで、自分本位で社会適応性がとっても低い自分としてはかなり厳しい。最低限の人間関係は保ちつつ、できるだけ参加せずに済ませたいなと考えている。とは言え今晩は歓送迎会という名目なので(何回目だ!?)断ることもできないためとりあえず少しでもカロリー消費しておかねばと思い15km予定でスタート。昨日と同じく気温が低めでヒンヤリとした空気が気持ち良い。夜はなるべくアルコールを控えて、明日のロング走を滞りなくこなしたいなということを考えながら走っていた。


歓送迎会ではビール1杯だけ飲んであとはひたすら烏龍茶。以前はこういった仕事上しかたなく参加する飲み会では精神的な苦痛を紛らわせるためアルコールに逃げていたことが多かったけど、最近は次の日にしっかりトレーニングすることを最優先に考えて、我慢するようになった。ゴハンはもう外で食べるものに何も期待していないため、特にがっかりダメージを受けることなく、ただ量がぜんぜん足りなかったので帰宅してから塩豚の煮込みとゴハンを食べてエネルギーを補給してから寝た。

| かっつん | 22:51 | comments(0) | - | pookmark |
村岡100kmにエントリー

連休のおかげで普段の週よりもトレーニング量を増やすことができ、結果的にSTRAVAの相対的エフォートの数値が過去最高クラスに。この数値ってTSSと同義で見てもいいかなと感じてるけど、単純に2月頃と比べると今週は倍ぐらいになってるということかしらん。今の自分としてはこれ以上積むと故障したりオーバートレーニングになりそうな予感がある。そうして見ると、毎週コンスタントにTSS1000とか積み重ねていってる人の凄さがよく分かる。

 

DSC01118.jpg

さておき、今晩は年間におけるメインレースと言ってもいい村岡ダブルフルウルトラランニングのエントリー開始日。忘れないようにという意識があまりにも強すぎて、1ヵ月以上前からリマインダー登録してポップアップ表示されるようにしていたせいで、逆にその表示が普通になってしまった当日帰宅するまで意識から飛んでいたのだが、、、さておき、年々人気の高まりによってエントリーから受付終了までの時間が短くなってきている村岡ダブルフルウルトラランニング、翌朝まで待っていたら確実に締め切られちゃうだろうということが予測されたので、22時のエントリー開始と同時に(昨年まではたしか0時開始だったので、2時間早くなったのは個人的にとっても助かった)ログインして3分ほどでエントリー完了。宿は2月のうちにもう予約しているので、これで何もなければ今年もあの大好きな場所で走れることが確定!!昨年の自分を超える走りができるよう、頑張ってトレーニングを積んでいきたい。

| かっつん | 20:41 | comments(0) | - | pookmark |
GW後半

 

5月6日日曜日。明日からの仕事のことを考えて憂鬱な気分で起床。気持ちに引きずられる感じでフィジカルの具合もよろしくなく。経験的にこういうときは身体を動かしたほうが体調が良くなることが分かっているので、今朝は気分転換も兼ねてバイク実走で近場を軽く流そう、と思ってサイクルジャージに着替えて日焼け止めを塗り、給水ボトルをセットしていざ家を出ようとしたところでサイコンのバッテリーが切れていることに気づいたのでした。。

 


ログが残らないとトレーニングのモチベーションがあがらないため、仕方なく予定をジョグに変更。蓄積疲労で脚はかなり重めなので、まったく頑張るつもりはなく回復走のイメージだけもって15km。幸いにも少しずつ身体がラクになってくる感覚があり、終わった後は少しスッキリ。

 

 

久し振りにワッフルメーカーを引っ張り出してきて、朝ゴハンに米粉のワッフル。

 

 

ランチは田舎風パテとリゾットなど。

 

 

明日からに備えて心身を回復させたかったので、今日はなるべく何もしないでいようと思い、ひたすらNetflixで映画やドキュメンタリーを観たり。しかしこの映画は奥さんと一緒に観るとかなり気まずい系だった。

 

 

晩ごはん餃子。休みが、、、終わった。。

| かっつん | 21:30 | comments(0) | - | pookmark |
GW後半


5月5日土曜日。昨日のバイク実走のダメージは少なめ。なんとなくいけそうな感じだったのでいつもの土曜日メニューで坂道ロング走へ。とはいえ蓄積疲労のため全身にまったくフレッシュさはなかったので、距離に拘りすぎず、しんどくなったら無理せず帰るつもりで。シューズはHOKA ONE ONE Clayton2。とりあえず高羽から鶴甲のほうへ上って、今朝は表六甲DWへの登坂はやめて、住吉川方面へ戻ってから渦ヶ森へ。終盤のほうでは、全身の疲労感と共に、誰もいない山中(の舗装路)をダラダラと上っている感覚が村岡ダブルフルの中盤戦を思い起こさせる感じだった。

 

DSC01058.jpg
スコーンで朝ごパン。オレンジピール入りで、クレームダマンド生地を乗っけている。

 

DSC01077.jpg
ランチはトルコ料理。kofta siniya(羊肉団子のタヒニソース)とサラダなど。

 


『ドライヴ』


最近お気に入りの俳優/ライアン・ゴズリング繋がりで観始めた作品だったけど、これが個人的には大ヒット。ストーリーはさておき、あらゆるシーンの構図や色彩、特に光と影の取り込み方に、監督の並々ならぬ美意識が滲み出している。スローモーションを多用した画面に、80'sライクなミュージックが時に歪さを感じさせながら鳴る感じなど、一歩間違えればかなり恥ずかしダサくなりそうだけど、このN.W.レフン監督のセンスと技量は本物。ちなみに劇中のBGMを担当しているのは元レッチリのドラマー/cliff martinez。


先の『ブレードランナー2049』もそうだけど、ライアン・ゴズリングはその背景に色んなものを抱えつつ、言葉ではなくちょっとした仕草や表情からその複雑な内面を感じさせるような役柄が本当にハマっているなーと思う。本作でRゴズリングが演じる男はその背景が一切不明で(名前すら明かされない)、昼はカースタントや車の修理工を、夜は犯罪者の「逃がし屋」として稼業を立てていることが冒頭で示される。あらすじを書くと物凄くシンプルでありがちなんだけど(予告編を作るのが難しそう)、愛する存在を脅かされた男が、ブチ切れた感情をもって相手を破壊していく感じは、どこか『ジョン・ウィック』のを想起させるところもあり。ただしこちらの主人公のほうがさらに掴みどころがないというか、笑えない怖さがある。これまた余談ながら、N.Wレフン監督は昨年公開された最新作『ネオン・デーモン』でキアヌ・リーヴスと組んでいる。

 

DSC01084.JPG
晩ゴハン

| かっつん | 20:07 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode