Entry: main  << >>
エイハブと白鯨


先の『ボローニャ国際絵本原画展』で一番好みだったと書いたスペインの作家/Manuel Marsol。振り返ってみれば昨年の同展でも「この人の作品が良かった」とメモっていて、あーこれは作品を買ったほうがいいね、ということでAmazonで購入可能だった"エイハブと白鯨"をゲット。


やはり原画の輝きと比べると、プリントされたそれはどうしてもその魅力を減衰させてしまうけど、それでも細部にキャッチーな煌めきが埋め込まれたダイナミックな画は十二分に魅力的。見るたびに新しい驚きがあって楽しい。


これは有名なハーマン・メルヴィルの小説「白鯨」をベースに描かれている。小説はかなり長い話なので、この絵本はダイジェスト版的なものとして受け入れられるかもしれない。また大型の絵本なので絵に迫力があり、各ページに描かれたクジラを探すのも楽しみの一つである。《NEW SPANISH BOOKS》

| かっつん | 22:10 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode