Page: 1/9   >>
創作宗教画


9月15日日曜日。6時前に起きるも走る気力が湧かず、レース前には休息のほうが大事だという言い訳に簡単に屈する形で11kmちょっとだけ走って終了。ave.4:32/kmで平均心拍は131bpm。

 

DSC00015.JPGDSC00022.JPGDSC00023.JPG
今日はあべのハルカス美術館へ『ギュスターヴ・モロー展』を観に行く予定だったので、9時前には家を出て大阪へ。奥さんがフランスへ行った際になんとなく入ったモロー美術館でハマった画家で「きっとお前も好きだろうよ」とオススメしてくれたので一緒に鑑賞。開館5分前ぐらいに到着。大阪出身ながら、あべのハルカスに入ったのは初めて。展示のほうは素描や習作が多く、見方によってはマニアックとも言えそうな構成。大判の油絵がもっと多数出展されていればなーとも思ったけど、多くが神話から題材をとったその作品は、静かに蠢く色彩の奥行きを背景に一種独特の雰囲気を纏っており、その寡黙で静謐な迫力をじっくり味わうことが出来た。それにしても神話ってなんでこうもグロテスクで残酷な表層をもったものばかりなんだろうね、と思いつつ、でも実際のところ現代においても人間同士がやってることってこれと同じ範疇で語られるモノでしかないのかもね(加えて人間以外の生物に対しては比べ物にならないぐらい酷いことをしている)、とも考えたり。

 

IMG_20190915_121902.jpg
帰りに新梅田食堂街の「釜たけうどん」でランチ。ちく玉天ぶっかけの大(麺量800g)をペロリと。美味しかったなー。


帰宅して、録画しておいたMGCを観始める。が、HDD容量が不足していたようで18km地点までしか録画できておらず。。奥さんが見つけてくれてparaviというアプリに登録して、無事に残りも見ることができた。28℃前後というマラソンには厳しいコンディションの中で、それぞれの背景や意思を持った選手たちがガチンコでぶつかる勝負。設楽選手のような強者でも、配分を間違えれば終盤であれほどまでに失速してしまうというマラソンの難しさや、トラック競技を思わせる大迫選手の凄まじいスプリント、そしてそのスパートにも気持ちを切らさず代表権の座を獲るべく最後まで押し切った服部選手の強靭な走りなど、マラソンの難しさや厳しさ、歓喜や興奮といったものが強く感じられる素晴らしいレースだった。しかしあらためて、来年8月のオリンピック本番での酷暑が心配になるな。

 

DSC02291.jpg
その後は家の雑用をしたり要らないものをオークションに出品したり。夕方にローラー40min。晩ゴハンは鶏肉と無花果のクスクス。以前に調合したクスクススパイスが残っていたので、かなりラクして作ることができた。

| かっつん | 20:08 | comments(0) | - | pookmark |
ヨルク・シュマイサー回顧展@奈良県立美術館


5月26日。例によってあまりにもダルいので、おきてから10分ほどトイレで座り込んでしまったりしつつ、6時過ぎのスタートでジョグへ。昨日よりも体感気温・湿度ともに高く、陽射しも強いように感じられる。身体が悲劇的なまでに動かず、なんとか10kmだけはこなそうとヨタヨタ。8kmあたりでなぜかそこだけやたらと気持ちよくなるボーナスタイムがありつつ、徐々に解れてきた身体の状態を確かめながら、最終的には15.5km。ave.4:38/kmで平均心拍は133bpm。朝食を済ませ、10時過ぎから奈良へ。先週、京都のギャルリー宮脇で、少し運命的なものも感じる再会をしたヨルク氏の回顧展が奈良の県美で開催中と教えていただいたので、早速行ってみることに。

 

DSC00473.JPG
ふだん行くことが滅多にない奈良だけど、意外に近くて交通費も片道1,000円弱。電車も空いていて座れるし。しかしさすがに近鉄奈良駅周辺は、外国人観光客や修学旅行生などでかなりの人混み。予約していたベトナム料理『コムゴン』でランチ。

 

DSC00475.JPGDSC00480.JPGDSC00481.JPGDSC00484.JPG
人気のお店らしく、終始外には入店待ちのお客さんが並んでいるぐらいだった。要予約なコースランチのほうにも目移りしつつ、今回はそれぞれブンボーランチ()、ブンティットランチ(厚切りトロトロ肉と煮豚チャーシューのぶっかけビーフン)を注文。甘辛さと酸味のバランスが最高で、期待以上の美味しさ。今度家でも作ってみよう♪デザートにバインフラン(カラメルにベトナムコーヒーが入ったカスタードプリン)とチェー(白玉とタピオカのココナッツミルク)も。

 

DSC00487.JPG
腹ごしらえも済んだので、そこから歩いて10分ほどの奈良県立美術館へ。予想通りというか、館内はすごく空いていて、作品をじっくり鑑賞するにはベストな状況。場内はカメラ撮影可(フラッシュ不可)と聞いていたので、気合を入れてこれまで料理写真を撮るばかりで一度も外へ持ち出したことのなかったα7を持参したのだけども、後述する理由により実際はあまり多くを撮ることはなかった。

 

DSC00488.JPG
今回の展示は、旅する版画家とも呼ばれたヨルク・シュマイサー氏(1942年-2012年)の、没後初めてとなる大規模な回顧展。10年以上前に京都のギャルリー宮脇で開催されていた個展をたまたま目にして依頼、奥さん共々すごく好きな画家だった。そのギャラリーでお話させてもらった当時はもちろん、まさかその3年後に亡くなられてしまうとは思ってもいなかったのだけど。

 

DSC00492.JPGDSC00497.JPGDSC00504.JPGDSC00507.JPGDSC00509.JPG
ヨルク氏の作品の多くは、目の前の風景や人物を写し取りながら、その実、そこに対峙する観察者の内面やあるいはその対象物に内在する記憶や歴史といったフローが同時に描き留められているように感じられる。ドイツに生まれ、京都や奈良、オーストラリアなど様々な場所に暮らし、そしてそれ以上に多くの国や場所を訪れて創作を続けたヨルク氏。旅する版画家とも言われ、精緻極まる技法をもって自身と共に日々変わりゆくものを記しながら、また同時にその中に普遍的とも言える存在=記憶=感覚を匂わせる作品群。今回の展示において、一連のシリーズにおける、あるいは生涯を通じての変遷という形で多くの作品に触れる中で、あらためてその魅力を体感することが出来た。惜しむらくは作品の多くがアクリル板を通したショーケースの中での展示であったため、その距離をもどかしく感じるところが少なからずあったところだろうか。作品を記録するという面では写真も撮り難い状況であったため、シャッターを切る回数はかなり少なかった。

 

DSC00503.JPG
県美を出ると、時間帯もあってかかなりの暑さ(この日は33.6℃まで上がっていたらしい)。奈良は盆地であるという地形状、かなり暑さが厳しいイメージがある。せっかくだから鹿や大仏を観に行こうか?と話しつつ、またの機会にすることに。結局は柿の葉寿司や吉野葛などを買うにとどめて帰宅した。

 

DSC00516.JPGDSC00514.JPGDSC00518.JPG
今日はもういいかなと思っていたけど、リフレッシュがてら夕方にローラーを30minだけ。今週はなんだかんだで自分には珍しくトレーニング時間が11時間を超え、ラン=114km、バイク(ZWIFT)=108kmと距離を踏むことはできた。晩ゴハンは奥さんのリクエストでポルチーニのトマトクリームパスタ。生クリームは使わず牛乳と少量のバターで代用したけど、かなり濃厚な仕上がりで十二分な食べ応えと満足感があった。

| かっつん | 20:17 | comments(0) | - | pookmark |
久々の奈良

DSC00475.JPGDSC00482.JPGDSC00487.JPGDSC00488.JPGDSC00492.JPGDSC00497.JPGDSC00504.JPG

| かっつん | 20:33 | comments(0) | - | pookmark |
バベルの塔展@国立国際美術館

00088732.jpg
6月に鑑賞した「ベルギー奇想の系譜展@兵庫県立美術館」がきっかけで、それまで農民画家という認識でしか知らなかったブリューゲルの別面での魅力を知ったワタクシめ。ちょうどその直後に↑のキャッチーなチラシと共に本展示のことを知ったのでした。そうして会期終了1週間前となる昨日、ようやく観に行くことが出来た次第。


しかしながらまったくリサーチせずに出かけたところ、開館10分前に到着すると、既に入館待ちの長蛇の列が・・・まさかこんなに凄い人出だとは思っていなかったため、一瞬帰りたくなったり。。美術鑑賞のためにこれだけ並んだのって、記憶にあるのは10年前に相国寺であった伊藤若冲の展示以来。当然のように前売り券も買っていなかったため、入館してからまたそれを買うために並び、結局展示室に入るまで15分以上が経過。ただ、後から調べるとこんなのはまだマシなほうだったようで、場合によってはもっと凄まじい混み具合だったりするのだとか。


さておき、肝心の企画展のほうはと言うと、入室するとまずは16世紀のネーデルラントの彫刻作品が、続いてフランドル地方の宗教絵画、そしてヒエロニムス・ボスおよびそれに追随する画家たちが描いたグロテスクかつユーモラスな異形のモノたちが跋扈する奇想の作品群、さらにはその流れを汲んで展開されるブリューゲルの版画を始めとする作品が展示され、ラストにメインの「バベルの塔」が登場するという構成。ブリューゲル作品の一部は、先の県美での展示作品と被っているものもあったけど、やはりこの人が描く奇怪なイキモノたちの姿態やその蠢くサマは見れば見るほどに面白く、魅力的。惜しむらくは、いずれもそうした細部にこそ魅力が宿る作品(キャンバスそのものも小ぶりだし)にも関わらず、作品と鑑賞者を隔てる鉄柵が必要以上に広くとられているため、もっと近寄って観たい!!というフラストレーションをそれなりに感じた。これはとっても残念だった。

 

865528e56354330529ed6fa6564c729e.jpg
そしてメインとなるピーター・ブリューゲル1世作の「バベルの塔(小バベル)」については、鑑賞するために10分ほど並び、作品の前に立ち止まることが許されないため、鑑賞時間は1分に満たないという状態。旧約聖書に登場し、ヒトが神へと近づかんとして建造したと記される巨大建造物の細部や、その塔の中で生きとし生ける無数の人たち(わずか新聞紙を広げたサイズのキャンバス内に1,400人が描き込まれているらしい!)の様子など、超細密に描き込まれたその細部にこそ正しく神が宿る作品なだけに、この鑑賞形態だと全く持って物足りない、、、という感想。それもあってか、事前に見知っていた作品の表層やディテールを打ち破ってなお衝撃をもたらすような、本物の作品を目の当たりにした時ならではの昂揚といった感覚は弱かった。

 

13c052f396a73fcbc5193acc1266a93b.jpg
総括してみると、やや扇情的で大々的な広報に比して、展示の実際としてはややアッサリした内容だったなという印象。世界にも25点しか存在せず、かつ今回が初来日となったヒエロニムス・ボスの油彩2点が観られたという点だけでもかなり価値があったとは思うけど、それにしたって「バベル」一点押しな感が強いコマーシャルの中ではおざなり感のある扱いで(いちおう副題にはなってるが)、なんだか勿体ないなーと思ったり。結果的にはこれだけたくさんの来場者を集めているわけで、あのバベルのキャッチーな要素を上手いこと使ってやったなーとは思いつつ、あの大々的な広報にかける予算や時間をもう少しだけ企画展示の内容そのものに傾けて欲しかったなという風にも感じた。自分のように美術に疎い人間にとっては、会場で丁寧にその作品の魅力が掘り下げられた形で(それは必ずしも細かな解説が必要ということではなく、展示の並びや全体における位置づけなどによってその本質的な魅力を浮かび上がらせるということも含めて)それまで知らなかった画家や作品に「出会える」ことが大きな喜びだったりするので。

 

20170414-ootomokatsuhiro.jpg
今回の企画展に合わせて大友克洋氏が手掛けた「INSIDE BABEL」の原画2枚は、美術館へ入館してすぐのフロアに展示。こちらは企画展のチケットを買わずとも鑑賞できる。作成にまつわるショートフィルムと共にかなり見応えのある作品。惜しむらくはこちらも設置場所が太陽光がモロに反射するフロアという環境で、背景の映り込みなどが発生して観難いったらない、という感じ。もう少し考えてほしいなーとこちらでも思ったのでした。

| かっつん | 21:09 | comments(0) | - | pookmark |
エイハブと白鯨


先の『ボローニャ国際絵本原画展』で一番好みだったと書いたスペインの作家/Manuel Marsol。振り返ってみれば昨年の同展でも「この人の作品が良かった」とメモっていて、あーこれは作品を買ったほうがいいね、ということでAmazonで購入可能だった"エイハブと白鯨"をゲット。


やはり原画の輝きと比べると、プリントされたそれはどうしてもその魅力を減衰させてしまうけど、それでも細部にキャッチーな煌めきが埋め込まれたダイナミックな画は十二分に魅力的。見るたびに新しい驚きがあって楽しい。


これは有名なハーマン・メルヴィルの小説「白鯨」をベースに描かれている。小説はかなり長い話なので、この絵本はダイジェスト版的なものとして受け入れられるかもしれない。また大型の絵本なので絵に迫力があり、各ページに描かれたクジラを探すのも楽しみの一つである。《NEW SPANISH BOOKS》

| かっつん | 22:10 | comments(0) | - | pookmark |
連休だから出来ること


今朝は無理せずゆっくりめに起床。6時半ぐらい。適当にサンドイッチを作って朝ごはん。今回はドライカレー&カボチャとレーズンのサラダwithキャベツ、それから鶏ハムとセロリwithキャベツ。

そっからまた自転車部屋の整理など。とりあえず今日の段階ではまだ「要らないものを捨てて整理整頓しただけ」の状態で、まったく味気ない。こっからどう居心地の良い空間を作っていくのかが悩みどころでもあり、面白いところ。昼前に軽くジョグでもしようかと思い、ランウェアに着替えるも、なんとなく気乗りしなかったこともあり、ここで行ったら無駄に疲労蓄積した先週末と同じ轍を踏みそうだったのでやめた。今週は何よりも疲労回復に努めるのが最優先。と言いつつ久々のインテリア関連の作業で頭も身体もいつも以上に疲れてるんだけど・・・

昼ごはん食べてから、奥さんと一緒に毎年恒例の『ボローニャ国際絵本原画展』を観に西宮の大谷記念美術館へ。

今年一番良かったのが、スペインのManuel Marsolという作家さん。入賞作はメルヴィルの白鯨へ捧げるオマージュ。どことなく池田学にも通じる細密にしてダイナミックな世界観が好みのど真ん中。

あとはドイツのBENJAMIN GOTTWALDの作品も好き。ただ残念ながら、今年は「おっ!?」と足を止めさせられる作家さんが少なめ。まぁこの辺はこちらの感性の問題もあるのだが。。帰宅してから昨日に引き続いてホームセンターへGo。冬場のローラーシーズンに備えて、自分の部屋を快適な自転車空間とすべく、ちょっとしたDIYをやる予定。

晩ごはんはSTAUBで作った筑前煮。

うずらを焼いた。

動いてないので今日は和食中心でシンプルに。明日もまたバタバタと動き回る1日になりそう。

| かっつん | 21:12 | comments(0) | - | pookmark |
ANDREAS GURSKY展@国立国際美術館


今さら、ではあるが。かつてトルコにまでその個展を観に行くことを検討したぐらい個人的に大好きな写真家/Andreas Gurskyの国内初となる個展。などとエラそうに書いてはみたが、もともとこの個展の開催を知ったのは、とあるイケメン氏がその手に(?)カミオカンデのチケットを握っているサマをblogにUPしているのを見たからである。その東京での展示終了から待つこと4か月と少し、ようやくここ大阪で開催された。

ANDREAS GURSKYは1980年代から活動するドイツの写真家。Bernd & Hella Becherに師事したいわゆる「ベッヒャー派」の一人。今回の個展では最初期のものから直近に至るまで、グルスキー自身が選んだ作品約50点が出展されているのだが、面白いなと思ったのは、あえて制作年代や同様の構図を外すかのようにバラバラに並べられた作品群が、逆に作品相互の無意識の関連付けを見る側に促すように働いていたことで、その感覚のうねりが通奏低音となったのか、広い会場全体に大きな一体感があった。


Tokyo, Stock Exchange:1990

Chicago, Board of Trade :1999

Hong Kong, Shanghai Bank:1994

Bonn, Parliament:1998

99 Cent:1999

俯瞰することで初めて視える世界の「枠組み」とランダムに配された「細部」が感覚を刺激する90年代の作品はやはり面白い。見るほどに「フィクション」であるような感覚が強まってくる現実の景色。全体の完璧な構図がまず眼に飛び込むが、しかし画の主役はまだ細部にあるようにも見える。


Rhine :1999

Toys"R"us:1999

あるいは同時期の作品でも、人の気配の消えた画面からは、ミニマリズムの極地ともいえる美が鮮烈な印象を刻む。


Paris, Montparnasse:1993

Pyongyang :2007

Kamiokande:2007

そしてまた、隅々にまで完璧にピントのあった超広角写真は、ときおり構造やパターンの美しさうんぬんといった形容を超えて「私がいま視ているものはなんなのか?」という強烈な感覚で観る者の感覚を揺さぶりもする。


Cathedral :2007
7
Frankfurt:2007

F1 Pit Stop :2007

画面にドラマティックなコントラストが加わった写真からは、たった一枚でまるで映画のハイライトのような強い物語性が伝わってくる。



チャオプラヤ河の波紋に揺らめく街の明かりを切り取った近作の"Bangkok"シリーズなどは、遠目にはそれこそ油彩で描かれた抽象画のように映りつつ、寄って見ればその水面には数多の廃棄物が浮かび、漂っている。グルスキーの完璧な構図に収められたパターンとシルエットはそもそもが抽象画のようでもあったが、90年代と比べて「全体」と「細部」が逆転しているようにも見える作風の変遷が面白いなと思った。


Antarctic:2010

Bahrain :2005

見る人によってその感覚は異なるのだろうが、個人的には会場出口付近に並べられた北極を捉えた衛星写真と、超人工的なモノであるはずのバーレーンのサーキット写真が、なぜかひどく同種のものであるように見えてしまうその感覚が実に不思議で面白かった。どの作品も写真集では何度となく見たことがあるものばかりであったが、やはり超大判が一同に会するこの迫力は比べ物にならない。5月までと長めの展示期間がとられているので、春になったらもう一度観に行きたいと思う。

| かっつん | 21:00 | comments(0) | - | pookmark |
パターンと抽象美


"ドイツ写真の現在展"から8年。長年の夢が叶い、ANDREAS GURSKYの個展を観ることができた。今日は頭の中がこの厳格で美しい構図でいっぱいに充たされており、とても昂奮している。

| かっつん | 23:11 | comments(0) | - | pookmark |
イタリア・ボローニャ国際絵本原画展2013@西宮市大谷記念美術館


プロ/アマ問わず誰でも応募することができ、イラストレーターの登竜門とも言われているコンクール。今年は24ヶ国/77人の入選作品が展示されていた。昨年よりも、印象に残る作品が多かった。



Marta Zuravskaja
華麗なる喧騒と遅効する毒



NYSTRÖM BENTE OLESEN
奇妙な細部が其処此処から覗く亜空間



DOLZ DANIEL & FREIGOFAS DORIS
その轟音や熱気まで感じられそうな躍動する活劇年表



BIANCHESSI PEPPO
閉塞的な鬱々しさは、ひとたび破れればやけに明るい黒いユーモアとして歩き出す



LEE JI YEON
歯は大切な「資源」です



VELTEN FELICITAS
なんだこれは面白いぞと、迂闊に近づくには少々アブナイ気配がする心の深みの物語

一番好みだったのはBENTE OLESEN NYSTRÖMかな。帰って調べてみれば、2008年に行った同展でもこの人の作品を「いみりさんみたい!」と言って愛でていた。嗜好というのはそう簡単には変わらないらしい。

| かっつん | 22:38 | comments(0) | - | pookmark |
2012 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展@西宮市大谷記念美術館

来年も必ず行こう、とか書いておきながらそれから丸4年行ってなかったこの国際絵本原画展。今年の展示では19ヶ国/72名の作家の入選作品が出展されている。数えてないけど、韓国の作家さんが多かったような。



VINCENT CAUT『BOXING』
フランスの作家。画からワヤワヤとした呟きが漏れ聞こえるユーモラスな細部。それを集合体として手中にする楽しさに満ちた作品。



EVELYNE LAUBE&NINA WEHRE『Die Grosse Flut』
線描が紡ぎ出す、繊細でダイナミックな世界の転生。世界に対する個のドラマティックな感情と、世界という器から見た個のちっぽけさが並び立つ。



CLARA DE VILLRERS『Insomnia』
ずばりテーマは不眠症。暗い画が笑いを誘う。子ども受けは悪そう。ドイツの作家さん。



FERESHE NAJAFI『The King With Two Snakes』
肩に2匹の蛇を飼う王様。その餌は小さな子どもの脳味噌・・・
イタリアの作家さん。モザイク画のような色使い。絵本を読んで見たいと思わせるストーリー性もステキ。



DIDIER LEVY『In Water』
フランスの作家。緩んでいて、ほのぼのと不気味。こんな世界なのに線の修正痕がそこそこに滲んでいるラフさが印象的。




ROXANE LUMERET『Sunday Afternoon』
ありふれた日常、しかしそこ見ればヘンなイキモノが息づく素敵な世界。こちらもフランスの作家。こんな風に、世界を観てみたい。


今回「わ、面白い!」と思う作品はいくつもあったんだけど、4年前のようにその世界にのめり込むだけの興奮を誘うほどのものはなく。これってつまり、己の感性が減衰していることに他ならないのだが、、、あと漠然とだけど感じたのは、自分が持つ世界観を表す巧さ(というか完結性)はフランスはじめヨーロッパの作家さんが長けてるんだけど、なんというか、絵本という「物語」を通じて感覚が外にバァーっと拡がっていくようなワクワク感は、イランあたりの作家さんとかのほうが強いなーと思った。

| かっつん | 22:41 | comments(2) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode