Page: 1/28   >>
京都にて久しぶりの外食

誕生日を祝っていただきました♪美味しかった〜( *´艸`)

| かっつん | 20:03 | comments(0) | - | pookmark |
活動量が料理>>>トレーニングとなる日もそう遠くない
この週末、いったい何品作ったのかしらん?と振り返ってみたところ

・サンドイッチ2種×2回
・カレー風味のローストポーク
・塩糀鶏の自家製ハム
・鶏手羽元のオレンジ/ナンプラー焼き
・塩豚
・チョコレートポリッジのパルフェ
・丸ごとキャベツと豆腐のキャセロール
・鰯の生姜煮(昆布出汁)
・ドライマンゴーのココナッツパウンドケーキ
・焼きパプリカとピーマンのマリネ
・焼きキノコのクミンオリーブオイルマリネ
・キドニービーンズのチリスープ
・鰯のオイルサーディン風
・カボチャのサラダ イタリア風
・レンズ豆と香味野菜のサラダ
・ファラフェル
・じゃがいものサブジ
・ラム団子の煮込み
・茄子のムジュヴェル

とまぁ、難度は別として品数的にはかなりのものを作っていた。そんな4月24日日曜日の記録。

DSC08253.jpg
朝6時前に起きてチリスープの仕込み。もはや工程や手順などを意識することなく、ほとんど無意識のうちに身体が動いている。

DSC08120.jpg
朝ごはんサンド。レンズ豆のサラダ+自家製鶏ハム+チーズ+キャベツ。

DSC08122.jpg
もう1品は残っていたチョコレートポリッジ+バナナ+蜂蜜+シナモンで。

DSC08159.jpg
スーパーで新鮮な鰯ちゃんなどを買って帰宅。すぐさま頭を落として内臓を取り除き、圧力鍋を使って生姜煮を作った。残りはオイルサーディン風に。長尾智子さんのレシピ本に載っている一品。玉葱や人参と共に鍋に入れ、ディルやローズマリー、パセリなどを振りかけ白ワインに浸して20分ほど弱火で火を通す。鍋から摂り出したらオリーブオイルを回しがけ、予熱でさらに火を通していく感じ。


前日の疲労が抜けていないため、トレーニングはオフにするか迷いつつ、天気が良いので住吉川沿いを軽く走ることにした。昨日に引き続き体感的にめちゃくちゃキツいのだが・・・ワタクシの身体はどうなってしまったんだろう。。

#おうちカフェ#キャセロール #vegan #ワンプレートランチ

@kattsun_chovが投稿した写真 -


お昼は昨晩の残りなどを中心にワンプレートランチ。トルコの細挽きブルグルを合わせたが、未だに「ブルグル1カップ」というのが正味何グラムなのか?がわかっていない。ふわっと炊き上げるなら、1カップ=80gで計算して、倍量の水を合わせると良いなという感じ。食後料理用の白ワインがなくなっていたことに気づき、また買い出しへ。行くとついでに食材を買い足してしまうサマは、もはや病気。

DSC08166.jpg
本日の自家製スイーツ活動。ブルキナファソ産のドライマンゴーという、我が家にしては珍しく高級な食材(笑)があり、賞味期限が迫ってきていたのでこれを消費しようと。ちょうど1/2缶ほど残っていたココナッツミルクがあったので、それを使ってドライマンゴーを戻す。あとはココナッツオイルとバター、エリスリトール、卵、先ほどのココナッツミルクにおからパウダーを混ぜて生地を作り、ココナッツロングをたっぷり振りかけてオーブンへ。

DSC08171.jpg
もはや低糖質スイーツではないという気もするが、とりあえずマンゴーの濃厚さがたまらん旨さ。少しラム酒をたらしても美味しいかもしれない。

DSC08189.jpgDSC08194.jpgDSC08219.jpg
そんな、30分ほどの休息を終えたのちは再び料理という名の戦場へ。平日のお惣菜用に、長尾智子さんのレシピ本から「キノコのマリネ」「焼きパプリカとピーマンのマリネ」を作った。

DSC08182.jpg
昨晩から水で戻しておいたひよこ豆を使って、ファラフェル。これも主には平日のお弁当用に。

DSC08216.jpg
今回はクミン小匙2+ハワイージュ小匙1を加えた。揚げる際に白炒りゴマを塗した。

DSC08198.jpg
じゃがいものサブジ。こちらで使用するミックススパイスはパンチフォロンというもの。ニゲラシードやフェヌグリークなどふだんあまり見聞きすることのないスパイスが入っている。主に野菜や魚介の煮込み系に使うものだとか。ニゲラは少量(といっても大匙5杯ぐらいあるけど)を神戸ハラールフードで100円で買っておいた。

DSC08205.jpgDSC08222.jpg
前回はメークインで作ったけど、ちょっと煮崩れし難かったため、今回は馬鈴薯で。このほうがやはりとろりとした煮崩れ具合になって良い。

DSC08178.jpg
メインは羊のひき肉を使ったラム団子の煮込み。ここではアドヴィーエというスパイスを使う。このミックススパイスは個人的にかなり好きで、その華やかな香りを嗅ぐとテンションが上るw。

DSC08180.jpg
ひき肉は前回は群馬県産のものを使ったけど、この手の煮込みであれば、価格的に半値程度で買える豪州産でもまったく問題なし。

DSC08187.jpgDSC08188.jpg
DSC08229.jpg
赤や黄色のパプリカなど、見た目にもカラフルな野菜の甘みと共に、絶妙なスパイスの華やぎをまとた羊肉が本当に美味しい。

DSC08234.jpg
正直もういいかと思うぐらいの消耗っぷりであったが、最後に茄子のムジュベルというトルコ料理も作る。前回はズッキーニで作ったトルコ風のおやき。これ、レシピ本でもビジュアル的にはパッとしないんだけど、食べてみるとビックリで、信じられないぐらいに旨いのだ。この独特のコクと甘い風味はフェタチーズとディルに因るものなんだろうか?プレーンヨーグルトと一緒に食べると絶品である。ほっぺたが落ちる。

そんなわけで充実した休日だったけど、同時にこれは久しぶりにやってしまったなというぐらいの疲労感。月曜日は廃人然として使い物にならないフラグが立っていたが、あまり眠れなかったにも関わらず、今朝は思っていたほどの疲れはなく、なんとか普通に一日をやり過ごすことができた。それにしても、平日と休日では時間の密度がまるで違い過ぎていて、なんとも。。土日の活動量を10とすると、平日のそれは2か3ぐらいだな・・・。
| かっつん | 21:05 | comments(4) | - | pookmark |
チョコパフェからキャベツな土曜日の記録
DSC08031.jpg
今朝は自転車に乗るつもりで昨晩のうちにバッチリ準備していたのだが、例によって起きたら行きたくなくなっていた・・・。代わりにランへ。今朝は最近の中では体幹に安定感があってそれは良かったが、全体的な調子は引き続きよくない。特に上半身がガチガチに固まっている感じで、鏡を見なくても酷いフォームになっているだろうことが分かる。上がらない心拍のわりにキツい感覚をずっと感じながら、とりあえずハーフの距離を走って終了。


DSC08037.jpg
今朝のサンドイッチはファラフェル+自家製ローストポーク+チーズ+キャベツ+レンズ豆とセロリのサラダ。旨すぎる。

DSC08040.jpg
自家製ピーナッツバターのバナナサンドも♪

DSC08058.jpg
家事をして買い物行ったらお昼前。昼ごはんは残り物でランチプレート。ジーマミ豆腐は最高に旨かったな。


隙間時間でZwift。

DSC08063.jpg
久しぶりにVEGE BOOKをペラペラ見ていたら、美味しそうなスイーツメニューが目に入る。

写真 2.JPG写真 3.JPG写真.JPG
オートミールとカカオマスで作るチョコレートポリッジをベースに、ミューズリーやナッツ、フルーツなどを添えてパフェ風に。こういうのは楽しくていいね。

DSC08085.jpgDSC08086.jpgDSC08099.jpg
晩ごはんもVEGE BOOKのレシピから。キャベツを丸ごと使ったキャセロール。水切りした木綿豆腐をひき肉に見立てて作るレシピ。

DSC08104.jpgDSC08108.jpgDSC08118.jpg
調味料には少量の塩コショウしか使っていないのに、キャベツの甘みを中心に、すごく良い味が出ていて旨い。見た目のインパクト、食べごたえも抜群。シュラッテンバッハのドイツパンなどと合わせてようさん食べた。
| かっつん | 20:34 | comments(0) | - | pookmark |
大変によく食べた感じのする週末の記録
DSC07817.jpgDSC07815.jpg
4月16日土曜日の日記。6時に起きてアイロンがけやプランターへの水やりなど。ベランダのジューンベリーの花が咲いた。桜にも通じる柔らかなシルエット。

DSC07821.jpg
パクチーの葉形もそれっぽくなってきた。

DSC07786.jpgDSC07796.jpgDSC07804.jpgDSC07807.jpg
朝ごはんサンドイッチ。カボチャとカシューナッツのサラダ+レンズ豆とセロリのサラダ+スライスチーズ+ポークハム。もう一種はいつものピーナッツバターバナナサンド。ただしピーナッツバターは無添加ピーナッツペーストと無塩バターから作った自家製のもの。


簡単に家事を済ませてから自転車で六甲山へ。ホイールは久しぶりにRolfへ戻した。脚に重さがあったため、強度はあまり上げないイメージで。超久々な東六甲。後でログを辿ってみたら前回行ったのは9月12日だった。。しかし東はキツいなー。インナーローで上っても心拍は軽く150を超えてしまう。出力的にも平均して4倍ぐらいのパワーウエイトレシオになる、というかこれぐらい踏まないと止まってしまいそうで・・・。そんなんでノロノロとなんとか一軒茶屋にたどり着き、そのまま止まらずに掬星台のほうへ。掬星台ではリュックサックマーケットが開かれていたため、ここでも止まらずに来た道をUターン。サンライズドライブウェイをちょろっと周って表六甲から下山した。
 

@gbrother00が投稿した写真 -


信号停止以外は止まらずに走ったが、それでも2時間24分のライド中、10分ほどの停止時間があったみたい。朝食はサンドイッチ2切れで400〜500kcalほどだと思うが、消費1,000kcalに対して空腹感はまったくなかった。山上は涼しいので、水分補給も300mlほどで足りた。ただ最近、トレーニング前中後の補給については「食べなくても大丈夫だった」というのが本当に良いのか?と思うところもあり。たとえ空腹を感じていなくても、摂るべきときにしっかり摂らないと、回復を含めた長期的なパフォーマンス向上の観点からよくないのでは?とか。



DSC07826.jpg
シャワーを浴びてからスーパーへ買い物に行き、(また)買ってきた鰯の下処理をしてバジルペースト焼きを作った。その場の思いつきで、2尾はピーナッツバター+ドライフルーツを詰めて焼いてみたのだが、これが思いのほか美味い!これ、マイ定番レシピ入りしそう。こんなんも外食のランチプレートみたいなので食べたら、食後のコーヒー・紅茶含めて結構なお値段がするだろうけど、家で自分で作ったら、6尾で200円w。残った分はお弁当のおかずに回す。後は野菜類を摂ったぐらいで、夜に備えて昼ごはんは軽めに済ませた。

DSC07837.jpg
Coachellaのライブ配信を観るなど。

DSC07842.jpg
DSC07848.jpg
で、夜というかまだ明るい夕刻から本日のメイン行事。フロマジュリー・ミュウのチーズとメツゲライ・クスダの肉を肴に、映画を観ながらだらだら飲んだり食べたりするのだ。前回やったのが12月末

DSC07851.jpg
とりあえずダールスープとサラダだけ作った。ベランダのプランターから間引いてきたパクチーをこれ幸いとスープに添えて。

DSC07844.jpg
昼のうちに奥さんがメツゲライ・クスダとベッカライ・ビオブロートへ行って、肉とパンを買ってきてくれた。ドイツパンは近所のシュラッテンバッハが最高だけど、この芦屋のベッカライも違った美味しさがあって好き。特にここのクノーテンは絶品。

DSC07855.jpg
メツゲライクスダではパテやソーセージ、ハムなど合わせて6種類。ふだん安い肉ばかり食べてる身からすれば、かなりいいお値段がする「高級品」だけど、それだけ出すだけの価値はある。逆に言えば、外食でそれだけの「価値」を感じるお店って本当に少ないんだけど。

DSC07865.jpg
この日のチーズは3種類。こちらはお店で取り扱っている中で最も風味が強いというフランスのマンステールというウォッシュ系。調べてみると、じゃがいもとの相性が抜群らしい。ザワークラウト作って、マッシュポテトと一緒にいただく、なんてのを想像するとたまらん。

DSC07863.jpg
こちらはイタリア語で「酔っ払い」の意を持つウブリアーコ。とてもコクがあり、口に含むと林檎を思わせるフルーティな甘みと、香ばしいナッツのような風味が広がる。

DSC07864.jpg
こちらは山羊乳のブルーチーズ。塩気はそれほど強くなく、比較的マイルドな印象。最後にピリっと感じるカビの強さに至るまで、とてもバランスが良くて美味しい。

DSC07874.jpgDSC07881.jpgDSC07883.jpgDSC07886.jpg

普段は飲んでもグラス1杯程度だが、この日はボトル1本近く空けていた。あまり期待してなかったが、ジューシーな果実感と軽やかなタンニンがバランスよく、美味しいワインだった。本当は肉やチーズのパンチに負けないような重めの赤が合うんだろうけど、有機系のビオワインはたくさん飲んでも後に尾を引きにくいのがいい。


この日観た映画。たしか菊地凜子が出ていて、どこぞのシーンで観客が癲癇起こしたとかで話題になってたやつよね、、、という程度の認識で見始めたのだが、結果的に自分の中で10本の指に入るぐらい強い印象を受ける作品となった。今さらなのでストーリーは割愛するが、舞台はモロッコ、東京、メキシコのそれぞれで進行する。そしてその多くは悲劇的である。それらの群像は多くの点において結びついているのだが、そうした物語の構成的な巧さやそこからもたらされる明確なカタルシス、といった部分だけを捉えてみればそれほど面白いわけではない。むしろ強い情感に縛られながら、どこか肉体的な現実感を欠いて感じられる画面はどこか白昼夢めいていて捉えどころがないようにも思う。

143分に渡る作品の中で一つのテーマがあるとすれば、それは「異邦人」というキーワードだろうと自分は思った。"その地において異質な存在として在る自分"と言う感覚。それは、モロッコという異国において不幸な事故に巻き込まれたアメリカ人夫妻(ブラッド・ピット&ケイト・ブランシェット)に限らず、日本で聾唖者として生活する女子高生(菊地)が感じている(であろう)感覚や、あるいはメキシコから国境を越えたアメリカでベビーシッターとして就労している中年のメキシコ女性(とその預託先のアメリカ人姉弟)が見舞われる事態とも全て共通しているように見える。

その場所、集団において異質な存在としてある自分、という感覚。異国への旅行を例にとってみれば分かるように、最終的に自らが還る場所があれば、人はそうした「異物としての感覚」を一つの刺激として楽しむことができる。しかし何かのきっかけでその還るべき場所を失ってしまったとき、人は圧倒的な無力感と共に、普段なら意識することもないような、自分は自分であって、究極的に他者とは絶対に相容れることはできない、という(ある意味では当たり前の)感覚に直面することになる。その何とも言い難い強烈な感覚が、この作品では終始に渡って描かれていた。その内心を具体的に表現するためとは言え、ともすればただの色情狂のようにも見えてしまう菊地の言動は全体においてややアンバランスにも映ったが、それを置いてもこの作品は、自分の中で他に比するものが思い浮かばないような特別な印象をもって強く記憶に刻まれた。



DSC07897.jpg
4月17日日曜日の日記。今日はトレーニングはしない予定。とりあえず色々作っていた。

DSC07891.jpgDSC07893.jpg
昼ゴハンは昨日の祭りの残りモノなど。

DSC07919.jpg
運動していないが食べる。

DSC07899.jpg
運動していないがスイーツも作る。

DSC07904.jpgDSC07916.jpg
グラノーラを焼く

DSC07903.jpg
ピーナッツペーストと豆乳から作るジーマミ豆腐。絶品。。

DSC07909.jpgDSC07925.jpgDSC07930.jpg
今週のファラフェル。

DSC07934.jpgDSC07937.jpgDSC07943.jpg
DSC07951.jpg
晩ごはんは和食で。久しぶりに作った炒り豆腐。豆腐の水切りをしたり、干し椎茸やきくらげを水で戻しておいたりといった事前準備は必要だけど、シンプルでとても美味しい。

DSC07945.jpg
長芋と鶏ひき肉の塩糀炒め。先にごま油で生姜を炒めて香りづけておいてから、他の素材と調味料を加えてさっと炒める。ネギも大量に。こちらもシンプルだけど美味しい。

DSC07912.jpg
DSC07955.jpgDSC07960.jpg
こちらも久しぶりのテンペ。神戸ハラールフードで買ったものを初めて使ってみたけど、いつものマルシンテンペよりももっちりしていてかなり旨い。

DSC07968.jpg
和食はいいな。日本酒を飲むつもりでいたけど、運動してないせいかあまり飲む気が起こらなかったのでやめた。晩にローラーへ跨ってみたが、脚が重くまともに回せなさそうなので3分でやめた。
| かっつん | 21:14 | comments(0) | - | pookmark |
貴妃鶏
DSC07406.jpg
上島亜紀さんの『一度にたくさん作るからおいしい煮込み料理』から、楊貴妃が好んだとも言われるレシピ「貴妃鶏」を作ってみた。ポイントは干し椎茸かしらん。前日から少量の水で戻しておくことで、しっかりとした風味が出る。ごま油で生姜とネギを炒め、続いて手羽中を焼きつけたら老抽王、醤油、酒を加えて煮立たせながら絡める。鶏ガラスープを注ぎ沸騰させたところで、180℃予熱のオーブンで20分ほど煮込み、最後に水溶き片栗粉を加え、さらにごま油を回しがけたら、先に塩茹でしておいた青梗菜を入れて完成。手羽中は、手羽先でもいいのかも。コラーゲンたっぷりで旨い。

DSC07419.jpgDSC07427.jpg
食べ物って、味はもちろんだけど見た目も重要。己のヘタな料理が少しでも栄えるよう、器も少しずつ買い足していきたいなと思う。以前は萩焼のような「カッコイイ」器が好みだったけど、実際に使うイメージで見ている最近は、信楽焼の作家さんに好みのモノが多いような気がする。写真上の鉢は美濃焼、写真下が信楽の作家/藤原純さんのオーバル皿。作家ものの器は一期一会。見て「欲しい」と思ったらその時に買っておかないと、あとで「やっぱり欲しい」と思っても二度と手に入らないことのほうが多い。結果的に同じような器が増えすぎてしまいそうだとは思うけど、何事も最初からスマートにはいかないもんだとその辺は割り切って。

DSC07410.jpg
さて、ほとんど枯れかけている己の運動能力とは対照的に、2週間前に種を蒔いたバジルが発芽。こちらは室内設置の鉢に蒔いたもので、南面の開口部に置いていたせいか思っていたよりも早かった。ベランダにプランターを設置しているパクチーのほうはまだもう少しかかるかな。


奥さんから「今日はちょっとだけ残業」というメールが来て、帰宅後30分ほど隙間時間ができたのでローラー。ノーアップで最初からあげていったけど、20分/4倍すらキツいという悲しすぎる現状。昨年の伊吹山では30分/5倍ぐらいで走ってたみたいだが・・・

DSC07440.jpgDSC07443.jpg
ま、とにかくも晩ごはん。一瞬で作ったキャベツと卵のスープがおもいのほか美味しくって。
| かっつん | 21:03 | comments(0) | - | pookmark |
何がしたいのか

朝ローラー。ワークアウトでSST的なメニュー。しかし計画性も何もなく、行き当たりばったりな感じ。足もだるい。

DSC07302.jpg
朝ごはんサンド。そろそろ新機軸を見出したいところ。要するに飽きてきた。

DSC07309.jpg
昼ごはん五目焼きそば。先日、東坡肉(中国風豚の角煮)を作った際にできたラードを使い、仕上げに老抽王でまとめた。


常に動き続けていないといけないような気持ちになってしまい(病気)、少しの隙間時間にジョギング。もう何がしたいのかわからない。

DSC07312.jpgDSC07317.jpg
夜ごはんマトン・パラク。ベースは先週作ったバターチキンカレーと同じ。鶏肉の代わりに羊肉が入り、最後にペースト状にしたほうれん草などを加えて1時間ほど煮込んだ。

DSC07313.jpgDSC07318.jpg
鰯のフライ、クミンオレンジマヨネーズ。鰯の三枚おろしは初めてやったが、簡単だった。

DSC07320.jpg
ダールスープ。

DSC07329.jpg
ジンジャー風味のさつまいもサラダなど、組み合わせはもはやインドとは何も関係ない。


食べながら観た映画。リゾート地へバカンスに来た家族4人だったけど、ちょっとした事件からなんかややこしい感情のもつれが出てきてしまいましたよ!という内容のストーリー。うわー、なんかつまんねーことでちょーめんどくせーって感じのネタで、よくこれで2時間近い尺の作品撮ろうと思ったね!?という感じの視点がある意味新鮮で面白かった。構図やら音からも、独特の美意識を感じた。
| かっつん | 21:23 | comments(0) | - | pookmark |
本日は摂取過多

今日は午前中を使って六甲山を実走するつもりだったけど、昼から母親がこちらに遊びに来てくれることになったので予定を変更して朝ローラー。前日から漠然と予想していたとおり、疲労がうまく抜けておらず、もし六甲山に行ってたら相当苦しんだだろうなーという感じ。30分過ぎでもうやめようかという感じだったけど、1時間を超えたあたりから逆に身体が楽になってきたのでトータル90min。不思議なのは、乗る前よりも乗った後のほうが空腹感がないのよね。

DSC07187.jpgDSC07190.jpgDSC07193.jpg
朝ごはんは今日もサンドで。午前中に少し時間が出来たので、ホームセンターでハーブの種と培養土、プランターを買ってきて播種しておいた。コリアンダーがわさわさ生ってくれれば嬉しいな。

DSC07195.jpgDSC07200.jpgDSC07203.jpg
昼ごはんタコス。

DSC07204.jpgDSC07207.jpgDSC07212.jpg
母親と奥さんと3人で自宅お茶会。奥さんが午前中に芦屋の"Poche du Reve"で買ってきてくれたスイーツ3種。

DSC07215.jpg
シュラッテンバッハに立ち寄りつつ、母親をJRの駅まで送ってから帰宅してゴハン。予定変更してチリスープの残りにマドラス・カレーパウダーで炒めた鯖缶としめじを加えてカレーにした。サラダは紫キャベツをメインに、トマト、セロリ、オリーブにローストアーモンドを加えてオリーブオイルと白ワインビネガー、塩麹で味つけ。非常に毒々しい色彩のサラダになった。明日は少し手間のかかる料理を含めて5品ほど作る予定。できるかな??
| かっつん | 20:43 | comments(0) | - | pookmark |
ひこにゃんから怒涛の買い出し、インターバルからホワイトデーの羊肉料理まで
ちょー忙しくってblogを更新する余裕がなかったのでした。というわけで3月13日日曜日の記録。この日はトレーニングも料理もオフにして、母親と二人で温泉旅行へ。近場で美味しいゴハンと温泉を楽しめたらいいねということで、事前候補には和歌山や三重、金沢なんかも挙がりつつ、最終的には彦根に決定。

DSC06897.jpg
そんなわけで日曜日のお昼前の彦根駅。ほとんど人がおらん笑。

DSC06906.jpgDSC06908.jpg
近くの喫茶店で昼ごはんがわりのどら焼きとコーヒー。しかし後で分かったのだが、町中には和菓子屋さんがたくさんあって、どうせならそちらで食べたほうが幸せになれたっぽい。周辺の土産物やさんなどをひやかしながら、彦根城へ。

DSC06916.jpgDSC06920.jpgDSC06944.jpg
DSC06954.jpg
DSC06958.jpg
意外と言っては失礼ながら、この彦根城が思いのほか良かった。遺構というんだろうか、お堀や下屋敷の庭園から始まって、彦根山上に聳える天守閣へと至るアプローチには往時の雰囲気がしっかりと残っており、かなりカッコイイ。


DSC06936.jpg
ここだけえらいようさん人がおるな、と思っていたが、その人垣の向こうにひこにゃんがいた模様。

DSC06951.jpg
この日はうす曇りだったけど、だからか余計に琵琶湖岸の景色が美しく霞んで見えた。

DSC06964.jpg
ん?なんだか今日はやけにたくさんのサイクリストを見かけるな、、、と思っていたが、ちょうどビワイチのイベントをやっていたらしい。ロングライド、楽しそうだなー。イケベさんやルイさんと走った琵琶湖岸でのライドは、春の日の柔らかな温度とともに、いまも幸せな記憶として自分の内に印象づいている。宿にチェックインして温泉へ。例によって1時間以上入っていたのだが、湯温が少し高めだったのと露天がなかっのとですこし消耗。

DSC06979.jpgDSC06981.jpgDSC06988.jpgDSC07000.jpg
その後はお待ちかねの晩ごはん。昼ごはんがどら焼きだけだったのでかなりお腹が空いていた。懐石料理は自分では絶対に作れないので、わざわざ外で食べるだけの価値がある。どれも綺麗で美味しかった。食後にまた温泉に入って就寝。翌日は雨。起きてすぐにまた温泉へ。朝食はバイキングでいつもの3倍近い量を食べ、満腹。というか苦しい。宿を出た後は、長浜に寄り道する母親と別れて自分は彦根から直行で2時間ほどかけて三宮へリターン。雨の降る中急ぎ足で山手の神戸ハラールフードへ向かい、羊肉や豆類など4kgほどを購入。そのままグロサーズを覗き、さらに猛然たる早歩きで南京町へ。ここで老抽王(中国のたまり醤油)をゲット。これを使って東坡肉(中国風豚の角煮)を作るのだ。さらにKALDI→三宮ダイエー→自宅近くのスーパー2店舗を回って帰宅したのが14時過ぎ。

DSC07012.jpg
昼食をとる間もなくチリスープの仕込み。ハラールフードで買ったばかりのハリッサというチュニジアの唐辛子ペーストを使ってみた。

DSC07019.jpg
元はチリコンカンのベジ版みたいなレシピだったこのチリスープ。少しずつアレンジが加わって、最近はそのスパイスの使い方などが中近東寄りのものになってきた感じ。スープの表面に油が浮いた感じに仕上がるとうまくいった証拠。おそらくこれまでで最短の30分で仕込みを終えた。

DSC07018.jpg
続いてパン生地の仕込みへ。今晩はトルコ料理をメインに3品を作るのだ。生地を発酵させている間に、買い忘れた食材を求めて再び近所のスーパーへ。


帰宅したら急いでビブショーツに着替えて、準備体操もないままにローラーへ。今日はZwiftのワークアウト・メニューでThe Wrigerというのをやってみる。FTP値の2倍を30秒-2分50秒レストというのを1セットとして、それを12セット繰り返すというインターバル系の内容。自分の場合、FTP値の2倍だと450w(8倍)ということになる。レストの時間はセットが進むほどに短くなっていき、最終的には1分50秒になる。始める前は、タバタと比べたら余裕だろうと(タバタをやったことすらない自分は)思っていたのだが、実際に始めてみると思いのほかキツく、1本目から「あ、これはあかんやつや」と始めたことを後悔。というか、最終的に目標のワットで完遂できたのは12セット中3セットだけだったという。まだそれだけの実力しかないということか。今度またちゃんとやり直そう。

DSC07048.jpg
そこからはさながら戦場のよう。初めて作る3品は予想以上に大変で。羊肉ミンチに玉葱やニンニクのみじん切りを加えてラム団子を作る。先のケバブを作った際に作り置きしておいたアドヴィーエというイラン地方のスパイスミックスが再び登場するのだけど、このスパイスが本当に良い香り。メインはクミンとコリアンダーなんだけど、少量のシナモンやナツメグ、カルダモンがなんとも形容しがたい甘い香りを醸し出す。羊肉と合わさることで、甘やかだけど清涼感のあるその個性がより一層際立つ感じ。

DSC07052.jpgDSC07054.jpg
ラムを煮込んでアクをとり、野菜やトマトペーストなどを加えてさらに煮込んでいく。

DSC07028.jpg
その一方では発酵の終わったパン生地を伸ばし、ラフマジュンという、アラビア語で肉とパン生地という意味をもつピザを作る。薄く伸ばした生地の上に、みじん切りにした玉葱、トマト、ピーマンと羊肉のミンチをあわせたフィリングを伸ばして焼いていく。サイズ的に1枚ずつしかオーブンに入らないため、片方でこの作業をやりつつ、もう片方では煮込みを作ってさらにもう1品の準備を、、、という殺人的なキッチンワーク笑。

DSC07058.jpg
そんなわけで奥さんが仕事から帰って来るころには疲労困憊状態になっていたワタクシめ。ここからサラダを作る余力はなく。とにかくも焼きあがったラフマジュンとビール片手に、まだ月曜日だけどお疲れさん的なホワイトデーの晩ごはん。クリスピーなパン生地とカリッと焼きあがった羊肉ベースのフィリングがめちゃ旨い。

DSC07062.jpg
ラム団子の煮込みも絶品。野菜のとろけるような甘みをまとった羊ちゃんがたまらん旨さ。

DSC07066.jpg
そしてもう一品がムジュベルというトルコ版のおやき。こちらはペースト状にした玉葱とズッキーニをフライパンで炒め、少し水分が残る程度まで炒めたそれを小麦粉やフェタチーズ、スパイスや卵などと合わせ、フライパンで揚げ焼きにするというもの。これ、見た目は地味なんだが食べてびっくり、めちゃくちゃ美味しい!ヨーグルトをソース的にからめて食べるんだけど、え?ヨーグルトがチーズに化けた!?って思うぐらい全体で濃厚なコクが出て、それでいて後味はサッパリしているというマジック。ズッキーニだけじゃなく、カボチャやナスでも作れるそうで、これはまたぜひもう一度作ってみたい。

DSC07030.jpg
そして今日は「おから」じゃないちゃんとしたデザートもあり。

DSC07039.jpg
以前から奥さんが食べたいと言っていた六甲道にあるバターサンド専門店「BonbonROCKett」で、ひそかにホワイトデー用のギフトを予約注文していたワタクシめ。

DSC07046.jpg
ここはパッケージもすごくキャッチーで上手い。スイーツ単体で見ればかなり強気な価格だと思うけど、WEBやカタログを見ていると思わず買いたくなっちゃうし、手土産としてもらったらテンション上がること間違いなし。

DSC07087.jpg
とりあえずこの日はチョコカシスとチーズケーキをパクリといただきました。しかしさすがに疲れた。食後間もなく、風呂に入って就寝。
| かっつん | 21:43 | comments(0) | - | pookmark |
クミンでインド

何やら100kmオーバーのライドをすれば貰えるジャージがある、と聞いたので5時半から3時間Zwift。パワー的にはちょうど3倍程度と強度は低かったが、信号停止のある実走とは違って、3時間まったく足を止めずに回し続けるというのは結構しんどい。消費カロリーは1200kcalほど。いつもながらの起き抜け無補給だったので、さすがにお腹が空いた。ちなみに160km走ったら貰える通称ダースベイダージャージというのもあるらしいが、いまのところチャレンジするつもりはない。

DSC06813.jpgDSC06819.jpg
朝ごはんサンド&サラダ

DSC06825.jpgDSC06835.jpg
昼ごはんは鰯のバジルペースト焼きをメインに

DSC06833.jpg
先日作ったカムジャタンの残りをつつく

DSC06725.jpgDSC06730.jpgDSC06736.jpgDSC06739.jpgDSC06742.jpgDSC06752.jpg
こちらはカムジャタンを作った時の様子。何せレシピの単位が「スペアリブ1kg」とかなので、夫婦2人世帯だとそうそう簡単には無くならないのね。スプーンでつつけばホロリと崩れるぐらいに柔らかくなった肉。大蒜が丸々1個入っていて、甘辛くってめちゃくちゃ美味しい。

DSC06841.jpg
食後にはしっかりとチーズケーキ(おから)

DSC06848.jpg
そしてやっぱり抗えずにこちらのレシピ本を買ってしまったよ

DSC06851.jpg
これ、ちょっとお高めだけど、それだけの価値がある内容。

DSC06856.jpg
世界各国の、クミンをベースにしたスパイスの調合とそれを使った料理レシピが載っている。で、今晩は早速この本からクミン+インド縛りで3品ほど作ってみようかと。

DSC06863.jpgDSC06865.jpg
まず1品目。ベジタブルカレーとココナツのドライチャツネ。

DSC06860.jpg
カレーにはクミン、コリアンダー、ジンジャー、シナモン、ターメリック、フェンネル、クローブ、カイエンヌペッパーが使われている。

DSC06869.jpg
DSC06878.jpg
最後に粗びき唐辛子、クミン、ターメリック、カレーリーフ、塩と一緒にテンパリングしたココナッツフレークを混ぜていただく。めちゃくちゃ深みのある味。ほっこり柔らか甘く、奥にはしっかりと辛さがある。

DSC06858.jpg
2品目はダールスープ。こちらにはダンサクマサラという調合スパイスを使用。

DSC06874.jpgDSC06876.jpg
最後にオイルでテンパリングしたクミンシードをかけていただくのだが、豆の食感が残る程度にポタージュ状にしたスープとクミンの香ばしさが混じりあってたまらん旨さ。スパイスさえ作り置きしておけばあとは簡単なので、今度また作ってみよう。

DSC06871.jpg
3品目はチキンケバブ。白ワインとアドヴィーエというイラン地方のミックススパイスでマリネしておいた鶏もも肉を、同じくオリーブオイルと塩でマリネした玉葱やパプリカなどと一緒に串に刺して焼く。

DSC06855.jpg
このスパイスもクミン、コリアンダーがベースだけど、ナツメグやシナモン、ローズペタルの華やぎのある甘さがあってこれまた深い。

DSC06886.jpgDSC06890.jpg
肉も野菜も柔らかくて旨すぎ。とっても満足度の高い晩ごはんだった。次はラム肉を使った料理を作ってみよう。
| かっつん | 20:36 | comments(2) | - | pookmark |
乙女心なアスリート
甘いものは食べたいが体重増にも気をつけたい、という女子マインドを持ったランナー/クライマーは少なくないと思うけど、そんな自分も最近はその手のスイーツ作りをちょこちょことやっていたりする。低糖質スイーツにおいて必須なのがカロリーゼロの甘味料。と聞くと巷の「カロリーゼロ」系商品に広く使われている「アスパルテーム」や「アセスルファムK」「スクラロース」といった人工甘味料を思い浮かべるが、この辺についてはちょっと調べてみるとその危険性について書かれたサイトが山ほど出てくる。世に出回るようになって年月が浅いため、はっきり言ってまだよく分からない部分も多いようなのだが、自分の身体を大切に思うのなら普段から避けておいたほうが良い物質だとは思う。

対して(今のところ)安全だと言われている天然の甘味料にキシリトールやエリスリトールなどがある。エリスリトールは、ブドウ糖を酵母で発酵させることで作られる糖アルコール。砂糖の約70佑隆鼎気鮖ち、カロリーは限りなくゼロに近い。ただ個人的に理解が追いついていないのは、こうした天然甘味料でも、結局は甘味として体内に取り込めば膵臓が反応してインスリンが分泌されるのではないか(≒血糖値上昇)ということ。※実際にはインスリンは分泌されないし、血糖値も上昇しない。またあるいは、脳が糖質を摂取したと錯覚して糖化の起こりやすい体質になるという点は同じなのではないか?というところ。とまぁそんな疑問点はありつつも、そんなエリスリトール使用で先に作ったスイーツ各種のカロリー計算をしてみた。

DSC06481.jpg
【豆乳おからブラウニー】
おからパウダー40g 140kcal
豆乳 50g 40kcal
低脂肪ホイップ70cc 210kcal
ココナッツオイル45g 400kcal
卵(M寸)1個 100kcal
ベーキングパウダー3g 4kcal
チョコレート(カカオ90%)25g 140kcal
エリスリトール60g 0kcal
乾燥ナツメ40g 120kcal
合計1154kcal 1/8カット=約140kcal

DSC06472.jpg
【バナナとポピーシードのクリームチーズおからパウンド】
おからパウダー40g 140kcal
植物性ホイップ(低脂肪タイプ)130g 400kcal
クリームチーズ70g 250kcal
ココナッツオイル50g 450kcal
ベーキングパウダー3g 4kcal
エリスリトール40g 0kcal
卵(M寸)2個 200kcal
バナナ(中)2本 150kcal
合計 1600kcal 1/8カット 200kcal


【豆乳おからチーズケーキ】
クリームチーズ150g 500kcal
卵(M寸)2個 200kcal
豆乳100cc 300kcal 
おからパウダー40g 140kcal
エリスリトール60g 0kcal
ベーキングパウダー3g 4kcal
ココナッツオイル40g 360kcal
合計 1500kcal 1/8カット 約190kcal

こう見るとカロリー的にはブラウニーが低いのか。なつめを入れなかったら1000kcal切ってる。でもやっぱり一番美味しいのはチーズケーキ。このレシピだとおからのボソボソ感はほとんど無くて、薄力粉をおからパウダーに置き換えてるっていうのは言われなければ気づかない人のほうが多いかも。ポピーシードのパウンドも同じく。クリームチーズに加えてバナナをピュレにして混ぜてることもあって、おから感は皆無。いくら低カロリーでも美味しくなかったら意味ないけど、その点から言えば上記3種はいずれも合格。

そしてカロリーカロリーと書いてきておいてなんだけど、個人的にはカロリーについては摂取の多寡よりも、どういったものからそれを摂ったのか?という質やバランスの面が遥かに重要だと考えている。低カロリーだからといってワケのわからん添加物や塩分過多の加工品ばかり摂ってると、中長期的には必ずそのツケを払うことになるだろう。あとタンパク質に偏り過ぎた食事も、おそらく消化にかかる身体への負担が大きくなっていそうなので、鶏肉ばっかり食べるとかもNGかしらん。
| かっつん | 21:34 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode