Entry: main  << >>
タイトル/表紙絵/構成などから相当数の読者を逃しているように見えるモッタイナイ小説
最近Kindleで購入したハヤカワの2作。共に現在のこのジャンルにおいて有名な作家さんだが、個人的にはどちらも初読であった。

51EBOxl85hL.jpg
野尻抱介/ふわふわの泉

これはハヤカワ文庫JA全般に言えることなのかもしれないが、表紙絵が必要以上にライトノベルチックなのだ。ラノベにも面白いモノはあるんだけど、ここでは悪い意味での「軽さ」を連想させるという意味で。加えて小説のタイトルが"ふわふわ"とくるため、その2つの組み合わせから、その実は非常に緻密で精度の高いハードSFのディティールを持った本作の中身を予想することは難しい。深い知識に裏打ちされた物語の骨格と、その中でユーモアをもってイキイキと動く登場人物たち。個人的に知っている作家さんの中では、池上永一氏の著作や中島らもの『ガダラの豚』を読んでいたときと同じようなワクワク感があった。つまりは一大エンターテイメント。カッチリとしながら、どこまでも軽やかで開放感のあるストーリーは、そのままこの小説の核たる夢の素材"ふわふわ"の質感と連結する。

5152T1M5NBL__SX345_BO1,204,203,200_.jpg
小川一水/老ヴォールの惑星

対してこちらの短編集は誰が悪いのか、冒頭に配された"ギャルナフカの迷宮"がおそろしくツマラナイことで、立ち読み段階でかなりの読者を逃してしまったのでは?と余計な心配をしてしまう構成。なにせこの"ギャルナフカの迷宮"という話、政治犯として脱出不能な地下牢へと投獄された主人公が、そのアングラ世界において闘い、仲間を作り、自分をこのような境遇へと追いやった体制へ意趣を返していくというような粗筋なのだが、すべてにおいてペラペラなキャラクター造形と世界観、ご都合主義的な展開が組み合わさったその内容は、先ほどの悪い意味での「ラノベ感」をいっそう酷くしたような読書感。かつての書店で平積みになっているからさぞ面白いんだろうと読んでみたら「なんだこの中学生が書いたような酷い文章は!」と愕然とした某山田悠介の著作を彷彿とさせるレベル。

いったいなぜこれにAmazonであんなにもたくさんの高評価が?ひょっとしてあの人たちは全員〇〇なのか?と買ったことを激しく後悔したのだが、実はこの作品、続く表題作からは本当に同じ作者か?と疑ってしまうぐらい作品の質が桁違いに上がる。物語を詳述するのはやめとくが、非常にオリジナリティの高い「SF的」なヴィジョンを持った世界が、それぞれにユニークで刺激的な展開でこちらを引き寄せつつ、そのいずれもが背景に自らが「存在し」「生きる」意味を問いかけるような命題を持って構成されている、といった感じ。それだけになぜ、最初にあんな酷い作品を配置したのか?編集者は〇〇なのか?と思ってしまったのだった。同じく、短編集の最初が非常にマズかったものとしては町田康『ゴランノスポン』が思い浮かぶが気になる人はこちらも是非読んでみたくださいな。


さておき、今朝はローラーで高強度をやるだけのメンタリティがなかったので、代替メニューとして坂道ランへ。今月はほとんど走ってないので脚の疲労感はないのだが、全身にはうっすらと疲労の膜が纏わりついている。そして走っていない分、走力そのものが低下しており、キツいのに遅いという残念な状態。とにかくもできるだけ心拍を上げられるよう、少しでも強度を上げる意識を持って上りを走った。


夜ローラー。短めのインターバルメニュー。やろうかどうか迷ったけど、結果的には気分がスッキリして良かった。
| かっつん | 20:13 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode