Page: 1/33   >>
ZIPP NSW 303/404

DSC05119.JPG
もう3週間以上前になるけど、新しく購入したホイール。憧れのZIPP。2016年にこのNSWがリリースされて、それまでのフラッグシップだったFirecrestであればペアで20万円程度であれば買えるところまで値が下がっていた。なのでどちらを買おうか迷ったが(NSW454はさすがに高すぎて選択肢に上がらず)、どうせなら新しいほうがいいだろうとこちらのNSWをチョイスした。フロント303+リア404という"304"な仕様。

 

DSC05114.JPG
実測F:654g(公称640g)
実測R:848g(公称850g)


ご覧の通り、非常に優秀な数値。某MAVICの公称値と実測値に看過できない乖離があるのとはえらい違いだ。これだけで何だか気分が良い。

 

ちなみにフレもほとんどなく、これまた良い気分。ラチェット音はそれほど攻撃的な感じではない。

 

DSC05118.jpg
フロントホイールの付属品は写真のような感じ。リアにはこれに加えてベアリング用のグリスと10速変換用のスペーサーが付属。これは事前に販売店へ確認してたんだけど、なぜかZIPPの公式サイトにはこのスペーサーの付属について記載がなく(より具体に書くと、303や404の付属品リストには記載しておらず、202のみ記載されている)、未だ10速仕様の自分としてはちょっと気になっていた。まぁ無かったらなかったで島のの15mmスペーサーを購入すれば良いだけの話なんだろうけど。

 

DSC05193.JPG
スプロケットは新品を購入しようかと思ってたけど、Rolf Vigorについていた11-25Tを移植することに。この手の作業は久しぶりだったので少し緊張。

 


10月1日に試走。六甲アイランドの平坦で計40劼曚鼻実走自体が3ヶ月ぶりなのでアレだけど、こぎだしてすぐに「あ、軽い」と思った。ホイール重量としてはもちろんこれまで履いていたR Sys SLRのほうが軽いんだけど、踏んでいる感覚としては明らかにこのZIPPのほうが軽い。当初は軽く流す予定だったけど、足が回る感覚が面白くてついつい強度が上がってしまった。ちなみにこの日の己のコンディションとしては、ランだとかなり頑張ってもキロ4半が切れるかどうか、というかなり疲れている状態。心拍はそれなりに上がっていたけど、そのコンディションでこれぐらいの速度で巡航できていたのはやはりホイールのおかげかなと思う。登坂性能がどの程度なのかはこの日はテストできず。かなりのワイドリムな関係で、ブレーキシューのクリアランスがかなり狭くなっていることもあり、これの調整ができたら六甲山でヒルクラしてみたいと思う。

| かっつん | 21:45 | comments(0) | - | pookmark |
村岡の準備をするはずが・・・

まったくできんかった。。まぁ、いつものことだな。

 

ホイールは無事、自転車へ装着するところまで完了。あとブレーキパッドを換えねばならんが。たしかリアの固定ネジがなめてしまっていたと記憶"(-""-)"

| かっつん | 20:50 | comments(0) | - | pookmark |
今日はここまで

DSC05078.JPGDSC05109.JPGDSC05115.jpgDSC05119.JPG

リムテープ貼って、チューブとホイールを装着。夜になって外は物凄い雨((+_+))

| かっつん | 21:40 | comments(0) | - | pookmark |
まだ開けてない

たくさんの方が書かれているように、台風の接近に伴い今年の京丹後ウルトラは中止、信越五岳は距離を短縮しての開催ということに。ここを目標に練習を積み重ね、他にもいろいろなことを調整して臨んでいた人たちのことを思うと、自分のことのようにテンションが下がる、、、

 

そんな悪天候の本日の午前中、先だって書いていたNEWホイールが到着。私が買ったもの、それはZIPPでした。でもまだ写真の状態から開梱せずそのまま玄関に置いてます。。

| かっつん | 21:05 | comments(0) | - | pookmark |
NEWホイールを発注しましたので


一足お先に届いたタイヤ&チューブ。実走の機会が激減し、以前購入したMICHELIN Power Enduranceは未だにバリが残っているような状態だったりするんだけど、とりあえず新しいホイールには新しいタイヤを装着するものだという頭があるため、超久しぶりにWiggleさんでお買い物。前回4000sを買ったのがいつだったのか、遥か前のことすぎて思い出せないが、パッケージのドヤ顔のオバちゃんは相変わらずだけど、表情が微妙に変わった?


さておき、今回のホイール購入の動機というか顛末だけども、この1年ほどまったくと言っていいほど無かった自転車関係の物欲に火が付いた要因は単純で、仕事上で繋がりのある方と自転車話をしたことがきっかけ。機材って見れば見るほど欲しくなるもので、加えてブエルタで連日のように最新のマシーンを駆って躍動するサマを見ていると、その刺激による作用はいかんともしがたく。とは言え購入してから2年半ほど、実走距離でいうとかなり少ないEVOちゃんのフレームを買い換えるのはさすがにどうかという思いもあり(加えて最近のフラッグシップモデルだとフレームセットで50万前後とお高めだし)、SRAM eTapで電動化という選択肢に次いで、新しいホイール買っちゃう!?という感じに流れて、実質3日ほどの検討でポチることとなった、という感じ。


NEWホイールの検討にあたっては、平地も楽しく走れるような、あるいは走りたくなるような仕様で、というのが前提にあった。この2年ほど、実走で使用していたのはMAVIC R Sys SLR(2016)で、さすがにこれもお高いホイールだけあって、上りを中心に明らかにタイムが短縮される恩恵はあった。ただ、それまでの手持ちホイールだったRolf Prima Vigor αが対コストパフォーマンス面で抜きん出たところがあったため、R-sysは期待していた以上のインパクトがなかった、というのも実感としてある。さすがに六甲山のヒルクライムなどになればR-sysに分があるが、平地は明らかにRolfのほうが速いし、10分程度の上りであればどちらもそれほど大差ない、というのが実感。何よりも大きかったのが、R-Sysを履いていると、自分の中でこのホイールがヒルクライム用という意識が強いせいか、必ず山に登らねばならんという気持ちになってしまい、平地を巡行するとかロングライドだとかそういった方面へ気持ちの面で展開しにくかったというところがある。

 

なので今回は、それなりにリムハイトがあって平地の高速巡航に優れていて、それなりに山も登れるだけの軽量性を備えたホイール、というイメージで検討。すると今年リリースされたROVAL Rapide CLX50というディープリムでかつ軽量、上りも平地もいけちゃうよ、しかも30万円以下ですねんという超優等生的なホイールが目につくんだけど、以前これと同じパターンでROVAL Rapide CLX32を購入した結果、結局これは自分にはしっくりこなかったためすぐに手放すことになったという過去があり。加えてCLX50については、某自転車ブログにて絶賛インプレが書かれていたのもマイナスポイントだったり。とまぁそんなことは本来製品の良し悪しとは直接関係ないことなんだろうけど、非常にマーケティングの上手いスペシャの製品は、己の性格的になんとなく避けてしまうところはある。そんなこんなで3日ほど検討しつつ、海外通販で以前より憧れだったホイールを買ってみることにしたのでした。それが9月5日ぐらいのこと。ちょうど店舗在庫切れでバックオーダーがかかり、入荷予定は9月11日とのこと。どうせ11日には入ってこないだろうし、ガイツーだから発送されてから2週間ぐらいかかるだろうから届くのは10月に入ってからかしらね、、、と思ってたんだけど、ちゃんと11日に入荷され、すると同日中に発送連絡があり、しかもtracking informationを見ると15日に到着予定だそう。明日やん!?というわけで間もなくやってくるだろうホイールが何なのかはまた後日の記事にて。

| かっつん | 21:20 | comments(0) | - | pookmark |
ツール開幕

なんだかんだでお祭り気分が盛り上がって楽しい(≧▽≦)

| かっつん | 20:42 | comments(0) | - | pookmark |
ヒルクライム≒メンタル勝負


6月24日土曜日。昨晩、およそ1年ぶりぐらいに脚の毛を剃ってローディー仕様となったワタクシめ←なんだそれは。例によって朝起きたらダルくてバイク実走やめようかなーマインドが働いたけど、いやいや、昨日の夜、せっかく脚の毛、剃っただろ!?というモッタイナイ精神(←違う)が働いて、乗り気しないながらも自転車に乗って六甲山へ。前回(4週間前)に実走した時と比べると、少し脚が重たい。サイコンの数値見ると萎えそうだったので、なるべくそっちは気にしないようにして辛くないペースで進む。とは言え、10分ほどで高羽に到着してからは勾配が一気に10%前後に上がるため、どうやったって息が上ってしんどいんだけど。早朝ライドだと結局いつも、身体がまだ起きていないこの序盤が一番キツく感じるし、この感覚を脳が覚えているから朝起きた時に行きたくないマインドが発動するんだろうな。朝ごはんを食べた後、それなりに身体が起きてからライドするようにすれば(もしくは夕方とか)この感覚はだいぶ回避できそうだし以前はそんなパターンも多かったけど、最近はトレーニングは早朝に終わらせないとイヤだマインド(←マインドマインドとうるさい)が働くのでまぁ、こういうことになっている。


ということを考える余裕はなく、表六甲から登坂開始。珍しくスタート地点の信号のところで3人グループと、ソロで走っている1人の姿があり。上り始めてすぐにソロの方はパス。逆に700mほど進んだあたりで、3人グループの1人に結構な速度差でパスされる。以前だったら食らいついていっただろうけど、メンタルもフィジカルも弱々な現在の自分は抜かれた瞬間に諦める笑。ただ、抜かれてからは意外と向こうもペースが上がってないようで、常に背中が見えるビミョーな位置で走っているため、なんとなくそれを目標にいつもよりは頑張って上ることが出来た。ヒルクラってほとんどは精神力勝負みたいなもんなので、一人で走るより誰かと競って走ったほうが遥かに強度の高い練習ができる。心拍的にはちょうど閾値(だろう)163bpm前後で安定。慢性的に疲労が蓄積している現状では、170台に乗せるのはちょっと無理。表六甲の登坂がだいたい20分強なので、心肺的にはこれでラン換算だと5TTやったのと同じ効果があるかしらん、とか考えながら登っていた。上り切ってそのまま一軒茶屋のほうへ。面白いもので、六甲山へは東から登っても、今日みたいに表六甲からアプローチしても、一軒茶屋の到達時間はサイコン上の経過時間でほぼジャスト1時間になる。今朝の茶屋の通過も59分58秒。これもいつものことだけど、このぐらいになってようやく脚がまともに動き始める感覚がある。折り返して今来た道を戻り、これまたいつものように掬星台のほうへ。奥摩耶ドライブウェイの上りは、なぜか他の区間よりも出力が出やすいので好き笑。がしかし、ここで重めのギアでヘタクソなダンシングを試してみたところ、左の臀部から脚の付け根にかけての筋肉を傷めた模様。この部位って先週の坂道走の後にも痛みと違和感が出た箇所で、こじらせると結構めんどくさそうなので気をつけないと。もう遅いけど。掬星台の定点で写真を撮った後は、それまで以上にサイクリングペースな気分で帰路へ。体重が増えてる関係か、上りは以前より遅いけど、逆に平地の巡航速度が少しだけ上がっているような感じもする。とにかくも今日も事故なく無事に帰宅できて良かった。

 


朝食は昨日の晩に焼いたマフィン。米粉+アーモンドフラワーでグルテンフリーな仕様。とは言え、グルテンフリーだったら何でも許されるのかというとそんなことはなく、例えばこのマフィンにしても相当な量のココナッツオイルや砂糖、米粉、アーモンド粉を使っているので1個あたりのカロリーはかなりのもの。罪悪感が低めなのをいいことに食べ過ぎたなら確実に太るだろう。個人的には米粉や大豆粉を使ったスイーツは、グルテンフリーや糖質制限といった目的にはあまり関係なく、単純に小麦とは違った香味や食感が好きで作っているという感じ。

 


いったん治りかけたかなと思っていた奥さんの風邪が再び悪化したため、何か昼に食べたいものはないか聞いたら「何でもいい。好きなもん作って」ということだったので、自分の食べたいモノを優先して昼ごはんはハンバーガー←ひどい。バンズもパテも自家製なので何気に時間はかかった。このキドニービーンズをベースにしたベジパテは、ベジとかそういう部分を抜きにしても旨くてお気に入りのレシピ。当初アボカドはスライスしてそのまま挟む予定だったけど、少し柔らかくなりすぎていたので紫玉葱やスパイスなどを加えてフードプロセッサーでワカモレにした。ふんわり系のバンズも綺麗に焼けて満足。バンズは残り3つあるので、冷凍保存しておいて、また違うバーガーを作ろうかしらん。

 

DSC02554.jpgDSC02567.jpg
例によって昼からも何か作ったりしつつ、掃除機が壊れたのでお掃除ロボットの導入を検討したり。ルンバとか、それだけで掃除を完結させるのはムリだけど、副次的な効果で床にモノを置かなくなる=家が散らかり難いというメリットがありそう。

 

DSC02576.jpg
奥さんがだいぶしんどそうなので、晩ごはんは何か食べやすそうなものをと思い、フォー(米麺)を使ったフォー・ガーにした。ブライニング法と言うらしいが、鶏ムネ肉を3%の塩分濃度の水に2時間ほど浸けておくことで水分量を増やしておいて、いつもよりもしっとりした茹で鶏が出来た。鶏のエキスが浸みだしたお湯にはナンプラーや調味料を少し加えてそのままフォーのスープに転用し、もやしや紫玉葱などをさっと湯がいてトッピング。あ、フォーもあらかじめ1時間ほど水で戻しておくと、茹で時間が1分未満で済む&茹で上がりがグズグズにならない。付け合せにSTAUBオーバルで無水調理したとうもろこしも。料理をするようになって、夏野菜が美味しいと理由で以前よりもこの季節が好きになったような気がする。

| かっつん | 21:24 | comments(0) | - | pookmark |
明日は雨だから

1ヵ月ぶりに自転車で六甲山登ったー。満足。

| かっつん | 20:57 | comments(0) | - | pookmark |
走れば誰かに会う六甲山

5月27日土曜日。先週は土日ともに仕事が入っていて休日感が希薄だったけど、今週は2日ともフリーだ!という当たり前のことが嬉しくなる週末。天気も最高だしたまには六甲山に登るかー、と思っていた前日だったけど、珍しく夜中に2回も目が覚めたのもあってか起き抜けがあまりよろしくなく、ウダウダしてるうちに6時を過ぎてしまったので結局はバイク実走をとりやめてジョグるといういつものパターン。行先もいつもと同じく六甲アイランド。10劼眩りたくないなーと思いながら最終的に20卅るのもいつもと同じ。走りながら考えることも今日の朝ごはんだったり1週間の献立だったりでこれまたいつも通りで、同じ過ぎてあらためて書くようなトピックがない・・・先日来から身体のあちこちがボロボロ、というかケアしてないので筋肉がガチガチになっていることを自覚してるんだけど、硬い筋肉は確実にフォームの悪化に繋がり、距離を踏むほどに故障のリスクが増す。週半ばの坂道走の後から痛みが続いている左ハムに気を配りながら、かと言ってそこを庇うとまた別の部分を傷めるんだよなーと思いつつ、苦しくはないけどラク過ぎないような体感ペースで20.4卅って帰宅。湿度が低かったのか、発汗は少なめだった。いつから給水ボトル持って走ろうかしらん。

 

朝ごパンは米粉マフィン。よくグルテンフリーをダイエットと混同して見える人がいるけど、そもそも小麦グルテンにアレルギーのある人が実践するのがグルテンフリーというだけで、グルテンフリー=痩せるというわけではない、当たり前だけど。小麦グルテンには腸内の悪玉菌を増やしたりする悪い作用があって、それを遠ざけることで腸内環境が改善され、結果的に体質が改善されて痩せる、という流れはあるかもしれないけど、そもそも小麦が万人に対して上述したような悪い作用をもたらすのかどうか?は疑わしい。往々にして栄養学的な分野って、後年になって評価が真逆のほうへひっくり返ることが少なくないので、結局は自分で試してみて、かつそれはある程度の長期間をもって観察してみないと良いか悪いかなんてわからない。そういう意味では、テレビやネットのトレンドに乗って「○○フリー」とかにすぐ飛びつくようなタイプの人は、ほとんどが本来目的としていたダイエットや美容効果には辿りつけないんだろうな、とそんなことを思いながら食べていた、、、わけではなく、「米粉って小麦とは違った独特のクリスピーさがあって好き」と思いながら昨晩に睡眠時間を削って焼いたマフィン×さつまいもクリームの組み合わせを味わっていた。

 

DSC01569.jpg
今日は実家近くの美容室に寄って、それから母親と待ち合わせてランチの予定だったので、午前中に買い物、掃除、晩ごはんの仕込みからベーグルを焼いて、カンパーニュ生地を仕込む、というところまでやって11時過ぎに家を出た。

 

DSC02782.JPG
スッキリとカットしてもらって、前回も母親と行った吹田のネパール料理店『パプリカ』でランチ。同業多店舗と比べて200~300円ほど安い価格設定と、カレー毎にスパイスを使い分けていることがハッキリとわかる丁寧な料理でめちゃくちゃコストパフォーマンスが高い。フロア担当の男性がかなりのイケメンで、奥さんからは「写真撮ってきて」と言われていたが、シャイなワタクシには難度が高すぎるミッションで、果たせず。。

 

DSC02787.jpg

DSC02796.jpg
帰りに業務スーパーや商店街などで、ふだんのスーパーよりも半分以下の値段で買える美しい野菜に軽くテンションが上がりつつ、先日の母の日に送ったあじさいの様子などを見たり、弟に軽くマッサージしてもらったりして少しゆっくりして、夕方に神戸へ帰った。

 

DSC01581.jpgDSC01586.jpg
晩ごはんは午前中に焼いておいたムサカ。いつも焼き立てをカットして崩れちゃうので、今回は冷ましてから、と思ったんだけど、結局はちょっと崩れ気味に。じゃがいも→茄子→羊肉と香味野菜で作ったトマトソース→ヨーグルトソース→チーズという感じで重ねている。これまた午前中に焼いていた黒ゴマのベーグルにサラダを合わせて、いつもよりは軽めの晩ごはん。昼に結構食べたので、これぐらいでちょうど良かった。しかしこの1週間は、体重が60.0kg~61.0kg(夕食後、着衣)の間で安定してしまっている。たぶん昨年同期比より2圓曚表鼎ぁレースに出るならやっぱりちょっと落とさないとね、、、と思いながら明日の朝食用にスコーンを焼いていたのでした。。

 

5月28日日曜日。睡眠不足感はありつつも、この時期は外がガンガンに明るいので二度寝の欲求はずいぶんと薄められる感じ。できればバイク実走をと思いつつ、例によってめんどくさい感が湧いてきていったんランシャツランパンになったものの、またこれで20劵献腑阿靴撞△辰討て料理して一日が終わったとすれば、きっと後から「六甲山登っておけばよかった」という一抹の後悔に見舞われるだろうことが想像できたので(←冗談でなく、毎回こんなことを頭ん中で考えている)あらためてビブショーツに穿き替えて日焼け止めを塗って給水ボトルに飲料を入れて家を出た。結局スネの毛を処理していないので、ニーウォーマーを着用して隠ぺい(笑)Raphaの冬用のやつなので、市街地だともはや不要なのだが、、、昨日のジョグ、というか慢性的な蓄積疲労で脚にフレッシュさはないため、無理のない強度で表六甲から登ることに。昔はそんなことなかったんだけど、最近は六甲ケーブル駅から表六甲DWの入口までの区間がとてもキツく感じる。幸か不幸か信号停止もほとんどなく、表六甲の登坂開始。いくつかしんどいポイントはあるものの、東から登るのと比べたら、気分的に表はかなりラク。左ハム痛が影響してるのか、そこから繋がって左梨状筋にも時折痛みを感じる。自分の場合、勾配がキツくなると前ノリ気味で「踏む」ペダリングになる癖がある。これだと長い時間出力をキープできないので、その辺を時々意識しながら登っていた。そういえば今年のジロでは、レース中の一部の選手のパワー/ケイデンス/心拍などがライブデータとして公開されてたけど、それを見ると先の山岳ステージなどでもケイデンス90前後で登坂していた。自分もパワーがないので高ケイデンスで回して心拍で耐えるというスタイルだったけど、いつからか高負荷に耐えられない弱メンタルになってしまった結果、心拍160前後/ケイデンス60あたりでノロノロと登坂しているのが現状。。あとやっぱり、ヒルクラや坂道走をやるなら減量は必須だな、、、とも思ったり。前回登った時よりも脚が重めだったのもあって心拍もタイムも低調。そのまま一軒茶屋のほうへ流し、まさに茶屋の横を通過する瞬間に、東から登ってきたヒルクライマーとすれ違う。あれ!?と思って折り返して追いついてみたら、やっぱりU-sacさん(れすとまん氏)だった♪風邪からの副鼻腔炎など、体調不良が続いているようだったので心配してたけど、少しずつ回復しているようで一安心。まぁ、弱っている状態でも自分などから見れば超人的に強いわけだけど・・・そんなワタクシのノロノロペースに付き合ってもらう形で裏六甲を下ってから登り返し、そのまま牧場方面へ下って、これからお仕事のU-sacさんとはここでお別れ。楽しいとついつい自分のことばかり喋り過ぎてしまう己の悪癖を反省しつつ、掬星台のほうへ。コースとの相性が良いんだろうけど、奥摩耶ドライブウェイではいつも自分の想定以上に脚がよく回る感覚がある。これで公道レースする車がおらんかったら最高なんやけどなーと毎回思いながら、この日もセンターラインを余裕でオーバーして突っ込んでくる車にビビりながら走っていた。とりあえず2時間半のライドで1000kcalほど消費して、表六甲から下って帰宅。表を下っている途中でtpさんらしき方を含む3名とスライド。お声掛けしようか一瞬迷ったけど、集中して走ってる雰囲気を感じたのでやめた。

 

DSC01604.jpg
朝ごパンは昨晩焼いたピーカンナッツとオレンジピールのスコーン。バターの代わりに太白ごま油を使用。迷った末にキビ砂糖の代わりにエリスリトールを使ったけど、やっぱり独特の食感や味わいが出るため、使うパンやスイーツは選ばないとあかんなと再認識。

 

今日は出掛ける予定もないので、比較的のんびりと過ごせるかしらん。昼ごはんをメインに考えており、午前中は買い出しにいってその準備をしたり、キャロットケーキを焼いたり。

 

ランチ。イベリコ豚の塊肉をステーキにして食べた。付け合せ的に肉の下に敷いたのはマッシュポテト。カタルーニャ地方の、というよりはアンドラ公国でよく食べられているというトリンチャツというレシピ。じゃがいもとキャベツを茹でてマッシュし、別のフライパンでカリっと焼いておいた大蒜とベーコンを混ぜて、最後にフライパンで両面を焼き固めたもの。シンプルだけどめちゃくちゃ美味しい。イベリコ豚のほうも、良い肉だからと言って構えすぎると良くないだろうと、シンプルにスキレットで強火で焼いて、オーブンで5分ほどグリル。ざっくりと切り分けた後、肉汁にバルサミコや醤油、蜂蜜などを加えてソースを作った。シンプルなサラダ、昨日焼いたカンパーニュと一緒にいただく少し贅沢なランチ。久しぶりにシェリー酒を空けて、グラスで3~4杯飲んだかしらん。1週間のうちでこの時間が一番好きだ。

 

ジロの第20ステージを流しながら小一時間ほど休憩し、晩ごはんの仕込みをしたりしつつ、まったくお腹が空かないのでローラーで軽く汗を流すことに。トレーニング的な効果としては限りなくゼロに近いけど。

 

DSC01688.jpg
晩ごはんは謎メニュー。マサ粉でトルティーヤを作って焼いて、でも中の具材にはタヒニやファラフェルがあったりと中東風。とりあえず自分が食べたいものをあまり考えずに組み合わせたって感じかしらん。晩も飲むつもりでいたけど、実際は昼飲みで満足しちゃった感があり、お酒はやめて炭酸水にライムを入れたのを飲んでいた。そんな感じでいつもと同じ感じだけど、やりたいことがやれて満足感の高い週末だった。

| かっつん | 20:51 | comments(2) | - | pookmark |
行ってよかった

今朝もバイク実走をやめかけたんだけど、すんでのところで思い直して六甲山へ登ったら図らずもU-sacさんとお会いすることができたのでした。結果、めっちゃ楽しくて満足感の高いトレーニングになりました〜♪

| かっつん | 22:42 | comments(2) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode