Entry: main  << >>
MFMK

UTMB関連の動画を見ていたらなぜかモグたんのMFMKにたどり着いたという不思議。この動画、かなり音が良い。個人的には09年のサマソニでの衝撃を思い出すような轟音圧。ここ数年のblogと違って、当時のレポなどは自分で読んでいても面白いものが多い。もうこういうのは書けないんだろうな。

 

■18:40 MOGWAI
単独で何度も観てるし、さすがにもういいか。でも他にコレといったものもないしとりあえず、、、といった感じでスタンド観戦を決め込んだモグワイでしたがゴメン、これがとんでもなく素晴らしかった。リハでは"Mega Snake"のイントロが弾かれたりしていたが、オープニングは"Batcat"。んでもってここで叩き出されたパーフェクトな轟音圧に思わずスタンドで「なんじゃこりゃ!」となり速攻でアリーナへ駆け下りることに。これまでのバンドとは一次元違って聴こえるその爆音と、波動のように押し寄せる圧の凄まじさは完全に別格。続く"I'm Jim Morrison, I'm Dead"で本日のモグワイの「凄さ」を確信し、"Hunted By A Freak"でめくるめくままに吹き飛ばされ、たぶん会場の多くが「来いッ!」と思っていたタイミングで"Helicon 1"がキタ瞬間にはもう、、、ね。4カウントののちに炸裂した、轟音のカーテンを幻視するような爆音に完全にヤラれ、周囲ともどもその轟音の中知らず絶叫していた。半ば放心状態のところへ波状で来たる"Ithica 27o9"でヘロヘロするうちに、スチュワートより「あと1曲演るよ」とのMCが、、、ってまだだいぶ時間アリマスがね、と思った瞬間、流れてきたのは"MFMK"の旋律デシタ。6年前に一度は聴いているこの曲だが、それと比べると今日のはうん百倍も素晴らしい完成度。奥歯が付け根からガタガタと鳴る「震動」のような轟音と、全身を舐め尽くす轟音ノイズの多重奏。「轟音」=「快楽」だということを改めて「体感」させてくれる圧巻の、圧倒的な音の壁。ラストでは激烈な閃光を放つフラッシュのもと、10分近くに渡りスチュワートが爆裂したノイズを繰り出し(というか遊んでるのか?)、人によっては地獄のような世界を現出させて終わった。個人的にはこれまで観たモグワイの中で、断トツの出来だった本日のライブだった。ラストはAphex Twinで30分ほど揺れ踊り、帰宅。何気に思っていた以上に満足度の高かった今年のサマソニだった。

| かっつん | 21:22 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode