Entry: main  << >>
池田学展@おぶせミュージアム



「再生」

今回の旅行で一つ大きな収穫だったのが、このアーティストに巡り会えたこと。
小布施でたまたま立ち寄った美術館で、すっかり虜にされてしまった。



「予兆」


「予兆」 部分


「予兆」 部分

紙にペン、インクだけを用いて描き出される圧巻のパノラマ天地創造譚。超微細な線描の集合が、有機的な全体に繋がるという点で、最初は佐伯洋江の絵も思い浮かべたりしたが、池田氏の絵はそれを遙かに凌駕する豊かな(というよりもはや氾濫的な)物語性に充ち満ちて、観る者を釘付けにする劇画的なダイナミズムに溢れかえっている。


「くさかまきり」

北斎+アルチンボルド、と言おうか、全体で一つの世界を物語り、細部には文字通り「神が宿る」壮大な騙し絵めいた場面の数々。奇想をポップな大波に乗せ、もろともに呑み込む感性の冴えと器のデカさのバランスが素晴らしい!!!視点によってほぼ無限の世界を見せるイラスト群を前に、時間は一瞬で過ぎていった。まだ36歳で、美術館での個展は今回が初。会期終了の直前に見れたこの幸運は、やはり初日の善光寺でのお参り効果か?会場で売っていた図録(パンフレットに近い代物ながら)も迷わず購入し、マイ・フェイバリットな画家の一つになった。


「存在」

| かっつん | 23:33 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode