Page: 1/21   >>
adidas adizero sub2

DSC05496.JPG
NIKEのヴェイパーフライ4%がいつまで経っても買えない現状への腹いせ的に購入。フルマラソンシーズン的にはほぼ終わりを迎える3月中旬という微妙なタイミングでリリースされ、↑のナイキに完全に話題をさらわれてひっそりとこのまま廃盤になるのかと思ってたけど、12月に入ってからひっそりとニューカラーで再販されていた。税込19,440円という価格は、ヴェイパーフライの定価28,080円(加えて4万円前後で転売買されている現状)からすればお手頃に見えてしまうのが怖いところ。

 

DSC05498.JPG
第一印象としては、とにかく軽いということ。これまでレースシューズとして履いていたtakumi senも相当に軽量だけど、このモデルはそこからさらにアッパー周りの余剰を完全に削ぎ落としている感じ。匠戦は踵周りのホールド感がかなりカッチリしていてそこが好みだったりするけど、対するこのサブ2は素材の柔らかさもあってだいぶ緩めに感じられる。この辺りが、ハーフサイズダウンしたほうがいいと書かれる所以だろうか。足入れした感触としては正直あんまり良くないのだが、後は実際に走ってみて確かめてみたい。


さておき、このシューズの購入にあたっては神戸の三宮に今年10月オープンしたアディダスストアに行ったのだが、以前にちょっと書いたように、なんかこのお店ってイマイチ。できれば試着したいと思い「アディゼロのサブ2は入荷してますか?」と聞いたところ「???」な顔をされ、店の奥のほうで店員2,3人が「サブ2?サブ2って何?サブってサブ4とかのサブやんな?サブ2って2時間以内ってこと?」とかいう会話をしてるのが丸聞こえ。スマホでオンラインストアの商品ページを見せたところ、この店舗への入荷はたぶん無いが、希望サイズがあれば取り寄せは可能、とのこと。たぶんって、、、と思いつつ取り寄せをお願いしたところ、しばらく待たされた後に店長っぽい人が出てきて「この商品は店頭受け取り不可なので取り寄せできない」「近隣店舗で入荷しているところがあるかは分からない」と。商品知識もともかくとして、なんか話していても「ありません」「できません」「詳しくは分かりません」だけで、商品に対する愛であるとか熱といったプラスαの要素がまったく感じられないので面白くない。なんでこんな一等地にこれだけ大きな店舗(いちおうは旗艦店という位置づけらしい)をオープンさせたんやろ?と思わざるをえないやる気の無さを感じて早々に退散。シューズはオンラインストアで発注した。もうこの店舗に来ることは無いだろうし、たぶん2年ぐらいで閉店するんちゃうかと個人的には思っている。

| かっつん | 20:50 | comments(0) | - | pookmark |
Allen Edmonds / Long Branch Wingtip Boots

DSC04395.jpgDSC04398.JPGDSC04401.jpgDSC04405.jpg

今年は何年かぶりにドレスシューズやブーツをよく買っている。ALLEN EDMONDSもこれで今年3足目。何気に今の手持ちにレースアップのブーツはなかった。ソールはレザーではなくビブラム仕様なので、雨の日でもガンガン履ける系。と言いつつたぶん雨の日には履かないけどね。

| かっつん | 20:51 | comments(0) | - | pookmark |
LLOYD FOOTWEAR サイドゴアブーツ


7年間愛用していたモノがさすがにヘタってきていたので新調した。このブーツ、スペインやトルコ、メキシコへ旅行した時にも履いてたけど、先の2カ国で計3人の見知らぬ外国人から「良い靴だな!」と褒められたというある意味凄いブーツ。7年前より値上がりしてたけど、それでも決して高級ブーツの価格ではないし、ダイナイトソールだから雨の日でもガンガン履けるようなそんな存在の靴。それでいてシルエットが物凄く綺麗で、オンにもオフにも合わせられる汎用性の高さが気に入っている。

 

革靴は適切にケアしてあげれば10年以上まったく問題なく使い続けられるので、今回は先代以上に長く付き合っていけるよう手入れしながらガンガン履いていこうかと。

| かっつん | 21:59 | comments(0) | - | pookmark |
RAPHA Pro Team LS Aero Jersey & Wind Jacket

DSC03503.JPG
ラファでジャージを買うのはおそらく5年ぶり?ここ2年ほどは長袖ジャージが必要な気候下ではまったく実走してなかったのもあって、まだピストバイクに乗っていた頃に7000円ぐらいで買ったClassic Jerseyを未だに現役で使用していた。と言ってもランニングウェアみたいに週に何度も着て洗ってを繰り返すわけでもないので、まだ全然ヘタってないんだけど。


今の自分には要らんだろうと思いつつ、ついつい今夏のセールに釣られて購入した2着。さすが5年の歳月がウェアにもたらした進化は凄く、手にとってみてすぐにその機能性の高さを感じる。プロチーム・ラインということもあってカッティングにも無駄がなく、袖を通すときに少し気を使うところはあれど(だいぶ昔にランで着用していたSALOMON EXO MOTIONのウェアと似ている)、いったん着用してしまえばその着用感は相当にストレスが少ない。トレーニングウェアとしては少し珍しいダークグリーンのカラーも良い。ウィンド・ジャケットのほうも背面はメッシュパネルになった薄手の素材で、これなら真冬に激しいトレーニングをした際にも汗まみれにならずに着用し続けられるのでは?という感じ。自分が持っているラファのクラシック・ジャージもクラシック・ウィンドジャケットも、冬場は着て出た時はいいけど運動強度が上がると暑すぎて、着用時にかいた汗が今度はそれを脱いだ時に冷えてえしまう扱い辛さがあった。なので最新技術が用いられたこの新しい長袖ウェアであれば、冬場のライドへ出かけるモチベーションにもなるかも、、、と思ったり。なんて言いながら、昨年9月にモチベーションを上げる目的で大枚はたいてZIPPのホイールを買いながら、その後半年以上ほとんど実走しなかったお前が言うなという突っ込みが聞こえる。

 

DSC03512.jpg
ちなみに今回買ったこの2着は、ともにセールで50%前後の価格になっていた。自分の感覚では、このモノに対してはこのセール価格でもって適正価格という感じ。もちろんラファの場合、商品の返品保証など色々なwarrantyを含んだ上での売価という面はあるけど、ちょっと高過ぎるなと思う。年に少なくとも2回はあるRAPHAのセールだけど、ここまで値引きされる上に大概の定番商品がカラー・在庫ともにそのセール対象として残っている現状を見ると、もはや定価で買う人っているのだろうか?と思ってしまう。

| かっつん | 21:50 | comments(0) | - | pookmark |
RAPHA Classic Merino Polo


昨夏のクールビズではSWRVEのポロシャツばっかり着てたけど、今年はRAPHAのこれがお気に入りで、色ち買いで4着も買ってしまった。パンツもRAPHAのチノを合わせたり、ついでにシャツも買ったりと、気づけばRAPHAのCity Collectionに結構お金を使っている。反対にジャージやビブショーツは全く買わなくなったけど・・・。


外は暑くても仕事場は冷房が効いていて少し肌寒く感じることもあり、そうした気温変化が大きい環境下では、上質なメリノウール生地は相当に快適。コットンだとどうしても汗冷えするし、かと言って機能性最優先のハイテク素材だとオフィスでの着用はやっぱりちょっと浮いてる感じもするし、、、という時の最適解がこのメリノポロにはあるように思う。

| かっつん | 20:01 | comments(0) | - | pookmark |
MOONSTAR / Alweather

雨の日の通勤用に買ってみた。キャンバス生地にラバーが貼り合わされていて、そこそこの雨であれば対応できそうな感じ。やっぱり雨の日に革靴を履くのはイヤだし、かと言ってレインブーツを買ってみたものの歩き難いし見た目もちょっとアレだしと思っていたので。これで憂鬱な季節が少しでも気持ちよく過ごせればいいな。

| かっつん | 21:54 | comments(0) | - | pookmark |
OAKLEY EVZERO PATH Aero Grid Collection

たしか一昨年に購入したOAKLEYのEVZERO PATH。軽量かつ視野が広く、価格面でも比較的安価だという、自分がランニング用のサングラスに求める点をほぼ全て満たしているモデル。強いてネガティヴポイントを挙げるとすれば、フレームレスの形状ゆえにレンズの交換ができず、レンズとフレームカラーの組み合わせが限定されてしまうというところぐらいかしらん。ロードバイク乗りの間で定番なのはPrizm Roadレンズだけど、これまで自分が使っていたのはPrizm Golfと呼ばれるレンズカラー。文字通りゴルフ用なので、芝目が読みやすいようにグリーンが鮮やかに浮かぶような色調。これで普段のトレーニングからレースまでまったく問題なく使っていたけど、冬の早朝などはさすがに暗すぎるのでRUDY PROJECT Fireboltの調光レンズモデルを使っていた。そもそも冬季の早朝とか真っ暗な時間帯にサングラスが必要なんか?と思う方もいるかもしれないが、個人的には冷たい空気で目が乾燥するのを防いだり、虫や異物が入るのを予防したりする意味で、トレーニング時におけるサングラスは常に必須だと感じている。

 


さて、今回新たにEVZERO PATHを買い足したのは、従来の↑のモデルに何か不満を感じていたからというわけではなく、なんとなく新しいギアが欲しくなる周期に好みのフレームカラーを見つけたから、、、という理由。空気の流れをイメージしてデザインされたというこのAero Grid CollectionはOAKLEYの2018年新作らしい。レンズのPrizm Rubyはたしか2017年に新たにリリースされたこちらも比較的新顔のもの。レンズ系統としては従来のFire Iridiumに近い感じがする。これまで使っていたPrizm Golfだと外側から見て自分の目がうっすらと識別できる感じだったけど、今回のPrizm Rubyはそこがほとんど見えないミラータイプ。透過率のパーセンテージや店頭で試着して見た感じだとこれまでのものよりだいぶ暗い感じになるのかなと思っていたけど、実際にトレーニングへ持ち出してみると、むしろPrizm Golfよりもさらに視覚面でのストレスが軽減される素晴らしい性能だった。視野の明瞭性が明らかに向上し、相当に快適。そもそもがかけているのを忘れるぐらいに軽量なモデルなので(これまでもたまに本当にかけているのか分からなくなり、触って確認することがあったぐらい)もはやこれをかけないで走り出すのは、靴下を履かずにランシューを履くようなもので(?)、つまりは無くてはならない存在。しかしこれだけレンズ性能が良いと感じると、これまでのPrizm Golfレンズを使う機会がなくなっちゃうんじゃなかろうかという心配はある。

| かっつん | 21:07 | comments(0) | - | pookmark |
Allen Edmonds

3月22日木曜日。少し迷ったけどランオフに。1時間ほど残業して帰宅。今年に入ってからかなりバタバタした感じが続いてたけど、いったん区切り的なものが見えてきたかな?という感じ。4月に異動があるからまたそこから大変になるんだろうけど。。

 

DSC09879.JPG
仕事のストレスは物欲に向かう傾向があって、今年に入ってからかなり散財している。一時期はまったく買わなくなったドレスシューズも、見始めるとあれこれ欲しいものが出てきてしまう。個人的にイタリア靴のロングノーズなあのイヤらしさは苦手なので、手元にあるのはどれもトラッドなものばかり。見た目の話で言えばやっぱりALDENに好きなものが多いけど、残念ながら木型が足に合わず、昔買った2足はともに手放してしまった。

 

DSC09864.JPGDSC09882.JPGDSC09874.JPG
そんなこともあってもっぱら愛用しているのは、そのALDENと並んでアメトラの雄的なALLEN EDMONDS。今回、以前より欲しかったMACNEILを購入。ついでにUチップのLaSellaというモデルも買った。MACNEILも本当はコードヴァンタイプが欲しかったけど、10万オーバーの靴になると気軽に履けなくなっちゃうのでやめた。

| かっつん | 22:54 | comments(0) | - | pookmark |
投票割でお買いもの

10月20日金曜日。有休をとって一日お休み。いつも通り5時過ぎに起きると雨。ただ小一時間ほどすれば雨雲が抜けそうな感じだったため、いったん二度寝した後6時半過ぎにスタートして六甲アイランド方面へ。シューズはすっかりソールの磨り減ったVIRRATAで。家を出た際にはちょっと蒸し暑いのかと思ったけど、気温と湿度のバランスが良かったのか、わりと走りやすい感じ。来月の大阪に間に合うかどうかは別として、夏場と比べると少しずつ巡航ペースは上がってきている。速筋が強化されてるとかそういう感じではなく、実際の心拍はそれなりに上がってるんだけど、それに対する体感的な苦しさへの耐性が少しずつ上がっている感じ。ウルトラ対策で距離を踏むトレーニングをしている時だと、心拍150というとかなり高いなという印象があったけど、ここ数日は140台後半あたりであればジョギングの延長という風に感じる。VIRRATAはこれだけソールがつんつるてんになった現状でも未だに他のトレーニングシューズよりも走りやすく、無理なくそれなりのスピードで巡航できる。最近のSAUCONYはもう何だかしっくりこない商品ばかりになってしまったけど、もう一度こんなシンプルなランニングシューズを出してくれる日が来て欲しいなと思いながらトータル15.3km、ave.4:16/kmで走って帰宅。

 

DSC05964.JPG
シャワーを浴びて朝ごはんを食べて、慌てて支度をして9時過ぎに外出。期日前投票を済ませたその足で大阪のミナミへ向かう。今日は珍しく休日を買い物に充てる予定で、いくつかのお店を梯子しようかと。ミナミから心斎橋にかけて歩いていると、日本人よりも外国人観光客のほうが多いんじゃないかと思うぐらい各国の人たちが入り乱れていて、ちょっと自分が外国に来ているような錯覚も覚えたり。小雨がパラつく生憎のお天気だったけど、セレクトショップで服飾小物を購入したり、久しぶりに麻布テーラーでスーツやシャツをオーダーしたりと散財。先月にZIPPのホイールを購入したあたりから財布のヒモが壊れている実感があるけど、年に1,2度回ほどこういう期間がある。

 

DSC06003.jpgDSC06010.jpgDSC06016.JPGDSC06018.jpg
そのまま四ツ橋筋を北上して、靭公園近くにあるセレクトショップ『STRUCT』で、2年ほど前から気になっていた純国産スニーカーブランド/blueoverのMarcoを試着させてもらい、購入。選挙に行ったら10%オフという「選挙割」をやっていて(若い人向けのセレクトショップでこういうのをやってくれるのって少なからず効果があると思うし、良いなと思う)、ちょっと得した気分。それはさておき服飾に関する好みってたぶん学生時代の頃からほとんど変わってなくて、こういうトラッド(というかベーシック)でほんの少しだけ色気や甘さやチャーミングなニュアンスの入ったアイテムに惹かれる傾向がある。気づけば14時前になっていて、肥後橋のスタバで遅めの昼ゴハン的なものを。先々週に初めて来た店舗だけど、2階席の落ち着いた雰囲気が好み。この後で実家へ帰る予定だったのでケーキを買って行こうかと思い、近くに良さげなお店がないか検索。堂島のほうにある『ケ・モンテベロ』の評価が高かったので行ってみることに。

 

IMG_20171020_180149.jpg
行ってみると、超人気ブーランジェリ『ル・シュクレクール』に併設されたパティスリーだった。「ル・シュクレクール」といえば自分の高校時代、付き合っていた彼女の実家のすぐ近くにあって、チャリで通ってた高校への通学路で毎日前を通っていたお店。何度か買って帰ったことがあったけど、自分も母親も「特別美味しいということもない」って評価だったように思う。そういえば何年か前だったかにこの大阪の高そうなビルに移転したというのを何かで見た記憶があったな。しかし現在も凄まじい人気みたいで、この日も平日のこんな変な時間にも関わらず20人ぐらいが並んでいた。パティスリーのほうは並ばずに買えるとのことだったので入店してみたけど、陳列されたケーキを見たファーストインプレッションは「あ、これはあかんかも」という感じ。本当に美味しいモノに特有のキラキラした感じがまったく無い。でもって値段んだけが不釣り合いなほどに高い((+_+))なもんで何も買わずに帰るという選択肢も浮かんだけど、結局は上らないテンションのまま3点ほどを購入。帰宅して母親と一緒に食べたけど、やはり見た目なりの美味しさで感動はない。これだったら実際の7掛けの価格が相当かなという感じ。わざわざ再訪することは、ないだろうな・・・・。晩ゴハンは実家で母親の料理をいただき、誰も待つ人のいない神戸の自宅へ帰った。

| かっつん | 21:20 | comments(0) | - | pookmark |
blueover

靴って買い始めると止まらなくなるところがある・・・

| かっつん | 21:34 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode