Entry: main  << >>
BORN TO RUN 走るために生まれた ―ウルトラランナーVS人類最強の"走る民族"/クリストファー・マクドゥーガル


以前から気になりつつも放置していた話題の作品を今さらながらに手に取った。これはめちゃくちゃ面白い。表題のとおり、メキシコの走る民族=タラウマラ族が全編通してのkeyになっているのだが、そこから派生する形で、生れながらに「走ること」を本能として持った我々人類=ランニングマンの姿が、様々な切り口から描き出されていく様に興奮させられる。


最近では相当にメジャーになったとは言え、一般にウルトラマラソンやウルトラトレイルといったジャンルは、他の「陸上競技」と比べてその「記録」が公の場で語られる機会が圧倒的に少ないように思う。自分のようにランニングが趣味だと思っているような人間でさえ、このシーンで活躍する人たちのことは数えるほどしか知らなかったりする。本書では、世界最強のウルトラランナーとも言われるスコット・ジュレクを始め、強烈な個性と強さを併せ持った人物が多数登場する。これも本書の中で導き出される推論の一つだが、彼らに共通して見えるのは、走るという行為を、その苦痛すらも含めて愛しているというところ。原始より本能に刻まれた走るという行為を、限りなくそれに近い形で表現できるその強さ、耀きは、記されたその字面を追っているだけでも何か胸がワクワクするような興奮を禁じ得ない。文字通り「今すぐシューズを脱ぎ捨てて」走り出したくなったランナーは自分だけではないはず。およそ人間離れして見える彼らの超人的なパフォーマンスを見ていると、良くも悪くも人間の限界を規定しているのは脳なのだなという思いもあらためて抱く。日本のトップトレイルランナー、ヤマケンこと山本健一さんがよく「野生が目覚める瞬間を待つ」みたいなこと言ってるのもまた、この脳が規定する限界を壊すということなんだろう。


本書では、奇人とも見える一人のウルトラランナーと伝説の走る民族タラウマラ族、そして世界最高峰のトレイルランナーたちが競走するレースを巡るあれこれを軸として、一つの大きな物語が展開する。事実は小説より奇なりと言う言葉のとおり、「マジかよ!?」を連発したくなるエキサイティングな描写の連続に最後まで引き込まれる。と同時に、派生する形で挿し込まれる人間の走るという行為に対する考察は、多分に文化人類学的なアプローチを含んでおり、これがまた非常に面白かった。とにかく引用したくなる記述があちこちに散りばめられた本書だが、最後にその中から一つだけ、決して派手ではないがとても気に入ったそれについて記しておこう。

 

有酸素運動が強力な抗鬱剤であるのはわかっていたが、これほど気分を安定させ――この言葉は使いたくないが――瞑想にふけらせる力があるとは知らなかった。四時間走っても自分のかかえる問題の答えが得られないとしたら、もうその答えが見つかることはない。

 

| かっつん | 21:13 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode