Entry: main  << >>
いつものランニングコースで大事故

DSC02122.JPG
9月2日月曜日。振り返ってみれば今年は3月から1日もトレオフなしでここまで。朝ランのオフは5月と6月に人間ドックと精密検査受診の関係で1日ずつあったけど、その日も夕方に自転車トレはやっていた。なもんで昨年もそうだけど、この時期は「フレッシュな脚ってどんなんやったっけ?」とその感覚が思い出せないぐらい常に疲労が溜まっている状態でもあったり。そんな走り込み期間も終わったから、思い切ってトレオフも入れて、まずはしっかり身体を回復させて実のあるトレーニングをやっていくべき、と頭では分かってるんだけど、今朝も目が覚めてしまったのでやらなくてもいいようなジョグへ。

 

昨日よりも身体が重いなーと感じつつ8kmだけヨタヨタと。できる範囲でそれなりに頑張って走ったつもりだったけど、終わってみればave.4:53/kmと驚愕の遅さであった。正直、ここまで遅いと凹むわ。

 

DSC02126.jpg
先週から我が家のガスコンロの一部が作動しなくなっており、その修理をお願いする関係もあって午後から休暇をとって帰宅。契約書を見ると付帯設備の修繕義務がどっちになるか微妙なところなので、ちょっと管理会社と話をせねばならんっぽい。夕方にローラー52min。朝の疲労具合からすれば意外なぐらいに脚が回った。やっぱりランと自転車では使う筋肉がかなり違うのだろうか。

 

DSC02129.JPGDSC02134.JPG
晩ゴハンは冷蔵庫整理で、野菜や肉(豚と羊)をエスニック系の調味料で適当に炒め合わせたものと、STAUBで炊いたゴハン、サラダなど。

 

DSC02137.jpg
9月3日火曜日。また蒸し暑さが戻ってきた感じで、昨晩は寝苦しさを感じたため途中からエアコンを入れた。5時前に起きるとまだ真っ暗。ペース走をやる気力が湧かず、とりあえずtakumi sen boost3を履いて行ってこようかねという感じでスタート。

 

匠さんマジックで普段のジョグシューズより明らかに脚が軽く回るのを感じながら、キツいところまで追い込む元気はないため、巡航可能な抑え目のペースで流す。ここ数日と比べると気温湿度ともに少し高めで、陽射しも出てきて徐々に体内温度が上がってくるのを感じる。心拍はそれほど上がってないはずだけど、4km過ぎあたりまでは身体がついてこない感じでしんどい。そこから少し慣れてきて、適当なペースで六アイの周回コースを流す。しかし脚全体に疲労が溜まりまくっていて、呼吸は苦しくないのにこれ以上脚が回らずペースが上げられない!という感じ。ポジティブにとらえるならば、この疲労がちゃんと取れたらまだだいぶペースは上げられそうだとも考えたり。ラスト2kmの住吉川の上りでそれなりに心拍を上げていき、ラスト200mはダッシュ(と言っても最高速度でも2分57秒/km)して終了。トータル15kmでave.4:06/km、平均心拍は149bpmだった。久しぶりの4分1桁台。

 

DSC02138.JPG

朝からずっと鈍い頭痛がしていて、少し酩酊感もあって気分が悪い。しかも家の鍵を持って出るのを忘れたため、奥さんが帰ってくるまで家に入れず。そごうや八百屋で買い物をするなどして時間調整して帰宅。そういえば昨日から自転車の前輪がパンクしていて、自転車屋に持っていくも「もう今日は修理は終わり、帰った帰った」ってな具合のやたらと感じの悪い対応で。そんなこんなでいつもより少し遅くなってしまったし疲れてるので、今日は無理してローラーを回すのはやめた。大急ぎで作った晩ごはんはパスタ。

 

9.jpg

9月4日水曜日。アラームが鳴って起きるも、昨晩からの頭痛と疲労感が残っていたため、ここで思い切ってランオフにしたほうがいいだろうという脳内言い訳に従って、実に3ヶ月ぶりのランオフ。おかげで日中で少し回復してくる感じがあり、夕方のローラーでは久しぶりに「脚が軽い」という感触を味わった。ところで昨日、神戸市灘区のほうで暴走したトラックが複数の車を弾き飛ばして石屋川に突っ込むという大事故があった。この道は自分が8月に毎週末走っていたまさにそのコースで、↑の写真はだから余計に衝撃的だった。現場は表六甲DWから下ってくる幹線道路から続く枝道で、たしかに六甲ケーブル下駅から高羽の交差点までは大型車も含めて多くの車がかなりのスピードで下ってくる危険な道で、自分もロードバイクでダウンヒルしてる時などには「今ここでタイヤがバーストしたら死ぬかもしれんな」と思ったりもする場所だけど、今回の事故が起きた箇所はその本線から分かれた片側1車線の枝道のようなところで、ここの歩道を走っている時にまさかこんなところに大型トラックが突っ込んでくるとは思ったこともなかったような場所だった。続報によればトラックはタイヤがバーストして制御不応な状況にあったらしいけど、これだけの大事故で、亡くなられたのが運転手の方だけだったのは奇跡的だと言ってもいいかもしれない。趣味でランニングをする上での最大のリスクは交通事故。いくら気をつけていても防ぎようがないこんな事故もあるのだということをあらためて考えたり。

| かっつん | 20:53 | comments(2) | - | pookmark |
Comment
ここ毎朝走ってるからびっくりー。この事故の前後は体調崩してて走ってなかったので全然知りませんでした。お互い気をつけましょう笑あと峠走もお気をつけを。村岡頑張ってくださいね。
Posted by: tppt |at: 2019/09/18 9:36 AM
そうそう、ここtpptさんのホームコースの一つですよね。。ほんまに、趣味のランで事故にあったりすると奥さんが悲しむだろうから、お互い気をつけて走りましょう( ;∀;)村岡はとりあえず、台風が来ないことだけを祈ってます( `ー´)ノ
Posted by: かっつん |at: 2019/09/18 8:00 PM








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode