Entry: main  << >>
Bohemian Rhapsody

12月6日木曜日。今年はまだ気温が高い毎日が続いてるからマシだけど、日の長かった夏場と比べるとどうしても朝起きるのが辛い時期。毎朝目覚ましが鳴って起きるたびに「今日はトレーニングをやめて二度寝したい」欲と葛藤する。とりあえず今朝は半袖+アームウォーマーで六甲アイランドへ。まだ逆走ルートに不慣れなのもあってか、これまで何百回となく走ってきたこの15kmコースが長く辛く感じられる。一昨日とまったく同じave.4:21/kmでフィニッシュ。

 

今日は仕事終わりに奥さんと待ち合わせて、レイトショーで遅ればせながらの『ボヘミアン・ラプソディ』を鑑賞。最近の映画にしては異例ともいえる右肩上がりのヒットで興行的に成功を収めている作品で、たしかに平日のレイトにも関わらず会場は6~7割方埋まっていた。冒頭お馴染み20世紀フォックスのロゴと共にいつものファンファーレが鳴るのかと思ったら、ギュインギュインのエレキギターが唸りをあげそのメロディを奏でる演出にニンマリ。あっという間の2時間15分ではあったけど、これだけ長めの上映時間をもってしても、QUEENの楽曲そしてライブが生み出す圧倒的な昂揚感と、フレディ・マーキュリーという一人の人間の人生を描き切るにはまったく時間が足りていなかったように感じた。


20世紀最大のライブイベントとも言われる1985年『LVE AID』のステージへと向かうフレディの背中を映し出したオープニングから、ラストではその21分間のステージパフォーマンスを熱狂の渦巻くウェンブリー・スタジアムの大観衆まで含めて完全に再現してみせる本作において、時代を超えて多くの人を魅了し続けるQUEENのそのサウンドの圧倒的な魅力・昂揚感を体感させるという点では満点級に近い出来だと思う。一方で先に書いたように、フレディ・マーキュリーという不世出の天才の少なからぬコンプレックスに塗れた生い立ちから才能に裏打ちされた強烈なアンビション、世界的な成功とその背後につきまとう苦悩、孤独、あるいは救済といったところを、バンドメンバーはもちろん、彼を取り巻く多くの人たちとの関係をもって描き出すには明らかに時間が足りていなかった。なにも時系列に沿ってダラダラと展開するのが良いわけではないし、これだけの物量を詰め込もうと思ったらこのぐらいアップテンポでぶっ飛ばさないと全然時間が足りんのだろうとは思う。であればこそ、そうした群像劇でもって作品に感動的な「物語性」を持たせようとするのはちょっと欲張りすぎだと思うし、最愛の人や家族、バンドとの一度は壊れてしまった関係がラストでいきなり全部元通りになって良かったねという描き方はかなり唐突な感じがあり、説得力が無いように感じた。たぶんこの作品では、実際にはあっただろう様々な暗部(当時のエイズに対する酷い偏見や差別も含めて)にはあえて踏み込まないようにしたんだろう。なんというか、人間の精神や関係が壊れる時ってこんなに綺麗じゃないよね、という。

 

そういう意味ではOASISのデビューからの軌跡を追ったドキュメンタリー映画『SUPERSONIC』を観ると、いやほんと、この人らこんな滅茶苦茶な状態でよくぞバンドとして続いてたな(笑)と改めて思うわけでもあるけど。


フレディ・マーキュリーという人間の内面や葛藤、そして性的な嗜好といったものが作品に安易な物語性を付加するための「オマケ」のように見えてしまう構成が個人的には少し残念ではあったけど、QUEENのサウンドの、そしてそのライブでの圧倒的な興奮と素晴らしさを改めてこの現代にリボーンさせてみせる点に主軸をおいたことが、世代を超えてこれだけこの作品が受け入れられる結果に繋がっているのかも、とも思った。とにかくもこの作品は、絶対に映画館の大スクリーンと音響で観たほうがいい。

 

12月7日金曜日。週末に追い込んだトレーニングをせねばならんので、、、と自分に言い訳をして二度寝しかけたけど、かろうじて起き出してジョグへ。川沿いを8km弱ほど流して終了。今日から神戸ルミナリエが始まるので、その人混みに巻き込まれる前に急いで帰宅。

 

DSC05170.JPG

晩ごはんはパスタ。

| かっつん | 20:53 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode