Entry: main  << >>
3年半ぶりの箕面。コンロの火、消したっけ!?


12月20日水曜日。寒くて暗くて走りたくない気持ちと葛藤した末に起きて着替えて外へ。当初15劼陵縦蠅、うだうだしていたせいで時間がなくなり距離短縮に。。走り始めて少しずつ身体が動き始める中で、時間内で少しだけ距離を延ばすことに。2匐の上り区間の中で200mダッシュ+800mジョグを2本。この程度のメニューでも最高心拍が178bpmまで上がっていたらしい。顔をネックカバーでぴっちり覆っていて呼吸がし難いというのも関係してるのかしらね。

 

DSC04438.JPG
この日は午後から休暇をとって、母親が以前から行ってみたいと言っていた箕面観光ホテルで宿泊することに。と言いつつ、自分が行ってみたかったというところはある。13時前に帰宅して急いで昼ごはんを作って食べ、バタバタと準備をして13時40分に家を出た。チャリを飛ばして最寄駅から阪急電車に乗車し、夙川まで来たところで気がついた。「あれ?コンロの火を消した覚えがない・・・」と。いつも鉄のフライパンを使った後はすぐにタワシで汚れを落として(洗剤は使わない)、そのままコンロで加熱して水分を飛ばすのだが、さっき昼ごはんを作った後でフライパンを洗って、コンロのスイッチを押した覚えが確かにあるのだが、それをオフにした記憶がない。ついでに言うとそのコンロ口は、異常加熱等によって自動オフになる機能がついた台ではないため、万が一にも火がついたままだととんでもないことになる・・・全身から一気にイヤな汗が出てきて「どうしよう!?」というフレーズがぐるぐると頭ん中を回る。高温に加熱されたフライパンからは白い煙が出て、キッチン内もかなり気温が高くなるため、普通に考えたら出掛ける時点でそんな異常を見落として家を出るとは考えにくい。おそらく、コンロのスイッチは押したけどうまく点火されておらず、だからそのまま気づかずに家を出たんだろう、、、と思ったけど、万が一のことを考えてやっぱり一度帰ることにした。電車を降りて反対側のホームへ行って再び折り返し、さっきよりも猛烈な勢いでチャリを飛ばして帰宅。とりあえず部屋から火は出ていない(笑)急いでコンロのところまで行って確認すると、思ったとおりスイッチはオンになっているけど火は点いていない状態。良かった、、、と思いながら今度こそしっかりと電気・ガス周りを確認して再び駅までチャリを飛ばす。これで都合40分ほどママチャリを全力でこいでる形になり、シャツとアンダー1枚の恰好でも汗だく。。

 

DSC04435.JPG
まぁでも、何もなくて良かったと思いながら電車を乗り継いで小一時間ほどで箕面へ到着。なんだか懐かしい景色。前回ここへ来たのは3年半前のKCC RIDE。pedalさんのエスコートでロードバイクで来たんだった。振り返ってみると、自転車はこの頃が一番乗っていて楽しかった時期かもしれない。今はただトレーニングのツールとしてしか見ることができてないけど、この先、競技志向のマインドから卒業する時期がきたらまた、同じように自転車を楽しめる日が来るかもね、と思った。

 

DSC04429.JPGDSC04418.JPG
と、話が逸れた。母親は先にホテルにチェックインしていると連絡が来ていたので、フロントでキーをもらって部屋へ。大江戸温泉物語としてリニューアルされたけど、箕面観光ホテルという名前からも判るように、元々はかなり旧い建物。山の中腹に聳える建造物を下から仰ぎ見て、そこへ向かっていくこの独特の昂揚感は、例えば六甲山中に在る廃墟の女王「摩耶観光ホテル」に臨むのと何か似たようなものがある。このゾクゾクした感じ、かなり好き。

 

DSC04409.JPG
高層エレベーターで一気に上昇し、そこから空中回廊を渡ってホテルに入る。高低差が凄い。

 

DSC04380.JPG
ホテルの廊下などからはかなり年期を感じる。

 

DSC04394.JPG
せっかくだから特別室に宿泊。窓からは市街地が一望できる。


先の顛末により、ここへ来るまでにかなりの大汗をかいていたため、とりあえず温泉へ入ることに。宿泊者は併設された箕面スパガーデンにも入れるのだが、あまり時間がないのでとりあえずホテル屋上の天空露天風呂へ。男湯と女湯は日によって入れ替わるそうで、この日の男湯は狭いほう。小さな露天のほうは源泉ではなく、箕面の天然水を引いているようで、正直これはこんなもんかというレベル。ただ、内湯の温泉のほうは、なかなかに良いお湯質。つるつるトロトロ美肌の湯と書いてあるように、肌がつるつるになる。

 

DSC04382.JPG
サッパリ汗を流して、17時から晩ごはん。かなり久しぶりのバイキング形式で、今日は質よりも量だととにかく食べまくった。

 

DSC04383.JPGDSC04388.JPGDSC04389.JPG

昔は家族で大阪の新阪急ホテルのオリンピアへバイキングに行ったなーと思いだしながら、和洋中一通りのものは食べて、おそらくいつもの3倍近い摂取カロリー。最後にケーキ5~6種類にわらびもち、大福、ゼリーなど。腹がはち切れそうになるぐらい食べるという暴挙を経て、いったん部屋に戻って休憩。というか苦しくて動けない。20時過ぎから再び温泉に浸かって小一時間ほど。22時過ぎにはベッドに入って、持ってきた電子書籍をしばらく読んで、寝た。

 

DSC04395.JPG
12月21日木曜日。浴衣と室内空調温度の関係でいつも以上に睡眠の質が悪く、1時間おきに目覚めて断続的に夢を見ていたような状態。朝走るということもチラと考えたけど、よく分からない場所で真っ暗な中を走るリスクを考慮して、やめた。6時の目覚ましで起きて朝風呂へ。今日は男湯が広いほうになっていて、こちらの露天風呂は昨日のこじんまりしたのとは段違いで、凄い。階段状になった浴槽に寝転がると、眼前には大阪の市街地までがずばーんと広がる。徐々に明るんでくる東の空と、活動を始める街の様子を眼下に眺めながら、のんびりとお湯につかっていた。

 

DSC04400.JPGDSC04403.JPGDSC04404.JPGDSC04406.JPG
7時半頃から朝食。昨晩あれだけ食べたのに、しっかりお腹が空くという不思議。食べ過ぎないよう控えめにする意識はありつつ、結局↑のとおり、普段の朝食からすると比較にならないぐらいたくさん食べた。10時のチェックアウトまでゆっくりして、それからまたお風呂へ。今回は箕面スパーガーデンの浴場。箕面観光ホテルはかなり人気があるようで、平日にも関わらず昨日はかなりの宿泊客で賑わっていたが、スパのほうはさすがに平日の午前ということもあって、広い男湯に10~15人ぐらいでのんびりした感じ。温冷浴を5回ほどして露天でのんびりとして1時間半ほど入っていた。満足。。梅田に出てランチという事も考えたけど、自分も母親もお腹が空いていなかったため、十三で分かれて自分は神戸へ帰宅。箕面ってそれなりに離れているイメージがあるけど、自宅最寄の岡本から電車賃320円で行けるのか。ロードバイクでもそれほど遠い距離ではないけど、往復で通る交通量の多い幹線道路のことを考えると気が乗らない。

 

DSC07880.jpg
特にすることがないので、スコーンを焼いてガトーショコラも焼いて、珈琲を淹れてしばしゆっくり。年末年始に飲みたい日本酒のリストアップなどをしていた。

 


夕方にローラー。温泉で回復したのか、わりと楽に出力が出せた。

 

DSC07895.JPG

奥さんが会社の忘年会で不在のため一人鍋。ちなみに今年も自分の仕事関係の忘年会は全て欠席しているワタクシ。

| かっつん | 21:52 | comments(2) | - | pookmark |
Comment
ホテルのバイキングにあるカレー。
あれ、無性に食べたくなりますよね。。(笑)
朝食のバイキングでもカレーが置いてあることって多くて、我慢できずに食べて、その後はお決まりの胃もたれコースを何度したことか。

そういえば、パティスリーに行くと二人で3種類のケーキを買うという、欲張りな食べ方をしてきましたが、昨日はそれで胃もたれ。。
歳をとるって嫌だなと感じたクリスマスでした(苦笑)
しかし、写真を見る限り、かっつんさんの胃はまだまだ若いですね(笑)
Posted by: tomo. |at: 2017/12/25 10:28 PM
tomo.さん

お返事が遅くなってしまいごめんなさい(>_<)
言われてみれば、もともと暴飲暴食するタイプではないので、胃もたれしたことってほとんどないですね(#^^#)
ケーキを2人で3個って絶妙なバランス笑。なんか聞いてるとプロが作った美味しいスイーツが食べたくなってきました。またオススメのパティスリーとかあれば教えてください♪
あ、箕面で食べたカレーは、なんとかというエライ料理人の方が監修したビーフカレーでしたが、いたって普通でした。ビーフ入ってなかったし笑
Posted by: かっつん |at: 2017/12/28 9:03 PM








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode