Entry: main  << >>
山岳ロング走 w/HOKA ONE ONE RINCON

DSC01731.JPG
8月10日土曜日。4時45分に起床。今朝は届いたばかりのRINCONを履いて、六甲山上への往復を含むロング走をやるつもり。スーパー銭湯でケアした先週末と比べると、今朝は脚の蓄積疲労が高め。相変わらず気温湿度も高いので、無理せずキツかったら途中で切り上げるつもりでスタートした。※例によって無駄に長いので、RINCONの印象は太字の部分だけ読んでいただければと思う。

 

DSC01740.JPG
さてRINCON、走り出してすぐにその軽さを感じる。大袈裟に言うと、足先にぶら下げた分銅を振り回しているような感覚もある最近のCLIFTONと比べると、明らかにその量感が軽い。そしてNIKEの厚底系(ペガサスターボ、ズームフライ)よりも接地のインパクトに硬さがなく、ふわりとした柔らかさがある。CLIFTONの「分厚いゴム!」を感じさせるドムドムしたクッションともまた違う。フワフワしている、と書くとネガティブな印象にとられそうだけど、路面からの反発エネルギーはしっかりと生かされており、そこと軽さ/柔らかさとのバランスが非常に良いというのが第一印象。

 

DSC01728.JPG
これまでアップダウンの厳しいウルトラマラソンやロング走で使ってきて、CLIFTONの凄さ(特に下りパートでの圧倒的なクッション)はよく分かっているつもり。それでも、代を重ねるごとにアッパーの補強や重量を増していったCLIFTONは、持ち出すのが若干億劫に感じてしまうのも確か。やっぱりランニングシューズって、足入れしてすぐに(あるいは手に持ったところから)テンションが上がるような魅力が(それは軽さや反発力といった長距離寄りでない要素が大きいのだが)欲しい。その点で、とある外国サイトのレビューでこのRINCONを「HOKAのシューズで初めて、走る喜びを感じさせてくれる」と書いてあったのには納得。

 


そんなことを考えながら阪急線沿いのアップダウンのあるルートを通って表六甲方面へ向かう。走り出しがキツいのもあってか、既にしてこの時点であまり余裕がない。たしか初めてCLIFTON(2代目)を履いた時は、ここの細かなアップダウンでもメタロッカー構造の恩恵で脚がよく回るのを感じたけど、今朝はバテ過ぎていたのかそういう感覚はなく。


高羽からは平均勾配8~9パーセントの登りが約8km続く。前回も思ったけど、六甲ケーブル駅下から新六甲大橋下までの1km弱の区間、そしてそこから表六甲DW(旧道)に入った最初の300mほどの傾斜が相当にキツくて脚が止まりそうになる。逆にここを超えると、旧料金所を過ぎてしばらく行ったところまでは比較的ラクになる。復旧工事が終わったと思っていた表六甲DWだけど、今日はまた途中で工事区間が復活しており、片側交互通行になっていた。先週に続いて車も人もいない朝の六甲山中を独り走っていると、何とも言えないワクワク感を覚える。3.5kmの標識がある地点前後がコース中で一番キツい区間で、15%前後の勾配が続く。そこを越えて鉢巻展望台を過ぎ、ラスト500mほどで再びキツくなる勾配をクリアして山上へ到着。今日はここの自販機でストップして、携帯ボトルに給水してから下山。そして下りに入った瞬間「オォ」と呟いてしまうほど、RINCONの滑らかなクッションに驚いた。700km近く履いたZOOM FLY SP FASTと比べるのも酷な気はするけど、着地衝撃の小ささがまるで違う。ただ今朝は、腰から臀部回りの筋肉が疲労で緊張している感じがあり、そこまでガンガンと下りは攻められず。それでも、終わってみれば上り下りともに先週の記録をave.7秒/km近くも更新していた。


しかし涼しかった山上から下りてくると、まとわりつくような湿度と気温に包まれる。先週よりも余裕がないことを感じながら、頭ん中では25kmほどで切り上げる算段。が、住吉川のほうへ戻ると結局は「先週よりも妥協する自分」にダメだしがかかり、体感的にはほとんど歩いているようなペースで登り返しに入ってしまった。たぶんこれから六甲山のハイキングに行くのだろう楽しげな男女4人の横を死にそうな顔で通過しながら、今日のこのキツさは今夏一番やなと思いながらなんとか先週と同じく31km/獲得標高1082m走って終了。ave.4:36/kmは先週よりも7秒/km速く、平均心拍148bpmは先週よりも2bpmほど高かった。終盤のキツさは先週の1.5倍ぐらいか。


さておき、RINCONの印象は上りも下りも平地も非常に高い次元でこなせる名作の予感。アウトソールの補強ラバーが少なくミッドソールが剥き出しになっている構造上、おそらく500kmほど走ればボロボロになってしまいそうだが、その耐久性の面以外はウィークポイントがほとんどない。唯一、今朝のランで気づいた弱点は、インソールが薄くてペラいために、汗でシューズ内が濡れた状態で傾斜のキツい下りを走ると、その摩擦でインソールが踵側から折れ曲がりずり下がってくるところ。実はこれ、2代目のCLIFTONでも同じ現象が起きていた。対処方法としては.ぅ鵐宗璽襪鮓魎垢垢覘▲椒鵐匹覆匹農榁紊垢覘Dめる、ということが考えられるけど、次回はいっそインソールを取り外した状態で走ってみようかなと思っている。

 

DSC01748.JPGDSC01750.JPG

DSC01764.jpg

 

めちゃくちゃバテていて食欲も何もあったもんやない、という感じだったけど、とりあえず買い出しに行ってランチの準備。キッチンがまた暑いのなんの。疲れている時は中東料理が食べたくなるワタクシなので、今日はクスクススパイスを調合(クミン、ターメリック、コリアンダー、ナツメグ、シナモン、白胡椒、クローブ、アニス)して、無花果とチキンのクスクスをメインに。後はカボチャの冷製ポタージュにサラダを合わせて。食べてると身体が回復してきて少し元気になった。

 

DSC01771.jpg
午後は家の細々したことを処理したりパンを焼いたり。夕方にローラー1時間。晩ゴハンはベトナムカレーパウダーを調合してラクサを作った。

 

DSC01776.JPG
打ち上げ場所が変わったのか、今年は淀川花火大会の花火が自宅からかなり良く見えて楽しめた。

| かっつん | 21:12 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode