Entry: main  << >>
宝山寺


ラッキガーデンのオーナーさんに書いてもらったステキな地図を片手に、山道を歩いて宝山寺へと向かう。




3,40分ほどで見えてきた見えてきた。





この参道からしてカッコ良すぎるではないか・・・





市街を見下ろす霊峰生駒の山間に在って、さらに巨大な山を背後に戴き並ぶ寺院群










歓喜天を祭っている・・・ということぐらいしか分からないまま見回っていたのだが(本尊は不動明王らしい)とにかくフォトジェニック(俗な物言いでも申し訳ない)な寺院で、その歳月を経た威容が放つ迫力から磨き抜かれた細部が放つ美麗まで、とにかく凄い。圧倒される。特別な信仰心を持たぬ身ながらも、祀られる御仏を拝するうちに何とも言い難い感覚に包まれた。



山道沿いに並ぶ寺院を巡るだに、知らず時は刻まれて夕方に。
名残惜しくも帰路についたのでした。



本堂から下ってケーブルカー『宝山寺駅』へ。ブル君に乗って生駒市街へと下る。こちらのケーブル、ネコ型の車両もありまして、上下線ですれ違う際には「ニャー!ニャー!」「ワン!ワン!」といった声を聞くことも出来るのです。ありがたやありがたや。
| かっつん | 21:21 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode