Entry: main  << >>
強くなるほどに面白くなる


6月8日月曜日。予定通りランオフにして5時50分起床。フレックスで出退勤して17時からローラー1h。脚がダルいので回復走的に回すだけ、なつもりでスタートしたんだけど、カテゴリCのレースなのに初っ端からみんな5倍w/kg前後でカッ飛んでいくためそれに遅れまじと頑張って着いていったためそれなりに強度が上がる。ノーアップなので最初の5分ぐらいが一番キツく感じるけど、次第に4倍w/kg程度の強度に身体が慣れてくる。これは早朝ランでも最初の2~3kmがキツく感じるのと同じ。とりあえず最後のスプリント勝負には加わららず(加われず)、トータル40minでNP245w(4.2倍w/kg)。

 


そこから1分ほどレストして、続いてはCrit City RaceのカテBへ参加。先のライドがアップ代わりになったおかげで、今度はスタート直後の5倍w/kgの出力がそれほど辛く感じない。そこからはひたすら集団から遅れないように走るだけ。先週よりも平均出力は高かったけど、1位でゴールしたそれと比べて今回は最後ズブズブと沈んで8位着。10倍以上の出力を1分以上継続するとか、ちょっと今の自分には無理かしらん。ともかくも確実にロードバイク(ZWIFT限定だけど)はパフォーマンスが上がっているのが分かり、そうなるとどんどん面白くなっていく好循環だなと。

 

DSC06549.JPGDSC06548.JPG
晩ごはんは定番のチリコンカン転用のパスタ。

 


6月9日火曜日。昨晩は21時半過ぎにベッドに入って1時間ほど読書して寝るつもりがまったく眠れず、そのまま1時か2時頃まで悶々としていた。明け方に少し眠れたと思ったら、閉館間際の美術館で展示作品にぶつかり壊してしまうという全然楽しくない夢を見て4時半のアラーム。深く眠れていないので逆にスムーズに起きられるという嬉しくない状況で着替えてジョグへ。脚に重ダルさはあるけど、週末のロング走からの超回復的な力の蠢動を内に感じつつ走る。とは言え寝不足なため頭が半分寝ているような感じも。10km過ぎたあたりでようやく身体が起きてくるような感じで、トータル15km走って帰宅。月に一回あるかないかのGPSのズレもあり、実際のアベレージよりもおそらく2秒/kmほど遅いave.4:28/km。平均心拍は142bpmと少し高め。やっぱり睡眠の質量は大切だ。

 

コロナ禍の影響もあって、仕事のほうは自分も含めて周りがみんな忙しくて少し殺気立っているためちとしんどい。フレックス出勤だけど帰宅は予定より1時間遅くなり、晩ごはん前に短時間ローラー。STRAVAのログだといつもGARMINでのそれよりもNPが4wほど低く記録されるのだが、今日はその差がいつもより激しく、GARMINy読みでNP225wなのに対してSTRAVAはNP217w。なぜ?スタートとフィニッシュ時の数秒のロスタイムはあるとはいえ、何故ここまでズレるのか不明。

 

DSC06557.JPG

そこから25分で急いで晩ごはんの支度。鶏むね肉だと思ってマリネしていたそれがモモ肉だったのだが、フライパングリルしたそれを先日のアーモンドのモレと合わせて食べた。

| かっつん | 19:58 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode