Entry: main  << >>
お隣さん問題

毎日能天気に走っている間にお隣韓国との関係がどんどん悪化しているようで、昨晩には「韓国がGSOMIA破棄!」の報がネット上を駆け巡っていた。こと韓国に対してTwitterやネット上でインスタントに目にするコメントは、その多くが反韓・嫌韓感情を全開にしたものばかりで、相手を下に見て嘲笑しマウントをとろうとするような意識の嫌らしさを感じてしまう。もちろん、そんなことをして己が日常のストレスやら何やらに対する溜飲を下げていても何の意味もない。などと言う自分も恥ずかしながらこの問題に関してこれまでほとんど意識して見てこなかった反省の念もあり、先の「ホワイト国除外」の下りからいくつか記事を読んで自分なりに考えている最近。


その際にとても分かりやすく有意だったのが↓の記事。

 

誤解だらけの「韓国に対する輸出規制発動」
なぜ、相手が韓国になると日本の報道は歪んでしまうのだろう。もっと冷静に事実を報道して欲しいものだ。

 

ホワイト国とはなんぞや?というところから韓国をそのリストに追加した経緯、そして今回それを除外するにいたった理由や実際上の影響力などが捕捉記事も合わせて非常にわかりやすく説明されている。これを読むと、いかに多くのメディアや評論家が実態を誤解したままに歪曲報道・発言を行っているのかがわかる。

 

関連記事:
誤解だらけの「韓国に対する輸出規制発動」
補足解説:誤解だらけの「韓国に対する輸出規制発動」
補足解説2:誤解だらけの「韓国に対する輸出規制発動」
補足解説3:誤解だらけの「韓国に対する輸出規制発動」


また同時に、日本政府がはたしてどれだけの意図やその結果に対する想定をもってこの「適正な輸出管理を行うための措置」に「元徴用工の問題」を絡めたメッセージを付与してしまったのか?という疑問が生じた。というのも「国際世論に訴える」という点では日本の政治・外交能力はお世辞にも優れているとは思えず、たとえ上記のように今回の措置が「いや100%こっちが正しいんだから、わかるよね?」と余裕をかましているうちに、国際感情に訴えることに長けた韓国がアレコレやった結果、あれれなんか気づいたらうちにとって不利な状況になっちゃってるよ!?ということにならないとも限らない。上記の記事にも↓のような記述がある。

 

 ただ、韓国は国際的な世論工作だけはなりふり構わずやっているので、そこには警戒が必要だ。

 WTO一般理事会や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)閣僚会合での執拗な日本批判など、場違いであることなどお構いなしだ。他の国々が辟易(へきえき)していても、臆面もなくやれるのが韓国だ。

 特に米国への働きかけは猛烈だ。米国への仲介依頼のために国務省に猛攻勢をかけて、ポンペオ国務長官も仲介のフリだけでもせざるを得なくなった。さらに米国の産業界にも強烈なロビーイングをして、世界の供給網への懸念を説いて回り、7月23日、米国の産業団体から韓国の意向を反映した意見書まで出させるのに成功している。

 海外メディアへの働きかけもそうだ。日本のメディアの報道もうまく利用されて、世界の産業への懸念を喧伝(けんでん)している。

 日本も筋論では100%勝てるものの、油断大敵である。こうした国際世論への対策は韓国相手のときには、特にがむしゃらにやらなければならない。

 

そして、こうした支離滅裂な政権運営を行う韓国の文在寅大統領については、その行動原理を知るためのものとして↓の記事が分かりやすかった。

 

文在寅の正体?「親北・反日」とレッテルを貼って片付けるな!
 

盧武鉉と一緒に人権弁護士の道を歩み、盧が大統領になって秘書官として政権に加わった文在寅の人生を貫くキーワードは「正義」だった。

正義の追求を人生の中心軸として置くことができる原動力は、利益の計算を超えて何らかの価値を求めるロマンである。いい換えれば彼の人生観の核心は「超越主義的」(transcendental)である。

 

こうした実利よりも大義を重んじる人間がトップに立ち、「反日」によって国内の求心力を維持していこうとする政権というのは、今回のGSOMIA破棄のように「常識的に考えたらありえない」行動に出てくる怖さがある。もうここまで来るとさすがに「話せばわかる。みんな仲良くしようよ」とは言えないし、極めて感情的になっている相手には理をもって接しても、文字通り聞く耳を持たないだろうとも思う。だから今は、昂っている感情が冷めるのを少し待つしかないのかも。不必要に騒ぎ立てるマスコミに乗せられて、対韓国といった小さな世界でマウントをとることで安易なストレス解消に努めるようなことは自らを貶めるだけで無益だし、不要な感情の高ぶりは物事の本質を見えなくさせたり、思わぬところで足をすくわれる危険もある、、、とまぁそんな綺麗ごとを言いたいのではなく、実際自分ら一般人が出来ることなんて何もないわけで、だからこそ日本のエラい人たちは「まさか破棄するとは・・・」とか言ってる暇があったらもうちょっと外交頑張ってくださいよと思うのだ。

| かっつん | 21:56 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode