Page: 1/80   >>
暑熱順化

7月16日月曜日。いつもの平日だと月曜日はランオフだけど、休みだし目も覚めちゃったしで10kmだけジョグへ。先週末になってようやく住吉川も河川敷の水没が解消されて、周回できるようになった。川からの涼風と日陰で明らかに5℃ぐらい低く感じる有難い環境下で良い汗をかいて帰宅。

 

DSC02463.JPG
昨日作りすぎたから今日はのんびりするつもりだったけど、結局はあれこれ作り続けて昼になるという感じでランチ。

 

DSC02467.jpg
最近は2週間に1回ぐらいの頻度で作っているような気がするピザ。この暑さゆえ、生地の発酵がめちゃスムーズ。生ハム+バジルと、4種のチーズのピザを作った。

 

DSC02514.JPG

せっかくオーブンを予熱するから、、、ということで、久しぶりにバゲットも仕込んで焼いた。

 

DSC02494.jpg
この日は生地を捏ねたりしながら前日のツール第9ステージを観てたけど、Paris-Roubaixと同じ区間を含む計21kmの石畳セクターというのは、さすがにやりすぎだろうと思ったり。そら毎日毎日、残り10kmぐらいまではほとんど動きらしい動きがない消化試合のようなレースはつまらんけど、だからと言って3週間のステージレース中に、これだけハードで危険なコースを入れ込むのはさすがにやり過ぎのような。。現にいたるところでクラッシュが頻発して、リッチー・ポートを含む有力選手がリタイアに追い込まれたり、総合争いから落ちてしまったりと、不運によって本来戦えるはずの場所から退場してしまう選手の姿と言うのは、見ていて辛いものがある。と同時に、このステージを制したジョン・デゲンコルブの涙とコメントには思わずこちらも胸が熱くなったり。

 

さておき、暑さに身体が慣れてきたのか、連休初日と比べて明らかに楽というか、この暑さを楽しく感じている自分がいることに気づく。とは言え、家の中でじっとしていてかく汗はやっぱり不快なので、今日も夕方にバイク実走することにして、久しぶりにヒルクラへ。六甲山の主要道は軒並み通行止めなので、自宅の裏山的な渦ヶ森でループすることに。


しかしもう17時前だというのに、尋常でない暑さ。加えて久しく忘れていた「自転車で坂道を登る」というキツさをイヤというほど思い出すように、心拍が簡単に160近くまで上がる。いったん頂上までたどり着く序盤が本当にキツかった。そこからは少し下って、上り返してを繰り返して1時間ほど。NPは前日の六甲アイランド周回と同じ204wだったけど、体感的には今日のほうが確実にキツかった。

 

DSC02516.JPG
連休最終日の晩ゴハンは、昼に焼いたバゲットに、塩麹や酒などに漬けておいた鶏ササミのグリルのサラダを合わせて。

| かっつん | 20:37 | comments(0) | - | pookmark |
最強の殺し屋も契約社会には勝てない、のか?

7月15日日曜日。エアコンのおかげで睡眠の質はわりと良く、目覚ましが鳴る頃にわりとスムーズに起きた。が、めちゃくちゃ暑そうな外の世界へ出るのにはやっぱり気合が必要。着替えてるだけで汗ばむような暑さの中、なんとかかんとか外へ。昨日よりスタート時刻が30分ほど遅いのもあってか、肌が焼けるというより「焦げる」と表現したくなるような陽射し。なるべく日陰を通るように意識しながら六甲アイランドを15km。万一のことがあったらあれなので、150mlの水分と小銭を持って走った。

 

DSC02395.jpg
朝ごパンは昨日焼いたスコーン。しかし暑さと疲労で胃腸が疲弊している感じで半分しか食べられず。

 

DSC02443.jpg
そしてこのクソ暑い中、なんの修行かという感じでインド料理を作り始めたワタクシ。8時過ぎから開始して、計6品で4時間半以上かかった。毎年のことながら、この時期にコンロ3基+オーブンの同時使用はキツい。トレーニングと同じぐらい熱中症の危険があるのではないかと思いながら、水分補給をしつつ、前日のツールを観ながらの調理。まぁでも、苦労しただけあってとても満足度の高いランチ。

 

食べながら観た『John Wick: Chapter 2』。続編にありがちなことだけど、「お前ら、これが観たかったんだろ!?」という前作のウマみを集中的に高めてパックしたような内容で、キアヌ・リーブスの不死身っぷりが少々やり過ぎなような気もしたけど、↑に書いたような続編が陥りがちなパターンに沈むことなく、最後まで楽しめた。まぁでも、やっぱり前編はデ・ニーロの存在感が(どうしようもない馬鹿息子を守ろうとするストーリーも含めて)素晴らしいポイントになっていた感は強く、比べてこの続編は、敵がどうこうというよりも、抗いがたい流れによってジョン・ウィックが再びダークサイドに落ちていく不条理さが印象深かった。「第3章」へ続く感を存分に匂わせながら、幕。

 

いつものようにバイク実走で六アイへ。暑いし疲れてるのでサイクリング気分で出かけるも、結局は周回が始まるとそれなりの強度にまで上がってしまい、NP:204wで一時間ほど。STRAVAにログを上げると、決まって5wほど低い出力になるのが謎だが。

 

DSC02460.jpg
晩ゴハンはチリコンカンの残りなど。

| かっつん | 21:27 | comments(0) | - | pookmark |
熱中症になったらアホだと言われかねない

DSC02519.JPG
7月14日土曜日。事前予報でかなり凶暴な暑さになると聞いていたので、エアコンの効いた寝室から出たくない気持ちとかなり葛藤しながら準備してロング走へ。危険な暑さだと言われている中を走りに出て熱中症になったりしたらただのアホなので、体調変化には十二分に気を払いつつ。。

 


案の定まだ6時前だというのに、既に「これはあかん」というレベルの気温と日差し。ヤバそうだったら20kmぐらいで切り上げようと早々に自分の中で逃げ道を作っておいていつもの鶴甲方面へ。暑さで心拍が上がっているのか、抑えめのペースのはずなのにかなりのキツさ。上り途中のバス停付近で久しぶりに見たウリボーで気を紛らわせつつ淡々と上る。かなりの発汗量だけど、ここ最近と比べて異常に多いというほどでもないかしらん。なぜか身体の左半分のほうが多いなと思いながら下って、いつもどおり渦ヶ森も上ることにした。いつも以上に余裕はないものの、日陰が多いのと、川から涼風が吹いてくる区間があったりするのでその点ではかなり苦痛が緩和される。ヘロヘロと上って、いったん下ってから上り返しのループ。この時点で携行したsimple hydrationの水(250ml弱)はなくなった。なのでこのまま下って帰ろうかと思いつつ、なんとなく住吉川の周回をプラスして30km。最後は本気で川で水浴びしようかと考えるぐらいのバテ具合だった。

 

DSC02399.JPGDSC02404.jpgDSC02426.JPG
ヘバっている時は中東料理が食べたくなる法則に依って本日のランチはそっち系。ラムのTボーンステーキに、アメリカンチェリーで作ったソースを合わせる。ファラフェルも揚げて、たっぷりのサラダと共にワンプレート。


午後からは大阪の実家へ帰って、ついでに美容室でカットしてもらってスッキリ。しかし駅から美容室まで歩く15分だけで、顔から汗がしたたり落ちるぐらいの強烈な暑さ。実家のほうはキッチンとリビングのリフォームがほぼ終わっており、だいぶ雰囲気が変わっていた。晩ゴハンは実家で食べて、21時過ぎに帰宅。

| かっつん | 20:25 | comments(0) | - | pookmark |
豪雨の爪痕


> 7月11日水曜日。セットした携帯アラームが鳴らないという珍しい事態によって30分以上寝坊。疲れているしランオフにしようと思って横になったけど、気持ちよく二度寝できそうな感じでもなかったので、短時間でもいいかと思ってジョグへ。久しぶりに住吉川の周回コースだけ回って7〜8kmぐらいかなと思ってスタートしたところ、周回コースの左岸は国道2号から山手幹線との交差箇所あたりまで冠水していて進入禁止になっていた。先の豪雨で護岸の一部が決壊してるのかと思ってみたところ、それもあるけど、根本の要因は流れ込み堆積した土砂で水面が上昇して一部で溢れているからのよう。市内だけでももっと深刻な被害が出ている地域が多数あるので、ここが復旧するのは何ヶ月先になるのか、かなり時間がかかりそう。これまでも強い勢力の台風が来た際の大雨で河川敷が一時的に水没して、舗装のコンクリートがめくれ流されるということはあったけど、今回のような酷い状況は初めて見た。六甲山のほうも表六甲、東六甲、西六甲の全てで道路や法面の崩壊が起こって通行止めになっており、自転車のヒルクラでは市街地から山上へのアクセスが出来ない状況(裏六甲は通れるみたいだけど)。今朝はとりあえず住吉台の団地のほうへ上がっていって、そこでのアップダウンを加えてトータルで8.5kmほど。面白いことに、ガーミンでのリカバリータイムは24時間と、いつも坂道30km走をした時とほとんど同じだった。

 

DSC02375.JPG

晩ゴハンは豚の生姜焼き風のものにたっぷりの薬味を合わせて。とうもろこしゴハンも付けた。

| かっつん | 20:01 | comments(0) | - | pookmark |
富士登山競走はDNSか?

7月9日月曜日。週末あんまり走れなかった感があるので、今週は月〜金までジョグしてもいいかもー、とか思ってた昨晩だったけど、眠りの質が悪かったのもあってあえなく二度寝。帰宅してから30分ローラー。この2,3週間ほどは平日朝ラン+夕方ローラーのセットをやってるけど、トレーニング効果としては夕方のローラーはほとんど意味がないような気がしてきた。STRAVAの相対的トレーニングのスコアで見ても、朝の15kmジョグは67分程度でだいたい70〜90ぐらいのスコアになるのに対して、夕方の30分ローラーはわずかに10前後でしかない。もちろんもっと追い込めば数値は上がるんだろうけど、そうすると今度は翌朝のジョグすらままならなくなる可能性が高い。なので夕方にローラーをするとしてもそこはもう完全にリカバリーやメンタルのリフレッシュ、あるいは僅かながらもカロリー消費の足しにするぐらいの意味しか求めないでおくほうがいいんだろうなと。ま、追加ローラーの効果だけではないだろうけど、体重や体脂肪は少しずつ減少傾向にあって、見た目的にも身体はだいぶ絞れてきている。一方で2年前と比べても脚の太もも周りはかなり太くなっているようで、その頃に作ったパンツなどは、腿周りが少しキツ感じるものもあったり。

 

DSC02364.JPG

今日の晩ゴハンは冷凍庫整理を兼ねてありあわせのもので。今週は餃子はなし。

 

7月10日火曜日。昨晩はエアコンなしで比較的よく眠れた。が、睡眠負債がまだまだ解消されていない感じで、もっと寝たい欲満々で起きるのに一苦労。ぼーっとしながら着替えて、テンションの低いままスタート。梅雨もあけてしばらくは最低気温が25℃を上回る予報が続いており、長い距離を走るには正直つらい季節。自分は暑さに弱いため、基本的に20℃を超えてくると明らかにパフォーマンスが下がる傾向にある。25℃というと結構ギリギリのラインで、30℃を超えるともう走ることを鼻から諦める感じ。なのでこの時期のランは早朝一択。暑熱順化とかは拷問に思えるのでまったくやる気がない。というようなことを考えながら15km。10km手前ぐらいで少しだけラクになる感覚があった。住吉川沿いは先の大雨でまだ水量が多いのもあってか、そこから来る冷気で体感気温が5℃以上低くてめちゃくちゃ快適だった。毎年、夏のこの時期は住吉川沿いの山手ルートを避暑地的に走ることが多かったけど、今年は先の雨でかなり崩れてしまっているところもあり、難しそう。


さておき、富士登山競走まであと2週間ちょっとになってしまった。今年に入ってからまだ一度もトレランをしておらず、先週末の豪雨で六甲山もかなりの部分で道が崩壊(舗装道路のほうでも表六甲、東六甲、西六甲が法面崩壊により通行止めになっている)しており、安全面を考えるとしばらくは近づかないほうが良さそうなルートも多々。となるともしかしたらこのまま一度も山登りをせずに大会当日を迎えることもありうるけど、それで結果を出せるほど甘い大会ではないことは確か。自分の場合、レースというのはある一定の達成感を得るための場であるので、それぞれに大まかな目標をもって臨むのが普通。昨年の富士登山競走の目標は「一生に一度でいいから山頂コースを完走する」ことだった。その目標は達成してしまった以上、今年はもう完走しただけではたぶん何の満足感もないだろう。であれば昨年の記録3時間32分台を超えるタイム設定というのが当座の目標になるけど、じゃあどのぐらいのタイムだったら満足できるだろう?と考えると、3時間一桁台とか、およそ今の実力からはかけ離れた数字が思い浮かぶ。自分のフィジカルだと、数ヶ月かけて富士登山競走に特化した対策練習をして、当日最高のコンディションで環境に恵まれたとして奇跡的に達成できるかどうか、というタイム。いや、それでもやっぱり無理かしらん。そんな実現不可能な目標を考えているとどんどんとレースに対するモチベーションが下がってしまい、いつの間にかDNSの方向へ傾いている自分がいることに気がついた今朝のジョグでの思考だった。

 

DSC02367.JPG

夕方にローラーしたけど、昨日に引き続いて5分に1回の頻度で接続が切れる。レースだとその間に一気に集団から15秒ぐらい置いていかれて追いつくことができなくなってしまうので、まったくもってやる気を失う。晩ごはんは先のチリコンカンを転用してパスタ。

| かっつん | 20:25 | comments(0) | - | pookmark |
被災するリスクを負ってまで走る人たち

DSC02358.JPG
7月7日土曜日。昨晩は結局あまり眠れず、トータルでの睡眠時間は3時間ぐらいだろうか。10時前に自宅へ戻り、落ち着かない気分のままローラー。90分を目標にしてたけど、ANT+スティックの接続が普段以上に最悪で、数十秒おきに接続が切れてしまってZwiftではまともに走れず。それもあって我慢が効かず、75分でやめた。

 

DSC02269.JPG
あまりお腹が空かないので、ランチはステーキ肉を焼いて、冷凍保存しておいたモレ・ソースを合わせて食べた。付け合せにはサルサ・メヒカーナ。


降り続く大雨の影響で木曜日から走ってないけど、今日もランオフ。普段から継続して走ってると、予定外のランオフに対して物凄くストレスを感じてしまい、ちょっと無理すれば「走れるんじゃないか?」と考える自分がいるのも確か。ただ、そんな自己満足のために、県下に特別警報が出ている状況下で、被災するという多大なリスクを負ってまで走りに行くのは単なる愚か者。人間、どうしても「自分だけは大丈夫」だと思ってしまうバイアスが働くけど、自分の行動や、何かあった時に失うものの大きさについてはちゃんと判断できる人間でいたいと思った。


そんなわけで夕方にもう一度ローラー。ANT+スティックのドライバを再インストールしたところ、今回に限っては接続が切断されることなく1時間いけた。

 

DSC02280.JPGDSC02281.JPG

DSC02363.JPG
開幕したツールを見ながら晩ゴハン。昨日からの疲れが出ていて、あまり集中して見られず。

| かっつん | 21:13 | comments(0) | - | pookmark |
温泉地で孤立とか


7月4日水曜日。目覚めはそこまで悪くなかったけど、かなり身体が疲れている。雨は、、、今にも降り出しそうだけどまだ降ってない。もわっとした空気に包まれながら、いつも以上に低いテンションでスタート。六甲アイランド周回コースの西側半分だけ雨が降っていて、その他は路面が濡れていないという極局地的な降雨。暑い、辛い、暑い、辛い、と頭ん中で繰り返し呟きながら、明日もまたこのノルマをクリアできる気がしない感じで終了。

 

DSC02254.JPG
夕方にローラー。今日もまた180wに乗せるのが厳しい感じで。晩ゴハンは豚ロースの生姜焼風なのをメインに。週末の天気予報がどうも非常に危ない感じになってきた。天気図を見ても前線がずーっと同じ場所にとどまって、豪雨が降り続きそうな感じ。よくニュースで見るような「大雨で土砂崩れが発生して、温泉地で宿泊客○○名が孤立」みたいなことにならんだろうか、、、と奥さんと話し合い。明日の状況を見て、どうするか決めることにして寝た。

 


7月5日木曜日。そこまで酷くない雨だったら走るつもりで起きたけど、外はかなり暗くて暴風雨だった。こんな日に走りに出るのは愚行でしかないので朝ランはなしにして寝た。雨予報は気づけば災害レベルにまで引き上げられていて、ちょっと旅行に行く状況じゃないなという感じに。色々と計画してくれた奥さんや、向こうで会う予定だった奥さんの友達には申し訳ないけど、今回は中止。秋までに再調整してまた行きたいと思う。

 


夕方にローラー。相変わらずかからない。

 

DSC02256.jpg

晩ごはんは冷蔵庫・冷凍庫の余り物整理で。

| かっつん | 21:58 | comments(0) | - | pookmark |
気温湿度↑モチベーション↓

7月2日月曜日。今週末は旅行の予定で土日月とたぶん走れないから、週始めの月曜から平日は毎日ジョグしておこうかしらん、とか考えてたけど結局は二度寝してしまって朝トレはなし。富士登山競走に対するモチベーションが上がってこない。。当日雨予報だったらDNSにしてしまいそう。

 


夕方にローラー。かなりしんどくて、頑張っても180wがキープできない感じだった。週末の旅行で温泉入っていったん疲労を抜いたほうがいいんだろうな。

 

DSC02241.JPG
晩ゴハンは餃子。

 


7月3日火曜日。昨晩は少し蒸し暑さがマシだったので、エアコンなしで眠れた。途中で2回ぐらい目が覚めたけど、、、とりあえず今朝も15kmのジョグへ。火曜日の朝ランでキロ4半を切れている時は比較的疲労が少ない週だという判断基準があるけど、今朝はave.4:27/kmで平均心拍140bpmとまずまず。ただ、走ってる最中の体感としてはもっと心拍があがっていそうなキツさだったけど。そして例年のことだけど、発汗量が物凄い。帰宅して水分とプロテイン補給しているその数秒の間に足元に水溜りができるぐらい。


前線が通過する時とか、気圧の変化に因って頭痛が起こったりする体質なので、今日みたいに台風が接近している日は結構しんどい。16時頃から頭痛が酷くなってきて軽い吐き気を感じる。今日も夕方にローラー。なんだか週末にかけての天気予報が酷く、旅行をどうするか悩むレベル。行き先は信州方面だけど、雨だったらほんと旅館で温泉入るぐらいしかすることなくなりそう・・・

 

DSC02247.JPG
晩ゴハンは先日作った鶏手羽とひよこ豆の煮込みに、グリルしたズッキーニとクスクスを合わせて。

| かっつん | 21:53 | comments(0) | - | pookmark |
6月のトレーニング記録


7月1日日曜日。あぁ、今日もやっぱり回復できてないわ〜と感じながら起きて6時過ぎから回復走へ。相当に蒸し暑いこと以外は何のハイライトもなく15km。

 

今日からもう7月。6月のトレーニングを振り返ってみると、ランは390kmで獲得標高が6,700mほど。バイクはローラーメインだけど460kmで獲得標高2,500mほどだった。ランはインターバルや閾値走系のメニューがまったくできてないけど、ほぼイメージ通りにトレーニングが積めている。バイクは週に1度は実走する習慣ができてきた。実走してみて改めて感じるのは、ローラーと比べてかなりラクだな〜ということ。週の中で最も疲労が蓄積しているだろう日曜の夕方でも、小一時間ほどave.32~33km/hで巡航するのはそれほど難しくない。その点から見ても、Zwiftで走って得られる距離は、実走のそれとかなり近いように思う。

 

DSC02166.JPG

朝ごパンに米粉のマフィンとスパイシーなチャイ。暑さでバテ気味なのかあまり食欲がなく、一方でスパークリングワインが飲みたい衝動に駆られる。ので、ママチャリを飛ばして御影のKALDIまで買出しへ。ついでにチーズや肉やらも買って帰った。

 

DSC02176.JPG
んで、あんまり作りたいものも思い浮かばないので、だんだんと定番化しつつあるピザを焼いて先のスパークリングワインと合わせることに。

 

DSC02178.JPGDSC02181.JPGDSC02190.jpgDSC02197.JPGDSC02203.JPG
いつもの強力粉に代えてピザ用の小麦粉を使ってみたところ、生地の水分量がいつもより高くなって扱いは難しくなったけど、焼き上がりのもっちり感が増した。スパークリング系はどうしても開栓したらその日のうちに飲みきってしまいたい意識が働くので、今回も完全に飲みすぎてしまった。。でも幸せ。

 

DSC02217.jpg
だらだらと映画を観て過ごし、昨日焼いたパウンドケーキでおやつなど。

 


夕方にバイク実走。先週と比べて時間にしたら1時間半ほど、距離もランとバイク合わせて30kmほど少なかった今週のトレだけど、STRAVAでかなり有効な指標としている相対的トレーニング強度の数値としては、今週のほうがわずかに高かった。ということは先週のトレーニングは「時間のムダ」だった部分が多少なりともあるということか。

 

DSC02237.jpg
晩ゴハンは昨日のうちに仕込んでおいた手羽先とひよこ豆の煮込みで。ジンジャーパウダーを加えたり、いつもとちょっと違ったスパイスの組み合わせでちょっと新鮮な美味しさがあった。これはまた作りたいな。

 


今週観た映画のうちの1本。個人的にお気に入りなライアン・ゴズリングが出てるやつ。ストーリー中で上半身裸になったゴズリングに、エマ・ストーンが「ちょ、その身体フォトショで修正済み!?」って言うシーンがあるんだけど、ほんとこの人の肉体美は静的な面立ちとのギャップもあいまってめちゃインパクトがある。男と女のドロドロやらそれも絡めて家族が分解してしまったりする展開だけど、全般にファニーな軽いノリ主体で進むので重苦しさはない。

| かっつん | 21:53 | comments(0) | - | pookmark |
自分でコントロールできないものが苦手

DSC02131.jpg

6月30日土曜日。昨晩は雷の音で夜中に目が覚めたり、2時頃だったか、家の前で事故(?)か何かで警察車両とレッカー車が来て車両の撤去をやってたりと、あまりよく眠れず。あれだけ降ったから今日は晴れるかしらんと思っていたら、起きて天気図を見ると引き続き不安定な空模様が続いていて、いつまた雨雲や雷雲が飛んできてもおかしくない状態。雨はともかく、高所での雷は怖すぎるので、いつもの坂道走のコースを短縮変更して、ヤバそうだったらすぐに帰れる近場の渦ヶ森だけを走ることにした。昔ほどではないけど、雷だけはどうやっても恐怖心が克服できない。元は高校時代の野球部の夏合宿で、信州の山上の球場でセンターポールに落雷したのがトラウマ的記憶としてあるからなんだけど、基本的に己の力ではどうしようもない自然災害系へのストレス耐性は非常に低いと思っている。


さておき昨日は30分弱の室内ローラーだけだったので、先週よりも身体のほうは全般的に軽め。しかし気温湿度ともにかなり高めで、20℃を超えるとたちまちパフォーマンスが低下する自分としては辛い環境。加えて、身体がまだ起きていない状態でいきなり渦ヶ森の登坂に入るのはキツいなーと感じながら、なるべく意識を無にするよう努めて淡々と上る。西のほうは空が暗いけど、このあたりはまだしばらく雨は降らなそう。ということぐらいしか考えることもなく。さすがにいつもの30km走の終盤よりはしっかりフォームを保って走れていると感じたけど、後でタイムを見たらそれほど速いわけでもなく。。普段から無意識のうちに早い段階でリミッターをかけてしまってるんだろうな。今朝も自分で感じている以上に蒸し暑いようで、発汗量が物凄い。シューズ内が汗でビチャビチャ音がする状態になって、この音を聞くと気力も萎える。なんとかかんとか上りのループをプラスして、トータル21kmで獲得標高は650mほど。結局、雨は途中でパラパラっとしたぐらいでほとんど降らず終いだった。

 

DSC02135.jpg

今日のランチは休日には珍しくサンドイッチ。ファラフェルを揚げて、スライスした茄子も揚げて、マリネした人参、フリルレタス、プチトマトと合わせてサンド。中東風焼き茄子のペースト=ムタッバルと一緒に食べると激ウマ。

 

DSC02140.jpg

もう1種類は、白身魚のフライにたっぷりの自家製タルタルソースをあわせたもの。たまたまスーパーでベトナム産のバタフィッシュ(ナマズ科の淡水魚)の切り身が売っていたので、それを使った。ナマズと聞くと一瞬ギョっとするかもしれんが、淡白でまったくクセはなくて美味しい。

 

DSC02145.JPG
明日ゆっくりしたいので、今日は昼からも色々と詰め込み気味で過ごす。夕方に強烈な雷雨。これで梅雨があけるのかしらん?と週間天気予報を見たら、来週はまたずーっと雨マークでがっかり。

 

DSC02149.jpg
晩ゴハンはラテンアメリカ諸国でおなじみの魚介料理/セビーチェ。旬の魚とフレッシュな野菜類をカットして、オリーブオイルやパプリカパウダー、チリパウダーなどでマリネ。柑橘系をギュっと絞って食べると絶品。

| かっつん | 21:39 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode