Entry: main  << >>
昔々、あったかもしれない物語


9月12日木曜日。まだ夏季休暇が残っているので、今日は一日休むことにした。朝はいつも通り5時前のアラームで起床。暗くて眠くてやる気が出ないが、とりあえず着替えてスタート。9月に入ってからの異常な蒸し暑さが昨日から急速に和らいで、今朝はかなり涼しい。相変わらず調子自体は良くないけど、その涼しさに助けられる形でトータル15km。ave.4:24/kmで平均心拍は137bpm。シーズン中のスピードには程遠いけど、それでも気温が下がると明らかにパフォーマンスが上がってくるのが分かる。
今日は映画を観に行くつもりだったので、いつも通り朝食を済ませていつもの出勤時間とほぼ同じぐらいに家を出て三宮へ。以下、もしかしたらネタバレに繋がるニュアンスが含まれているかもしれないのでご注意を。

 


クエンティン・タランティーノ監督による最新作。ブラピが、ディカプリオが出ている&マンソンファミリーによるシャロン・テート殺害事件を扱っている、という僅かな前知識のみで臨んだのだが、良い意味で想像していた方向とは違ったストーリーで、まずもってタランティーノによる60年代ハリウッドへの畏敬憧憬てんこ盛り、かつお得意の「復讐劇」を幹とした強烈な「史実改変」のパンチを喰らわせてくるモノながら、落ち目の映画スターであるリック(ディカプリオ)とそのスタントマンであり友人のクリフ(ブラピ)の描写になんとも言えない温かい眼差しが感じられ、そんな二人の人物像や関係性をどんどんと積み重ねて見せられるうちに、来るべき終末を予感して「そんなのいやだぁ〜!」っと無意識のうちにココロの中で叫んでいた自分がいた。が、だからこそその予感を暴力的に打ち壊して、文字通り最後にはある「ゲート」が開かれて終わるラストにはかなりのカタルシスがあった。

 

DSC02220.JPG
映画という架空の物語が与えてくれた多幸感に浸りながら帰宅。簡単にお昼を済ませてしばらく休憩したのち、近所のスーパー銭湯へ。いつものように源泉灼熱の湯⇔水風呂の交代浴を5セットしてから、高濃度炭酸泉に計50分ほど浸かり、トータルで2時間ちょっと滞在して帰宅。久しぶりにゆっくりお湯に浸かったおかげで、帰路の自転車で明らかに脚が軽くなっている!と驚いた。そういえば最近読んだ記事だと、運動後に患部へ40~42℃の熱刺激を与えることでヒートショックプロテイン(HSP)という物質が形成され、これが筋持久力の向上に寄与する、という研究結果が出てきたというのがあった。そのための方法としては10~20分ほどの入浴やサウナが効果的だと。逆にシャワーや5分以内の入浴では効果がないらしい。普段シャワーで済ませてしまうことばかりだけど、やっぱりたまには湯船に浸かってストレッチしたりするのが大事なんだね。

 

DSC02222.JPG
帰りにスーパーで買い物をして、ローラーを25min回すかたわら仕込んだ晩ゴハンは鶏もも肉のバスク風煮込み。

 


9月13日金曜日。いつもより20分ほど長く寝て、起きてみると真っ暗で雨。わりとしっかり降っていて「無理して走って転んでもあれだな」と思って二度寝しようかと思ったけど、結局は着替えてジョグへ。最短7kmのコース予定でスタートして、延長することなく終了。

 

DSC02230.JPG
涼しくなって嬉しい限り。今年はもう暑さがぶり返さないことを祈る。今日はローラーなしの予定だったけど、奥さんが仕事で遅くなりそうとのことだったので、その隙間時間で25minだけローラー。晩ゴハンはラタトゥイユの残りを転用したパスタ。明日のランは距離を20kmほどに短縮して、要所で少しだけ強度を上げられるような内容にできればと思っている。

| かっつん | 20:44 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode