Entry: main  << >>
世界のミナモト
それなりに日焼け止めの対策を施し、なおかつほとんど外のステージに行くことが無かったシティボーイ派な私のサマーソニックin舞洲でありますが、ごくごく短時間のステージ間移動や食い物待ちの行列に並ぶ間に、唇がクチビルがくちびるがどうにも紫外線のダメージを受けてしまったようで、月曜日あたりから痛痒くなり始め、昨日ぐらいからさらにピリピリと痛い。1年ほど前から年に3〜4回発症するようになったこのクチビル痛い痛い病だが、最近まで何が悪いのかいまいちよく分かっていなかった。かつてに思いを馳せるなら、風邪を引いた後など身体の疲労困憊度が常になく高まった後には口唇ヘルペス(風邪の華とかいうやつ)をもれなく発症していたので、1年ほど前にクチビルピリピリ病(名称変更)が出たときには、ショック!永眠されたと思い込んでいたウイルスが目を覚ましたか!?と思ってヘルペス治療用の軟膏を塗ったりなどしたが全然治らないぞ!そもそも口唇ヘルペスが主に一箇所にポツネンとわりと目立つ「華」が出来るのに対し、今の症状ってばクチビル周り全体がうっすら赤く腫れてる感じで、痛痒い感覚は似てるけど見た目的にはまた違うのね。そうは言っても嫌なものは厭なので、前回発症したときに皮膚科に駆け込み聞いてみたら、どうも単純に外からの刺激にマケているだけだとか。皮膚疾患レベルとしては最も軽い部類に属するもので、ワセリン塗っておれば治るよと言われ、嬉しいような物足りないような気分になった。変な話、身体に異常が発生して医者に駆け込むときの心情って、どんなにしょうもない疾患だろうが自分的には少なからず「この世の終わり」的な気分を携えているので、診察を受けてみてドクターから「だいじょぶ大丈夫(医者に来るまでもない)放っておいても治るぐらい軽いもんですよ」などと言われると、医者としては患者を安心させるべく親切心から言っているのだとアタマでは理解しつつも、なんかこう、そのアッサリとした対症っぷりになんだか物足りないようなこっ恥ずかしいような気分になるのが面白い。いや面白くないか。ま、とりあえずそんなわけで、言われてみれば季節の変り目だとか外で紫外線に晒された直後になるよね、これ、ということに気づき、以降は冬でもないのにリップ(スティックのものは刺激が強いので避けつつ)を塗ったりしていた。が、今回サマソニに携帯用のリップを持って行かなかったのが運の尽き。どうしても乾燥しちゃうクチビルに真夏の太陽が容赦なく照りつけ焦がし、他はたいして日焼けもしなかったのに後日このクチビルにだけ疾患が生じて今とても痛い痒いと困っているのです。痛い痒い。
まぁとは言ってもちょっと不快であるだけで、感覚的には我慢できないような代物では全然ないのだけれど、何が嫌かってワタシは自分の見目に常と異なる欠陥が生じるのがとてつもなーく嫌なのです。例えばこれは美容院で意に沿わないカットを施された場合や鼻の頭にニキビが出来ちまった場合などと全く同じことなんだけど、衆目に晒される自分の身体の一部分に何かしら我慢出来ない欠陥がある日にゃ、それだけで気分がとことん落ちていきますよねという話。もともと人と顔をつき合わせて話すことにゃ少なからず緊張を覚える性分なのだが、こうした自らの見目にコンプレックスを抱えておる日には人に見られるのが究極にヤダ。もう心底人に見られたくなくて顔を俯け見るな見るな俺を見るな頼むから放っておいてくれという気分になる。学生の頃と比べると大幅に改善されたはずの過剰な自意識が、こういうときになるとまた勝ち誇ったように浮かび上がってくるのだね。見ていない見ていない誰もお前のことになど興味は持っていないのだよと言い聞かせてみるもあんまり効果がないというのは昔から知っている。例えば会社にてその日顔を突き合わす人らに「いやー唇が荒れちゃってねぇ」などと(微妙にオッサン口調なのは無視して)言っておけば、ついでにその理由をもっともらしく述べておけば、のちのち会話をする中で相手の視線の先を気にして「あぁ今この人はワタシの唇を見た。きっとワタシの荒れた唇を見て何か思ったに違いない」などと考えて会話に集中できなくなることもない、だから最初に言っておけばいい「なんか唇が荒れちゃって困ってるんすよアハハハ」と軽いノリで。しかしなかなか言えんのだねこれが。で、結局先のような自意識がムクムクと湧き上がってきてひたすらに下を向きながら煩悶し、ただ会話するだけなのにめっちゃ疲れるー!という今日という日の午後。しかしただ唇が荒れているということだけで、こんなにもしょうもないことが気にかかる私はいささかアタマがオカシイのかもしれない。世界は過剰な自意識を動力としてその営みを遂行しているのだ(意味不明)と思いたい。
| かっつん | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode