Entry: main  << >>
テイクアウトランチを利用


4月19日日曜日。今週はまだ火曜水曜の2回しかジョグが出来ておらず、可能であれば今日にでもロング走をやるべきなんだけど、心身ともに、特に気持ちのほうがどうしても乗り気になれず今朝もあやうくランオフになりそうに。なんとか起き出して、短時間ジョグだけでもという感じでスタート。昨日のローラー疲労はそれなりに残っている感じ。いつものようにネックカバーで目の下まで覆って、それでも苦しくない程度の負荷で六アイへ。序盤でガーミンの計測ポイントが100mほどズレており、それだけでやる気を失って帰りたくなったりしつつもせめて20kmだけは頑張ろう・・・と決めて外周コースを淡々と走る。いつもながらに人の姿はほとんどないし、日曜なので路肩に停車している大型トラックの数もまばら。左臀部に座骨神経痛様の症状が少し感じられたのもあって、それを言い訳に距離延長することはなく、ハーフ走として終了。体感だとキロ4分40秒台かしらんという感じだったけど、実際は少しだけ速めのave.4:34/kmだった。

 


帰宅して今日はランチを作る必要がなかったので、余った時間でチョコレートと無花果、赤ワインのパウンドケーキを焼き、そのまま温まったオーブンを利用する形でカボチャのスコーンも焼いた。

 

今日は元町にある大好きなお店『Le Bistrot』のテイクアウトランチをお願いしていたので、11時頃に家を出てお店に向かった。緊急事態宣言が発出されて不要不急の外出を控えるよう言われている現況で、こうして家を出ることに正直、躊躇いはあった。だけど今の政府の対応から見て、満足な休業補償などおそらく得られないだろうこの大変な状況下で頑張っておられるお店の方のことを考えると、わずかでも自分にできることをしたいという気持ちは強く、今回こうした形でお店を利用させてもらおうと思った。


元々シェフ一人で全てを切り盛りされているお店なので、今日も予約していた時間に到着するも、そのテイクアウトの準備でめちゃくちゃ忙しそう。ほとんど会話は出来なかったけど、出来立てのメイン料理ともどもたくさんの料理をいただいて帰宅の途へ。ふだんお店で出されているコースをそのままお持ち帰りできるスタイルでされてるけど、あらためてそのボリュームに驚く。お店を出てしばらくすると、持っている手がプルプルしてくるほどに重いのだ笑。

 

ともあれ無事にそれらを持って帰宅。事前にサラダだけは準備しておいたけど、とてもその必要はないこの料理のボリュームよ(別途パンもついている)。奥さん共々、並べながら思わず笑ってしまうほど。これで税込3,300円(お店で食べた場合は食後の飲み物もあり)とか、本当にどうやって採算をとっているのか不思議になってしまう。


今日のトレーニングは緩めのハーフ走のみだったとは言え、朝ゴハンを食べずに臨んだこのランチだったけど、食後はお腹いっぱいでもう晩ごはんも必要ない、という満足感。また機会を見て、シェフの負担にならない範囲でテイクアウトを利用させてもらおうと思う。見通しは決して明るくないけど、そして一刻も早くこの事態が収束して、お店でゆっくりとシェフとの会話を楽しみながら料理をいただける日が来ることを願うのみ。

 


この日見た映画。いまいちテーマが不明確なところはあったけど、それでも飽かずに最後まで見続けられてしまうのは、インドの風俗や文化に対する興味が強いからなんだろうか。

 


夕方にローラー1時間。昨日の夕方と同じような感じで、出だしはかなり重かったものの最終的にはNP208wまで。空腹感がないため晩ごはんは作らず。

| かっつん | 19:49 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode