Entry: main  << >>
CDラックを作りました
引越しを機に、棚から溢れ出し山積していたCDを収納するためのラックを自作した。もともとはシンプルかつ大容量という条件のもと、既成のラックを購入しようと思っていたのだが、なかなか求めるところにピッタリくるものが見つけられなかったこともあり、いっそのこと自分で作ったほうが早かろうという考えに至ったわけ。

今の時代、CDなんて買わずにダウンロード購入して(あるいは買わないで)済ましちゃって、時間とお金、並びに空間をクレバーに活用するなんて人も多いと思うのだが、自分のように実際に「モノ」としてCDが微増していくことに、その物質的な面からもみみっちい満足感を得ている人間にとっては、その満足の代償とも言うべきか、空間を占拠するCDの収納というのは、ちょっとした問題になってくる。

というのも、ある程度の枚数を持ってる人ならお分かりのように、500や600ならまだしも、その枚数が1,000を超えると、途端にそれを1発で収納できるような既成の棚っていうのは無くなってくる。デザイン性に拘るなんてまず無理。残るはそうした500枚収納モノを幾つか組み合わせて使うか、1,600枚程度収納できるような、天井付近まで聳え立つ巨大ラックをニッセンなどで安価で探すってぐらいか。前者の場合は結構な費用がかかり、後者の場合は見た目にも威圧的で(それが良いという場合もあるが)、また万が一天災等により倒壊した際の危険性も高いというデメリットがある。

そんなこともあって、自作した。というか、自宅で使っていたラックも自作だった。自作といってもめちゃ簡単。まずは設置するサイドの壁を採寸し、それに見合った木材をホームセンターへ買いに行く。今回は窓枠までの高さが100僂世辰燭里如高さをそこまでに抑えて幅240僂里發里鮑遒襪海箸砲靴拭ただ、幅をモロに240僂砲垢襪半紊CDを並べた時に重みでへし折れそうだったので、120冑のものを2つ並列させる形にした。

ホームセンターで支柱用の材木と棚用のパイン集成材、それから安価な電動ドリル(家庭工作用で1,700円ぐらいで売ってる)、ビスを買う。〆て13,000円以内でおさまる。あとは集成材を目的の大きさにカットしてもらい、組み立てるだけ。謙遜でなく、とてつもなく手先が不器用な私でも簡単に出来てしまうお手軽さ。最上段までみっしり詰めれば2,000枚ほど入る見込み。棚自体の見た目は「それなり」だけど、高さを抑えて壁面のサイズに合わせたものが作成できるので、部屋の中にスッキリ納まる感じはする。何よりも安価だし。というわけで、収納にお困りの方は一度試してみてもいいかもしれん。







【2010年3月3日 追記】
転居先にてCD棚を作り直しました

壁面CD棚 其の1
壁面CD棚 其の2

| かっつん | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode