Entry: main  << >>
我淡水と共に在りき
ゴールデンウィーク2日目の朝。仕掛けられたる目覚ましの炸裂と共に6時ちょうどに起き出した私は、おもむろに着衣を身につけ非電動式自転車、つまりは普通のチャリに跨り颯爽と我が家を後にした。向かうは河原。河川敷。目的は朝の清らかな光のもとに晒された景色を写真に収めること。さらには以前から通勤電車の車中から何度も眺め気になっておった、JR新大阪駅近くのまるで香港を思わせるようなゴチャッとした窓窓窓+そこに干しだされたる様々な洗濯物がさながらアジアの混沌を醸し出し、ここって日本?と思わず不思議な感覚へと突き落とされてしまうような、そんなフォトジェニックなアパート群をこれまた写真に収めるというミッションを自らに課しての出発である。私の跨りたるnot電動式二輪車、つまりは普通のチャリは、折り畳み式の持ち運び重視型。要するにその本来の役目たる"扱ぐ"という点においては甚だ頼りない輩であり、まぁ扱いでもあんまり進まん。逆風が吹いたりなんかしちゃったりするともう大変で、フンフフンッフッフゥゥーっと鼻息を荒くし必至に扱いでもおいコラ全然進まんではないか!と怒り出したくなるような体たらくぶりを露呈する。幸いにも本日は晴天なりで風もほとんどなく、かような貧弱チャリでもさほど苦労することなく20分ほどで目的の河川敷へとうちゃーく。朝の光を受けた河岸沿いのビルヂング公営団地ファクトリー橋脚学校オヤジの頭が綺麗に川面に反射し照り映えそれはそれは美しい景観を創生しておる。おぉー!!!と前にもさんざ撮ったにも関わらず、水辺に眼が無い私は思わずシャッターを切りまくる。勢いに乗りさらに河川敷を東へと爆走することウン十分。ふと我に返り引き返した私めは、続いてはJRの線路沿いに東淀川を超え意味もなく陸橋を往復したりしつつ新大阪駅周辺へ。フォトジェニックと思われたボロいアパート群は、実際近くへ寄って見ると思った以上に撮影スポットを見つけるのが難しく、あまり上手く撮れなかったのだが、その辺をウロウロしていると幾つか別のフォトジェニーック!なオブジェクトを見つけ出しそれを収める。そんなこんなで気づけばかなりの時間が経過。朝の静かな気配もいつの間にやら消え去り出歩く人の姿も増えてきた。ので帰る。帰り着くと9時過ぎ。3時間ばかしウロウロしていたのだな。昼からは梅田へと繰り出し、中崎町のギャラリーでサンチャゴ・デ・コンポスッテラへの巡礼道を辿った写真展を見学し、その後再び私は川へ。堂島を越え土佐堀川の川沿いを東進。なんも考えずひたすらに東進。目に付く景色を切り取りながらひたすら歩く。90分ほど歩いて今度は反対の河岸を歩いて戻る。中途で川を外れ周辺の路地へと入り込んだりしながら目に付くものをバシャバシャと切り取っていく。いつしか日は傾きオレンジ色の光に照らし出される街々。御堂筋では列を成し走り去る車のテールランプが、宵闇の中明滅しなんともフォトジェニーック!大規模な解体建築が織り成されるオフィス街における剥き出しの鉄骨群がなんともフォトジェニーック!違法駐輪を阻止せんと無数に張り巡らされたカラーコーンとバーが織り成す幾何学模様がフォトジェニーック!陸橋上から蠢く無数の人々がクロスするクロスロードを俯瞰する瞬間はまさしくフォトジェニーック!といった具合でバシャバシャ取りまくり帰りにヨドバシでフィルムを提出し現像をお願いし、帰った。よく歩いた。疲れた。
| かっつん | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode