Entry: main  << >>
SONY モニター・ヘッドフォン MDR-7506

自宅でのベース練習用に、スタジオ・ヘッドフォンを購入。

買ったのはSONYのMDR7506。上述のとおり、もっぱら自分が弾くベース音を聴くことだけが目的なので、その音響面については、普段オーディオ機器に向けるようなシビアな判定はしなかった。逆に重視したのは掛け心地のほう。聴き疲れしにくいという点で先の音響面も関係してはいるんだけど、解像度や各周波数帯域のバランスなどを特に具体に意識することなく、体感と合わせる形で聴感的にも"キモチイイ"と思えるものを選んだ。
比較試聴したのは以下の機器。

SONY MDR-CD900ST
AKG K240S
AKG K271S
BEYER DT250/80
SENNHEISER HD280 PRO

どれもモニター用の有名どころ。全部で1時間ばかし、大して真面目でない試聴を行った。まず、BEYERとSENNHEISERは高域が気にサワる感じでちとしんどい。音の感じで最も好みだったのがAKG271。煌びやかさが無い分地味っちゃあ地味なんだけど、聴き疲れしない落ち着いた音像が好き。用途を考えるとこれが一番向いてるのかも。逆に、モニター用なんで当たり前なんだけど、SONYのCD9000STは非常にパッキリとしたいささか明瞭過ぎる音。ために全体バランスからすると、低域のキモチヨサが少ーし物足りないかも。ただ、AKG271は少し大ぶりなので、短時の装着感は良くても、長時間付け続けてたら首が疲れそう。重量にしたら40g軽いだけなんだけど、取り回しも良さそうなSONYを選ぶことに。で、MDR-CD900STより解像度は劣るけど、その分低域がキモチヨク鳴るMDR7506をサウンドハウスでポチったのでした。






届いて最初はウワっ何じゃこれは!という酷い音だったが、1週間ほどしてだいぶこなれてきたような。まだピンクノイズ流してエージングとかしてないけど。うーんでも、アンプ直と違って己の下手な部分がモロに聴こえてくるのはちと辛いかも(笑)そして何より、こんなもん無くても練習出来てた実家暮らしが懐かしい。ファック集合自宅。と自分。





そして今日、アンプが原因不明の体調不良。壊れた???
ブーーーン、、、ポッ・・・てナンだよ!!!動け!コラっ!

| かっつん | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode