Page: 1/11   >>
サッパリ

長かったマンションの修繕工事がようやく終盤に差し掛かり、昨日の段階でうちの階層は足場が撤去されたので久々にクリアな眺望が戻ってきた♪まぁあと、10日かそこらは工事は続くようだけど。というか、全撤去された網戸はいずこへ?窓開け取ったら虫が入ってくるがな、特に夜|д゚)

 

今日は実家のほうへ帰って美容室に行っサッパリした後、ネパール料理屋さんでランチして、帰りに業務スーパーで無駄に興奮しながら母親と一緒に食材を買ったり、地味に楽しかった。

| かっつん | 21:23 | comments(0) | - | pookmark |
胸肉野郎

DSC01502.jpg

5月22日月曜日。例によって朝練はなし。しかし5時過ぎに勝手に目が覚めてしまい、睡眠不足を補えた感じはあまりなく。朝からかなりの疲労感で顔も浮腫んでおり、昼前には珍しく強い眠気に見舞われる。お弁当を食べて30分ほど昼寝をして少し回復。昼寝は夜の3倍ぐらいの睡眠効果があるように思う。ただし、30分以上の昼寝はダルさが増すので逆効果だけど。

 


夕方にローラー。微妙に出力が上がっているような気もするが、その日の体調いかんの誤差のような気もする。

 

DSC01485.JPG
晩ごはんは過日のスリランカ料理の残りなど

 

 

5月23日火曜日。目覚ましが鳴る前に起きていたのもあって、いつもより身体のダルさはマシなよう。昨日から左内転筋にやや鋭い痛みが出ていたため、悪化しないよう注意しながらジョグ。ペースは成り行きで、上り区間では少し息が弾むぐらいの強度。エントリー時点での昂揚感もすっかりと消え、7月の富士登山競走&9月の村岡ダブルフル120劼紡个靴読坩造膨らみつつあるこの頃。

 

DSC01491.JPG

DSC01495.JPG

晩ごはんは先日ラクサを作った際のスープの残りに色々足して、鍋っぽい煮込み。最後に中華麺を入れてパクチーを盛って〆にした。

 

 

5月24日水曜日。この日も5時過ぎに目が覚めてしまい、目覚ましセット時刻の少し前にベッドを出た。いつもながらの慢性疲労感があるため、どうしようかと迷いつつ予定通り坂道走へ。できれば週一で実施したいと思っている坂道走だけど、メインとなるべき渦ヶ森は、前回の記録を振り返ってみると4月12日が最後。毎週どころか1ヶ月に1回も走れてないという。突っ込んで入らなければ死ぬほどキツいということもないんだけど、それでも心拍は閾値前後までは必ず上がる。この、しんどい内容を定期的にやらないと弱くなる一方だな〜と思いつつ、それが出来ないところが己の弱さ弱さたるゆえんだとも。
そういえば3月頃に異常とも言える低さで少し心配していた心拍値だけど、最近になって気温が上がってくると共に、昨年と同程度の数値までは上がるようになってきた。そうして見ると単に、3月下旬から4月にかけて、パフォーマンスの波の頭が来ていたのかもしれない。その後は蓄積疲労によってパフォーマンスが低下していく実感があり、5月頭に「これはもう無理!」という疲労の限界を感じたのがGWでいったん回復してやや持ち直し、最近になってまたその蓄積疲労の限界に近づきつつあるのを実感しているような毎日。主に仕事に関してだけど、トレーニング以外の部分で疲労の多寡に関係することもあるわけだし、狙ったところで狙った通りピークを持っていくのはとても難しい。昨年に引き続き、今年もあまり効率の良いトレーニングが出来ているとは思えないけど、最近は疲れた状態で走ることで獲得できるだろう持久力・鯛球面の向上については一定の確証をもって取り組んでいるような気がする。より具体的に言えば、ウルトラランナー向きの体質へ移行しつつある、というか。とは言え、moderateな負荷で長めに走るだけの練習は時間対効果が低いことは間違いないので、少しでも速く、強くなるためにはイヤでも高強度のスパイスを入れていかねばならん、と上述の思考へとループするのだった。

 

DSC01501.JPG

仕事のほうで珍しく人のヘルプなどして残業。帰宅してすぐに出来るパスタで晩ごはん。桜エビと新玉葱のパスタ。しっかりと旨みがあって美味しい。

 

 

5月25日木曜日。起きると予報通り雨が降っていた&坂道走の翌日ということで、ジョグはやめてローラー。以前、ジロに関して「ボブ・ユンゲルスがマット・デイモンに見えて仕方がない」と書いたけど、そう思っている人は多かったようで、後の放送中に「ユンゲルスはマット・デイモンの生き別れの双子だと話題」とか言っていた、、、ということを思い出しながらボーン・アイデンティティの続編を観ていた。うちの奥さんいわく、マット・デイモン=ジムのイメージ(≒鍛えている)とのこと。分かるような分からないような・・・映画そのものは普通に面白い程度だけど、ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の格闘シーンや、逃走する際のタフな感覚などは何だか特別なインパクトがあって良い。

 

DSC01520.jpg

晩ごはんは鶏ムネ肉を焼いたものなど。奥さんからキャベツ野郎の称号に加えて、ムネ肉野郎のそれもいただきつつある最近。でも各種調味料でマリネしておいた鶏ムネ肉のハムって、超簡単で激安だけど、その辺の変なビストロで食べる肉よりも美味しい。とにかく火入れの強度と時間がキモ。うまく出来るようになれば、鶏もも肉要らないって思うぐらいしっとりと出来上がる。

 

 

5月26日金曜日。結局今週は休みがとれんかったなー、でも今週末は仕事はないから、土日いっぱい使ってやりたいことができるなーとちょっと幸せな気分。昨晩は少しだけ就寝が遅くなったせいで、あまりスッキリとしない目覚め。いつも通りのダルさを抱えつつ、回復走のイメージでジョグ。一昨日の坂道走が由来っぽい筋疲労が左ハムを中心にあり。先日久しぶりにストレッチをしたところ、臀筋もハムも内転筋もガチガチだった。こんだけ硬くなってたらまともなパフォーマンスが発揮できんわな、と思ったけど、結局その日以降もストレッチやケアをすることはなく、なぜそんあ簡単なことが継続できないのかと我ながら不思議になる。たぶん、無意識のうちにそういうところを軽視してるから後回しにするんだろうけど、実際はダルい身体で緩いジョグするよりも、体幹鍛えたりストレッチなどのケアをしたりといった部分に時間を割くほうがパフォーマンスの向上には有意なんだろうなーと思う。頭では。調子が良い時って、走り終わった後でも脚の筋肉が柔らかな状態だったりするんだけど、それほど調子が良いのは本当に稀で、大概は今みたいに、ハムを中心に強めの張りがあったり筋肉が強張っていたりする感じ。硬い筋肉だと実際に持ちうる半分もパワーが発揮できていないような気がする。

 

DSC01524.JPG

晩ごはんに週末だし少し変わったものをと思い、玉葱のチヂミを作ってみる。ちょうど冷蔵庫にある材料で出来たので良かった。冷凍庫や冷蔵庫のストックを減らしていかねば新しくパンやお菓子を焼けないため(と言いつつ昨晩は米粉のバナナマフィンを焼いた)、今晩はずいぶん前から冷凍庫に眠っていた料理の残りも食べたり。ローストビーフとかカスレとか、ご馳走が多かった。また乗る乗る詐欺になるかもしれんが、明日はバイク実走で六甲山の予定。そろそろスネの毛を処理せねば、と思いつつ。。

| かっつん | 21:25 | comments(2) | - | pookmark |
疲労が溜まるほどに甘いものが食べたくなる系

 

今週どこかで半休するつもりだったけど無理っぽい。。今朝は足が疲れているのに坂道走でガシガシ下ったから、脚の付け根とかいろんなところが痛い・・・

| かっつん | 22:33 | comments(0) | - | pookmark |
何もできなくて、夜

この週末は生地を発酵させる系のパンが焼けず(´・ω・`)とりあえずめちゃくちゃに疲れている実感があるので、早く寝ます。。

| かっつん | 21:00 | comments(0) | - | pookmark |
本日もぐったりちゃん

 

明日の朝が辛い。。

| かっつん | 22:20 | comments(0) | - | pookmark |
GWの記録

特別なことはなく、毎日走って作って食べて飲んでいただけだが。5月3日水曜日。例によって心挫けそうになりながら、この日はなんとかバイク実走へ。前回、表から登ってゆるゆるペースなのにライド後は結構なダメージを感じたことを脳が覚えていて同じルートでいくことを身体が拒否していたため、今回は東からのアプローチをとる。なぜかサイコンがパワーも心拍もケイデンスも拾っていないことに、10分ほど走って気づいた。。基本的に人や車がいない、できるだけ信号の少ないルートが好きなので、感覚としては芦屋から六麓荘を経て甲寿橋より六甲山へとりつくこの東ルートが雰囲気としてはお気に入り。最初の山手幹線だけが走り難いけど。しかし好きなルートとは言え、表からの登坂と比べるとこちらのルートははるかにキツい。西宮北高校前の激坂は、時間にしたら1分半ぐらいなんだけど、ヒルクライムから遠ざかっているわが身には本当にそそりたつ壁をよじ登っているような苦しさで、吐きそう(>_<)ここを越えてようやく六甲登坂のスタートに立つわけだけど、10夕紊慮配が6卍兇砲錣燭辰同筺垢搬海道程は、何回登ってもキツい。毎週のように通っていても慣れることなくキツいのに、ましてや今回の自分のように超久々(振り返って見ると昨年の8月11日以来だった)に食らうこのパンチ力は強烈。ハナから全力登坂する気力はなく、事前イメージとしてはのんびりキツくないペースで無理なく登る、って感じだったんだけど、そうだった、、、ここは一番軽いギアで回してもしんどいんだった、、、ということを思い出す結果に。出力が200wを切ると止まってしまいそうなので、必然的にその程度のパワーを維持し続けなければならん。下ってくる2人とスライドしたぐらいで、前方に目標となるような自転車乗りも見当たらず、ヘタすると心拍が160台に乗っかりそうなキツさでなんとか進む。もともと脚のほうは連日のトレーニングによる蓄積疲労で慢性的に重ダルい感じだったので、最初から最後までひたすら我慢の時間帯って感じだった。最後のトンネル緩斜面区間でも全く踏めず、ゼーハーしながら一軒茶屋を通過して、そのまま記念碑台方面へ。とにかくも今日一番キツい区間は終わった、、、と少し軽くなったココロと共に、裏六甲を下って上りかえす。前回はU-sacさんがいい感じのペーシングで引っ張ってくれたけど、今回は一人なので思いっきりサボってノロノロペースで登坂。早朝の裏六甲は、特に序盤区間での沿道の木々への光の射し込み加減がすごく好きで、止まって写真を撮りたいという気持ちに駆られつつ、時間貧乏性なので結局は止まらずにそのままゴーしてしまう自分がいる。こういう時間をもっと素直に楽しめるようになったら、また自転車に乗るのも楽しくなるんだろうな、とか思ったり。んでもって、走りに出たら出たで準備に時間がかかった分ちょっとでも長めに乗りたい欲が湧いてくるので、脚には余裕がないけどそのまま掬星台の方へ。さすがGWなので、まだ8時前だったけど既に山上の各施設の前にはオープン待ちの車列ができていた。家族サービスも大変だな。奥摩耶ドライブウェイを上りかえしているあたりで腸腰筋のあたりがかなり疲労しているのを感じる。結構ヤバいかなーと思ったけど、掬星台で5分ぐらい休んだらスッキリ治った。朝から水分補給だけして走ってたけど、だいたいガーミン読みで1200kcalを超えたあたりでエネルギー切れの感覚があり、頭痛もしてきたため超久しぶりに補給食を。賞味期限切れのclif barだったけど、美味しかったな♪脚はとっくに終わっていたけど、そこから再び一軒茶屋のほうへ登って折り返し、サンライズドライブウェイを経由して、表六甲を下って帰宅した。3時間ほどのライドで、獲得標高が久しぶりに2,000mを超えた。前回のライドよりも平均出力が15wほど高い184wだったけど、不思議とライド後のダメージは前回よりも少なかった。やっぱり慣れってあるんだな。

 

DSC00707.jpg
朝ゴハンは冷凍庫処理も兼ねて過去パンにて。アンパンとスコーン1個ずつで足りてしまう自分の省エネっぷりがなんとも。

 

DSC00711.jpg
昼ごはんはタイ料理。暑くなってくると東南アジア系の料理が食べたくなる。あとビールとね。今回はパッタイとガイヤーン風の手羽先焼き、インゲンとパプリカの炒め物を作った。手羽先焼きは超簡単なのにめっちゃ美味しくて、これはリピート必至。

 

DSC00726.JPG
パンを焼いたりスイーツを焼いたり

 

DSC00750.jpg
晩ごはんはサンドイッチでワインを飲もうと決めたので、アジフライを作るべくスーパーへ買いにいくも、良い感じのアジが売っていなかったので代わりに丸々として美しいイワシちゃんを買った。それを3枚におろして、それぞれ中東のミックススパイスやカレー粉を混ぜた米粉で衣をつけて揚げ、焼きたての自家製食パンをカットしてサンドイッチに。サンドイッチを食べようと思って食パンから焼き始める自分はアホだと思うが、美味しかったからまぁいいかな。

 

この日観た映画。会長からオススメいただいた「フォーリング・ダウン」。事前に予告編からは"なんてことない中年のおっさん(マイケル・ダグラス)が、日常生活の中でイライラを募らせてついにはそれがドッカーンとする様"を描いたムービーなのかと思っていたら、なんか知らんが初っ端から既にマイケル御大はキレていて、そこから行く先々で対する事物にキレまくって攻撃的な衝動を発露しまくるという「え、何この人?めっちゃヤバい人やん」という映画だった。で、なんでカレがこんな風になってしまったのか?というところが物語の展開する中で明らかにされていくのかと思いきや、そこにも何か決定的な出来事があったわけでなく、むしろこの人もともと性格的にかなり難がある感じだね、ということが分かる、というような感じ。なもんで全体的な感想としては、普通の人が壊れていくその過程に怖さや悲しさ、辛さを感じるというものではなく、世の中ヤバい人が少なくなさそうだから変に絡んだり絡まれたりすることがないよう気をつけよう、、、というものだった。

 

5月4日木曜日。前日ライドのダメージはあるものの、予想していたほど大きくはなく、予定通りジョグへ。とは言いつつ高い強度のメニューをこなす気力も体力もなかったので、キロ5ペースで20劼鯀枋蠅靴届珊奪▲ぅ薀鵐品面へ。気温が高めで、そろそろ給水ボトルを持たなあかんなーとか考えながら、脚の重さを確かめるようにジョグ。ちょっとした上りでもハムストリングスには結構な疲れを感じる。先頃の30卅で痛めた右足の痛みについては小康状態で、接地に気をつけながら走っている限りでは大丈夫っぽい。アップなしでスタートしているのもあるけど、このぐらいの強度で走っていると10辧15劼△燭蠅任茲Δ笋身体が動き始めるようで、スタート直後よりもこの辺のほうがだいぶラクに感じる。少し暑いけど気候的にはほんとに気持ちが良い。ただ、羽虫がかなり多い時期なので、顔面にくっついたり口の中に入ってきたりでそれだけが厄介。最後までラップを見ることなく走り終え、確認するとave.4:26/kmと事前イメージよりだいぶ速かった。

 

DSC00766.JPG

朝ゴハンは奥さんからのリクエストを受けてガレット。と言っても食べたいと聞いていたのは何日か前で、今朝も走り終わって帰宅した段ではまだ奥さん寝てるんだけど(ー_ー)!!ガレット焼くのも3回目ぐらいにしてちょっとだけコツが掴めてきたように思う。何事も3回はやってみないと駄目だな。

 

DSC00784.jpg
昼ゴハンはインド料理。カレーにはチャツネ(大蒜、ココナッツフレークとカレリーフ、ターメリック、塩を油でテンパリングして合わせたもの)を振りかけて食べる。これまで3回ぐらい作ったことのあるメニューだけど、これがほんとに美味い!これだけでやめとけばいいところをやり過ぎるのが自分の悪い習性で、スパイス(パンチフォロン)を調合してじゃがいものサブジを作り、そのサブジをアタ粉で作った生地で包んで揚げてサモサに。この自家製サモサは2回目だけど、これは街中のインド料理店で食べるよりも絶対に美味しい。衣の甘さやサクサク感が段違い。多めに作って残りは冷凍。来週平日中のお弁当要員にするつもり。あとはネパール風のアチャールを作って、それっぽい感じのプレートランチにしていただいた。後は家で美味しいナンが焼けるようになれば最高だけど、ナンとかピザはやっぱり専用の窯がないと厳しいかしらん。

 

DSC00800.JPG
昼からもやっぱり何か作っていたけど、いつもの週末と比べるとかなりゆったり余裕をもった詰め込み具合といった感じ。晩ごはんはSTAUBとオーブン任せのお手軽ローストポーク。ケイジャンスパイスをポイントにした味つけで、新玉葱の水分を使って蒸し焼きにする感じ。だらだらと赤ワインを飲みながらこういうのをつまむ時間の至福・・・

 

5月5日こどもの日。この日も6時過ぎに起きてジョグへ。昨日とまったく同じコース、ペースで20劼陵縦蝓が、疲労回復ジョグのはずだった昨日のメニューでまったく回復できておらず、脚だけでなく全身のダルさは昨日以上。これは多分、メニューの強度というよりは飲み過ぎの影響によるところが多いと思うけど。基本的に平日は飲まず、週末にグラス1〜2杯飲むのがデフォな酒量の自分だが、この連休中は毎日ビール1本にワインをボトル半分ぐらい飲んでいる。二日酔いになるレベルでは全然ないけど、酒量が多くなるとたちまち回復が遅くなって翌日が辛いのはこれまでの経験から明らか。そんなことを考えながら、無理だったら帰ろうという気分でとりあえず15劼倭ろうかと六甲アイランドへ。これまたいつものことながら、走っているうちにこのペースだとだんだん身体がラクになっていくようで、1周回したところでもうちょっといけそうだなと予定通り20劵魁璽垢慳瓩靴拭その後は淡々と、今日のこの後のスケジュールを考えながら20辧終わってみればave.4:27/kmで平均心拍140bpmと昨日とまったく同じだった。

 

DSC00828.jpg

朝ゴハンは昨日焼いたスコーン。バターの代わりにクリームチーズと太白ごま油を使って、2週間ほどブランデーに漬け込んでいたレーズンなどが入っている。写真にはいっぱい写ってるけど、食べたのは1個だけ。我ながらなんとも省エネなことで・・・

 

DSC00868.jpg
昼ごはんは再びのタイ料理。と言うか、タイ料理風というのが適当かしらん。旬のカツオをコンフィにしていたので、それをひき肉の代わりに用いて調味してガパオライスにした。付け合せにはやっぱりトムヤムクンスープが欲しいねということで、これまたトムヤムクンペーストを使って、ライムリーフ、生姜、レモングラス(ドライ)などを加えた即席仕様で作った。


昼から奥さんと三宮へ買い物へ。結局自分はフロマジュリーミュウでチーズを、富澤商店で強力粉や準強力粉の大袋を買って帰るという食材調達に終わったのだが・・・

 

DSC00879.JPG
晩ごはんはメキシコ料理。先日ゲットしたマサ粉(とうもろこし粉)を使ってトルティーヤを焼く。普通のコーンフラワーとは香りがまったく違っていて、作りながらメキシコ旅行の時に食べた料理やその時の感情が蘇ってくる。輸入食材店で売っているコントルティーヤ(冷凍)もそれなりに美味しいと思っていたけど、一度自家製のこれを食べてしまったらもう全然風味が違っていてあれには戻れないなと思った。フリホーレス(豆のペースト)とサルサ・メヒカーナも作って、暗いから写真はアレだけどめちゃくちゃ美味しいタコスが出来た。

| かっつん | 21:06 | comments(0) | - | pookmark |
回復

今日は連休中で一番の詰め込み具合だったけど、いつもの週末と比べてなんかまだ元気な感じ。昨日が一番しんどかったかも。しかし今年のジロ、3週間ずっと別府さんの解説なのかしらん"(-""-)"宮澤さんのレースに関係のないグルメ話とか、栗村さんのよくわからない小話が聞きたいの・・・

| かっつん | 21:59 | comments(0) | - | pookmark |
眠い・・・

パン焼くために5時起きした結果、(´ぅω・`)ネムイ

| かっつん | 21:17 | comments(0) | - | pookmark |
体重増による影響か

4月29日土曜日。いちおうGW初日だけど、カレンダー通りお仕事があるので特別感はなく、いつも通りの週末と言った感じ。しかし今日はヒルクライムするぞ!というつもりで前日に自転車をローラー台から下ろしてウェア一式も含めて準備していたんだけど、、、やっぱりココロが折れてしまって実走中止。結局はいつもと同じジョグへ。ヘタレた自分への懲罰も兼ねて30劼倭ろうかな、、、と思って出たけど、身体のほうがかなり疲れている感じで余裕はなし。しかも走り始めてすぐに右足裏が痛くなってきて辛い。いちおう4:40/kmぐらいを目安に走ってたけど、たぶんそれよりもちょっとペースが上がってるかしらん、、、という感触。30km走の時は六甲アイランドの周回コース(約5.1km)を4周するのがデフォ。ここをこの時間帯にグルグルしているといつもスライドする人が2,3人いて、その中の一人の女性がかなり良いペースで走ってるなーといつも思う。それぞれ反対周りに周回しているので、すれ違うポイントで自分とのペース比較ができるんだけど、その女性とはちょうど半周行ったところでスライドするので自分とほぼ同じペースで走っている見立て。あちらも少なくとも2周回はしてるので、距離的にも15km前後は走ってるんだろうなと。見た目年齢だと45歳前後ぐらいかしらん、ピッチ走法でそれほどフォームが美しいわけではないんだけど、淡々と一定のペースで走っている、、、とそんな観察をするぐらいしか気を紛らわせる術もなく、後は帰ってから食べる朝ごはんのことや今晩、明日、あるいは1週間の晩ごはんメニューのことを考えながら距離を重ねていく。たまに30卅をすると感じるのは、25劼30劼世反搬里砲かる負荷がずいぶん違うなということ。25劼離献腑阿世肇リギリ気持ち良い感触で終われるんだけど、30劼砲覆襪函△燭箸┘献腑哀據璽垢世辰燭箸靴討皀薀好5kmは確実に「トレーニング」的な負荷や疲労を感じる。この日も終盤は明らかに腰が落ちてフォームが乱れており、それを自覚しながらも容易に修正できないぐらいの疲労感があった。


終わってみればやはり少しペースは早めでave.4:22/km。過去にこのコースでやった30卅の中では一番速いペースだった。今朝はまだ気温が少し低めだったので無給水でもいけたけど、そろそろこの距離だと給水ボトルを持って走ったほうがいいかな、とも。で、走ってる最中は気づかなかったんだけど、いざ帰宅してシューズを脱いだところ、右足の外側部から足裏部にかけてがめちゃくちゃ痛い・・・疲労骨折を疑うぐらいの痛みで、まともに歩けないような激痛。なんだこれはと泣きそうになりながら、片足跳びで移動しながらプロテインを摂取してシャワーを浴びてとりあえず医療用の湿布を貼りつけておいて朝ごはん。

 

DSC00617.jpg
前日の夜に焼いたスコーンとベーグル。どちらも抹茶ベースで、スコーンにはクリームチーズと胡桃、ベーグルには甘納豆を巻き込んでいる。スコーンとベーグルについてはなんとなくコツが掴めてきたような。。ちなみにたくさん焼いたけど、この日食べたのはスコーン半分とベーグル1個だけ。30卅っていちおうGarmin表示だと1300kcalちょっと消費してるみたいだけど、我ながらなんとも燃費がいいことで。右足の痛みのほうは引き続き歩けないぐらいの強さだけど、さっきより微妙に薄らいでいるような?思ったのは、最近体重が増えてきた関係で脚への負担も増しているのかも、ということで、故障リスクを減らすために少しだけ減量したほうがいいかも・・・ということだった。しかしそれほど無茶食いしてる自覚はなく、なにゆえ体重が増加傾向にあるのかが謎なんだけど。。

 

DSC00641.JPG
奥さんが昼過ぎから京都の実家へ帰る予定だったので、少し早めに昼ゴハンを準備。GW中は東南アジア料理をいくつか作ろうと思っていて、今日は手始めにナシゴレンとインドネシア風の焼き鳥/サテーをメインにしたプレートランチ。ナシゴレンは自分炒飯史上(なんだそれは)最高のパラッパラなゴハンの仕上がり具合でテンション↑。調理的にはめちゃくちゃ簡単な焼き鳥もびっくりするぐらい美味しくて、昼間っからビールを飲みつついい気分。

 

DSC00662.jpg
昼からはパンを焼いたりしつつ、いつもの週末と比べるとかなりゆったりと過ごす。マンション修繕工事のほうも、今日は終日うちとは関係のない箇所での壁面塗装か何かをやっているようで、足場を人がウロウロするようなこともなく静かだった。

 

DSC00676.jpg
晩ごはんは一人なので手抜きして、かつワインのアテになるようなメニュー。冷蔵庫で5日ほど寝かせていた塩豚があったので、STAUBラウンド鍋でロースト。新玉葱の甘みとそこから出る水分で蒸し煮にする感じ。調味のほうはデュカスパイスをふりかけてみたところ、これが思っていた以上に美味しい出来上がりで、思わず食べ過ぎ飲み過ぎてしまった。←だから太るのか

 

4月30日日曜日。6時ちょっと前に起きた。昨日のジョグで右足を痛めてしまったので、今日は必然的に着地衝撃のないバイクトレ一択。ということで今日こそは六甲山へ登ろうと思っていたんだけど、起きてみると案の定、疲労感が強くとてもヒルクライムする気分にはなれず。かと言ってこんなにも良い天気なのに室内ローラーとか心が病んでしまいそうだし、足は歩く分には問題ないけどやっぱり痛みがあって走ると確実にヤバそうな感じだし、、、としばし迷った挙句に結局は自転車をローラー台に戻してZwiftをやり始めたのでした(/_;)Amazonプライムで映画『スカーフェイス』を観ながら。アルパチーノがキューバ移民のチンピラ成り上がりマフィアを演じているんだけど、普通そういう設定だったら主人公には割り当てられるだろうアビリティというか、卓越した洞察力や図抜けて明晰な頭脳みたいなのが皆無で、一言でいうなら自信過剰でモノ知らずなただの馬鹿(笑)ある意味、これぞリアルなチンピラと言えようか。訳の関係もあろうが、「どうやったらお前を信用できるんだ?」と問われて「俺は肝っ玉の強さは誰にも負けねぇ」とか返されてもまったく意味がわからんし笑。そんな感じで見ようによってはコメディかと思うような展開・描写もあるんだけど、3時間近い尺を最後まで見させてしまうところが名作たるものの力か。ラストシーンも見ようによってはコントだけど。
ローラーのほうは1時間ちょっとやったところで500kcal。目標1,000kcalだったけど、ここからさらに1時間回す気分にもなれず、結局は自制する理性を押しのけて、着替えてブリックランに出た。

 

ちなみにローラーの際、シューズに足入れした時に気づいたんだけど、痛みのある右足のほうがパンパンに腫れている。なのでこんなんで走って大丈夫かいな?と思いつつ、歩くより走ったほうが逆に痛みは感じないなという感じで10劼鰺縦蠅靴討離献腑亜ブリックランなんてやるのはいつ以来だろう?と考えつつ、大腿部にかかる独特の重さと、反して妙にふわふわとした身体感覚とのギャップを感じながら、体感的にはキロ4半ぐらいのペースでいつもの川沿いを周回。脚のほうは痛みが増すでもなく、終わってみればave.4:11/kmと速めのペースだった。


朝ごはんを食べてスーパーへ買い出しに行って、パン生地を一次発酵させる段までしておいて、かなり大慌てで着替えて外出。今日は奥さんと京都で待ち合わせて、大好きなお店でランチの予定。さすがに凄い人出の河原町界隈を抜け、初夏を思わせる陽気の中を歩いてお店へ。最近はちょうど月に1回のペースで来てるけど、食べたいものが多すぎていつも悩む。

 

DSC02767.jpgDSC02768.jpg

 

DSC02771.JPG
スモークサーモンとマンゴー

 

DSC02772.JPG
牛テールなどのゼリー寄せ。これは初めて食べたメニュー。材料の一つ一つが物凄く丁寧に下処理されているのがわかる。そんなのがギュっと集められたゼリー寄せがどれほど美味しいかという話。

 

DSC02773.JPG

DSC02776.JPG

木下牛すね肉と春キャベツのスープ仕立て

 

DSC02777.JPG
炊き込みご飯

 

DSC02778.JPG
ティラミス


美味しすぎて言葉を失うぐらい、本当に美味しくて幸せな時間。次回また1ヶ月後に予約をとらせてもらった♪

 


いつもこのお店に来るためだけに訪れる京都だったけど、今日は大好きな漫画家/逆柱いみりさんの個展が久しぶりに開かれているとのことで、出町柳のトランスポップギャラリーへ向かったワタクシたち。『ニセキョウト/モーレツ・デスロード』と題された、いみりさん的Mad Maxな世界。この人の世界観は大好きで今回も堪能したけど、すっかり休日ひきこもり体質になったワタクシの脳みそ的には、GWの人混みにあたったのもあってか簡単にキャパシティをオーバーしてしまって結構な疲労を覚えつつ神戸へ帰った。

 

DSC00694.JPG
晩ごはんはさすがにお腹が空いてないのでファラフェルとサラダ、ピスタチオなどを摘まみつつまた飲んでいた。

| かっつん | 21:27 | comments(2) | - | pookmark |
ひきこもり体質

京都で美味しい料理を食べてきました。幸せ。。だけども、普段の休日はほぼ家に引きこもり状態なこともあってか、たまに外に出て不特定多数の人の中に居たりはたまた他人と会話したりということが昔にも増してどんどん苦手になってきていることを実感します。そういうのがすごく、疲れるの"(-""-)"

| かっつん | 22:06 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode