Page: 1/13   >>
日中の暑さは・・・

今日は昼過ぎから実家へ。毎日走っているとは言えそれって早朝の涼しい時間帯でしかないので、平日も休日も基本的に真昼間に外でウロウロする機会はほとんどなくて、たまーにそんなことがあるとその気温と湿度の高さに「うえー」ってなる。駅から美容室まで歩いて15分ほどの道のりがかなりキツかった。時刻は14時半。他に歩いてる人ほとんどおらんかったな。

| かっつん | 22:26 | comments(0) | - | pookmark |
餃子×ビール

7月9日日曜日。蒸し暑いせいか睡眠の質が悪く、しかも少し遅くまで雑誌を読んでいたせいで寝不足気味。雨予報も見ていたので、雨が降っていたらオフにしようかと思っていたが、まったく降っていなかったためジョグへ。夜中に目が覚めた時に気づいていたが、昨日のトレラン由来の筋肉痛が両大腿筋を中心にある。たまにトレランをすると、下りでいつものロードでは使わない筋肉を酷使するため、たいがいがこんな筋肉痛になる。とりあえず痛いは痛いが走れないことはないため、ゆっくりジョグして解すイメージで六甲アイランドへ。平地で20劼阿蕕い覆薺訖紊覆靴任發い韻襪世蹐Δ箸佞鵑撚燭盪たずに出かけたが、間もなくそれを後悔するぐらいの蒸し暑さ。気温というよりも湿度が高すぎて不快。まぁでも、昨年のこの時期は毎回シューズの中までグチャグチャになるぐらい発汗してたと思うけど、今のところはまだそこまではいってないからマシということか。。とりあえずまったくスピードは出ないし、水分補給しないとちょっとヤバそうな感じもしたしで、15劼肪蚕未靴撞△詈向に傾きつつ、最終的にはやっぱり20卅ってしまって帰宅。

 

DSC02957.JPG
朝ごパンは米粉×ブラックベリーのマフィン。白崎さんの米粉マフィンのレシピは、ハニーもバナナもどちらも本当に美味しすぎて、もはやグルテンフリーであるとかどうでもいい笑。軽くトーストして食べると、外はサクっと中はもっちりで、この食感には小麦粉では出せないだろう独特な魅力がある。

 

DSC02976.jpg

奥さんが美容室へ行って少し遅くなりそうだったので、お昼ゴハンは先に一人で飲み始めていた。今日もこれといって作りたいものが思い浮かばなかったので、あまり手をかけないメニューにて。午前中に仕込んだ自家製リコッタチーズを使ってキッシュ。具材はほうれん草オンリーな予定だったけど、スーパーで見たら高かったので、ズッキーニと玉ねぎを加えて嵩増し。パルミジャーノもたっぷり削りいれた。ほうれん草は高かったけど、珍しくモロヘイヤが安く売っていたため、先週に続いて鶏肉のモロヘイヤ煮込みを作った。鶏ムネ肉は今回もブライニング法を施した上で煮込んだ。ちなみにブライン液を作ったりなんやかやは、朝走りに行く前に作業・・・赤ワインを開けようと思っていたけど、暑いのであんまり飲む気になれず、白ワインを1杯だけ。

 

昨日からスイカが食べたくていくつかスーパーや果物やを回ってみるも、なんか高いだけで美味しそうじゃないので諦める。ヒンヤリスイーツでも食べようと思い、昨日作ったコーヒーゼリーをベースにパフェのようなものを作っておやつに食べた。トップに乗せたハーゲンダッツのアイスが暑さのため物凄い勢いで溶けていった。。

 

夕方にローラー

 


晩ごはんは餃子。肉とほぼ等量のキャベツ+ニラを入れてタネを作り、ワタクシがローラーをしている間に奥さんに包む作業をお願いした。一部は水餃子にすることにして、大判サイズで2人で計40個ほど食べて満腹。キンキンに冷やしたビールと餃子の組み合わせは最高。。

| かっつん | 20:15 | comments(0) | - | pookmark |
超えたらあかんライン

7月3日月曜日。より強くなるためには自分の限界ギリギリを攻めるトレーニングが必要なわけだけど、少し長期的な視点から蓄積疲労とそこからさらにかけていくトレーニング負荷を見ていくと、ここは超えたらあかんラインというか、それを超えてしまうと体調が一気に崩れる一線というのが在る。残念ながら自分の場合はいつも後から「あぁ、あの時が」と気づくわけだけど、都合5ヵ月ほどオフ日なしでトレーニングを継続してきた中でもそんなポイントが3回ほどあった。先の日曜日がその3回目のポイント。月曜日は朝起きるといつも通りの疲労感で、しかし眠気はいくぶんかマシ。しかし昼頃から喉が痛くなってきて、身体に力が入らずだるい。帰宅してどうしようか迷いつつ習慣的にローラーで回復走。汗をかいたら少し持ち直した感覚があり、一安心。

 

DSC02861.jpg
晩ごはんは先日のトムカーガイの残りなど。体調はともかく、この1週間で体重はそこまで落ちていないけど、肉体的には絞れてきている感覚がある。身体が戦闘モードに入ったというか、弛緩していた部分が減ってきている感じ。

 

7月4日火曜日。うちは窓を開けていると風がよく通ることもあって、今ぐらいの気温であれば夜も窓を開けていればとても涼しかったりする。ただ、蒸し暑いと思っていると明け方は冷たい風で身体が冷えていたりすることもあり、この数日は夜中に何度も目が覚めるなど眠りの質が悪い。で、この日もあまりよく眠れた感じがなく、睡眠不足感をひきずりながらジョグへ。まったくスピードが上がらず、それでいて呼吸はラクでない。川沿いを半周したあたりで珍しく他のジョガーに追い抜かれ、少し距離を置いて追走する形になって最後はその流れで200mの坂ダッシュ。心拍が170まで上がったのは良かったのか悪かったのか、全体的に4分一桁台で走っているような息苦しさだったけど、実際はave.4:24/km。相当にパフォーマンスが落ちていることを実感。午前中はわりと体調が良く、ギリギリ持ちこたえたかなとか思ってたんだけど、昼過ぎからまた喉が腫れてきて痛み出し、身体もだるーくなってきた。まぁ、台風接近による気圧の変化による不調感もあるだろうと思いつつ、タイミング悪く最寄駅からザザ降りの中を帰宅。

 

DSC02864.jpg

晩ごはんは車麩入りのゴーヤチャンプルー。

 

7月5日水曜日。4時頃に一度目が覚めて二度寝。5時20分の目覚ましで起きたが強い眠気を感じる。外では雨が強く降っていて薄暗く、走りに出る気力が湧かず。寝といたほうがいい寝といたほうがいい寝といたほうがいいという声が聞こえつつも習慣的にローラー台へ。昨晩のツール第4ステージの残りを観ながら小一時間回して終了。まったく力が出ない。朝ゴハンを食べる頃から身体がずーんと重く、喉が腫れて熱っぽく鼻水も。あぁ、風邪を悪化させてしまった、、、と先に立たない後悔をしつつ、立っていられないほど辛いなと思いながらお仕事へ。昼からの打合せなどはほぼ死に体で参加していて頭が半分も働かず。

 

DSC02865.jpg
簡単に作れてなんとなく栄養バランスが良さげなメニューで晩ごはん。以前作って美味しかった茄子とじゃがいも、ピーマンの炒め物。中国東北地方の料理で、地三鮮という名前がついているらしい。畑にできる野菜3つ、ということかしらん。ピーマンの代わりにキャベツでも美味しそう。

 

今年のツール、初日にバルベルデがリタイアしてしまったのも残念だったけど、第4ステージではゴール前スプリントの落車でカヴがリタイア。そのクラッシュに関連してサガンがまさかの一発退場という厳しい裁定。問題のシーンについては、上空ヘリカメラから等速で見ると、サガンの右横から強引に前へ出ようとしたカヴにサガンの右肘がカウンター気味に入って落車、という風に見えないこともないけど、別角度からのスローVTRで見ると、サガンの右横をこじ開けようとしたカヴがサガンに接触してバランスを崩す→接触されたサガンもバランスを立て直すために右肘が出るがこれはカヴにはhitしていない、というのが分かる。

 

そもそも200卍兇鯀ってきたステージのラストで時速60卍兇料肝魯好廛螢鵐箸鬚靴討い觝巴罎法後ろから走ってきている相手へ「故意に」肘をカウンターhitさせるなんて芸当は出来ないだろうとも思う。もちろんレースオーガナイザーもそんなことは百も承知で、かつ慎重にVTRを検証した上での判断なんだろうが、だからこそ余計に、この誰のためにもならない厳しい裁定の意味が分からない。とにかくもツール序盤においてこの2人がいなくなってしまったことで、これからの楽しみが大きく減っちゃったのは確かかな。

 

7月6日木曜日。昨晩は喉の痛みと熱っぽさダルさと鼻水のコンボにやられて、さすがに要らんことは何もせず22時過ぎに就寝。途中で1度起きたけど、ここ最近の中では睡眠の質はマシなほう。風邪の諸症状はいったん喉まで押し戻されたか?という感じで、昨晩よりは復調気味。もう少し寝て休むかどうか、迷った末にジョグヘ。喉が痛いのと、肺もなんだか腫れているような感じがあって息苦しいんだけど、不思議と最近の身体が重ダルい感じはマシなような・・・とりあえずペースが上がらないよう気をつけながら、アップダウンの無い六甲アイランド方面へ。湿度が少し低いのか、発汗量も最近の中ではマシなほう。気持ちいいと思える範囲で15卅って帰宅。朝食の時にまた熱っぽくダルい感じが戻ってきたので、朝走ったのは失敗やったかなーと思ってたけど、午前中の間にその辺は改善して、喉の痛みも朝起きた時よりマシになってきた。とりあえず荒療治は成功か・・・

 

DSC02891.jpg
晩ごはんはブライニング法で下処理しておいた鶏ムネ肉でにタヒニペーストをベースにしたゴマダレ的なものをあわせて食べた。

| かっつん | 20:47 | comments(0) | - | pookmark |
ワタクシの大動脈が不通になったと聞いた土曜日の日記

DSC02260.JPG
7月1日土曜日。下半期スタート。事前に雨予報を見ていたため、とりあえず起きては見たがあまりやる気はなく。スマホを見るとtpさんから「表六甲が通行止め」という情報が届いており、自転車実走がまた遠のいたなぁと。我ながら贅沢な話だと思うが、現在は自宅から10分も走れば六甲山へアプローチできる環境に住んでいる。自転車実走では信号停止や他の車両がバンバン走っている中を走るのが苦手なので、基本的にはそういうものが少ない六甲山上に行くんだけど、その意味で表六甲線は己の大動脈。ここが通れなくなると行きも帰りも東か西へ回らないといけないので、↑に書いたような道路交通事情に接する時間が増える。ぶっちゃけ、東からのアプローチであれば最初の幹線道路だけ我慢すれば後は走りやすいんだけど、東から登るのが体力的にキツイという別事情もあり脚が向かない(/ω\)

 

とりあえずこの日は弱いながらまだ雨も降ってるし、どのみち山に登れそうな体調でもないしで自転車実走の選択肢はなく。7月末のレースまでに疲労をリセットせねばと焦っていたこともあり、今日はトレオフにしようかと二度寝。してみるといったん起きてしまった身体は眠りに向かわず、結局30分ほど横になった段階で諦めて6時半に起きた。雨も上がったっぽいので軽くジョグだけしようと着替えて出走。昨日の雨ランでまたiPodを壊してしまったようで、気を紛らわすためのミュージックの伴走もなく相当にテンション低め。大した練習もしていないのに自分でもイヤになるぐらい疲労がとれておらず、身体が重く息が上がる。タイミング悪くスタート直後にまた雨が降ってきて、二日連続のシャワーラン。せっかく出てきたので15劼倭ろうという貧乏根性が働いて、六アイの周回コースへ。しかし2~3%程度のちょっとした傾斜も楽でなく、いつもより心拍が高めの体感。周回コースに入り、身体が起きてきた分だけ全身の重さは多少マシになったけど、体感的に苦しいのは変わらず。さっさと切り上げて夕方に仕切り直しでローラーしようかしらんとか思いつつ、結局ダラダラと20卅ってしまういつもの悪癖。良かったことはと言えば、左臀部から脚の付け根にかけての痛みが寛解していとこと、他の箇所にも特に痛みや違和感がないこと、ぐらいか。いや、それで十分だけども。

 

DSC02709.JPG
爽快感のないまま8時20分過ぎに帰宅し、朝ごパンは米粉のマフィン。キャロブパウダーとココナッツオイルを合わせた時の独特の香りにすっかりハマってしまい、最近はその組み合わせで色々とをベイクしている。このマフィンでは精製糖の代わりに蜂蜜を使っているため、その香りも相まってかなり変わった風味が生まれていた。万人が好むか?というと微妙なところだけど。


スーパーへ買い出しに行くと、そうだった1日は特売日なのだった、ということを思い出す人の多さ。野菜など普段の1/2ぐらいの値段で買えるモノも多く、自分が専業主婦だったらたぶんいくつかの店舗の特売日を調べてさらに支出を抑制できるだろうなと思ったり。具体的には書かないけど、外食の機会が(外出自体も?)減って、飲食や交遊費といった部分での出費は以前よりさらに少なくなった。

 

今日のランチのレシピは既に決めていて、カタルーニャ地方の郷土料理のレシピ本から『山と海』という名前の付いた料理。この料理に限らず、このレシピ本のメニューはどれもシンプルなものが多く、それでいてすごく美味しい。調味料的なものはだいたい大蒜、オリーブオイル、塩胡椒に限られていて、スパイスやハーブ類が出てくることはほとんどない。我が家では大蒜とオリーブオイルはどちらもスペイン産を使っているけど、それとて高いものではない。


この『山と海』という料理では、バゲットやナッツ類をローストして砕いた「ピカーダ」や、炒め玉葱を完熟トマトで煮詰めた「ソフレジッツ」というソースを使う。基本的にはSTAUBにお任せできる煮込み系メニューなので、面倒なことと言えばせいぜい海老の背ワタをとることぐらいか。。この一品だけでもボリューム的には十分だったけど、せっかくの休日だから色々作りたいマインドが働いて、またしても作り過ぎるワタクシ。スキレットでスペイン風オムレツ/トルティージャを作り、自家製アリオリソースと合わせた。後はスペイン料理ではないけど、マグロのカルパッチョ。こちらには自家製チミチュリソースを。蒸し暑くなるとワインよりもビールが欲しくなる感じで、奥さんと330ml瓶をシェア。それで量的には十分。それよりも水が欲しい。。

 


前から観たかったシン・ゴジラ。期待通りの面白さで、一個の生物でありながら自然災害的な存在として描かれるゴジラのインパクトが強烈だった。

 

DSC02751.JPG
今日からツールが開幕。今年のJスポはジロの放送権を逃して体力が有り余っているのか、全ステージ最初から最後まで完全中継という気合いの入りよう。なんだかんだでこの季節はお祭り気分が盛り上がってなんだか楽しくなる。別にめでたいとか思ったわけではないが、久しぶりにアクアパッツァが食べたくなったので、手抜きも兼ねてそんな晩ごはん。

| かっつん | 21:10 | comments(2) | - | pookmark |
疲れた。疲れた。

DSC02440.jpg

6月19日月曜日。先週は目が覚めたからという理由でルーティンを崩して月曜に朝ローラーをした結果、週の後半にかけていつもより疲労が嵩増しされるようなところがあったので、この日はいったん5時過ぎに目が覚めるも、予定通り二度寝。それでも6時過ぎにはベッドから出て、昨日焼いたNYチーズケーキの撮影をするなど、朝から何をやってるんだという感じ。この時間帯は直射日光がダイレクトに入り過ぎてうまく撮れないな。。

 

仕事のほうはいったん落ち着いているので、定時で切り上げて帰りに八百屋で野菜を買って帰るなどして、玄関飽けたら5分でローラー。160w程度でチンタラ走っていたら、ホイールサッカーなアメリカ人が付いてきて鬱陶しかったので千切ろうと190w前後まで頑張って上げたのだが、結局最後のほうまで引き離せずに中途半端に強度が上がって疲れた。。

 

DSC02446.JPG
晩ごはんは先日のパテの残りと野菜など。今回のパテ、市販のベーコン以外はお店で食べるのと遜色ない味だと奥さんからお褒めの言葉をいただきました。しかしこの写真、不思議な色合いでなんだか海の中か宇宙っぽい雰囲気だ。。

 

6月20日火曜日。1回起きて二度寝して、目覚ましが鳴って5時20分にベッドから出た。以前だったらトレーニング中止にしてベッドに戻ってる感じのダルさやなーとぼんやり考えながら、かれこれ4ヶ月半ほどトレオフを入れていないことによる習慣化のため、「やめる」という選択肢がなくダラダラとジョグへ。折悪しく途中から追われる身となったため、ペースが上がってしまって疲れた。。

 

DSC02463.jpg
晩ごはんはパスタ。サンファイニ(ラタトゥイユ)をソースに見立て、手開きにして米粉とドライハーブを合わせたものを軽く塗してから焼いた鰯と、ポーチドエッグを乗せた冷静パスタを作った。個人的にはまぁまぁ美味いと思ったのだが、奥さん的には珍しくNGで、魚が水っぽいソースに浸かっているのがアカンとのこと。彼女は魚料理が若干苦手なところがあり、ブリ、ハマチ系がだめなのと、中途半端に生っぽい食感や味わいが残る料理は食べられないことはないけどあんまり・・・という感じ。寿司とか刺身とかはまったく問題ないんだけど。というわけで今回のはあまり食べられず、捨てるのは忍びないためワタクシがほぼ2人分を食べた。しかもこの後にチーズケーキも食べたので、減量を意識した週の初めから思いっきり躓いてるな。

 

6月21日水曜日。雨予報だったけど小雨だったら走ろうと思っていて、起きたらザザ降りだったのでやめた。風もかなり強く、窓ガラスに叩きつけられる雨粒。薄暗い部屋の中でローラー。平日早朝のローラーほど頑張れないものはなく、心拍は130台にも乗らずave.125bpmでNP:172w。。多少のカロリーは消費したが、たぶん何もせず寝ていたほうが週単位で考えれば有用なんだろうなーと思う。

 

DSC02470.jpg
晩ごはんは冷蔵庫にあった野菜を炒め煮に。皮も剥かず、ピーマンはヘタも種もとらずそのまま乱切り。ベジブロスを作るようになって知ったけど、野菜は皮や種のほうに栄養素が詰まっていることが多いから、よほど食感や味が悪くなるのでなければこうやってそのまま使ってしまうほうが遥かに理にかなっている。都合20分足らずで出来る料理だけど、思っていた以上に美味しくて、また作ってもいいな。合わせて3日ほどマリネしておいた鶏ムネ肉をフライパンで手早く火入れして、しっとりと仕上げた鶏ハムにして食べた。

 

6月22日木曜日。昨日は大雨でランを回避したので、今朝は少し長めに15劵献腑阿陵縦蝓10分ほど早起きしたけど、昨晩は10分ほど早めに寝たのでそれほど辛い感じもなく。とは言え、平日早朝から強度の高い練習ができていたかつてのメンタルは最早ないため、楽ではないがキツくもない強度で走り始める。体感的にはわりと涼しいように思っていたけど、湿度が高かったのか発汗量は多め。一昨日に続いて、体感的なキツさのわりにはスピードが出ておらず、こんな練習のやり方でいいのか!?といささか心配な気持ちも。昨年、富士登山競走のレース中に感じていた「このレースに出るためには高強度域のトレーニングが必須。それが出来んかったら惨めな思いをするだけだからもう出ないほうがいい」という感覚は今も忘れずに在るんだけど、だからと言って思ったとおり高い負荷のトレーニングを課せられるのかはまた別の話。我がことながら、ほんまにヘタレやなーと思う。

 

DSC02487.JPG

晩ごはんはバガラ・バイガンという南インド料理。茄子のカレー。この春ぐらいから、最寄駅近くの八百屋で野菜を買って帰ることが多くなったけど、近隣のスーパーと比べて最も割安感があるのが、茄子。スーパーが高すぎるのもあるけど、だいたい三分の一ぐらいの値段で買える。茄子には身体を冷やす効果もあるため、時と場合によっては食べ過ぎに注意が必要だけど、グリルで皮が真っ黒に焦げるぐらいまで焼いたものを裂いて食べると、何もつけなくてもいけるぐらい美味しい。少し手をかけるなら、それをペースト状にしてタヒニソースと混ぜ合わせるムタッバルというレシピもあって、このディップはそれだけでメインを張れそうなぐらい旨い。あー、書いてたらなんか食べたくなってきた。

| かっつん | 20:57 | comments(0) | - | pookmark |
富士登山競走開催まで6週間を切った週末の日記

6月17日土曜日。5時40分の目覚ましで起きた。先週に続いて、今朝もロードで長めの坂道走の予定。木曜日に強い疲労と酩酊を感じてかなりヤバいなと思ったんだけど、翌金曜日になって少し回復したのをいいことに、結局はこの週末もそれなりにトレーニングをして負荷をかける方向へ。日焼け止めを塗って凍らせておいた給水ボトルも腰に挟んでスタート。脚も身体もまったくフレッシュではなかったけど、走り出しからめちゃくちゃキツかった先週と比べるとかなりマシだなと思いながら鶴甲のほうへ。ここ数日と比べると、少し湿度が高めで日なただとそれなりに暑さを感じる。とは言え、高羽から半分ほど上ると、確実にそれまでよりは空気がヒンヤリしているのが感じられて気持ちがいい。時おり、沿道のマンションやビルの玄関ガラスでフォームチェックしながら走っていたが、自転車でもランでも、ある程度斜度がキツくなってくると前乗り(前のめり)になる傾向があるなと自覚。四頭筋を中心にパワーを出すため、短時間であれば問題ないのだが、1時間以上高い出力をキープするにはやっぱり体幹を意識してさらに大きな筋肉を使わないと持たない。先週よりは余裕をもって上り切り、飛ばし過ぎないよう気をつけながら下って住吉川の方へ戻り、続いて渦ヶ森の登坂へ。ここで1回目の給水を100mlほど。キツいけど、これまた先週よりは余裕がある感じ。というか先週のコンディションが悪すぎたんだな。渦ヶ森も、わりと日陰が多く、川からの涼風を感じる箇所もあって、これからの時期には有り難い。ただし、上りの平均勾配は8%前後なので平地とは比べ物にならないぐらい脚にも心肺にも負荷はかかるけど。いっぱいいっぱいではないとは言え、メンタル・フィジカルともに追い込むだけの余裕はないため、淡々と上りをこなす意識で頂上まで。最近は30kmぐらいは無補給が当たり前になってるけど、先週はトレーニング後の消耗感が激しかったこともあり、今日は実験的にここでジェル1本を摂取。給水も100mlほど。ジェルの賞味期限は2016年10月になってたけど、特に何かが変質しているような感じもなく。補給を取らなくなったので、まだ在庫がようさんある。


いったん下って、最後に住吉台方面への上り返し。途中で2箇所だけ激坂ポイントがあってそこだけはヘロヘロだったけど、それ以外は概ね余裕をもってクリア。この感じだったら来週は30/1,000m↑もいけるかなーという感触で終了。タイムはまったく見ずに走っていて、これでave.4:25/kmぐらいで走れてたら最高だったんだけど、実際は先週とほぼ同じave.4:29/kmだった。

 

DSC02272.JPG
朝ごパンは先日焼いたベーグル。甘納豆入りで美味しい。

 

DSC02277.jpg

DSC02279.jpg
今日も昼から飲むモード。とは言え、週の半ばである程度の仕込みを終わらせていたため、いつもと比べるとかなり余裕。なんだけど、時間があったらあったでパン焼いたりスイーツ作ったりしちゃうから、結局トータルで見ればバタバタしているというアホさ加減なのだが。。

 

DSC02290.jpg
そんなランチは田舎風パテをメインにしたプレートで。いつもは豚よりも鶏の配分が多めでハーブを効かせたレシピで作っていたパテだけど、今回は豚メイン、キャトルエピス(quatre epice)を配合したレシピで。網脂の代わりにベーコンを使っているところ以外は、その辺のビストロで食べるのとそう変わらないような味わいで美味しい。お店で食べる量×2倍ぐらいの厚切りで好きなだけ食べられるのがおうちごはんの良いところ。食後に17分だけタイマーをセットして昼寝した。

 

DSC02313.JPG
いくつかやらなければいけない雑務を片付けつつ、パンを焼いたりしているうちに晩ごはんの時間に。

 

DSC02323.JPGDSC02325.JPG

今晩はタコスにしようと決めていた。午前中にスーパーの鮮魚コーナーで卸してもらった真鯛をココナッツミルク+カレーなどでマリネしておき、薄く油をひいたフライパンで皮目を下にして焼く。一方でマサ粉から生地を作ってプレス機で広げ、鉄板で焼いてトルティーヤも完成。マサから作るトルティーヤは本当に良い香りがする。これを食べるともう市販の冷凍生地は食べられないなーと思う。あとは適当に野菜や葉ものなどを盛って、ココナッツミルク、カレーパウダー、ライム果汁とすりおろした果皮、刻んだパクチーを合わせたソースをかけていただいた。昼にワインを3~4杯飲んだので、夜は自家製ジンジャーエールで。これだけでやめておけば全体の糖質量も控えめでヘルシーなんだけど、この後でスイーツを2種類ほど食べてしまうワタクシはだから痩せない。

| かっつん | 21:08 | comments(0) | - | pookmark |
どうしようもなく悪い状態というわけでもないけど

DSC02377.jpgDSC02321.jpgDSC02308.jpgDSC02383.jpg

なんか常に疲れてて、ビミョーに、少しずつ弱くなっていってる気がする。休み方を忘れた感じ"(-""-)"

| かっつん | 21:03 | comments(2) | - | pookmark |
パテ・ド・カンパーニュ

富士登山競走の案内が届いてそろそろ体重も絞っていかねばと思い、今日は食べ過ぎず飲み過ぎず、いつもよりはセーブできた。

| かっつん | 20:50 | comments(0) | - | pookmark |
燻し臭がする週

6月11日日曜日。昨日の坂道走のダメージが少なからずあり(&夜に結構お酒を飲んだ影響も)、まともに走れる感じがなかったので今日もやっぱりジョグへ。昨日お会いしたお二方と話していて、みんな揃ってトレーニング前はほぼノーアップ&入りの数キロがキツいというのが共通してたので、だいたい考えてること感じてることって同じなんやなーと思いながら、この日もキツい苦しい脚が重いと感じながら六アイへ。陽が長くなって休日も起きる時間が平日とそう変わらない早さになってきて、そうなると多少なりとも週末で補っていた睡眠不足が解消されずに翌週へ持ち越されるため、ここしばらくは明らかな睡眠不足を感じる。もうちょいゆっくり寝てから走ればいいのだが、できれば8時半までには帰宅して、朝ごはん食べて9時過ぎには買い出しに行って昼ゴハン作ってゆっくり食べたい、と思うとやっぱりこの時間には走りに出ねば間に合わないという。。まぁ、ちょっとしんどいのはしんどいけど、きちんとトレーニングしてゴハン作ってそれをアテに昼から飲むというのが今んとことても楽して充足感があるので、休日の使い方はこれでいいのかもしれない。いつもであれば疲れていても周回コースを1周する頃には身体が起きて来て少しラクになったりするのだが、この日はひたすら身体が重くて辛いまま。というか、9月の村岡では実質的に昨日のコースを4回リピート(プラス20)せねばならんのかと考えるとほとんど不可能じゃないかと思ったり。しっかり疲労を抜いてペースをかなり落として、と考えても相当に厳しそう。ま、人間繰り返して経験するとだんだん慣れてくるので、コンスタントに昨日みたいなトレーニングを積み重ねていくしかない。

 

DSC02068.jpg
結局しんどいまま20卅って帰宅して朝ごパンにフレンチトースト。失敗したバゲットの救済策としてフレンチトーストは有用(-"-)

 

DSC02093.jpgDSC02082.JPG
今日はお昼をメインに、イベリコ豚のステーキで昼飲み。サンファイナという、スペインはカタルーニャ地方版のラタトウイユを作って、それをソースに見立ててイベリコ豚を盛った。サラダには、タコと飴色玉葱などを合わせたもの。加えて昨日、三宮のフロマジュリー・ミュウで買ってきたチーズ。ワインはシェリーから飲み始め、なんとなく引っ張り出したジンファンデル(プリミティーボ)がチーズ(ヴィンテージ・チェダー)と物凄く合っていて、口中で幸せなマリアージュが。

 

DSC02119.JPG
昨日仕込んだ紅茶のレアチーズケーキ。ベースには米粉とキャロブパウダー+ココナッツオイルで作ったクッキー生地。

 

DSC02101.jpg
かれこれ2週間ほど前から下処理して仕込んでいた豚バラを使ってベーコン作り。スモーカーは奥さんが昔日に買ったやつ。以前の住まいで何回か燻しをやった記憶があるけど、今のところへ引っ越してきてからは初めて。ちなみに燻製の作業は以前は奥さん任せであったため、ワタクシが担当してやるのは今回が初めて。と言っても燻製自体は温度管理ぐらいで特にやることもないだけど。今回はチップではなくスモークウッド1本を使用。薫玉も作りたかったけど、前日に仕込んでおくのを忘れた。スモークし始めてから、奥さんが「やっぱり他に何か燻したい」とスーパーへソーセージなどを買いに行って、中途で投入。75℃キープが基本らしいが、前扉を閉めたままだとすぐに90℃近くまで上がってしまう。前扉半開きぐらいでちょうど良さそう。

 

ということを確認して、あとは放置することにしてローラー。というのも昼ごはんやらおやつやら食べ過ぎて、いつも以上にお腹が空かないため、晩ごはんを美味しく食べるためのカロリー消費目的。ちなみに燻しをやってるのは自転車部屋に面したベランダ。なので部屋の中には少なからぬスモーク臭。まぁ、ヒッコリーの良い匂いではあるのだが、クローゼットのスーツやシャツにまでうっすらスモークされたな、たぶん。

 


夕方に完成したベーコン。時間かけただけあって、見るからに旨そう〜。だけども今日はこれを腹に入れるだけの隙間がなく、後日に持ち越し。

 

DSC02155.jpg

DSC02151.jpg
今晩はワインのアテみたいなのを3品ほど作って、チーズを摘まみながら飲む。と言いつつ、昼に飲んだ分でアルコール的には満足しちゃってるので、昨日仕込んだジンジャーシロップでジンジャーエールを作ってもっぱらそっちを飲んでいた。

| かっつん | 21:26 | comments(0) | - | pookmark |
飲んでいる時も楽しいけど、何を作ってどれと合わせて飲もうか?と考えている時間もまた楽しい

DSC02095.JPGDSC02162.JPG

あー、土日が2回あればいいのに←意味不明

| かっつん | 21:34 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode