Page: 1/123   >>
GIRO Synthe MIPS AFを購入

9月19日土曜日。ほんの1週間前までじっとしているだけで汗ばんでくるような不快な蒸し暑さに見舞われていたのが嘘のように、朝晩は肌寒さを感じるほどにまで気温が低下して秋の気配。この気温変化にまだ対応できていないのか、相変わらず睡眠の質はイマイチながら、それでもエアコンの効いた寝室から地獄のような外気の中へ走り出していくあのイヤさ加減と比べれば天国のような環境。なので今朝もそれなりの葛藤はありつつも予定通り起き出して着替えて坂道ロング走へ。

 

あかんかったら引き返して帰ればいいと逃げ道を用意しつつ六甲山方面へ。脚のほうは珍しく疲労感が少ないような。高羽から六甲方面へ登っている途中、猛烈な勢いでパトカーや消防車がかっ飛んでいったので「何や!?」と思っていたらすぐに原因が判明。六甲ケーブル駅を過ぎてしばらく行くと、近所の人が数名出てきて六甲山のほうを指さし何か言っている。見ると山の中腹あたりから大量の黒煙が上がっていた。あ、なんか事故があったんかな、旧道のほうやと通行止めになってそう、その場合は途中で引き返さなあかんな、と思いながらとりあえずそのまま登坂を継続。すると電光掲示板に「六甲山トンネルで火災 通行止め」の文字とともに車が炎上しているイラストが出ていた。なんというか、こんなイラストも用意されてるのね、、、と変なところに感心しながら旧道を登っていく。1劼舛腓辰反覆鵑乃賣繕盻蠅里△燭蠅六甲トンネルの入口付近。消防車が止まっていて通行止めになっている模様。おかげでこここを過ぎると、六甲有料道路のほうから迂回してきた車で登り下りともいつにないほどの交通量。いつもならこの時間帯はほとんど車通りのない場所なので、今朝はなかなかにストレスフル。まぁ車のほうから言わせれば「なんでこいつこんなとこ走っとんねん」ということになるんだろうけど。そんな感じでちょっと走り難さは感じつつも、やはり気温が下がったおかげで体感的にはかなりラク。今夏走った中では今日が一番余裕がある。なもんで登り切っていつもはすぐに下るけど、今朝は記念碑台のほうまで脚を延ばしてみた。

 

で、給水なしでもいけそうな感じだったけど、無自覚でも脱水状態になると翌日以降の回復にかなり響くというのが先週体感としてわかったので、今朝は藤原商店で自販機ストップを入れて給水。この後GARMINのスタートボタンを押し忘れたまま再スタートしてしまい1.5kmほどロスしたのが痛かったけど、下りも車通りに気をつけながら無理せず下ってトータル28kmちょっとで終了。ave.4:45/kmだったけど、ロスした下り区間を考慮するとave.4:40/kmぐらいだろうか。六甲山の登りのタイムは昨年も合わせて自己ベストと同タイム。やはり気温の影響ってのは大きいんだなーとあらためて実感した。

 

DSC08104.JPG

シャワーを浴びてしばし休憩してからスーパーへ買い出しへ。帰宅してランチの準備。今日は手抜きしてサンドイッチにする。パンは「明日の食パン」で買ってきたMu-otonaを使用。

 

合わせたワインはプーリアの土着品種/susumanielloを使った少し珍しいワイン。これがかなり美味しくて、同じくプーリアのプリミティーヴォを思わせる濃厚さがありつつ、フレッシュな果実味と酸が後味をうまく切り上げていて、とてもバランスが良くて飲みやすかった。これはかなりオススメ。

 

DSC08126.JPG

午後からはkindledeで読書。夕方にローラー。晩ごはんはラージャー麺風の麺料理。食後に奥さんとウォーキング。

 

9月20日日曜日。先週と比べると疲労感は少な目な日曜日の朝。予定通り起きてリカバリージョグへ。無理のないペースで六甲アイランドを周回し、ラストに250mほどのダッシュを入れる。瞬間的な最高速でも2:50/kmとスピードはそれほど上がってなかったけど、感触としては悪くない。片足ジャンプの補強を入れて終了。

 

DSC08135.JPGDSC08138.JPGDSC08144.JPGDSC08147.JPGDSC08153.JPG

今日のランチはメキシコ料理。真鯛をピビルペーストでマリネして、炒め玉葱と一緒にバナナの葉で包んで蒸し焼きにしたユカタン風魚料理、鱈のフリットを使ったフィッシュタコス、あとは低温調理した鹿肉ローストにアーモンドのモレ(ソース)を合わせたものなんかを作る。11時過ぎには完成して早めのランチ、というか朝ゴハン食べてないのでブランチになるのかしらん。

 

DSC08159.JPGDSC08164.JPG

午後からRIDEWORKSへ。芦屋からこちらへ移転してきてからは初めて訪問する。店員さんが5人ぐらいいたけど、見知った顔は店長とNさんぐらいか。今使っているヘルメット(MET RIVALE)が購入してから5年近くになるので買い替えようかなというのが今日の目的。候補としてはGIRO SYNTHE MIPSのアジアンフィットか、MET TRENTAあたりで考えていた。んで、GIRO SYNTHEを試着させてもらい、悪くない感じだったので即決で購入した。自分は頭のハチが張っているため、外国製のヘルメットだとまず間違いなくLサイズになるのだが、このジロのアジアンフィットはMサイズでOKだったのが嬉しいポイント。

 

DSC08185.JPG

帰宅して明日に予定しているアワイチの準備などしつつ、夕方に軽くローラー。脚のほうは疲労もあまり残っておらず悪くない感触。晩ごはんは珍しく和食で肉じゃがときんぴらなど。日本酒が飲みたい感じだったけど、明日のことを考えて我慢。その後、長らくやってなくて忘れてしまっていた輪行の手順を確認するなどしていると予想以上に時間がかかってしまい、例によって「めんどくさいな、もう行くのやめようかな」と半分本気で悩みながら風呂に入って22時半頃に寝た。

 

DSC08163.JPG

果たして明日、ちゃんとアワイチできるのだろうか・・・。

| かっつん | 20:57 | comments(0) | - | pookmark |
山岳走で六甲山トンネル火災に遭遇

sandwich lunch * 今朝は3週連続の山岳ロング走で六甲山へ。途中、凄い勢いでパトカーや消防車がすっ飛んでいったんだけど、しばらく行くと山の中腹あたりから大量の黒煙が上がっているのが見えた。六甲山トンネルで火災が発生しているようで、通行止めになったそちらから、自分が走っている旧道のほうへ迂回してくる車が多数。いつになくストレスを感じる山行だったけど、気温の低下でパフォーマンスは飛躍的に上がってきたので、いつになく余裕のある登坂でタイム的にも自己ベストが出ていた。トータル28kmで獲得標高950mほど。 * 無事に帰宅してランチは『明日の食パン』のmu-otonaを使ったサンドイッチ。タヒニであえたキャロットラペと茄子、ブリーチーズを合わせたものと、ツナととうもろこし、マッシュポテトをスモークパプリカで味つけしたもの、そしてビーフカツサンドの3種。ワインはプーリア州のススマニエッロという土着品種を使った赤。これがかなり美味しくて、同じプーリアのプリミティーヴォのような濃厚さもありつつ、フレッシュな酸と果実味が重すぎない後味を生み出していて、ついつい飲み過ぎてしまう旨さ。これはリピ確定。 * #サンドイッチ #ビフカツサンド #タヒニ #パプリカパウダー #ポテトサラダ #スパイス #うちカフェ #おうちビストロ #おうちバル #おうちごはんlover #オトコノキッチン #キナリノ #クッキングラム #フーディーテーブル #八木橋昇 #宇田康介 #柳川謙治 #久保田健司 #アスリートフード #イタリアワイン #ススマニエッロ #朝ラン #susumaniello #MascadelTacco #foodstagram #sandwich #tahini

かっつん(@kattsun_chov)がシェアした投稿 -

| かっつん | 20:23 | comments(0) | - | pookmark |
気温変化に対応できていないのか、睡眠の質が悪化

9月17日木曜日。昨晩は雨の心配があったので窓を閉めて寝ていたのだが、エアコンなしで微妙に蒸し暑かったようで、0時頃に目が覚めてしまいそこからあまり眠れず。半覚醒状態のまま4時半を迎えてベッドから出る。身体はだるいが、かといって気持ちよく眠れる感じもしなかったので着替えてジョグへ。一昨日のジョグと比べると全身の動きはかなり悪く、股関節回りもあまり稼働していない感じ。トータル15kmでave.4:31/km。やるかどうか迷ったけど、ラストに250mほどダッシュを入れた。唯一、この時の感覚はあまり悪くなく、ぐっと前に引っ張られるような推進力を感じることができた。終わってみると平均心拍は131bpmまでしか上がっていなかったけど、実際は数値以上に余裕のないジョグだった。

 


今日は行き帰りともにタイミングよく雨には降られず、帰宅して軽くローラー。

 

DSC08089.JPG
晩ごはんは先日の塩豚とレンティルの煮込みの残りなど。

 

DSC08092.JPG
9月18日金曜日。雷雨予報だったため、朝ランはオフにするつもりで5時50分まで寝る、、、つもりが連日の睡眠クオリティの低さゆえ、夜中に何度も目が覚めてスッキリしない起き抜け。そしてなぜか外は晴れていて、まだ雨の気配はなく。ケトルベルとレーニングはいちおう毎日続けていて、20~40回/日を朝か晩のどちらかにやっている。今日は朝に40回。ツール第18ステージを観ながら朝食を済ませて仕事へ。結局今日は予想に反して酷い雨には見舞われず、帰宅時には晴れ間も出ていた。

 


帰宅してツールの続きを観ながらローラー。トータル45minでNP207w。

 

DSC08096.JPG
晩ごはんはチリコンカン転用のパスタ。

 

DSC08099.JPG

帰りにケーニヒスクローネでクローネ買ってきた。

| かっつん | 20:04 | comments(0) | - | pookmark |
ジョグでも腰の動きを意識

DSC08066.JPG
9月14日月曜日。休息の欲求に従ってランオフ。6時起床で7時に家を出て、仕事に行って帰宅して、17時過ぎからローラー65min。

 

いつものように終盤ではCrit City Raceに参加。NP230w程度ながら、カテゴリCだとこれぐらいでも1位フィニッシュできる。

 

DSC08070.JPG
珍しく奥さんが残業で遅くなるため、晩ごはんは先に一人で豚しゃぶなど。

 

DSC08072.JPG
9月15日火曜日。昨晩は夜中に肌寒くて何度も目が覚めるぐらいの気温で、最高の気候にも関わらず結果的に寝不足気味に。5時30分に起床してジョグへ。気温が下がったおかげで心拍の上昇が明らかに抑えられており、フィジカル的にはそれほど調子が良いわけでもないのに先週よりも格段にラクに感じる。


ところで、自分の場合、ランニング中の動作で意識する(できる)ポイントは2つが限界。それ以上同時に考えようとしても対応できないので、だいたいは1度のワークアウト中には1つのポイントだけを考えて走っている。そん中で最近意識しているのは「腰の動き」。より細かく分類すれば臀筋群や骨盤、あるいはハムストリングスといったポイントに分けられるんだろうけど、今はもう少し大きな視点(感覚)で腰回り全体の動きに意識を置いている。


ランニング動作の起点を腰回りだと仮定すると、腕振りなど上半身の動きはその反作用としての動作だと捉えることができる。
また、腰回りを中心に高い出力を出そうと意識すれば、脚の振り出しは直線的ではなくグラインド気味に「回す」感覚が増してくる(これは自転車のペダリングも同じ)。これを上半身の反作用とセットで行うと、腰を起点に体幹を軸として身体をツイストするような動き(感覚)が強くなる。

 


もちろん、無駄にクネクネと動くのはエネルギーロスを生むだけでランニング効率は下がってしまうだろうから、あくまで高い出力を出す意識の結果としてそうした動き(感覚)が生まれるのが大事。余裕があれば接地の感覚まで意識したいところだけど、同時にやろうとするとこれは非常に難しい。というわけで今朝は「腰回り」一点に意識を集中して走った。トータル15kmでave.4:19/km。気温が低かったため、平均心拍は136bpmで8月と比べるとかなり低かった。

 

DSC08076.JPG
今日は在宅勤務。ランチは鶏もも肉とキャベツのビール煮込み。

 


夕方にローラー。朝に比較的しっかり走れたので、今日は緩めでOKな感覚でスタートしたけど、結局はレース参加でそれなりの強度に上がってしまった。

 

DSC08083.JPG
晩ごはんは先日のピスト(スペイン版ラタトウイユ)の残りに丸アジをあわせたパスタなど。

 


9月16日水曜日。前日に続いて睡眠の質があまりよろしくなかったけど、サボりたい脳がそれほど強く発動しなかったため、4時40分起床で10分弱で準備してジョグへ。本日は坂道走。じっとしていると肌寒いぐらいの気温で、先週までの蒸し暑さと比べるとほとんど天国のよう。この時期、この時間だとスタートからゴールまで日の出を見るがない暗さで、日焼け止めを塗る必要もない。ただ身体は相当に動かず、10kmほど走ってようやく起き出してくるかな、、、という感じ。気を紛らわせるため、目に入る車とバイクと人の数をカウントしながら(トータルで車10台+バイク5台+人37人だった)渦ヶ森を往復。ave.4:31/kmで平均心拍は137bpm。

 

 

帰宅してローラー58min。

 

DSC08085.JPG

晩ごはんは麻婆豆腐など。

 

DSC08079.JPG

明日明後日は天気悪そうなので、たぶんランオフ。

| かっつん | 20:02 | comments(0) | - | pookmark |
走って料理して映画観て自転車乗ってピザを焼く

9月13日日曜日。明け方に強雨が叩きつける音で目が覚めて「今日はランオフやなー」とサボる言い訳が出来てラッキーと思いながら二度寝。珍しく脚に軽い筋肉痛があり、疲労感もかなり強い。軽くローラーでも回すかと7時前に起きだすと、雨は上がっているようで。レーダーを確認しても雨雲は東へ抜けたっぽく、であればローラーよりは軽くジョグしたほうがまだ気分的にラクそうだなと思ったので、着替えてストレッチもほぼやらずにそのままジョグへ。スタートしてから1~2kmは身体が砂袋のように重くてかなりキツいが、全身が少しずつ起動していくに従って、緩いペースであればそのキツさも和らいでいく感じ。曇りで先週までと比べれば格段に涼しくなったとはいえ、それでも汗だくになって帰宅。トータル15kmでave.4:41/km。

 

今日のランチは、ジョグスタート前の7時からanova低温調理機にかけておいたスペイン産テルエル豚の塊肉がメイン。63.5℃/5時間加熱したそれを最後はガスバーナーで炙ってローストポーク風に。付け合せはスペイン版ラタトゥイユのピスト。サラダはフランスのヘーゼルナッツ入りサラミを豆や香味野菜などと組み合わせたモロッコ風。コーンをたっぷり混ぜ込んだコロッケも揚げて、少し遅くなったけど12時半からランチ。

 


この日観た映画。細かい突っ込みドコロは多々あれど、そうした細かいところは考えずに見る分には楽しめる作品。その後GCN Japanで土井さんのゆるーい解説のTirreno Adriaticoを流しながら、この日もkindleで2時間ほど読書。

 


ピザ生地を仕込んでから、かなりやる気はなかったけどローラー30imn。

 

DSC08055.JPGDSC08063.JPG
晩ごはんはランチの残り材料を転用したりしつつピザ2枚を焼いた。

 

DSC08060.JPG

酷暑の季節も去って、明日からは一気に気温が下がって涼しくなるみたい。ジョグのペースも上がってくるだろうか。

| かっつん | 19:50 | comments(0) | - | pookmark |
六甲山上往復26

9月12日土曜日。例によって脳が「行きたくない」マインドを発動し、トレオフにして二度寝しようとしたところからなんとか抜け出し、着替えてジョグへ。週末ルーティンの坂道ロング走の日だけど、↑のようなマインドのため「とりあえず少しでも走れればOK」とか考えながら、退路ありまくりな状態でスタート。脚も重く気乗りもしないまま「とりあえず」六甲登山口のほうへ向かう。雷注意報も出ていたので天気急変があったら怖いなーと逡巡しつつ「とりあえず」表六甲DW旧道の登り口まで到着。と言ってもここまでで既に300mほど登っており、何気に六甲山はとりつきの傾斜が急なので実はマインド的にはここへ来るまでが一番辛かったりする。

 


空模様を確認して、おそらくしばらくは大丈夫だろうと見切りをつけてドライブウェイを登り始める。車やバイクがほとんど通らないのはこの時間帯ではいつものことながら、今朝は珍しくローディの姿も一人も見かけない。平均勾配9パーセント/全長4.8kmのルートを淡々と登る。何度も走って特にキツいポイントが分かっているため、めちゃくちゃ追い込んで走ることをしなければそれほど辛くはない。後でログを確認すると、この日の登坂タイムは過去10回走った中で3番目とまずまず。


先週よりも気温が下がって発汗量が気持ち少な目だったため、ここまで給水はとらずに山上でも自販機ストップすることなく折り返して下り始める。結局下りでもロード乗りの方には一人も出会わずに、珍しいなーと思いながら高羽まで一気に8/700mほどを駆け下りた。下り終えたところで、携行していたsimple hydrationのボトルから100mlほど給水。熱中症などの心配はまったくなかったけど、恐らく自覚している以上に身体は脱水状態が進んでいるのだろうか、疲労感が急激に増してくる。やはりある程度の時間にわたって質の高いトレーニングをしようと思うなら、途中でしっかり給水や補給はとったほうがいいのだろうと思う。一瞬だけ「距離を延ばそうか?」という考えが過ったものの、そこまでモチベーションは高くなかったので却下して帰宅。トータル26kmで獲得標高は895m。ave.4:44/kmは先週と全く同じタイム。心拍値は計測エラーでとれていなかった。

 

シャワーを浴びて、ランチのメニューを考え食材の買い出しリストを作ってからスーパーへ。3~40分ほどで帰宅してそのままランチの支度にかかる。今朝はチキンライスにから揚げというお子様かよ!?というメニュー。少しでも大人感を出すため(?)、サラダはブリーチーズと林檎、胡桃などを組み合わせ。手のかからないメニューだったため、11時30分には食べ始められた。

 


午後からはkindle端末で読書。質はともかく、最近は月に10冊以上本を(プラス漫画も同数ぐらい)読んでいる。夕方にローラー1h。血行促進で回すだけのつもりが、NP200w近くまで上げてしまい、疲労を上塗りする結果に。

 


晩ごはんは、鱈とイカをフープロにかけてミンチにして団子にし、昆布だしとナンプラーでスープをとったエスニック風な麺料理。食後に奥さんとウォーキングして終了。

| かっつん | 20:37 | comments(0) | - | pookmark |
ケトルベルトレーニングを開始

DSC07917.JPG

9月7日月曜日。睡眠負債解消、の名目下に6時半頃まで寝た。朝食を済ませて7時45分から在宅ワーク。お昼ゴハンは、そぎ切りにしてからハーブやビネガーでマリネしておいた鶏ムネ肉を軽く茹でて、オリーブオイルで和えたものと野菜、あとは玄米ご飯で軽めに。

 

DSC07926.JPGDSC07927.JPG
エアコンなしでも大丈夫なぐらい涼しくなったのはいいのだが、異様に不安定な空模様で、いきなり暗くなったかと思うと突風が吹いて叩きつけるような雨が降りしきり、10分後には陽が射している、というような天気の繰り返し。そのたびに窓を開けたり閉めたりしていたのであまり集中して仕事が出来なかった。

 


夕方に最低40minのつもりでローラー。150w未満のヘロヘロな感じでスタートして、グループライド参加で少しずつ強度を上げていく感じ。平均心拍121bpmのわりにはキツく感じられ、最後まであまり余裕はなかった。トータル70minでNP195w。

 

DSC07933.JPG
晩ごはんは定番の塩豚とレンズ豆の煮込み。今回はいつものレンティルが切れていたので、イエローレンズ豆とチャナダル(挽き割りのひよこ豆)を使ったところ、いつもと少し違ったニュアンスで美味しかった。

 


9月8日火曜日。昨晩は8時54分にベッドに入り、1時間ほど読書して22時前には寝た。23時30分に一度目が覚め、3時過ぎにもまた目が覚めてしまったものの、比較的よく眠れて4時20分に起床。レーダーを確認し、ゲリラ雷雨の心配もなさそうだったので着替えてジョグへ。シューズはadizero boston8。脚は重めだったけど、先週と比べる体感気温がだいぶ下がっているため少しラクだろうか。このboston8はミッドフットからフォアフット気味の接地/それを導く前傾姿勢を意識するとリズムよく走れる感触があるのだが、何ヶ月もボテボテとしたジョグしかしていないため、そうしたスピード域(といってもせいぜいサブ3ペースなのだが)は意識しても長時間キープするのが結構厳しい現状。なので今日も細切れ的にそうした前傾/接地を意識する時間帯を挟みつつトータル15km走って終了。ラスト200mでダッシュを入れて、終了後に補強で片足ジャンプを35回ずつ。

 


夕方にローラー40min。

 

DSC07935.JPG

晩ごはんはチリコンカン転用のパスタ。

 

DSC07920.JPG
ところで、今シーズンのトレーニングで新たに取り入れてみよう、と思いつつずっと出来ていなかったケトルベルトレーニング。先日ようやくこいつを購入し、昨日から補強運動として始めてみた。どの程度の重さから始めるか迷ったけど、とりあえずAmazonで安く売られていた25LB(11.34kg)からやってみることにする。メニューはシンプルにダブルアームスイングのみ。まずはしっかりしたフォームで実行することを目標に、30回/日前後で継続していこうと思う。

| かっつん | 19:56 | comments(0) | - | pookmark |
山岳走でフォロワーさんに遭遇

9月5日土曜日。5時10分にアラームを鳴らしたものの、二度寝の誘惑に抗えず今朝もランオフか、、、というところから20分後に奇跡的に超級オフトン峠から脱出。着替えて日焼け止めを塗って6時前にスタート。


相変らず数値上では最低気温が27℃とかいう日が続いてるけど、今朝は台風接近の影響なのか、体感気温が少し低く感じられる。ただ、最近は天気が異様に不安定で、晴天の30分後に爆雷雨みたいな日が続いていることもあって今朝も空模様にはかなり敏感なワタクシめ。そんな感じで雲行きのことばかりを気にしながらとりあえず六甲山方面へ向かい、あかんかったら途中で引き返すつもりで表六甲DWの登坂を開始。走り出して1km手前あたりのところで、珍しく前方にランナーさんの姿を発見。挨拶して先行したけど、後でログを見たらSTRAVAで以前からフォローさせてもらっているTさんだった。その他にも今日は山上も含めて3名のランナーの方とスライドし、こんなルートを走っているヘンタイさんがいることにちょっと嬉しくなったり。この表六甲DWの旧道は平均勾配9%で約4.8kmあるのだが、その中で最もキツい区間が3.3〜4.1km辺りの区間。今朝はその少し手前あたりからガスってきて明らかに涼しくなり、発汗が止まったおかげでいつもよりラクに感じられた。

 


水分補給なしでもいけそうだったけど、大事をとって山上で1分ほど自販機ストップをとって給水。半分ほど飲んだ残りはsimple hydrationのボトルに移し替えて下山を開始。無理にスピードを上げることなく淡々と下っていたけど、やはり今年は走り込みが足りていないせいか着地衝撃にジワジワと脚を削られる感じで、阪急沿線まで下ってきた辺りで少なくない疲労感。そこから距離を延ばすことは出来ずにトータル26.1km走って終了。獲得標高は890mほどだった。ただ、やはり体感気温が下がったせいか、前回走った際よりもave.7秒/kmほど速かったわりに疲労感は少なめだった。

 

DSC07797.JPGDSC07799.JPG

 

土日は朝食を抜いて簡易ファスティングするのが習慣になってるけど、今日も9時過ぎから買い物に行ってそのままランチの準備。アタ粉を使ったサモサを作りたかったので、今日は久し振りにおうちインド料理。明らかに作り過ぎだな〜と思いつつ、サモサ用のじゃがいものサブジに始まって、チキンビリヤニ、ポーク・ビンダルー、魚とレモンのココナッツカレー、ゴーヤのポリヤルを仕上げていく。結局12時過ぎになってしまったこの日のランチ。

 

DSC07915.JPG
午後からはkindleで読書。15時過ぎからローラー。シャワーを浴びて出ると、またまた突然のゲリラ雷雨で慌てて洗濯物を取り込む。かなりの強雨が叩きつけており、落雷も連発されていて怖い。今年は京阪神の雷雨率が例年になく酷くてイヤになる。

 

DSC07879.JPG
天気が回復しないため、奥さんとウォーキングに行くのは中止。晩ごはんはスペアリブを使ったアジアンな麺料理で。

| かっつん | 20:08 | comments(0) | - | pookmark |
半年ぶりのスーパー銭湯ケア


9月4日木曜日。雨降りそうだし二度寝しよっかなーと一度は落ちたものの、なぜかそこから起き出してジョグへ。しかしペースは全く上がらず上げられずで、距離的にも10km走っただけで終了。まぁ、やらんよりはマシだったろうということで。ave.4:34/km。

 

DSC07768.JPGDSC07771.JPGDSC07779.JPG
これといった予定もなかったけど、まだ残っている夏季休暇を取得して午後から帰宅。オープンして3週間ですでに4本(1本=2斤)も購入している「明日の食パン」で、手早くサンドイッチを作ってランチ。


その後特に予定もなかったが、雨雲レーダーを見るとしばらくは天気がもちそうだったこともあり、超久しぶりに近所のスーパー銭湯へ出かける。前回行ったのは1月とかだろうか?今年に入ってからことごとくレースが中止になっている関係で、必然、そのレース前のケアとして利用していた銭湯に行く機会もなくなっていた。気づいてみればあと2枚残っていた回数券も期限が9月30日までだったり。もったいないので今月中にどこかでもう1回は入浴しに行きたい。


今日はいつものように灼熱源泉の湯(5分)+六甲湧水風呂(3分)の交代浴を5セット済ませてから、高濃度炭酸泉に都合40分ほど入り、後は適当にジェットなどを組み合わせて2時間ほど滞在した。途中で持参していったボトルからの水分補給も忘れずに。

 

DSC07785.JPG
身体の老廃物があらかた出た感じでサッパリとして帰宅、してからまた無駄にローラーで汗をかく。今日は45分だけ軽く回して終了。晩ごはんは豚小間切れ肉と長芋、もやしなどを炒め合わせたものと白米、サラダで。

 

DSC07782.JPG
9月5日金曜日。寝つきは悪くなかったのだが、眠りが全般的に浅く、明け方は半覚醒状態で過ごす。その中で自然とアラーム時刻を変更して、二度寝。。今朝はランオフになってしまった。昨日しっかりケアした反動なのか、全身に揉み返しのような軽い倦怠感がある。台風接近による気圧変化の影響もあるのかしらん。

 

夕方に30minだけローラー。晩ごはんはパスタ。明日は朝の天気次第で走るか室内ローラーか決めたい。

| かっつん | 20:00 | comments(0) | - | pookmark |
豆腐メンタルと有難い日常


9月2日水曜日。自転車のブレーキが効かない系の夢を見ながら4時30分のアラームで起床。サボりたい脳が発動し、いったん二度寝しかけたものの10分後ぐらいに起きだして着替えてジョグへ。サボらなかっただけで十二分、なマインドで淡々と渦ヶ森の登りをこなす。まぁそれでもそれなりに心拍は上がってゼーハーしつつトータル13km/獲得標高360mで終了。

 

昼過ぎに今日も盛大な雷雨。ここは熱帯か?幸いにも帰る時間帯には晴れていたのでセーフ。帰宅して汗塗れのままビブショーツに履き替えてローラー50min。当初予定よりも負荷が上がってNP201wまで。

 

DSC07764.JPG

晩ゴハンは手羽元とさつまいものハニーマスタードグリルなど。

 

 

現在の日本で暮らす人たちは、いくらでも夢や目標が持てる環境にいることが当たり前になったおかげで、夢や目標を持てる環境に幸せを感じづらくなってきたのではないのでしょうか。  あなたが毎日ふつうに暮らしている環境は、じつは奇跡のように有り難いことなのに、その有り難みを感じなくなっているのではないでしょうか。 「いかに自分が幸せな環境で日々を過ごすことができているのか?」  そのことに思いを至すだけで、たいていの悩みが小さなものであることに気づき、ネガティブな出来事すら受け入れやすくなるはずです。  悩んでいたことが小さなことだと思えた瞬間、私たちには本当の成長が待っています。  そこにいるのは生まれ変わった姿のあなたなのです。

《弱いメンタルに劇的に効く アスリートの言葉――スポーツメンタルコーチが教える“逆境”の乗り越え方》

 

| かっつん | 19:43 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ



Entry

     

Category

Archives

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode