Entry: main  << >>
六甲山からボローニャへ

9月7日土曜日。6~8月のトレーニングで予定よりもだいぶ頑張りすぎてしまい、正直、9月に入って少なからず燃え尽きた感がある。水曜日をランオフにしたことで毎日連続していたモノが途切れたのもあって、モチベーションの維持がなかなかに難しい。そもそもは今月末の村岡ダブルフルに向けた走り込みだったし、いよいよそこからレースシーズンが始まるというのになんだろうこの盛り上がらなさは。月末にいったん涼しくなってからまた今週1週間は蒸し暑さがぶり返していて、そんなところも走る意欲を減衰させるのか。今朝も5時に起きてみたものの、クーラーの効いた寝室から出て行くのがイヤで「このままランオフにして寝ていたい」と強烈な誘惑に駆られる。とは言え気持ちよく二度寝するのも無理そうなので、着替えているだけで汗が滲んでくるような蒸し暑さのリビングで準備を済ませて、5時半前にスタート。昨晩は「坂道を使ったインターバル走的なメニューで短めに切り上げようかしらん」とか考えてたけど、やはり早朝のまだ全く起きていない心身でインターバルをやれるような強さは自分にはなく、だらだらと20kmぐらい走って終わりかな、という感じで走り出した。

 


今週3日にトラックが暴走する死傷事故があった高羽交差点下の道路は、歩道のガードレールや鉄柵が根こそぎ無くなっており通行止めになっていた。そこから鶴甲へ登っていく道路沿いでも、所々でガードレールや縁石に事故の痕跡が残っていて、相当な距離に渡ってトラックが制御不能な状態になっていたんだなと思いながら走っていた。新六甲大橋まで行ったら折り返すつもりだったけど、結局は先週と同じで涼しい山上の誘惑に駆られてそのまま表六甲ドライブウェイを登っていくことに。スピードが上がっていく感じはまるでなかったけど、ログを見ると過去6回登った中では3番目のタイムだったようで。下界とは段違いに涼しい山上を適当に流してから下山。下りではその着地衝撃を身体が受け止め切れていない感触があり、スムーズさを欠いた走りになっていた。日によってはほとんど車の姿を見かけることのないこの時間帯のドライブウェイだけど、今朝はいつもよりも多め。暇なので往復ともに数えていた。


【往路】
・並行車線
 車2台
 バイク1台
・対向車線
 車4台


【復路】
・並行車線
 車3台
 バイク1台
・対向車線
 車9台
 自転車6台
 ランナー2人


毎度のことながら自転車率の高さよ。あと、過去6回走った中で3回同じランナーの方とすれ違っているのだけど、今朝はその方とは違う男女ペアのランナーが登っていくところとスライドした。というかなりどうでもいいカウントを忘れないようにしながらトータル31km走って帰宅。ave.4:41/kmとパッとしないタイムだけど、ランオフするか悩むほどのところからスタートだったことを思えば上出来かしらん。とりあえずこれで村岡前のロング走は終わりになると思う。来週は少しスピードを上げた20km前後の坂道走になるかしらん。これだけの蒸し暑さだとやはりsimple hydrationのボトルだけだと脱水気味になる。帰宅してから断続的に水分補給をし、味噌汁で朝食を済ませてから体重計に乗ってみると57.6kg。たぶん帰宅直後は56kgぐらいまで落ちてたんだろうな。

 

暑い暑いと言いながらスーパーへ買い出しに行き、帰宅してすぐさまランチを作り始める。週の始め頃だったか、ポーランドでUCIグランフォンド世界選手権に出場されていた最強ホビーレーサー/高岡さんのツイートでシュニッツェルのpicを見て以来、今週はそれを作ろうと決めていたワタクシめ。ドイツ版の豚カツというか、国や地域によって仔牛だったり鶏だったり豚だったり使う肉は違うみたいだけど、今回は豚ロースで。2時間ほど低温調理しておいたそれに衣をつけて揚げるだけ。マッシュルームソースと、ビネガーでマリネしたキャベツ(さすがにザワークラウトを発酵させて仕込んでおく余裕はなく)と合わせて食べた。近所のドイツパン屋『シュラッテンバッハ』が長期休業に入ってしまっているので、ドイツパンは諦めてリゾットにした。

 

SeriesTV_Le-grand-jeu_Antoine-Corbineau_Milan-Editions_SixFeetUnder-1500px_1000.jpgSeriesTV_Le-grand-jeu_Antoine-Corbineau_Milan-Editions_WalkingDead-1500px_1000.jpg

Antoine Corbineau/Séries TV Le grand jeu


そんな少し早めのランチの後、奥さんと西宮の大谷記念美術館へ毎年恒例の「ボローニャ国際絵本原画展」を観に。毎年、自分の感性の劣化具合を感じさせられる(気になるアーティストが誰もいなかった、とか)怖さのある展示でもありつつ、様々なアーティストの頭の中を覗くような楽しみな企画展。今年は色使いが印象に残る作家が多かったかな。そんな中でフランスのアントワーヌ・コルビノーの『TVシリーズ』という、海外人気テレビドラマを題材にした作品が面白かった。基本的に、画面のあちこちで同時多発的に様々なストーリーが展開しているような情報量の多い絵が好みだというのもあるけど。この作家さん、昨年か一昨年に同じ手法で世界の主要都市の地図をイラストにしていた人っぽい。これも結構印象に残ってるから、やはり己の好みというのは変わらないものらしい。

 

DSC02178.JPGDSC02171.JPG

DSC02179.JPG
晩ゴハンはどうしようかと迷いつつ、イベリコ豚バラの薄切りがあったので、そこからお好み焼きを作るという考えに行き着く。夕方にローラーしてから足りない食材を買いに行き、30分ほどで晩ゴハン。大量のキャベツと山芋が入ったお好み焼きというかキャベツ焼きというか。今夏はビールを飲むことが数えるほどしかなく、今晩もビールはやめて自家製梅シロップの炭酸割りを合わせた。

| かっつん | 20:16 | comments(2) | - | pookmark |
Comment
お久しぶりです!
一つ前の羽のないペガサス…というタイトルを見て、羽のないペガサス、角のないユニコーン…ってただの馬やないか!!一人でとノリツッコミしてました(笑)

相変わらずラントレしまくりですね(凄)
苦しみも伴う趣味というのは、モチベーションの維持が難しいですよね。
ゲームなんかの楽しいだけのならいくらでも続けられるんだろうけど…
とはいえ、ゲームのしすぎで死亡する例もあるので何とも…(苦笑)

先日の事故以降通ってないけど、かなり酷かったみたいですね。

お互いに事故やケガには気をつけていきましょうね。まあ、気をつけてもダメな時はダメなんだろうけど…
できる限りのリスクは避けないとね。

自転車は殆ど外で乗ってないみたいだけど、また気が向いたらご一緒しましょう!!
Posted by: U-sac |at: 2019/09/10 4:05 PM
U-sacさん

ご無沙汰しております!コメントいただきありがとうございます♪blogのほうは更新されてないようですが、関西ヒルクラTTのほうを見ると、相変わらずどえらいスピードで登りまくってますね。。自分は歳をとるごとに高強度のトレーニングに対する心理的な抵抗が大きくなって逃げまくっているので、そういうのをずっと続けられているのはほんとに尊敬します。

暑いやらモチベーションが低下するやら書いてますが、それでも走るのは自分の心身にとってとても良い効果をもたらしてるなーと、長く続けるほどに感じるようになりました。マラソンオフシーズンの、テーパリングやらメニューやらをあまり意識せずに走りたいように走れる今の時期が一番楽しいのかもしれません。とは言え、やっぱりレースという目標がなければここまで続いてなかっただろうなとも、、、

年々リスク回避思考が強まっているのもあってなかなかバイク実走ができてないんですが、ウルトラが終わって気持ちの良い季節になったら、ロングライドとかもまたやりたいなーと思ってます。またどこかでご一緒できる機会があれば(くれぐれもお手柔らかに)お願いしますね(*ノωノ)お互い、事故やケガには十分注意して楽しみましょう!
Posted by: かっつん |at: 2019/09/10 7:58 PM








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode