Entry: main  << >>
4月12日日曜日の京都
昼頃に再び出町へ。京阪出町柳駅から歩いてすぐ、『ビストロ スリージェ』の眼と鼻の先(というか元は移転前のスリージェが在った場所らしい)にあるタイ料理店『Kroon』でランチ。来るのは2回目かな。ここはEXILEの新メンバーになれちゃいそうなビシっとしたお兄さんともう一方がやっている小さなお店なのだが、意外や(といったら失礼だけど)味は本格的でかなり満足度の高いお店。




ゲンキョウワン(グリーンカレー)のランチプレートとバッガパオ(鶏肉のバジル炒め)のプレート。これにスープと食後にアイスがついて1,000円です。+150円でドリンクがつけれます。暑くなってくるとこういう料理がほんといいなー。食べるほどに食欲と元気が湧いてくる感じがする。





そんなわけでちょっと元気になった身を動かし動かし、先の出町柳駅から叡山電鉄に乗って鞍馬まで行ってまいりました。記憶にある限りでは叡山電車に乗るのは初めて。でもたぶん幼少期に乗っているはずなのだが。終着駅の鞍馬まで30分、緑あふれる車窓を眺めながらプチっと観光気分を味わい味わいするうちに到着。







山が近い、というか山そのものに下り立つわけです。ここからケーブルもありますが、約1キロの参道を歩いて上りました。毎度のことながらブーツで。全国に寺社仏閣は多数あれど、京都のそれって何か他とは格が違う感じがするのはなぜでしょーか。見ていて異様に動かされるものがあります。














鞍馬寺本堂を参拝したのち、ちょいと疲れてたのもあって進むか引き返すかどうしようかと迷ったのだが、結局そこからさらに参道を進むことに決め、大杉権現社や木の根道などをひぃこら言いながら歩いた。ブーツで。





やがて眼下からせせらぎの音が聞こえはじめ、ようやく貴船神社の界隈へと到着。貴船口の駅まで2キロを歩く元気はさすがに残っておらず、バスに揺られて4分ほどで駅まで行ったのでした。




さてその京都の中心部へと上がる車中、出町柳の一駅前の元田中にラ・マルゾッコを使い島根の『ロッソ』の豆で美味いエスプレッソを淹れるという『Cafe WEEKENDERS』へ寄ってみることを思い立ち、勢い込んで途中下車してみたのだが、なんと「本日貸切」で撃沈・・・。しゃあないので界隈をウロっとしてみると、なにやらおいしそうなカレーのにほいが。17時という中途半端な時間ではあったのだが、ちょいと休みたいのもあってここで早めの晩ご飯となりました。こちら『DiDi』さんというお店。彼女は昔っから何度も前を通り気になってはいたお店だけども入るのははじめてだとか。カレー・セットは野菜/チキン/スペシャルの3種が。普通盛りと大盛りが選択でき、またごはんも白米か玄米か選べます。他にもメニューはたくさんあったけど、今日はとりあえずスペシャルのチキン・タルカリのプレートを注文。サイドにサブジと野菜サラダがついてきます。店の表は片側3車線ほどのでっかい道路なんだけど、植栽でぜつみょーに目隠しされた店内にはちょうど午後の西日が柔らかく入り込み、なんとも言い難い居心地のよさ。思わず「明日もう一日休みやったらなぁー」と禁断の科白が口をついてしまったりしたのでした。カレーはスパイスのバランスが絶妙で、しっかりと十分に煮詰められた深みのある味がすごく美味しかったー。今回訪問できなかった『WEEKENDERS』とともに、また再訪してみたいお店です。ちなみにこのカレー屋さんのお隣はメキシコ料理店で、これまた気になるお店だったりします。しかしこうして一日歩き回り色んなところを見て周ると、同じ一日の休日でも、その過ごしようによって全然その密度が違って感じられるのねーといつも思うのでした。身体は疲れたけれど楽しかった。
| かっつん | 21:24 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode