Page: 1/71   >>
イレギュラーに弱すぎるマン

DSC08197.JPG
1月13日土曜日。前日に仕事でわりと大きな懸案事項が発生。残業して最低限の対応は考えつつそれ以上はどうしようもなかったので、今年度初めて、そうした案件を持ち越す形で週末に入ってしまった。金曜夜はベッドに入ってからもあれこれ考えてしまい、かつ最悪の想定ばかりが浮かんでしまうためまともに眠れず。4時過ぎまでうとうととして、プレッシャーで気分が悪くなっている自分を見て我ながら「なんてメンタルが弱いんだ・・・」と思ったり。別大まで残された貴重な週末ポイント練の機会を逃すのは勿体ない気もしたけど、この睡眠不足とストレス下で早朝から心臓に大きな負担をかけるのが正直怖い感じがしたので、この日は閾値走の予定を回避。かわりに少し速めのペースで20劼曚描るつもりで家を出た。シューズは大阪マラソン以来のtakumi sen boost2。

 

昨日が短めのリカバリージョグだったので、脚の疲労などは少なめ。ペースは成り行き。走り出してすぐに、先週に履いたtakumi sen boost3との違いを体感。この先代boost2のほうが、中足部の反発というか厚みをしっかりと感じられる。この感覚はターサーやウェーブエンペラーでのような、路面をダイレクトに掴み、叩く感じとはだいぶ異なっている。ハーフサイズアップしたboost3ではここまでの中足部の反発は感じなかったんだけど、これがサイズアップした影響なのかモデルチェンジの結果なのかはまだ分からない。六甲アイランドまでは息が上がらない程度のペースで。西への区間延長が決まった阪高湾岸線工事の関係だと思うけど、とうとういつものランニングコース途中で工事が始まってしまった。これからこのコース周辺は色々と走り難くなるかもしれない。


とりあえず心臓に変な負担がかかっている感じはなかったので、腰高のフォームと接地を意識しながら走る。というか、このシューズだと自然とその方向へフォームが修正されるといった感覚が強い。幸いなことに、年が明けてから右の足底筋膜炎はほとんど気にならない程度まで改善されている。地道に続けているなストレッチの効果なのか他の要因があるのか不明だけど。周回コースに入ってからは気持ちペースを上げる感じで2周。15卉賄世泙任魯優奪カバーで目の下まで覆った状態で。Lap16~17にかけてが一番身体の動きが良かった。追い風もあったのかもしれないけど、力みなくスムーズに身体が前に進む感触。Lap19の住吉川の上り区間は少し頑張る意識をもって心拍も上り気味に。ラストの下り基調を3分40秒/kmで走ってトータル20.31劼ave.4:03/km。走りながら松:ave4:05/km、竹:ave4:10/km、梅:ave.4:15/kmかなと考えていたので、結果は上々。心拍計測が正しければ149bpm/159bpmとペースに対してかなり低め。こうなるとboost2ってやっぱりすごく自分に合ってるんじゃないかという気持ちが湧いてきて、もう1足買い足しておこうかしらんとネットを見てみるもさすがに在庫が見つけられず。boost3の26.5cmを買い直すかどうか、来週もう一度boost3で閾値走をしてみて考えたい。

 

DSC08469.jpg
朝ごはんを食べてすぐにスーパーへ買い出しに行って、そのままランチの準備。昨晩から今朝方にかけては仕事のことで頭がいっぱいで、どうしたらいいのかわからん課題が3つぐらいあったけど、今朝のランニング中に考えていて、そのうちの2つについてはなんとかなりそうな目算がついた。ので、若干気分が明るく。ランニングの効果は偉大だ。

 

DSC08428.jpgDSC08424.JPG
と言いつつあまりがっつり料理を作るようなテンションではなかったため、STAUBとオーブン任せで鶏肉のバスク風煮込みを作り、お気に入りのチーズショップ『フロマジュリー・ミュウ』で買った"ガローチャ"というスペイン産の山羊チーズと合わせていただくことに。あと、久しぶりに近所の絶品ドイツパン屋さん"シュラッテンバッハ"で買ってきた"バールヌス"も一緒に。美味しかった。。

 

最近のパターンで映画を観ながらゆっくりランチしているともう14時半とかになっていて、片づけをして小一時間ほど休んでいるともう晩ごはんの支度の時間だという感じ。これはこれで楽しいから好んでやってるんだけど、たまには一日外で走り回ったり(子どもか)違うパターンで過ごす日があるほうが気分的にはメリハリが出てよろしいのかもしれない。と、冬の澄んだオレンジの光に照らされた公園で遊ぶ子どもたちの喧騒を聞きながらぼんやりと考えつつ晩ごはんの支度をしてからローラー。

 

DSC08460.JPG
晩ごはんは久しぶりに貴妃鶏。コラーゲンたっぷりで旨い。

 

1月14日日曜日。心配事が減った分、一昨日と比べるとよく眠れた。どんだけメンタル弱いねんという感じで、今後の自分大丈夫かと心配になる。坂道走ができれば昨日のペース走とのセットでいい感じになるのだが、それをこなすメンタルタフネスがなく、平地で15kmジョグの予定でスタート。接地とフォームだけ気をつけて、体感的にはリカバリー域な感じで15辧坂道走ができなかった代わりにもならないけど、住吉川のアップダウンをプラスして17.3辧ave.4:29/kmと思っていたよりペースは早め。

 

DSC08449.jpg
朝ごパンに食べたドライフルーツとカシューのライ麦スコーン。最近はスコーンで自分好みの配合が確立しているので、毎回良い感じに焼ける。

 

DSC08461.jpgDSC08464.jpg
今日こそは12時までにランチのセッティングを終わらせる!という気持ちで10時から準備を始める。本日のランチはスペイン/カタルーニャ地方の家庭料理のEscudilla。牛・豚・鶏といった肉類から根菜、葉物野菜に豆までが入った煮込み料理。

 

DSC08465.JPG

スープからパスタまで、これ一つでコース料理が完成する大ボリュームの一品。家で作るのはこれが2回目。レシピ本の分量によれば4人前ってことだけど、どう見てもその倍ぐらいありそうなボリュームで、相当にデカいSTAUBオーバル27cmでもまったく容量が足りない。。基本的には煮込んでいくだけの簡単レシピなのだが、なんだかんだで時間がかかって結局は制限時間の12時を30分ほど超過してしまった。

 

DSC08481.JPGDSC08487.JPGDSC08491.JPGDSC08485.jpg
この日も映画を観ながらゆっくりとランチをして、引き続きソファで映画を観ているうちに強烈な眠気が。アラームを設定して13分だけ昼寝。毎朝の浅い眠りの中の1時間に匹敵するような深いショートスリープでだいぶスッキリした。

 

んで、夕方からお定まりのカロリー消費ローラー。

 

DSC08500.JPG
晩ごはんは少し久しぶりな感じがする餃子で〆。年末からワインや日本酒が続いていた関係課、久しぶりにサッポロ黒ラベルを飲んだらえらい苦く感じた。

| かっつん | 20:51 | comments(0) | - | pookmark |
路面凍結日誌

1月9日火曜日。連休明け。軽くジョグの予定だったけど、外でゴゥゴゥと鳴る風の音に心が折れてしまい、二度寝。二度寝したところで気持ち良く寝られるわけでなく、むしろ楽しくない夢を見て気分が悪くなるだけだと頭の片隅では分かっているのに。

 

DSC08386.jpg
年が明けたら忙しくなるなと分かっていたとおり、今週から残業が続きそう。今日は20時半頃に帰宅してゴハンを食べて直ちにローラー。25分ほどで200kcal消費したところで終了。風呂に入って本読んで寝た。

 

1月10日水曜日。予定ではHOKA Clayton2のチェックも兼ねて坂道走のつもりだったけど、朝起きてみると明らかに室内の気温が低い。外ではビョウビョウと風が吹いていて頭ん中に「路面凍結」の4文字が過る。なので大事をとって(これ幸いにとも言う)川沿いのジョグに変更。走り出してみると「あぁ、これだったら路面凍結はなかったな」ということが分かったけど、今季一番に近い寒さであるのは確か。露出している顔のわずかな部分が「痛い」と感じるぐらいまで気温が下がることは、ここ神戸の街中では年に何度もあることではない。とりあえず坂道走を回避した代わりに、川沿いの上り基調を利用して200mのダッシュを2本。ハムストリングスから臀筋にかけてが稼働している感触は悪くない。2本目は呼吸が整わないままのスタートで、ログが正しければ心拍176bpmまで上がっていた。ここ最近は最高心拍がわりと高いところまで上っていることがままあって、少し前までもう180bpmを見ることはないのかしらんと思っていたことが懐かしい。

 

DSC08389.JPG
今日も残業して帰宅は21時過ぎに。こんな時間から炭水化物摂ったら太るよなーと思いつつ食べてしまう。鶏むね肉のナンプラー炒めも作って食べてしまう。。後は風呂に入って寝るだけちゃん。少なくとも3月まではこんな生活がメインになりそう。その後は異動があるかないかで変わってくるけど、どっちにしろ今より格段に忙しくなることは確実で考えると気が重い(>_<)

| かっつん | 23:16 | comments(0) | - | pookmark |
三連休の日誌

DSC08234.JPG
1月6日土曜日。先月あたりから朝、極端に起きられなくなっていて「なんでやろ?」と考えたりしていたがなんのことはない、昨年の日記を読み返していると同じようなことを書いていて結局は日照時間だとか季節的なところによるものが大きいようで。この日も実行可能で現実的な設定のつもりで6時半に目覚ましをかけたけど結局は二度寝してしまい、ようやく7時過ぎに起き出して7時半頃にスタートしたという。

 

出発が遅くなるのは苦手な閾値走というメニューへの拒否感によるところも大きいのかと。今朝は別大の勝負靴となる可能性が高いadizero takumi sen boost3のシェイクダウン。昨日は走らず(走れず)、夜寝る前にカロリー消費目的でローラーを40分ほど回したけど特にその持ち越し疲労などはなさそう。ミッドフットでの接地、腕振りと前傾、大きくはこの3点セットを意識。年末年始を言い訳に先週は閾値走をしなかったので、2週間ぶり。その2週間前は走り出しから苦しく、最終的には20劼離據璽港のような内容になってしまっていた。その日と比べれば心肺・脚ともに少しは余裕がある感じ。とは言え、心身ともにキツいことには変わりなく。相変わらずキロ4なのか3分50なのか40なのか分からないまま走っていて、周回コースに入る5卉賄世泙任魯優奪カバ―で目の下まで顔を覆った状態で。幸いなことに、ここ数日は右足底筋膜炎は小康状態。

 

DSC07656.JPG
気になるtakumi sen boost3の感触。前モデルから若干の軽量化が図られた以外はほとんど変わりない、と聞いていたけど、ヒール周りがほんのわずかながら柔らかくなっているように感じる。ただ、もしかしたらこの感触は、前作からハーフサイズアップ(26.5cm→27.0cm)したことが主因かもしれない。特に右足側は、強く踏み込んだ際に踵周りが動く(力が逃げる)感触があり(自分は左足よりも右足のほうが3个曚病長が短い)これはちょっとマズいなと思った。試着したのが30卅をした日の夕方で、試着時点でかなり足が浮腫んでいそうだなと思ったのを覚えている。なので右足についてはもしかしたら前回と同じ26.5cmが適正サイズなのかもしれない、、、ということを考えて気を紛らわせながら距離を進める。それでもやっぱりtakumi senのクッションは脚に合っているようで、ミズノのWave Emperorだと5劼いかいかないかの地点で既に大腿四頭筋に明らかな疲労が出てくるのが、比べて今日は脚・心肺ともにまだその兆候はない。気を抜くとすぐにスピードを落としてしまいそうになるギリギリの感触ながら「とりあえず10劼泙如彜萃イ辰董△修海妊織ぅ爐魍稜Г垢襪38分17秒。おおよそ3分50秒ペースできた感じか。特別速くも遅くもないな、とここからの5劼魯函璽織襯織ぅ爐鬚匹里△燭蠅肪綯呂気擦襪を意識しながら走る。心臓へ負荷がかかっていることを感じつつ、練習中に突然死したら最悪だなと思いつつ、ave.3:51/kmでまとめたいと意識して1卷茲LAPを確認。LAP14の住吉川の上り区間をギリギリ4分アンダーでクリアして、ラスト1kmの下り基調は3:36/km。トータル15.17劼ave.3:50/kmは今冬の最速タイムだった。ただ、後でログを見ていて気になったのは心拍が163bpm/173bpmと少し高めだったこと。昨年3月にave.3:49/kmのベストタイムを出した際には159bpmで走っているので、できれば今月中にそのレベルまではもっていきたいところ。ハムストリングスやその付け根の辺りに筋疲労があるため、狙っている筋肉はそれなりに使えている感触。ただ、そう簡単には地力のスピードは上がらないなとも感じている。別大から逆算すると、直前週を含めても閾値走ができるのはあと3回。毎週イヤイヤと葛藤しそうだけど、頑張って完遂したいな。

 

DSC08288.jpg
朝ごパンは昨晩に焼いたスコーン。アールグレイをミルクで煮出して加え、チャイ用茶葉も大匙1ほどプラス。上に載っているオレンジのコンフィは長らく冷蔵庫の奥に眠っていたもので、いったいいつ作ったのだろうかと記録を辿ってみると、なんと8ヶ月前の2017年5月のことだった。。まったく黴てもいないし普通に美味しく食べられたし、こんなに日持ちするものなのかとびっくり。
この日はランチを何にするか決めていなくて、朝ごはんを食べながらいくつかレシピ本をパラパラとした結果、トルコ/中東料理にすることに。

 

DSC08264.jpg

当初は牛挽き肉でキョフテを作るつもりだったけど、鮮魚コーナーで綺麗な鰯が5尾で200円で売っていたので、最近どちらかと言うと肉食メインになっていたこともあり、メニュー変更。香菜やハーブ、スパイスなどを混ぜ合わせてペーストを作り、それをお腹に詰めて香味揚げにした。

 

DSC08261.jpg
炭水化物メニューとしては、トルコ版クレープのギョズレメ。これは薄く伸ばした小麦粉の生地に好きなフィリングを挟んで焼いたシンプルなもの。

 

DSC08263.jpg

もう一品は下仁田ネギのオリーブオイル煮。できればもう一品、と考えていたけど全然時間が足りず、これだけ。ボリューム的にはこれだけでも作り過ぎだけど。

 

食べ終わって皿を洗うなしているともう15時半になっていて、17時過ぎから二部練でローラー。閾値走のダメージは少なからずあったけど、使う筋肉が違うのか、筋疲労的にはそこまで大きな影響もなく、いつものように200w前後で40分。

 

DSC08278.JPG
晩ごはんは鶏むね肉の甘酢あんかけ。参考にしたレシピから砂糖の量は4分の1に減らしたけど、それで十分。元のままだとどれだけ甘いんだろうか・・・。そんな感じで本当にあっという間に1日目が終了。

 

1月7日日曜日。眠りの質が悪いのと朝起きられないのはどうしようもなく、この日も予定から大幅に遅れて7時半スタート。スタート前には、時間的に厳しいけどできれば20劼塙佑┐討燭韻鼻⊆尊櫃冒り出してみると昨日のトレの残疲労が相当に大きく、15卅るのがやっとという感じ。序盤から左の腸脛靭帯に痛みが出ていて、左脛付近にも炎症系の痛みがある。昨日のランでの接地が悪かったのか、ローラー時のペダリングがぶれていたのかと思い返しながら、無事帰宅できますようにと祈る気持ちで15辧最初から最後までかなりキツかった。ave.4:36/km。

 

DSC08308.jpg
今日は奥さんが友達と会いに出かけてしまったので、一人で何を食べようかと考える。正月休みの最後に作ったインド料理がまだたくさん残っていたので、それに2品ほどプラスすることに。

 

DSC08310.JPG
一品はミーン・モーリーというココナッツとレモンの魚カレー。タイミングよくぷりっぷりの丸あじが手に入ったので、これを軽く焼きつけてからスパイスやココナッツミルクなどで煮込んでいく。

 

DSC08311.JPG
もう一品はウルドゥン・ワダというスナック。ワダはインド料理店で何度も食べたことがあるけど、ウラドダールで作ったものは記憶にない。ドーナツ状になっているのは火を通りやすくするためで、コンパクトに成形するなら別に穴はなくてもいいらしい。手順としてはいつも作っているファラフェルと同じ。これ自体はかなり淡白な味なので、チャツネやカレーと合わせて食べるのが正解。

 

DSC08326.JPG

DSC08331.JPG
というわけで結局はこの日もボリュームあり過ぎなランチに。加えて一人だと早食いになってしまう傾向があってよろしくない。そんなに飲みたいのかどうかも怪しい中、ビール一本とワインをグラスで3杯も飲んでしまった。


年末に行けなかった美容室へ行くべく、大阪のほうへ出る。高校生時分からの長〜いお付き合いになる美容師さん。相場から見るとけっこういいお値段だし、神戸から通うのはまた大変だしで、昨年・一昨年に何度か別のお店に浮気したこともあったけど、結局は戻ってきてしまった。その後、実家で母親の作った晩ごはんを食べさせてもらい、20時半頃に帰神。

 


昨晩から寝る前に再読している津原泰水/綺譚集。もう5回以上は読んでるはずだけど、意外と細部は覚えていないもの。あらためて読み返してみると、この作品に記された感覚は常になく鋭く、生々しい。津原さんの美意識が最も強烈に感じられる作品と言ってもいいかもしれない。その鋭さゆえに、誰彼となくオススメする気にはなれないが。やはり初読の人に渡すなら『蘆屋家の崩壊』あたりになるだろうか。幸いにもこの晩、美しい悪夢にうなされるようなことはなかった。

 


1月8日月曜日。6時半に目覚ましをかけて起きると暗く、二度寝して7時過ぎになってもまだ暗く、外を見ると雨が降っていたので走るのをやめた。朝食にはいつもの平日と同じく玄米ごはんと味噌汁、納豆を食べ、昼ごはん用の食材の買い出しに行った。今冬は例年以上に野菜が高騰しており、キャベツも含めて葉物類が常時の2~3倍の値段になっている。この日は仕込んでいた塩豚でポトフを作ろうと思っていたけど、いつも行くスーパーだと、カブは値段うんぬん以前に入荷がなかった。仕方なく別のスーパーや近郊農家の直売所を回ってみたりして、最終的にはどうにかお目当ての食材をゲット。んで、ポトフだけにしとけば簡単なのに、合わせてカンパーニュを焼いたり付け合せにいくつかこしらえようと色気を出すから結局は時間がかかってしまうといういつものパターン。加えて今回はパン生地を発酵させている時間をローラー練に充てようという欲張った考えをしたため、時間配分がより一層複雑に。。

 

奥さんにタイマーを渡して「これが鳴ったらオーブン280度で予熱開始して」と伝えてからローラーへ(ー_ー)!!昨晩は実家で弟に少し指圧してもらったものの、まだ足全体にかなりの残疲労があり、170w出すのがキツい感じ。それでもしばらくすると少しずつ体が動き始めて190w程度までは上がってきたのでそのまま1時間弱。500kcal消費したところで終了。

 

最近のローラー時に観ているやつ。Amazonプライムがなかったらアニメというジャンルを観ることはほとんどなかっただろうなと思う。面白いと思えるのは5本に1本あるかどうかというところだけど、最初面白くないと思っても3話ぐらいまで我慢して観る(というかZWIFTしながら流しているだけ)とようやくその世界観に馴染んできて面白くなるというパターンがある。本作もそんな感じで。ずいぶん前に1話を途中まで観てあんまりおもしろくないなーと思ってそのままになっていたその続きを流してみたところ、その1話のエピローグ的な部分で人物や物語背景がちゃんと説明されていてそれで急に入り込みやすくなったというか。

 

DSC08366.JPG
んで、ローラー終わってシャワーで汗流して、奥さんがばっちり予熱しておいてくれたオーブンでカンパーニュを焼く。

 

DSC08354.jpg

ポトフは仕込みが概ね終わっていたので、後は蕪を加えて10分ほど火を入れ直すだけ。付け合せというには豪快だけども、スペインのブラッドソーセージ/モルシージャを焼いて、昨晩から水で戻しておいた白いんげんを茹でてからオリーブオイルで炒めて塩胡椒したものと合わせてプレートに。やっぱりハード系のパンを焼くのは大変だわと思いながら、焼きたての香ばしさ旨さはやっぱりたまらん旨いなと思いながらランチ。シルバネールというあまり馴染みのないブドウ品種を使ったアルザスワインを開けて、今日もよく食べてよく飲んだ。外曇天のためテーブルフォトが綺麗に撮れず残念。一人でボトル半分以上飲んでしまって飲み過ぎたわーと思いながら、久しぶりにチャイコフスキーの交響曲第5番を流す。酔っぱらって聴くド派手なクラシックは気持ちが良い。が、酔いが醒めてくる頃からその反動もあって、外の寒々しく鬱陶しい空模様に引きずられるかのように気分が鬱々としてくる。連休最終日になんたる天気か。

 

こういう時は身体を動かした方がいいだろうと、酔いが残って若干フラつきながらローラー。そういえばローラーの時も、実走ではまだ1度しか使っていないZIPP NSW 303を履かせたままで、汗やらなんやらが少なからず付いてしまっている感じ。紫外線も含めて使ってないのに劣化していくわーと思いながらそのままにしてしまうワタクシ。45分ほどで400kcal消費したところで終了。終わった直後は気分が良かったけど、1時間ほどしたらどっと疲れが来るパターン。

 

DSC08384.JPG
晩ごはんは餃子にしようかとも思っていたけど、冷蔵庫になんか色々と残ってるし、作るのももう疲れたしで昨日のインド料理の残りなど。この手のワンプレートランチは適当に盛りつけると見た目がまずいことになってよろしくない。。という感じでなんだか終盤にかけて心身ともに低調になってしまった三連休だった。

| かっつん | 23:09 | comments(0) | - | pookmark |
HOKA ONE ONE Clayton2

昨年の村岡ダブルフルでのシューズ候補にも挙がっていたこいつを買ってみた。できれば今週どこかで坂道走をやってみたい。

| かっつん | 20:22 | comments(0) | - | pookmark |
adidas adizero takumi sen boost3

DSC07654.JPG
現段階では2月の別大での勝負シューズになる可能性が高いこちら。Amazonのタイムセールで8,100円で買えた。先代boost2は26.5cmがジャストサイズだったけど、今回は迷った末に27.0cm。

 

DSC07652.JPG

ターサージールには少し及ばないけど、実測166.2gと十二分に軽量。

 

DSC07655.JPG

ただ、アシックスと比べてアディダスのシューズは作りがやや粗い印象があり、boost2は2回履いた段階でシュータンの輪っか(ヒモを通す部分)が取れてしまったり、ステッチが少し甘いなと感じるところがあった。ちなみにターサーも匠も共に中国製。

 

DSC07656.JPG

アウトソール周りの素材変更で軽量化が図られたほかは、boost2から3への変更点はあまりないらしい。

 

というわけで本日の閾値走でシェイクダウン。雑感についてはまた後日。

| かっつん | 21:23 | comments(0) | - | pookmark |
トレーニングデータとここからの方向性

1月5日金曜日。前日は23時半頃に就寝し、その1時間後ぐらいに目が覚めてしまった。その時点で朝トレするのが嫌になってしまい、目覚ましを1時間後ろにセットし直して寝た。6時過ぎに目覚ましが鳴って起きるも、今朝は雪雲のようなものが垂れこめているせいか、いつもより一段と暗い。やっぱり身体は太陽の光に合わせて活動するようにできてるよねと、心の中で朝トレ回避の言い訳を呟くワタクシ。毎年この時期の早朝は起きたり起きられなかったりお布団峠を越えたり越えられなかったりと相当な葛藤を繰り返している。


そんな昨年同時期の日記を読み返していると、やはり正月休みで体重が2kgほど増加していて、しかし結果的に別大直前には58.5圓箸曚椒戰好箸剖瓩い箸海蹐泙罵遒箸靴討い襦レース1ヶ月前のトレーニング内容としてはインターバル走もやっているものの、基本的には距離を踏む内容のものが多く、そして結果的に別大では自己ベストの更新が出来ていない。


さらに2017年を振り返ってみると、客観的に最もパフォーマンスレベルが高かったは3月下旬から4月にかけての時期。悔しい思いをした2月の別大以降、基本的に毎週末に15劼麗臙輿をやり始め、それによって対乳酸処理能力が向上したという印象。ガーミンの吐き出す数値によれば、この頃のVo2maxは67まで上がっている。

 


加えてもう一つ参考にしているのが、このblogでも何度か書いたことがあるSTRAVAの「fitness&freshness」の数値。これは自転車でパワトレしてる人にはお馴染みの「Golden Cheetah」を簡素化したようなもので、なんとかというエライ人のややこしいアルゴリズムに基づきながら、表面上は「フィットネス(fitness※仮にαとする)」と「疲労(freshness※仮にβとする)」という2つの指標で現状を示してくれる。理想的にはレース当日にαの数値はより高く、かつα-βの数値はより大きくなる状態を目指せばいい。この数字が意外と馬鹿にできなくて、2017年後半はこれを指標にしたピーキングコントロールがある程度うまくいった印象がある。たとえば


9月24日の村岡ダブルフルウルトラランニング前日は、α=121, β=74(α-β=47)
11月26日の大阪マラソン前日は、α=117, β=76(α-β=41)
一方で2017年2月の別大マラソン前日は、α=116, β=85(α-β=31)


という感じ。加えて別大マラソン1ヶ月前の数値の推移を見ると、αは120前後の横ばいであまり上昇しておらず、かつβ>αな状態が慢性化している。つまりそれなりに走っていたわりにはパフォーマンスが向上しておらず疲労ばかりが蓄積していることが分かる。

 

以上から今年ここからの1ヶ月はそれと同じ轍を踏まぬよう、一次的にはαの数値の極大化を目指す内容のトレーニングを中心に、レース1週間~10日前からはβの数値を下げるテーパリングへ移行する意識をもって臨みたい。こうして書き出してみると方法論としては結局オーソドックスな感じもするが、具体的な数値のよりどころがあると随分と取り組みやすい。レース直前期にありがちな、休むことでパフォーマンスレベルが下がるのではないかという不安も、このグラフでは仮に何もトレーニングをしなかった場合の未来数日の数値変動予測が見られることである程度解消される。たとえば自分の場合、今日休むことでαの数値が5下がっても、あわせてβの数値が10下がるなら、結果的に当日のトータルパフォーマンスはかなり上がるという風に考えられ、かつそれは身体的な実感や結果ともそれなりにリンクしているように思う。最後に、このSTRAVAの機能は2017年度にPremium限定で追加されたものだけど、全てのワークアウトにおいて心拍値を(バイクトレーニングではパワー値も)記録することが前提条件となる。

| かっつん | 20:43 | comments(0) | - | pookmark |
カウントダウン


1月4日木曜日。都合5年ほど同じ仕事をしてたけど、今春は仕事内容や勤務地が変わることがほぼ確実。しばらくは時間のやりくりに苦労しそうだけど、自分の中で優先順位をはっきりさせながら、極力無駄を減らして頑張っていこうと思う。今朝も眠いけど身体のダルさはなかったので予定通りジョグへ。川沿いのコースで半周回をプラスして、終盤に200mの坂道ダッシュを2本。1本目はハムストリングスがそれなりに稼働している感じで悪くない印象。2本目は呼吸が整っておらず、もはやダッシュとは言えない速度に終始。12.3卅ってave.4:18/kmと比較的ペースは早めだった。

 

DSC08238.jpg
年始なので仕事はほとんど動かず、期日までのカウントダウンだけが一日進んだという感じ。晩ごはんは実家から持たせてもらったおせち料理。幸せ。

| かっつん | 20:32 | comments(0) | - | pookmark |
年始の日誌

1月1日月曜日。2018年がスタート。昨晩は23時半頃に布団に入り、年越しは布団の中で迎えた、と思う。この日は6時半過ぎに起きて、7時から弟と一緒に新年走り初めの河川敷ジョグへ。中学時代から陸上部で、大学1年の時の初マラソンでサブ3もしている弟は自分よりも走る才能に恵まれているけど、最近はまったく走っていないみたいなので設定はキロ6ペースで。来年もまたこうして一緒に走れたらいいなと思いながら緩やかにジョグ。弟と分かれた後で河川敷へ下りてもう少しジョグ。帰省ジョグをするといつも感じることだけど、河川敷って本当に単調で、距離も実際以上に長く感じられてかなり辛い。たぶんこの環境だったら今みたいに毎日走れてないだろうなと思うぐらい、普段のトレーニング環境が恵まれていることを再認識する。家出てすぐに5丗海韻鴇紊譴觝籠擦あって、そのまま行けば六甲山だし、逆に海沿いに向かえば景観にも恵まれた1周5劼亮回コースがあるんだから。というようなことを考えながら、一向に進まない距離表示と共に4kmほど西進。足元の悪い不整地を選んで走っているのもあるけど、感覚としては4分10秒/km前後まで上げているつもりでも、実際は4:24/kmとか。終盤でかなり頑張ってみるもキロ4を切れずに終了。最後のほうで200mほどダッシュして心拍を上げておいた。トータル13.1kmでave.4:40/km。

 

IMG_20180101_084312.jpgIMG_20180101_084320.jpgIMG_20180101_084323.jpgIMG_20180101_084327.jpgIMG_20180101_084332.jpgIMG_20180101_084343.jpgIMG_20180101_085059.jpgIMG_20180101_085257.jpg
朝食は豪華おせち料理。今回は何年かぶりに百貨店でおせちを注文したらしい。お酒は福井県は鯖江にある加藤吉平商店の「梵」純米大吟醸。ニューイヤー駅伝を流してたけど、あまり自分の中では盛り上がらず。

 

IMG_20180101_132824.jpg
昼から奥さんが来てくれて、再びのおせち料理。今度は母親の手製ver。やっぱりこっちのほうが美味しい。

 

IMG_20180101_153009.jpgIMG_20180101_153614.jpgIMG_20180101_153814.jpgIMG_20180101_154123.jpgIMG_20180101_154211.jpg
からの和菓子など。とにかくずーっと食べて飲んでしている感じで楽しい。でもどんなに美味しいものも、お腹が空いていないとその美味しさの半分も味わえないとも思ったり(ー_ー)!!17時半頃に家を出て、今度は京都の奥さんの実家へ。毎年この日にだけお会いする弟さんご夫妻だけど、子どもが4人いてめっちゃ賑やか(+o+)3時間ほど滞在してここでもおせちやお雑煮を食べて日本酒飲んでケーキを食べて、再び大阪の実家へ帰った。

 

1月2日火曜日。アルコールが入ると確実に疲労回復が遅くなる自分だけど、この年末年始はかなり飲んでいるにも関わらずなぜか身体のダルさはあまりない。相変わらず睡眠の質は良くないため眠気はあるけど、今朝も7時過ぎからジョグヘ。不慣れなコースゆえ、事故や怪我に注意しながら昨日と同じルートを辿る。やっぱり単調で辛い、、、と感じながら13km走って帰宅。

 

IMG_20180102_090700.jpgIMG_20180102_090752.jpgIMG_20180102_091222.jpg

おせちを食べながら箱根駅伝を観る。1区で区間賞をとった東洋大の1年生のフォームが超キレイで興奮した。そして足元を見るとNIKEのヴェイパーフライ4%を履いていた。思わず4日に入荷予定のヴェイパーフライを購入することを本気で検討しかけたけど、2万5千円超のあれはある意味リーサルウェポンだと思いとどまる。あれを買うとすれば必然的に練習用のズームフライも揃えねばならず、そこに4万円超を使うのは、今の自分の幸福の尺度(満足度)には釣り合わないと判断。

 

IMG_20180102_135621.jpg

もう少し駅伝を見ていたい気もしたけど、11時前から梅田へ出る。と言っても初売りに行くわけではなく、堂島のジュンク堂書店でレシピ本と住宅関連雑誌と小説の新刊をいくつかチェックして購入。時間があれば一日本屋で過ごしたい気分・・・その後、西梅田のスタバへ移動して、買ったばかりの文庫を開き読む幸せ。。富澤商店で母親に頼まれていた薄力粉や自分用の製菓材料などを購入して帰宅。あっという間に15時とか。

 

IMG_20180102_165956.jpgIMG_20180102_170011.jpg
珈琲飲んでおやつを食べて、17時頃から早めの夕食。毎日おいしいゴハンを食べることができて本当に幸せ。物凄い量の食材や果物その他を持たせてもらって、晩に神戸へ帰宅した。

 

DSC08198.JPG
1月3日水曜日。6日間の連休なんてあっという間に終わってしまう。知らずメンタルが低調になったのか、朝トレのやる気を失ってキャンセル。昨晩おそるおそる体組成計に乗ったところ、案の定体重は増えていて62.05圈あわよくばこの年末年始で1垳採未靴燭い箸いμ槝世澆牢袷瓦吠れたわけで。しかも今朝は走っていないのにお腹が空く始末。米粉のマフィンを食べてから活動開始。
おせち料理の反動で、今日はスパイシーなカレーが食べたい気分。冷蔵庫に食材がほとんどないためまずは買い出しに行かねばならんのだけど、普段利用しているスーパーは正月休み。雨に打たれながら少し遠出して4つほどスーパーを回ったけど、どこも異常に割高でモノ自体も美味しくなさそうでテンションが下がる。。スカスカのキャベツが480円(税別)で売っていたりして、萎える。。いくつかの食材はあきらめて、結局1時間半ほどかけて買い出し終了。そこから大急ぎでランチの支度にかかる。

 

DSC08199.JPGDSC08200.JPGDSC08201.JPG
今日はナイル善巳さんのレシピ本「南インド料理とミールス」から4~5品を目標に。クミンやコリアンダーならまだしも、フェヌグリークとかアサフェティダとかカスリメティといった一般家庭にはあまり無さそうなスパイスがたくさん出てくるけど、我が家には漏れなく全部ある^^;しかし例によって思いのほか時間はかかってしまうもので、当初予定を大幅に超過して、最後のビリヤニが炊きあがった頃には13時半になっていた。

 

DSC08214.jpgDSC08230.JPGDSC08231.JPG
・チキンビリヤニ
・カーラン(里芋とココナッツのカレー)
・ポークビンダルー
・ケララシチュー


というわけで遅めのランチ。買い出し時点から起算すると、都合5時間超も昼ごはんの支度にかかっていたことになる。。連休最終日にやることちゃうなと反省しつつ、たぶん来年も同じことしてそう・・・。

 

食べてばっかりなので夕方にローラー。晩ごはんは実家から貰ってきた海老餅を一切れだけ焼いて食べた。

| かっつん | 21:01 | comments(0) | - | pookmark |
2017年振り返り

2017年振り返り * 今朝も無理のないペースで20km走って今年のジョグ終い。ランニングを始めて5年目になる2017年はこれまでで最もよく走った年になりました。数字で振り返ってみます。※()内は2016年の数値 * ■Run 距離:3,868.1km(2,894.5km) タイム:,292時間1分(216時間15分) 獲得高度:59,502m(36,192m) 回数:250回(196回) * ■Bike 距離:3,360.4km(3948.1km) タイム:103時間11分(136時間3分) 獲得高度:34,412m(58,900m) 回数:148回(134回) * ランは距離とワークアウトの回数が増えた分、疲労の持ち越しが多くなり、結果的に高強度のトレーニングは減ってトップスピードは落ちましたが、結果的にマラソンはフルもウルトラも自己ベストを更新できたのでやり方は間違っていなかったと思っています。なんて言うとカッコいいですが、その実は常に自問自答と自己嫌悪、自分はもう終わってしまったのかもしれないという不安に付きまとわれながらの1年でした^_^;ランに注力した分、バイクの実走は激減しましたが、二兎を終えるだけの力はないためここは仕方ないかなと思います。2018年もあれこれ模索し悩みながら、もう少しだけ高みを目指してみようと思います(^_^)まずはシーズン締めくくりの2月の別大! * そして料理のほうは「時間がない」を言い訳に、特に後半戦は似たようなものばかり作っていた印象。でも、日々の美味しい食事は自分にとって最大のモチベーションでもあったように感じています。今年もこの場を通じてたくさんの素敵な食との出会いをいただき、さらには自分の独りよがりなpostにいいねや優しいコメントをくださった皆さんに感謝しています♪ * #朝ラン #マラソン #ランニング #おうちごはん #男の料理 #オトコノキッチン #クッキングラム #デリスタグラマー #アスリートフード #2017bestnine #athletefood #lin_stagrammer #delistagrammer #cookingram #tablephoto

かっつんさん(@kattsun_chov)がシェアした投稿 -


今年は海外旅行に行けず、レースも絞り気味だったため振り返ってみてもこれといったハイライトが無い印象。一方で、参加したレースはどれも概ね目標を達成できた感じで、年間を通じて大きな故障や体調を崩すこともなく、その点では恵まれた年だったとも思う。


2月

第66回別府大分毎日マラソン
達成確率はほとんど無いと思いながらもサブ50を意識しつつ勝負したレース。結果、30劼之眥澄マラソン開始から4年目にして初めて、自己ベストの更新がないシーズンに。記録2時間56分01秒。


7月

第70回富士登山競走(山頂コース)
昨年は荒天打ち切りのため果たせなかった山頂コース。五合目以降は正しく未知の世界で不安しかなかったけど、ふがいない内容に終わった昨年と比べれば遥かにしっかり走れた内容で完走。記録3時間34分25秒。事前には一度走ればもういいかなと思っていたけど、終わってみれば他にはないその独特の世界に魅了されていて、来年もきっとまたエントリーしているだろう。


9月

第20回村岡ダブルフルウルトラランニング(120厖者の道)
これまで66劼良瑤3度、昨年初めて100劵魁璽垢魎袷し、そうして臨んだ第20回記念大会の特別コース/勇者の道。春頃からウルトラを意識して距離を踏み、坂道耐性を上げて挑んだ今大会は、そのかいあって11時間01分49秒(100卍眠瓩9時間00分01秒)とほぼ設定通りのタイムで完走して8位。ラスト20劼鯀る中で感じた他のランナーとの一体感や沿道からの応援によりもたらされる昂揚感は、これまで走ったどんなレースにもない至福の経験だった。


11月

第7回大阪マラソン

ウルトラが終わって思うようにスピードが戻らず、自己ベストはたぶん無理だろうと思いながら臨んだ今シーズン最初のフルマラソン。スタートから終盤に至るまでひたすら不安を抱えながらのレースだったけど、結果的にはまさかの自己ベスト&サブ50達成。未だになぜこれだけ走れたのか謎な部分はあるけれど、昨シーズンの悔しい思いがあっただけに喜びもひと際大きかった。記録2時間47分52秒。

 

以上、こうしてみるとあらためて参加するレースを絞った印象のある2017年。性格的にどうしてもレースが近づくとナーバスになったり、ピーキングを意識して練習量を落とすことがまたストレスになったりするところがあるため、今回の選択肢は正解だったかも。STRAVAのログで数値を振り返ってみると↓のような結果に。

 

■Run
距離:3,868.1km(2,894.5km)
タイム:,292時間1分(216時間15分)
獲得高度:59,502m(36,192m)
回数:250回(196回)

■Bike
距離:3,360.4km(3948.1km)
タイム:103時間11分(136時間3分)
獲得高度:34,412m(58,900m)
回数:148回(134回)

 

ランは昨年比で距離が134%、獲得高度で165%に増加。春先から夏場にかけてロードの坂道をよく走った記憶がある。一方で、距離を踏む内容でさらに記録向上を狙うなら、最低でも年間5,000劼倭る必要があるとも感じている。でも、自分の場合はたぶんその方向ではそこまで頑張れないし、故障も誘発しそうなので、2018年は自分にとっての最適解を考えながらトレーニングに取り組んで記録の向上を目指したい。と言うのはいつも簡単なんだけどね。ともかくも今年は大きな故障や病気をすることなくトレーニングができた幸運に感謝。来年も良き一年となるようできる限り頑張りたい。最後になったけど、今年もこんな何の役にも立たないblogを生暖かく見守ってくださった皆様に感謝。どうぞ良い年末年始をお過ごしください!

| かっつん | 20:44 | comments(0) | - | pookmark |
年度末

DSC07967.jpg

12月27日水曜日。昨晩から北西の風がゴゥゴゥと強く、明日の朝は寒くなりそうだな、、、と思って寝て案の定1時と4時に一度目が覚めて、その時点でまだゴゥゴゥと風が吹いていたため心が折れてしまい、トレオフにして6時過ぎまで寝た。「いつからこんなに弱くなってしまったのか」と感じる最近だけど、もともとこんなもんだったような気もする。

 

DSC07965.JPG
仕事のほうは年明けからバタバタになるサマがありありと浮かびつつ、現段階では待つ以外にどうしようもないことばかりなので先に処理することもできずに今週はあまりやることがない。晩ごはんはブライニング処理しておいた鶏むね肉を焼いて、パプリカと玉葱を炒めてビネガーなどで味を調えた付け合せと共に食べた。

 


血行促進目的で風呂へ入る前にローラー。200kcal消費したところで終了。体重はとうとう62埖罎悄ΑΑ

 


12月28日木曜日。ここ数日、計ったかのように午前1時にいったん目が覚める。続いて3時~4時の間にもう一度目が覚めて、5時過ぎの目覚ましを迎えるというパターン。夢の感触がかなりリアルに残っているので、相当に眠りが浅いのだろうと。楽しい夢ならまだblogのネタにもなりそうなもんだけど、実際はここに書くことも避けたくなるような忌まわしい内容のものがほとんどで辛い。
今朝も起きた時点で走るに行きたくないマインドが発動したけど、二日連続はまずいだろうと思い、とりあえず10劵献腑阿世韻任發塙佑┐討覆鵑箸出走。最近は週一の坂道走ができてないので、住吉川から住吉台のほうへの登坂コースをいくことにした。昨日ほどではないけど北西の風が強く、小雪がちらつく天候。そういえば今冬はまだ走ってる時に雪が降ってることってなかったなと思いながら、上り坂+向かい風の二重苦に心折れそうになりつつ頂上まで。街灯の少ない真っ暗な区間も、100ルーメン程度のヘッデンがあれば特に問題ない感じ。体重が増えているので下りの着地衝撃で故障しそうで怖いなと思いつつ、できるだけ後傾しないよう気をつけつつスピードは抑え目にして下る。が、途中で右足の甲の外側あたりの骨に痛みが生じ、うわやっぱりきたでこれ、と冷や汗をかく思いでさらにスピードを落とした。場合によっては歩いて帰ろうと思ったけど、幸いにもそこから痛みが増幅することなくトータル12.2辧獲得標高300mほどで帰宅。ave.4:18/kmと、体感ペースよりは速めだった。先週からあまり走ってないので、蓄積疲労が少なめなおかげだろうか。大阪マラソン以降、別大に向けてもう一段階上げていく予定が、今のところ11月末あたりをピークにパフォーマンスは下降線。これから盛り返せるだろうか。。

 

DSC07975.JPG
今日で仕事納め。例によって職場の忘年会を一人だけ欠席してすぐさま帰宅するという協調性ゼロのワタクシ。寒いので冷蔵庫にある材料で寄せ鍋風に。年末年始は距離走を中心にと思ってるけど、最近のモチベーションの低さからしてあんまり走れなさそうな予感がする。実家へ帰った時にまた弟と一緒にジョギングできれば嬉しいな。

| かっつん | 21:00 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode