Entry: main  << >>
Andreas Gursky/Katalog zur Ausstellung im Haus der Kunst, Muenchen


ドイツの写真家/Andreas Gurskyの新作。
肉眼では到底捉えきることが不可能な
莫大な空間を一つ所に閉じ込めた集合写真が圧巻。

その個としての存在が、限りなく無に近づいて感じられるまでに
巨大な全容でコチラを圧倒する群像模様。
同時に、細部に散らされたピースからは
完璧に計算された、緻密なバランス感覚を思わされる。

全160頁の今作。
新作と旧作の比は、だいたい1:4ぐらい。
これまでに見たことのある作品も
その並列の仕方でまた新しい表情もたらすところは
写真集ならではの面白さ。

と言いつつも、やっぱり強く興味を挽かれるのは新作群。
遠目にはタイル絵のようにも見える表紙写真は
北朝鮮のマスゲームの一コマを撮ったもの。
中にも数点、この国民的行事の模様が収められているが
細部まで完璧にピントの合った巨大な光景は
その構成員たる人間の無機質さを強烈に際立たせ
圧巻でありつつ同時に、かなり不気味。

新作では他に
クウェートの証券取引所
F1のピットクルーを収めた4連
日本のスーパーカミオカンデ
などがある。


これまで自分が持っている写真集と比べると、
一枚一枚の劇場感がかなり強く前面に打ち出されているところが共通している。
まさに、圧巻という言葉がピッタリとくる。
一体どういった機材と手法を使えば
これだけの光景をこういった形で切り取れるのか
ど素人の私には全く想像もつきません。
現在トルコで開催されている、個展にめちゃくちゃ行きたい。
日程的にたぶん無理だろうが。。
トルコの次はアラブ首長国連邦へ移るそうです。
| かっつん | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode