Page: 1/759   >>
【レース】第8回京都マラソン

~5km 19分54秒(251位)
スタートロスはなんと別大よりも短く、わずかに5秒。スタート直後のカオス具合も、4年前の記憶と比べてはるかにスムーズで、1kmも走れば適度なスペースが確保できる状態になった。今日の目標は先に書いたように、ある程度余力を残してキロ4で走り、サブ50でまとめられれば、というもの。しかし入りの1kmはいきなり4:05/km。同じようにリラックスして入った別大のそれが3:47/kmだったのと比べると、我ながらその違いに驚く。アップ時に全体的に脚の疲労は抜けていて状態は悪くない、と感じたのだが、一点だけ、なぜか右のふくらはぎにごくごく軽微な筋損傷のような痛みがあり、これがもしかしたら大きな怪我に繋がるのではないか、、、と不安になりながら走っていた。結果的に3~4km走ったところで痛みは気にならない程度に収斂したので、大事ではなかったよう。ペース的には設定どおりのキロ4アンダーのLAP刻み始めるも、イメージしていたような「余裕」はあまりない。嵐山高架橋へ右折する少し手前あたりで、個人的にblogの再開を心待ちにしているくまごろうさんに追いつき、少しだけ並走しながらお話しせてもらい、元気をいただいて先へ。


~10km 20分01秒(234位)
予報通り北西からの向かい風。それほど強くはないものの、日影で風を受けると一気に体感気温が下がる。少し大柄なランナーの後ろにつかせてもらい、京都マラソン名物の序盤のアップダウン区間へ突入。一つ一つの上り下りはそれほど大したものではないのだが、それが繰り返されることで地味に脚が削られていく。しかし周りのランナーもまだ元気なので、特に下りではペースを上げすぎないよう意識すると少し離れてしまう感じ。4年前の自分のblogで、9km地点から1kmほどの上りが最もキツい、と書いていたのを思い出しながら、この辺はキロ4を超えても下りで挽回すればOKと考えながら走っていた。


~15km 19分40秒(221位)
10km地点の仁和寺でお坊さんがずらりと並ぶ大応援団を横目に、相変わらずこのような逸話を思い出しながら、今日はお好みの稚児はおったのかしらん?などと考えながら通過する邪なワタクシめ。コース的には曲がりくねったアップダウンが続いてラクではないけど、いかにも京都らしい特色のある景色が続く前半区間はやっぱり面白いなと思う。10km以降の給水は全て摂るようにしていたけど、別大と比べるとコップひとつあたりに入っている水分量が少なく、一つだけだと足りない感じ。

 

~20km 19分42秒(201位)
感覚的には北向きに上っている感じがするんだけど、実際はそれまでよりもペースが上がってくるのがこの区間。身体が暖まってきて一番気持ちよく動く距離だからかもしれない。試走も含めて4年前に2回走っただけのコースなのに、かなり細かいところまで含めて景色や展開をよく覚えているのが不思議。たくさんの方が応援してくれる商店街から鴨川沿いへ出て、対岸を折り返しているランナーを遠目に淡々と走る。

 

<中間点> 
沿道の電光掲示板で1時間23分30秒ぐらいなのを確認。予定に対して50秒ぐらい貯金があるけど、やはりイメージしていたよりも余裕がなく、少しマズいなと弱気が顔を覗かせる。この辺りで今日最初の補給。Trail Butterを取り出してちびちびと摂取。

 

~25km 19分35秒(186位)
北大路通りを東西に往還するこの区間は、4年前にも書いてたけど少し苦手。折悪しく集団らしい集団もなく、単独走気味に走っていたが、それまでと比べて体感スピードが落ちていることがはっきりと分かり、もしかしてもう脚が終わってきている!?とさらに不安が増す。ただ、折り返すとまたペースが戻って体感的なキツさが和らぎ、視覚的には分からない程度の上り区間だったのか?と思いながら再び4~5人の集団に位置する形で距離を刻んでいく。

 

~30km 19分44秒(174位)
が、植物園に入ったあたりでキロ4弱を刻むその集団についていくのが少しキツい感じに。4年前は景色が変わって良い気分転換になる、と感じた植物園内のコースが、今回は逆にしんどく感じる。かなり余裕がなくなってるなと思いながら、2RUNを摂取しようとするも、なかなかポケットから取り出せず、取り出して開封してからも錠剤がうまく取り出せず、結局は1粒を落としてしまってこの間にペースも落ちて取り残されてしまい、一瞬気持ちが切れかけた。手袋を着用してるとどうしても指先の感覚が鈍くなるので、こうした作業にストレスを感じることが多い。2RUNの錠剤を取り出すやり方については、何か改善方法を考えねば。。

 

~35km 19分50秒(153位)
キロ4ペースの維持にほとんど余裕がなくなってきた。ただ、30km地点過ぎ、出雲路橋の辺りでお義父さんが応援に来てくれるというのを聞いていたので、河川敷に下りてからはひたすら沿道にその姿を探す。31km地点で姿を見つけ、2回ぐらい「お義父さん!」と呼びかけたら気づいてくれ(1回目の呼びかけには、隣に立っていた知らない親父が反応したのだが笑)、背中に「おぉ、頑張れ!」という声援をもらった。この辺で少し盛り返しつつ、4年前にここを走っていたときよりあまり余裕がない感覚で、その時よりも長く感じる河川敷区間をクリア。この辺りで時々blogを拝見しているUさんを含む5~6人のグループが形成され、ゴール手前までほぼこのメンバーで行くことに。その中の一人、植物園のあたりから一緒に走っている阪神タイガースのTシャツ着た方は、荒い息遣いからして間もなく脱落するかな?と思っていたけど、力強い走りで最後のゴール直前まで一緒だった。沿道から何十回も「タイガース頑張れ!」という声援を浴びていたのが印象的。ここら辺からは脚が攣ったり失速したりして前から落ちてくるランナーの数も増えてくるため、落ち気味のイーブンペースで走っていても順位はどんどん上がっていく。

 

~40km 20分27秒(125位)
いつもなら35kmを過ぎると脳内カウントダウンが始まってキツさが誤魔化せるんだけど、この京都マラソンに限ってはここから一番厳しい区間が待っているため悲壮感しか湧かない笑。35km通過が2時間18分30秒だったので、残りを4:20/kmでいってもサブ50は可能だと計算。できるだけ貯金を切り崩さないよう距離を延ばしていくことだけを考えていた。記憶だと36~39kmは厳しい上りで、壁のようなそれが眼前に広がるイメージがあったのだが、実際は視覚的にハッキリと分かるぐらいキツい斜度の区間はほとんどなく。ペースはキロ4をオーバーするも、予想していたようにキロ4半近くまで落ちることはなく、上りきったところで折り返して40km地点を通過。

 

~finish 8分31秒(117位)
ラスト2kmは下り基調。もう間違いなくゴールへ辿りつける、この苦しい時間から解放される、というなんとも言えない安堵感。最後の給水はパスして、どこからスパートしようか考える余裕もありつつ残り1kmの地点からペースアップ。ログを見るとラスト400mは3分30秒台まで上げる形で平安神宮の大鳥居を見ながらフィニッシュ。

 

【記録】2時間47分29秒(グロス)  男子総合117位
平均心拍:153bpm
平均ピッチ:199spm
平均ストライド:1.27m

| かっつん | 20:32 | comments(0) | - | pookmark |
【レース前日〜当日スタートまで】第8回京都マラソン

DSC06101.jpgDSC06093.JPGDSC06094.JPGDSC06095.JPG
2月16日土曜日。予定通り今日はランオフ。朝食は白米+白菜が大量に入った味噌汁、と昨日買ったドイツパンを少し味見的に。

 

DSC06103.JPG

朝のうちに、レースが終わって帰って来てから食べる用にカスレを仕込んだ。

 


ランチはいつもの親子丼の代わりにオムライスで。ソースは以前に牛肉の赤ワイン煮を作った際の煮汁を転用しようと思ってたのに、作ってるうちにすっかり忘れていた。

 

IMG_20190216_182704.jpgIMG_20190216_182709.jpgIMG_20190216_182753.jpg
夕方に大阪の実家へ。晩ゴハンは炭水化物メインで、とお願いしておいたところ、ちらし寿司と温かいにゅう麺、麻婆豆腐などを用意してくれた。どれもめちゃくちゃ美味しくて、身体が喜ぶ。翌日の朝食用におにぎりも作ってもらい、買ってきてくれた苺大福も食べた。いつも本当にありがとう。しかし別大の前日と同様、何故か夕方頃からまた謎の頭痛が始まる。あとかなりの眠気。とりあえず寝たら治るだろうと考えて、弟に脚を少しだけ指圧してもらい、お風呂に入って21時40分に就寝。

 

緊張して神経が高ぶっているのか、3時過ぎに目が覚めて、そこから断続的に眠ったり起きたりする感じで5時の目覚ましが鳴って起きた。とりあえずすぐにおにぎり2個を食べ、おはぎを一つ。足底のアーチ補強のテーピングをして(これもそろそろやめてもいいかも)、5時半頃にカステラを一切れ。これ以上は食べ過ぎになりそうなので、スタートまで固形物は控えるつもり。ストレッチなどして過ごし、相変わらず前日の朝以降はピタっと止まったお通じを恨めしく思いつつ、6時20分に家を出た。

 

IMG_20190217_071052.jpg

スタート会場最寄の西京極駅までは40分弱。4年前と同じく、淡路で乗り換えた快急はランナーでいっぱい。通常なら快急が停車しない西京極に臨時停車してくれるのが有り難い。

 

IMG_20190217_071338.jpgIMG_20190217_071807.jpgIMG_20190217_074635.jpg
更衣室として用意されているアリーナへ入場する際にはゼッケンの提示が必要で、バッグの一番底に仕舞い込んでいたレース用ウェアを引っ張り出すのに少々手間取った。時間には余裕があるので、のんびり着替えて軽くストレッチなどして過ごし、8時過ぎにスタート地点の陸上競技場へ向かった。

 

IMG_20190217_071454.jpg
今回はSブロックで手荷物預かりのトラックも、更衣場所から一番近い1番トラックで助かった。周辺のトイレはかなり人が並んでいるのだが、競技場内のトイレは、小であれば待ち時間はゼロ。

 


2kmほどアップジョグをしようと思ったが、競技場内のトラックはまともに走ることが出来ないほどの人密度で、ほとんどまともなアップはできなかった。まぁ今日はハナっからガチで走る感じでもないし、序盤をアップ代わりにすればいいかしらん。


8時25分頃にスタートブロック内へ。京都マラソンは不要な衣類をスタート直前にリサイクル用として回収してくれるため、長い待ち時間でも身体が冷えることがなく、本当に助かる。加えて今朝は事前予報から覚悟していたほどの冷え込みがなく、スタート時点で9℃ほどあったらしい。陽射しがあるとアームウォーマーやゲーターも要らないかな、という感じ。今回、待ち時間の間に隣にいたランナーの方が話しかけてくれ、おかげでいつもなら退屈な時間が楽しくあっという間に過ぎた。長野在住の50代後半の方で、今回はエイジでの3位入賞を目指すとのこと。基本的に人付き合いの良くない自分だけど、こういったレース会場での一期一会はとても好きだ。やっぱり同じ目標をもって、それぞれに自分を律してこの場所に立っている仲間だと思うから、かな。スタート直前のランナーの移動中に、前を横切った人の手がゼッケン止めにひっかかって留具が外れる、というアクシデントはありつつ、なんとか補修し終わって9時ちょうど、号砲。

| かっつん | 20:49 | comments(0) | - | pookmark |
【結果】第8回京都マラソン

記録:2時間47分29秒(グロス)

 

ある程度の余力を残してキロ4でサブ50、を目標に臨んだ今回の京都マラソン。とりあえずほぼ設定通りのペースでfinishできたけど、体感的には思っていた以上にハードで余裕はほとんどなく。。明日の疲労や筋肉痛がどの程度か分からないけど、来週の姫路城マラソンまでに果たしてちゃんと回復できるのか、微妙な感じ。

| かっつん | 21:28 | comments(0) | - | pookmark |
パフォーマンス値の現状と京都マラソンの設定ペース

京都マラソン前日、別大前と同様に、レース前日のパフォーマンス値の現状を確認してみる。

 

■VO2Max
2018年11月24日(大阪マラソン前日):69
2019年2月3日(別大マラソン前日):68
2019年2月16日(京都マラソン前日):68

 

■Fitness & Freshness
2018年11月24日(大阪マラソン前日):84-52=32
-2019年2月3日(別大マラソン前日):82-53=29
2019年2月16日(京都マラソン前日):78-49=28

 

風邪をこじらせてしまったことも影響して、いずれの数値も先の2レースよりも低調。仮にここが勝負レースだとすれば完全に調整失敗。ただ、実際のところ今シーズンは先の2レースでいずれも自己ベストを更新できたので、記録狙いで突っ込む必要はない。特に京都はコース難度的にタイムを狙うには厳しいところもあり。というわけで今回の設定タイムはキロ4でサブ50ということに。4年前にここで自身初のサブ3を達成した際の2時間54分33秒は上回りたいし、今はもう何事もなくサブ3でゴールしてもあんまり得るものがないと思うから。

| かっつん | 14:14 | comments(0) | - | pookmark |
京都マラソンの受付へ

2月15日金曜日。体調は8割がた戻った感じ。ただまだ喉に違和感があり、鼻水も少し出る状態。Wind Jacketを羽織って緩ジョグへ。キロ5の予定が少しペースを上げすぎてしまい、トータル7.5kmでave.4:42/km。平均心拍は129bpm。

 

IMG_20190215_145321.jpgIMG_20190215_145537.jpgIMG_20190215_150221.jpg
午後から休みをとって京都マラソンの受付に、岡崎のみやこメッセまで。結婚前、奥さんが京都に住んでいた頃は近代美術館とかこの辺りはよく来ていたけど、最近はほんと、まったく来ることがなくなった。4年前の京都マラソン以来。

 

 

IMG_20190215_150510.jpgIMG_20190215_150708.jpgIMG_20190215_151329.jpg
神戸の自宅からここまで2時間以上かかるので、すぐに帰るのもモッタイナイ感じがして、少し歩いた先にあるドイツパン屋さん『ベッカライ・ペルケオ・アルト・ハイデルベルク』で4、実家へ持って帰る分などあわせて4,000円近くもパンを買ってしまった。パンがこんなにも重いと感じたのは初めて。例によってまったく時刻通りに来ない京都市バスの洗礼を久々に浴びつつ、四条界隈の人と車の混み具合にあらためて驚く。昔から平日でもこんなに凄かったかしらん。とりあえずただ受付をして帰るだけなのに、往復での4時間でめちゃくちゃ疲れてしまった。

| かっつん | 21:03 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode