Page: 1/697   >>
イレギュラーに弱すぎるマン

DSC08197.JPG
1月13日土曜日。前日に仕事でわりと大きな懸案事項が発生。残業して最低限の対応は考えつつそれ以上はどうしようもなかったので、今年度初めて、そうした案件を持ち越す形で週末に入ってしまった。金曜夜はベッドに入ってからもあれこれ考えてしまい、かつ最悪の想定ばかりが浮かんでしまうためまともに眠れず。4時過ぎまでうとうととして、プレッシャーで気分が悪くなっている自分を見て我ながら「なんてメンタルが弱いんだ・・・」と思ったり。別大まで残された貴重な週末ポイント練の機会を逃すのは勿体ない気もしたけど、この睡眠不足とストレス下で早朝から心臓に大きな負担をかけるのが正直怖い感じがしたので、この日は閾値走の予定を回避。かわりに少し速めのペースで20劼曚描るつもりで家を出た。シューズは大阪マラソン以来のtakumi sen boost2。

 

昨日が短めのリカバリージョグだったので、脚の疲労などは少なめ。ペースは成り行き。走り出してすぐに、先週に履いたtakumi sen boost3との違いを体感。この先代boost2のほうが、中足部の反発というか厚みをしっかりと感じられる。この感覚はターサーやウェーブエンペラーでのような、路面をダイレクトに掴み、叩く感じとはだいぶ異なっている。ハーフサイズアップしたboost3ではここまでの中足部の反発は感じなかったんだけど、これがサイズアップした影響なのかモデルチェンジの結果なのかはまだ分からない。六甲アイランドまでは息が上がらない程度のペースで。西への区間延長が決まった阪高湾岸線工事の関係だと思うけど、とうとういつものランニングコース途中で工事が始まってしまった。これからこのコース周辺は色々と走り難くなるかもしれない。


とりあえず心臓に変な負担がかかっている感じはなかったので、腰高のフォームと接地を意識しながら走る。というか、このシューズだと自然とその方向へフォームが修正されるといった感覚が強い。幸いなことに、年が明けてから右の足底筋膜炎はほとんど気にならない程度まで改善されている。地道に続けているなストレッチの効果なのか他の要因があるのか不明だけど。周回コースに入ってからは気持ちペースを上げる感じで2周。15卉賄世泙任魯優奪カバーで目の下まで覆った状態で。Lap16~17にかけてが一番身体の動きが良かった。追い風もあったのかもしれないけど、力みなくスムーズに身体が前に進む感触。Lap19の住吉川の上り区間は少し頑張る意識をもって心拍も上り気味に。ラストの下り基調を3分40秒/kmで走ってトータル20.31劼ave.4:03/km。走りながら松:ave4:05/km、竹:ave4:10/km、梅:ave.4:15/kmかなと考えていたので、結果は上々。心拍計測が正しければ149bpm/159bpmとペースに対してかなり低め。こうなるとboost2ってやっぱりすごく自分に合ってるんじゃないかという気持ちが湧いてきて、もう1足買い足しておこうかしらんとネットを見てみるもさすがに在庫が見つけられず。boost3の26.5cmを買い直すかどうか、来週もう一度boost3で閾値走をしてみて考えたい。

 

DSC08469.jpg
朝ごはんを食べてすぐにスーパーへ買い出しに行って、そのままランチの準備。昨晩から今朝方にかけては仕事のことで頭がいっぱいで、どうしたらいいのかわからん課題が3つぐらいあったけど、今朝のランニング中に考えていて、そのうちの2つについてはなんとかなりそうな目算がついた。ので、若干気分が明るく。ランニングの効果は偉大だ。

 

DSC08428.jpgDSC08424.JPG
と言いつつあまりがっつり料理を作るようなテンションではなかったため、STAUBとオーブン任せで鶏肉のバスク風煮込みを作り、お気に入りのチーズショップ『フロマジュリー・ミュウ』で買った"ガローチャ"というスペイン産の山羊チーズと合わせていただくことに。あと、久しぶりに近所の絶品ドイツパン屋さん"シュラッテンバッハ"で買ってきた"バールヌス"も一緒に。美味しかった。。

 

最近のパターンで映画を観ながらゆっくりランチしているともう14時半とかになっていて、片づけをして小一時間ほど休んでいるともう晩ごはんの支度の時間だという感じ。これはこれで楽しいから好んでやってるんだけど、たまには一日外で走り回ったり(子どもか)違うパターンで過ごす日があるほうが気分的にはメリハリが出てよろしいのかもしれない。と、冬の澄んだオレンジの光に照らされた公園で遊ぶ子どもたちの喧騒を聞きながらぼんやりと考えつつ晩ごはんの支度をしてからローラー。

 

DSC08460.JPG
晩ごはんは久しぶりに貴妃鶏。コラーゲンたっぷりで旨い。

 

1月14日日曜日。心配事が減った分、一昨日と比べるとよく眠れた。どんだけメンタル弱いねんという感じで、今後の自分大丈夫かと心配になる。坂道走ができれば昨日のペース走とのセットでいい感じになるのだが、それをこなすメンタルタフネスがなく、平地で15kmジョグの予定でスタート。接地とフォームだけ気をつけて、体感的にはリカバリー域な感じで15辧坂道走ができなかった代わりにもならないけど、住吉川のアップダウンをプラスして17.3辧ave.4:29/kmと思っていたよりペースは早め。

 

DSC08449.jpg
朝ごパンに食べたドライフルーツとカシューのライ麦スコーン。最近はスコーンで自分好みの配合が確立しているので、毎回良い感じに焼ける。

 

DSC08461.jpgDSC08464.jpg
今日こそは12時までにランチのセッティングを終わらせる!という気持ちで10時から準備を始める。本日のランチはスペイン/カタルーニャ地方の家庭料理のEscudilla。牛・豚・鶏といった肉類から根菜、葉物野菜に豆までが入った煮込み料理。

 

DSC08465.JPG

スープからパスタまで、これ一つでコース料理が完成する大ボリュームの一品。家で作るのはこれが2回目。レシピ本の分量によれば4人前ってことだけど、どう見てもその倍ぐらいありそうなボリュームで、相当にデカいSTAUBオーバル27cmでもまったく容量が足りない。。基本的には煮込んでいくだけの簡単レシピなのだが、なんだかんだで時間がかかって結局は制限時間の12時を30分ほど超過してしまった。

 

DSC08481.JPGDSC08487.JPGDSC08491.JPGDSC08485.jpg
この日も映画を観ながらゆっくりとランチをして、引き続きソファで映画を観ているうちに強烈な眠気が。アラームを設定して13分だけ昼寝。毎朝の浅い眠りの中の1時間に匹敵するような深いショートスリープでだいぶスッキリした。

 

んで、夕方からお定まりのカロリー消費ローラー。

 

DSC08500.JPG
晩ごはんは少し久しぶりな感じがする餃子で〆。年末からワインや日本酒が続いていた関係課、久しぶりにサッポロ黒ラベルを飲んだらえらい苦く感じた。

| かっつん | 20:51 | comments(0) | - | pookmark |
伊吹山ドライブウェイヒルクライム

今日までがエントリー期間だったけど、さすがに全く実走していない現状を顧みると今年は見送ったほうがいいだろうと判断。

| かっつん | 22:08 | comments(0) | - | pookmark |
iPad 2017

DSC08422.JPG

6年ぶりにiPadを買い替えた。しかし仕事のことで追い詰められていてこれを楽しむ心の余裕がまったく無いこの週末"(-""-)"

| かっつん | 21:42 | comments(0) | - | pookmark |
ジビエの王様

DSC08377.JPG
1月11日木曜日。結婚記念日。ということで強引に有給をとった。元々はランチに伺う予定だったのを、諸事情によりディナーに変更したので夕方まで時間ができた。今月はあまり計画通り走れておらず、とりあえずこの日は晩ごはんに向けたカロリー消費も兼ねて坂道25卅を・・・と思っていたのが例によって起きられず、7時過ぎスタートで20劼諒臣倭に変更。シューズは先日調達したHOKA ONE ONE Clayton2で。

 

DSC08369.JPGDSC08375.jpg

一説には話題沸騰のNIKEズームフライに感触が似ているという話もあり、ちょっと期待。元々このモデルについては昨年の村岡ダブルフルでのシューズ選びの際に候補に挙がっていたものでもあり、スペック表記からすると「軽量化してスピード面のベクトルを強くしたClifton」みたいな感じ。実測で212gと、手持ちのCliftonと比べると20gほど軽い。見た目にはHOKA特有のソールの厚みもあって、クッションもそれなりにありそう。足入れした第一印象としては「意外と硬いな」というところ。CliftonやChallenger ATRのようなほわんほわんとした沈み込むような感触はほとんどなく、HOKA特有とも言えるローリング感も感じない。あれれ、これは微妙だなと思いながらとりあえず六甲アイランド方面へ。

 

が、今朝は今季初めてではないかと思われる路面凍結があちこちに。周回コース内も陽当たりの悪い北面を中心に、昨日降った雨で濡れた路面がシャーベット状になっている。油断してると痛い目にあうなと思いながら、路面状況に常に集中しつつ20辧シューズのほうは最後までこれといった特別なフィーリングは生まれず、今日のところは期待外れといったところ。もともとCiftonにしても平坦基調のコースだとあまりそのメリットが見えないところもあるので、次回こそは坂道走に投入してみて、またその感触を確かめたいと思う。

 

DSC08395.jpg
今日はディナーがおそらく大ボリュームになるから、ランチは軽めに、、、と思っていたはずなのに結局は作り過ぎてしまうという愚行。先に作った南インド料理に4品をプラスして写真のようなマハラジャコース(謎)になってしまった。

 

DSC08396.JPGDSC08401.JPGDSC08405.JPG

今回作ったのは

・チキン65
・ワダ(チャナダールのスナック)
・ゴアンプラウン(ゴア式海老カレー)
・鯵のスパイシーグリル

 

せっかく朝ランで消費したカロリーを補って余りあるエネルギーを摂取してしまったので、悪あがきで補習ローラーをプラス。そんなことをしているうちにもう出掛ける時間になってしまい、なんでいつもこんなにバタバタしてしまうのかという自己嫌悪に駆られながら元町へ。

 

DSC04465.jpg
最高のジビエ料理を提供してくれる『Le Bistrot』へ今年も。今年はかねてよりずっと食べてみたかったあの素材がメインを飾るコースでお願いしていた。

 

DSC04466.JPG

DSC04476.JPG
前菜というにはびっくりなぐらい大ボリュームの一皿。ブッラータ(水牛のモッツァレラチーズ)に鰊ベースのソースがかかっていて、横には絶妙なバランスでソテーされた大ぶりの蛸が添えられているというその組み合わせの妙に驚く。以前「生牡蠣はあまり得意でないと伝えていたのをちゃんと覚えていてくれて、絶妙な具合に火入れされてのサーブ。濃厚な白子と甘いブロッコリー、オマール海老のスープなど、どれをとっても力強く、シンプルでありながら奥深い。万人におすすめするつもりはないけど、巷に溢れるフレンチ・ビストロとは一線を画す、ここでしか味わえない料理の数々は、ハマる人にはたまらない存在だと思う。

 

DSC04486.JPGDSC04488.JPG
続いて鯛のあら炊きが出てくるというサプライズ。バルサミコの甘やかな酸味が柔らかく香る、こちらも素材の良さを活かしつつ、絶妙なパンチで満足感を満たす一皿。というか先の前菜と合わせてこれだけでお腹いっぱいになってしまいそうなボリュームだったため、とりあえずこちらは少し持ち帰りにさせてもらった。

 

DSC04493.JPG

DSC04494.JPG
そしてメインのジビエ料理。今年は「ジビエの王様」と言われるベキャスでお願いしていた。半養殖でないベキャスが入るのは十年ぶりぐらいだとのこと。宇野シェフのパイ包み料理が大好きなので、当初はそんな調理方法でとも考えてたけど、ベキャスについてはパイ包みもいいけどベストではないとのことで、シェフにお任せすることに。

 

DSC04509.JPG
ベキャスのロティ サルミソース

 

DSC04498.JPGDSC04514.JPG
もうサーブされる前から途轍もなく良い香りが漂っていた。ベキャスはその肉と共に、脳味噌と内臓から作られるソースを味わってこその素材なのだそう。シェフが「少し魚っぽい感じがあるでしょ?」というように、肉からはアンチョビのような香りが。内臓には黒トリュフなどが合わされてパンの上に乗せられ供される。物凄く濃密でコクがあるのにくどさはなく、豊かな香りと甘いコクが口の中いっぱいに膨れ上がる。もう本当に美味しすぎて幸せ。

 

DSC04521.JPG

昨今価格が暴騰しているらしいバニラビーンズの最後のストックを使って焼きたてをサーブしてくれた絶品のミルフィーユ。もうシェフが焼くパイ生地は最高以外の何物でもない。今年も本当にありがとうございました。

 

 

1月12日金曜日。明日のポイント練に備えて今朝はゆっくりと短時間のジョグ。にしては心拍が高かったのは昨晩たくさんワインを飲んだから?そして前日においしい思いをした代償だとか思いたくないけど、仕事のほうが色々と大変なことに。この1年で一番のピンチともいえる。残業して帰ってきてからいつものように食べたものを写真に収める余裕もなく晩ごはんを済ませ、いったいどうしたものかと悩むが解決策が見つからない。胸がドキドキする。本当にメンタルが弱い。

| かっつん | 23:31 | comments(0) | - | pookmark |
路面凍結日誌

1月9日火曜日。連休明け。軽くジョグの予定だったけど、外でゴゥゴゥと鳴る風の音に心が折れてしまい、二度寝。二度寝したところで気持ち良く寝られるわけでなく、むしろ楽しくない夢を見て気分が悪くなるだけだと頭の片隅では分かっているのに。

 

DSC08386.jpg
年が明けたら忙しくなるなと分かっていたとおり、今週から残業が続きそう。今日は20時半頃に帰宅してゴハンを食べて直ちにローラー。25分ほどで200kcal消費したところで終了。風呂に入って本読んで寝た。

 

1月10日水曜日。予定ではHOKA Clayton2のチェックも兼ねて坂道走のつもりだったけど、朝起きてみると明らかに室内の気温が低い。外ではビョウビョウと風が吹いていて頭ん中に「路面凍結」の4文字が過る。なので大事をとって(これ幸いにとも言う)川沿いのジョグに変更。走り出してみると「あぁ、これだったら路面凍結はなかったな」ということが分かったけど、今季一番に近い寒さであるのは確か。露出している顔のわずかな部分が「痛い」と感じるぐらいまで気温が下がることは、ここ神戸の街中では年に何度もあることではない。とりあえず坂道走を回避した代わりに、川沿いの上り基調を利用して200mのダッシュを2本。ハムストリングスから臀筋にかけてが稼働している感触は悪くない。2本目は呼吸が整わないままのスタートで、ログが正しければ心拍176bpmまで上がっていた。ここ最近は最高心拍がわりと高いところまで上っていることがままあって、少し前までもう180bpmを見ることはないのかしらんと思っていたことが懐かしい。

 

DSC08389.JPG
今日も残業して帰宅は21時過ぎに。こんな時間から炭水化物摂ったら太るよなーと思いつつ食べてしまう。鶏むね肉のナンプラー炒めも作って食べてしまう。。後は風呂に入って寝るだけちゃん。少なくとも3月まではこんな生活がメインになりそう。その後は異動があるかないかで変わってくるけど、どっちにしろ今より格段に忙しくなることは確実で考えると気が重い(>_<)

| かっつん | 23:16 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode