Entry: main  << >>
(WHAT'S THE STORY)MORNING GLORY?

オフでもいいかなーって思っていたけど目が覚めてしまったのでランへ。休む時は休んで、トレーニングする時はしっかり追い込むってのが理想だけど、現実はなんだかメリハリなくだらだらと続けてるって感じ。難しいところだけど、基本的には毎日運動してるほうが体調は(メンタル面も含めて)良いというところもあったりするので。


とりあえず今朝のjog中は、「帰ったらこれを食べよう♪」と頭の中は「Muffin!Muffin!Muffin!」でいっぱいでありました。昨晩、睡眠時間を削って焼いたマフィン←アホ

DSC09462.jpg
レシピでは"Morning Glory Muffins"って紹介されてたけど、文字通り朝食用に食べる感じなんだろうか?以下、自分でもう1回作るとき用のメモを兼ねて日本語化したレシピを記載。

【材料】マフィン型6個分
レンズ豆(赤) 20g
オーツ麦 120g
☆シナモン 小匙1.5
☆カルダモン 小匙1/2
☆塩 小匙1/8
☆ベーキングパウダー 小匙1
☆吉野葛(もしくは片栗粉) 大匙
★アップルソース(無糖) 1/2カップ
★デーツ 12個
バニラエクストラクト 小匙1
ココナッツオイル(今回はレッドパームオイルを使用) 15g
◎人参(すりおろし) 中1本
◎りんご(すりおろし) 中1/2個
◎オレンジの皮 小1/2個分
◎クランベリー 20g
◎ココナッツフレーク 15g
◎くるみ 20g

【手順】
1.レンズ豆をざっと洗い、小鍋に沸騰させたお湯で15分ほど柔らかくなるまで煮る
2.全量2/3のオーツ麦(80g)をフードプロセッサーに入れ、粉状になるまで撹拌する。
3.☆を加えてさらに撹拌する
4.↓をボウルに移し、残りのオーツ麦1/3(40g)を加えてざっと混ぜる
5.引き続きフードプロセッサーに,函を加え、デーツが粉砕されるまで撹拌したらバニラエクストラクトとココナッツオイルを加える。
6.イ鬮い離椒Ε襪鵬辰入れ、少し粉っぽさが残る程度に混ぜ合わせる
7.Δ法を加え入れて混ぜ合わせる。
8.軽くオイルを塗ったマフィン型に流し入れ、180℃予熱のオーブンで40分ほど焼く。
※今回はアップルソースがなかったので、以前に母親からもらったリンゴきんとん50g+ヨーグルト50gで置き換えました。また、時間省略のため、林檎・人参・オレンジ(果肉含めて)はまとめてフードプロセッサーで撹拌して加えました。この辺は食感の好みに応じてアレンジすればいいのかなと思います。

DSC09537.jpg
焼いている段階からアップルシナモンの物凄く良い香りが。食べてみるとこれが美味い!カルダモンがいい働きをしていて、ポイントポイントで顔を出すクランベリーの甘酸っぱさやクルミのナッティーな感じが絶妙に組み合わさって、全体的に日本にはない「外国の味」を感じさせる。砂糖も生クリームも卵も使わず、甘み成分としては林檎の果糖ぐらいしか入っていないのにちゃんと満足感のある甘みがあって、たとえば「キャロットマフィン」のようなベジタブル系にありがちな「確かにヘルシーなんだろうけど・・・」みたいながっかり感がないところが嬉しい。これ「奥さんの朝ごはん用に」って名目で作ったんだけど、美味しいから自分で食べてしまいそうだわ。またリピートしよ。

DSC09508.jpg
ところで"Morning Glory"って聞くとワタクシとしてはこのアルバムを思い起さずにはいられないのだが、はたしていったい「モーニング・グローリーってなんだ!?」
| かっつん | 21:34 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode