Entry: main  << >>
津原泰水/ピカルディの薔薇

発行:06年11月24日
装丁:金子國義


『蘆屋家の崩壊』以来久方ぶりの登場となる、猿渡と伯爵の2人がまみえ織り成す津々浦々の怪異談。ミステリーやホラーというのとはまた違い、怪奇小説という形容が思いつく中では最もしっくりくるような手触りは、例えば『綺譚集』で行われた"異形のモノたちが蠢くその様を、その悲哀を戦慄を、余剰を削ぎ落とし研ぎ澄まされ剥き出しにされた美意識が支配する流麗な文体に乗せて放ち読み手を幻惑する"手法とはまた異なり、"人知を超えたモノの存在を背後に匂わせ感じとらせながら、しかしそれはダイレクトに表出せず常に背後の模糊とした存在として在り続け、その存在が産み出す影響下に期せずして引き込まれ、巻き取られ染められていく人間が織り成す悲喜劇を、ある時は背筋をゾクリとさせる慄きでもって、またある時は洒脱なユーモアを絡めて描き出していく"感じ。

この猿渡と伯爵のシリーズ(といっても単行本としては今回でまだ2冊目だけど)が津原作品の中で最も好きだという人は多いと思う。その最大の魅力が猿渡という人物の描写の妙に因るのは間違いないだろう。謎めいてクールな存在でありながら、どこかお茶目なところを感じさせる伯爵のキャラクターもまた素敵だが、世を斜に見ているようで実は純情、行動力があるのか無いのか、あるいは天才肌なのかもしくは自嘲するように単なる怠惰な人間なのか、フワフワとして非常に捉えどころが無い変わった主人公が猿渡である。作中の記述にちょうどこの感覚に似た描写があったので引用。

周囲に花が咲き乱れているのはなんとなくわかる。が、そのひとつに触れてみようとしても手は霞を掻くばかりです。距離が掴めない。それほどまでに霞が濃い。遠くに波音が聞こえる。しかし方角は判然としません。

こんな捉えどころの無いキャラクターが、なぜにこうして魅力的に写るのか考えてみると、強烈な個性を感じさせる描写が無いことで逆に、読み手は自分の好きな解釈で彼を捉えることが出来、結果として自分にとって好ましい人物像を内に創り上げることが出来るからかもしれない。現に私が上に書いたような人物像は、他の人にとっては全く思いもよらない像であるかもしれない。私の場合、そうしたどこか憎めない存在の猿渡が、執筆のため取材旅行をする伯爵に付いて各地を訪ね、そうして様々な怪奇に巻き込まれていく様が何とも愛おしく感じられる。ポロリと漏らされるヒネクレタ科白に、大事に遭遇しながら泰然を装っているようなその様が、いやはやとても愛おしい。

さらなる魅力が、そうした全国津々浦々の怪異に絡められ時に主題となる山海の珍味。元々この猿渡と伯爵は無類の豆腐好きが高じて知り合った中、という設定からも分かるとおり、浅薄なグルメ通など敵うはずもないマニアックで珍なる美味の食材が、それこそ山と現れる。今回も、海豹の内部に海燕を丸ごと100羽ほど放り込み密封、地面に埋めて何年か放置して作るというイヌイットの醗酵食品『キビャック』/摩周湖に大量に生息するという内田蝲蛄のうち、意図的に仕組まれた共食いを経て残った1匹のそれ/蛭にナニモノかの血を吸わせ膨れ上がったところを茹でた腸詰ならぬ蛭詰めのソーセージetcetcetc...既にしてグルメといえるのかワカランような食がばんばん登場する。昂奮するぜ。たまにヒクがな。

そして相変わらず津原氏の文体というのは非常に美しく、何だかピアニストの指を思わせるようにスラリと伸びやかで無駄がなく、それだけでとても魅力的だ。かなりジャンルレスで作品を出してきている作家さんだが、どれを読んでもハズレが無いと思わされるのは、こうしたベースの文体が自分に合っているからなんだろう。自身では作家活動の他、ラヂオデパートというバンドで音楽活動も盛んにされておられるようで、最近はなんだかそっちに入れ込んでいる感じもするが、こうした『耳の良い人』が書く文章というのは、えてして非常にセンシティヴで魅力的なモノが多いような気もする。そんなこんなで今作、かなり面白いです。と無理やり締めてやった。
| かっつん | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode