Entry: main  << >>
いつ見ても異様だ


11月3日日曜日。文化の日。毎日1時間ほどかけてストレッチや簡単な補強を続けてるけど、なかなか腰周りの疲労や下腹部の痛みが良くならない。走らなければ痛みは軽減するんだけど、走るとすぐに痛みが出てしまう。昨日の疲労もあるので、今朝はリカバリージョグで流すだけ。15kmの予定でスタートして、少しだけ延長してトータル17km。ave.4:26/kmで平均心拍は低く129bpm。

 

IMG_20191103_110507.jpgIMG_20191103_110831.jpg
今日は奥さんと久しぶりに万博の国立民俗学博物館へ。昔はみんぱくゼミナールに行ったりわりと定期的に来てたけど、考えてみたらエキスポランドが閉園して「EXPO CITY」がオープンしてからは一度も来てなかったような。三連休中日の晴天というのもあってか、万博へ向かうモノレールからして想像以上の人出。まさか自然文化園に入場するのにあれだけの行列が出来てるとは思わなかった。。

 

IMG_20191103_112306.jpg

 

「つねに新鮮だ」

そんな優雅な言葉では足りない。つねに異様で、つねに恐ろしく、つねに偉大で、つねに何かがおかしい。何度も訪れるたびに、慣れるどころか、ますます怖くなる。太陽の塔が視界に入ってくるまで待つことが、たまらなく不安になる。その不安が裏切られることはない。いざ見れば、きっと前回より大きな違和感があなたを襲うからだ。太陽の塔は、見るたびに大きくなるだろう。決して小さくはならないのである。≪森見登美彦/太陽の塔≫

 

久しぶりに対面した太陽の塔、やっぱりいつ見ても、何度見ても、どれだけ見ても凄い遺産だなこれは。1970年の大阪万博の際、この太陽の塔の内部に展示されていた世界各地の民俗学的資料が、以降は後述する国立民族物博物館で展示されてるんだけど、かつてこれを「経費の無駄」だとして「無くそう」とか言った橋下徹の下品さは絶対に忘れない。

 

IMG_20191103_113509.jpg
今日は広場でフリマをやってたりしてかなり賑わってたけど、広大な敷地なので、園の中に入ってしまえば人口密度は一気に薄まって快適。とりあえず先に昼ごはんを食べてしまおう、ということで、家で作ってきたサンドイッチでランチ。屋外のベンチに座って食べるサンドイッチの美味しいことよ。

 

IMG_20191103_115424.jpg

IMG_20191103_120812.jpg
んで、そこからお目当てのみんぱく特別展『驚異と怪異ーー想像界の生きものたち』を鑑賞。こちらは一部作品を除いて写真撮影は不可。しかしさすがみんぱく、展示のセンスはもちろん、その密度が濃すぎて凄い。早々に頭が飽和しつつ、少し休憩を挟んでから今度は企画展「アルテ・ポプラル――メキシコの造形表現のいま」を鑑賞。

 

DSC00040.JPG

DSC00034.JPGDSC00037.JPG

オアハカでの「死者の日」をメインにメキシコ旅行をしたのももう4年前なのか。そこからまだ海外はどこも行けてないワタクシ。今一番行きたいのはイタリア。来年に向けてそろそろ旅程など検討したほうがいいかも。

 

DSC00057.JPGIMG_20191103_142753.jpg

DSC00059.JPG
みんぱくを堪能し(というかここは丸一日あっても全然時間が足りない)、かなりの満足感疲労感を覚えつつ帰路へ。外で食べて帰ろうか考えたけど、それはそれでしんどそうなので、帰ってピザを焼くことにした。

 

DSC02998.jpgDSC03005.JPG
茹でてからガーリックオイルを回しがけたジャガイモに、先日作って残っていたモーリョヴェルデという緑のソースをトッピングした1枚。もう一枚はトマトソースの代わりにこれまた残っていたロメスコソースを使った。

 


11月4日月曜日。祝日。コンディションが良くないのでトレオフでもいいかなと思ってたけど、目が覚めてしまったのでゴミ出しついでに軽くジョグへ。昨日と同じく、走り出して2kmも行かないうちに、腰の右辺りに鈍い痛みがじんわりと広がり始める。下腹部の痛みは、一番酷い時のような走り出した直後から痛いのと比べればマシ。それでもしばらく行くとやっぱりこちらも張ってくる。そんなんだからテンションが上がるはずもなく、12kmだけ走って帰宅。

 

そして今日も午前中からすぐにランチの支度にかかるという。旬の秋鮭をムニエルにして、焦がしバターと醤油、ケーパーなど合わせたソースをかけた。これだけやと足りんと思ったのか、鴨ロースをanovaで3時間低温調理したものに、カリフラワーを地中海風スパイスと一緒に炒めてクスクスっぽくしたものを合わせたワンプレートも追加。以前買ったグリッロを使ったイタリアワインが1,000円ぐらいでかなり美味しかったのに味をしめて、別のメーカーのグリッロを買ってみたけど、これはその辺のお店で出てくる安いグラスワインの味、って感じだった。ランチを終えて片づけをして、平日の常備菜の準備などを終えるともう14時半を過ぎていた。15分ほど昼寝して、後はNETFLIXで映画を観たりして夕方まで。

 

DSC03045.JPG
晩ゴハンは、和知シェフのレシピ本に掲載されていた洋風カレー。香味野菜をじっくりじーっくり煮詰めて、片や溶けてなくなるぐらいまで煮込んだ肉と合わせるという手間のかかった仕様。使ったカレー粉がインドのそれだったので、あまり洋食屋のカレーっぽくならなかったのがアレだったけど、見た目はともかく、めちゃくちゃ深い味わいがあって美味しかった。連休中のゴハンがどれも、奥さんがとても喜んで食べてくれたのが嬉しい。

| かっつん | 20:13 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode