Page: 1/691   >>
上半身裸+工業扇は季節を問わず

12月10日日曜日。眠りが浅く、常に夢を見ているような感じで断続的に目が覚めながら明け方に。起きれる気がしなかったので、5時過ぎにセットしていた目覚ましを1時間ばかし後ろへセットし直した、、、つもりがうまくいっておらず、ハッとして目覚めると7時過ぎ。予定では昨日のインターバル走とのセット練で30劵献腑阿陵縦蠅世辰燭韻鼻△海了間からスタートすると帰宅が10時になってしまうため中止。急いで準備をして、疲労の残る身体に気乗りがしないままジョグスタート。とりあえず15劼20劼、今週は平坦ばかりで坂道が走れなかったなと思いながら六甲アイランド方面へ。昨日は六甲山上がうっすら雪化粧するような気候だったけど、体感的には今朝のほうが寒く感じる。ただ、昨年も一昨年も「今年は暖冬だな」と感じたけど、年々寒さに強くなっているのか、今年もまだ頑張れば下はランパンで走れそうな勢い。と言いつつ今朝は緩ジョグのつもりだったので2XUのコンプレッションタイツを穿いたけれども。かつてはそれほど不快に思うこともなかったコンプレッションタイツだけど、最近は脱ぎ着する際の煩わしさや、縫い目が肌に擦れてヒリヒリするのがイヤで、出来うるなら穿きたくない。。


それにしても昨日はインターバルを含む15劵献腑阿藩縞の30分ローラーで大した運動ボリュームでもなかったのに(TSS換算で160ぐらい)、今朝は身体が疲れ切っていて、走り始めからめちゃくちゃキツい。体感的には4:40/km前後で流してたけど、足が重く、走るのをやめて歩きたい衝動に付き纏われる。昨日に輪をかけて全身の連動性も悪く、精神面の鍛錬以外には意味がなさそうだと思いながら今日も六甲アイランドを周回。1周だけにして15劼任笋瓩茲Δ、もう1周回プラスするか迷いつつ、1周回した段階で決めようと思ってぐるりと回った段階でもう十分ヘロヘロになりつつ、惰性でもう1周することに。感覚としてはもう余分に10勸幣總っているような脚の重さ。こんな日もあるとは言え、とても2週間前の大阪で42卍兇竜離をave.3:57/kmで走ったとは信じ難い。先週のことがあるので、距離は短いながらもハンガーノックの気配には十分気をつけつつ、合計20劼乃宅。唯一の救いだったのは、自宅近くのショーウインドウでランニングフォームを確認した際、以前よりも上半身が動いており、脳内でイメージする形に少しだけ近づいているように見えたことぐらいか。走りながらの体感としてはまったくそんな感じがなかったので、たまたまそう見えただけかもしれないけど・・・

 

昨日は色々と料理し過ぎて疲れてしまい、今日の朝ゴハン用にパンを焼くことが出来なかったため、冷凍庫にあったカボチャのタルトを温めて食べた。奥さんはこれにタイムの蜂蜜をかけて。ワタクシはそのまま。それにしても朝はこの一切れとヨーグルト、バナナだけだというのに、体重は減るどころから微増傾向。最近は60kg台がすっかりデフォになってしまって本当にヤバい。別大での記録更新を考える上で最大の改善ポイントが体重だと思っているだけに、これには少々焦り気味。運動量に比して食べてる量は決して多くないはずなんだけど、どうして良いかわからん。いくら記録のためとは言え、鶏の胸肉やツナ缶ばかりの餌みたいな食事はしたくないので(奥さんにそんなのに付きあわせるのもイヤだし)、なんとかウマいメニュー立てを考えたいところ。

 

DSC07570.jpg
10時前にスーパーへ買い出しに行って、帰宅してすぐさま昼ごはんの支度にかかる。合挽きミンチ(粗挽き)を使うことだけは昨日のうちから決めていて、じゃあハンバーグか?付け合せはどうしよう?と走りながら考えていたところ、久しぶりにトルコ料理もいいかもしれんという気がしてきて、中東風の肉団子/koftaをメインにしたプレートランチをこしらえることにした。コフタの肉ダネには玉葱、パセリ、オールスパイス、ナツメグ、松の実が入っている。つなぎ的なものは入ってないけど、特に問題なかったな。タヒニって食べたことない人が多いと思うけど、日本の練りごまとは相当に異なる濃密な味わいで、これにレモン汁などを加えて作るタヒニソースはファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)と合わせて食べるとたまらん旨さ。今回はコフタにこのソースを絡めて食べた。あとはレンズ豆とフライドオニオンのピラフ、チョパン・サラタス(羊飼いのサラダ)、人参のスープ。中東料理はアスリートフード的に見ても凄く優れているなーと思う。スペインのモナストレル種のワインを開けて、グラスで2杯ほど飲んだ。

 

DSC07604.jpg
映画『スーパーマン・リターンズ』を観ながら、昨日焼いたチーズケーキでおやつ。サワークリームと削りたてのパルミジャーノを加えることで、どっしりしたチーズ感が味わえる大人な味わいの仕上がりに。昼からはゆっくりするつもりが、結局座っていたのは1時間に満たず、平日の晩ごはんや弁当用の常備菜にあれこれ作っているうちに夕方になってしまった。本当はこの週末にシュトーレンを仕込むつもりだったけど、とてもそんな気力はなく。作っているか洗っているかの連続で、手指もガサガサになってきた。

 

しかし今朝のジョグではガーミン読みで900kcalほどしか消費できておらずお腹も空かないため、夕方に短時間ローラー。グループライドに参加して、今日は通信障害が起こることなく終了。全般的に昨日と同じ体感でこいでいると出力が5~10wほど低くなる感じだった。昨日にも増して疲れている模様。平均心拍は137bpm程度だけど、それでも上半身裸で工業扇を回すぐらいで少し汗がしたたるぐらい。一般的な視点からすればおそらく異常な光景だろうとたまに己を客観して思う。

 

DSC04367.JPG

DSC07605.jpg
毎週末の夜に餃子を食べ映画を観るこの時間が好きなんである。今回はキムチ入りの餡である←韻を踏んでみた。

| かっつん | 20:32 | comments(0) | - | pookmark |
インターバル、エスニック、デビル

12月9日土曜日。夏場は週末の5時起きがそれほど苦ではなかったけど(明るくなって自然に目が覚めるから。キツいトレーニングをすること自体の厭感とはまた別の話)、冬場のこの時期は相当に気合いを入れていかないとベッドから出られない。スタートが遅くなる分、日中の活動時間が減ってしまうのは辛いけど、最近の土日は朝6時半前後にスタートするのがデフォになっている。その分、週末でいくらかは睡眠不足を解消できていると考えればまぁいいかしらん。木曜に発症し、ともすれば重大な故障かと思った背中の強い痛みは、今朝もまだ在るものの、心なしか昨晩よりマシになっているような。具体には、靴下や靴を履く際の動作で昨日よりも痛みが少ない感触。

 

今週はいちおう回復週の位置付けだったので、平日のトレーニング時間は少なめ。その流れで今朝も閾値走をするだけの気合いはなく、インターバルを挟んだ15卅の予定でスタート。シューズはターサージール3。起きた時点から感じていたとおり、身体の動きが悪い。ただでさえ良くない全身の連動性がこの日はさらに低く、極端に言うと太腿から下の部分だけで走っているような感じ。それもあってか、久しぶりに履いたターサーも「あれ、こんなにクッション性低かったっけ?」と思うようなスパルタンな感触。ここ数日ほど少し痛みが引いていた右の足底筋膜炎がまた悪化しそう。あー、こんな状態の日にインターバルやりたくないなーと思いながら、5劼曚匹魯織ぅ爐鮓ずに流して六甲アイランドへ。間に300mほどのジョグを挟んでの1mileインターバル走を2本。大阪マラソン以降、股関節やハムストリングスの可動域や柔軟性を高めるために毎晩ストレッチを続けていて、ジョグの際も接地やフォームに前よりも意識を配りながら取り組むようにしていた。その成果がインターバル走のような速い動きに活きてくるのではないか!?と密かに期待するところもあったんだけど、なかなかそう簡単にはいかず。。3分30秒前後のペースを維持しようとすると、気持ちとは裏腹に身体がついてこず、フォームがめちゃくちゃになる。結果としてそれ以上スピードが上げられず、かつ息ばかりが上がって非常に効率の悪い走りになっている。走りながら自分でもそれが良く分かるんだけど、それを修正する方法がわからない・・・結局はいつもと同じく入りでトップスピードを記録して、そこからはそれを維持できずに落ちていくという展開。1マイルのインターバルってあまりやっている人がいなくて、ということは多分マラソントレーニングとしてあまり効率的ではないのかなと思いつつ、1劼離ぅ鵐拭璽丱襪箸呂なり異なるこの苦しさの時間帯は、きっと何かしらの意味があるはずと信じて取り組んでいる。とは言え、あまりにも前へ進まない身体に苦しさも倍増して感じられ、間のジョグの区間では「もうやりたくない」気持ちとの葛藤が続く。嫌々ながらもスタートした2本目は、脚も心肺も先ほどより輪をかけてキツく、さらにスピードは鈍化。最後の1劼離薀奪廚覆鵑3:44/kmだし、もはやインターバルと呼べるスピードになってないという現実。昨シーズンも4本目にはたどり着けなかったこのインターバル練だけど、今シーズンはまだ3本目にすらとりかかれていない。この日も気持ちが折れてしまい、2本で終了。そこからは流して帰路へ。せめてもの思いで、14匐茣屬寮遽茲い両紊蠅1劼世営媛辰妊瀬奪轡紂3%ほどの勾配で3:37/kmだったので、結果的にはここが一番スピードが出ていたのかも。

 

DSC07529.jpg
朝ごパンにスコーン。抹茶と甘納豆を合わせる定番の組み合わせだけど、そこに炒ったきな粉を塗して焼いてみたところ、これがなかなかウマい具合に焼けた。香ばしいきな粉と抹茶の風味、甘納豆のほろんとした甘みが、生地のサクほろ感と合わさって美味しい♪

 

DSC04352.jpgDSC04354.JPGDSC04356.JPGDSC04357.JPG
さて、走りながら考えていたこの日のランチ。先週に続いてスリランカ料理を作ることにして、でもそこに多国籍なレシピを好きなように合わせたプレートランチにすることに。

 

DSC07557.JPG
キャベツのマッルン(ココナッツ炒め)は外せない。あとはココナッツ・サンボル、シーに・サンボル、オクラのテルダーラ。以上がスリランカ料理で、そこにスペアリブのタマリンド煮、チリコンカンを合わせるという。STAUBとオーブンを活用して、それでも2時間弱ほどかかって完了。いつもチリスープを作る時にはチポトレなどメキシコの唐辛子を入れるけど、今回のチリコンカンはブーケガルニ+ブイヨンに塩胡椒、パプリカという仕様。奥さんの反応を見ていても分かったけど、一口目は若干パンチに欠けるか?という印象がありつつ、食べ進めていくとこれがちょうど良いバランスでどんどんと旨みが増してくる感じ。プレート全体としては中央のスペアリブのタマリンド煮がうまいことスリランカ料理群への橋渡しをしてくれる感じで、トータルのバランスも思っていた以上に良かった。

 

この日観た映画。Amazonプライムのおすすめに挙がってきていたため、サスペンスなのかオカルトなのか分からないままになんとなく見始めた作品だけど、しばらくしてオカルトホラーだねということが判明。イマイチだなと思いつつ最後まで見たけど、オカルトホラーというにはインパクトに欠ける作りで、それでいて意表を突くような展開やメッセージ性があるわけでもなく、なんとなく中途半端な印象。シャマラン監督関連じゃなかったら途中で見るのやめてたかも。

 

夕方にローラー。大阪マラソンの関係もあって、自転車乗るのは2週間ぶりぐらい。Zwiftのレースに参加していたところ、20分ほど経ったところでいきなりパソコンがシャットダウン。外部コンセントに繋いでなかったのでバッテリー切れかと思ったけど、そういうわけでもなく。結果的にログが記録できず終い。ガーミンのサイコンで30分ちょっと、300kcalに乗ったところで終了。ave.194wだった。

 

DSC07562.JPG
晩ごはんは韓国風すき焼き。今日は朝からいつもより疲労感が強く、かつ基本的にずっと何かやり続けているため体力・気力ともに「疲れているなー」という自覚あり。22時30分にはベッドに入り、しばらく本を読みながら23時過ぎには寝ていたと思う。

| かっつん | 21:14 | comments(0) | - | pookmark |
背中が痛い

 

12月7日木曜日。いつもより15分ほど早めに起きて15劵献腑阿悄Amazonで1,700円ほどで買ったGENTOSのヘッデンを試してみる。どちらかといえば広角寄りで照らす95ルーメン程度のものだけど、普段走っているコースであればこれで概ね問題なさそう。根上がりなどのちょっとした路面のウネりは掴みにくい印象。あと、揺れる照射スポットを見ながら走ってるとなんかちょっと酔うなーというのが実感。ある程度使っているうちに慣れるといいんだけど。次回は渦ヶ森などさらに暗いコースでのアップダウン走に使ってみたい。住吉川の上りにあたる14kmのLap区間で自然とスピードが上がる感覚があったので、200mのWSを含めてここだけキロ4アンダーで走った。

 

DSC07510.JPG
年末、そして年度末に向けて仕事が加速度的に忙しくなってきており、今週は毎日残業。自分の脳みそには難しい問題も多く、ちょっと疲れ気味。来年度は月残業が平均100時間を超えるブラックな職場への異動可能性が濃厚となってきており、そのことを考えると胃が痛い。

 

slamdunk.jpg
そうしたストレスが原因というわけではないだろけど、晩ごはんを食べた後ぐらいから背中にかつてない痛みが発症。具体には、前屈する動作である一定以上に背中が湾曲すると、背中の真ん中あたりに筋肉が引きちぎれるような強い痛みを感じる。神経系のピリピリした痛みではなく、筋肉に強い圧がかかるような重い痛み。背中を伸ばしたまま腰を折るような動作では痛みはなく、湾曲が一定程度を越えると発症する。とりあえず医療用湿布を貼って寝ることにしたけど、なんとなく湿布が効きそうな類の痛みではなく、気が滅入る。。

 


12月8日金曜日。一縷の望みをもって朝起きたが、背中の痛みは変わらずに在る。大きく湾曲させなければ、歩いたり走ったりする分には大丈夫そう(悪化しないとは限らないが)なので、短時間のジョグへ。今朝はいつもより40分ほど早く仕事へ行かねばならんので、7劼涼蚕魅魁璽垢鬟ロ5弱程度のイメージで流した。走っている間、走り終わった後にもとりあえず背中の痛みが悪化することはなく。ただ、服や靴の脱ぎ着など、日常の動作の中でわりと頻繁に背中を屈曲させる場面があり、そのたびに感じる強烈な痛みに恐怖を覚える。

 

DSC07511.JPGDSC07513.JPG
昨年も年度末にかけて仕事で追い詰められていって気分的に参っていたけど、今年は輪をかけてヤバそうな感じ。年末年始の休暇を挟んでもう出社したくなくなりそうで怖い。晩ごはんをちゃんと毎日作って食べられる生活がこれからも続けられるのだろうか、、、と考えると鬱になりそう。。

| かっつん | 20:39 | comments(0) | - | pookmark |
補給を渋った代償

DSC07499.JPG
12月4日月曜日。ここ3ヶ月ほどなかったような身体のダルさ。日中は頭痛と酩酊感があり、働かない頭で残業して19時過ぎに帰宅。晩ごはんは昨日食べ切れずに持ち帰りとさせてもらった絶品の料理にチーズやサラミなどを合わせて。週初めからワインを開けてしまった。この身体のダルさに関してだけど、体内グリコーゲンを枯渇させてしまうと回復までに数日かかるという話を以前どこかで読んだ記憶があり、あらためて日曜の距離走で無駄に補給を控えてしまったことを後悔する。次回からほんと気をつけたい。

 


12月5日火曜日。昨日のヤバい感じのダルさはだいぶ薄らいでいて一安心。今週の平日はポイント練は入れず回復週にしようと思い、とりあえず今朝は10劼離献腑阿悄

 


晩ごはんはスリランカ料理アゲイン。

 

DSC07505.JPG
12月4日水曜日。今朝も10劼離献腑依縦蠅乃きたが、外でビョウビョウとなる風の音に挫けて二度寝。今週は残業続き。頭も軽く飽和状態。晩ごはんは豚バラ肉のもつ鍋風。朝は繋がっていてネット回線が帰宅後に繋がらなくなっている事案が発生し、なんのエラーだ?LANケーブルが悪いのか?モデム壊れた?もしかしてルーターがおかしくなった?と小一時間ほど騒いだ挙句、料金の払込漏れにより回線停止させられていたということに気づく間抜けぶり。今のマンションへ引っ越してきて丸4年になるけど、未だにネット回線の使用料と電気代についてはカード決済や口座引き落とし処理をしていなくて、毎月コンビニに払込みをしているという。。なので今回のようなことが起きるのだね・・・

| かっつん | 22:25 | comments(0) | - | pookmark |
リカバリーの予定がハンガーノックで大ダメージを喰らった話

DSC07477.JPG

12月3日日曜日。今週末は土曜のトレランレースを短時間高強度のトレーニングに、翌日曜日に距離走をするというセットメニューを考えていた。半年以上ぶりのトレランだったのでかなりの筋肉痛を予想していたけど、起きた時点では大したことなく、予定通り6時半頃にスタートで30卅へ。ペースについてはキロ5でOKな感じで気負いなく。腕振りや接地、重心移動を意識しながら六甲アイランドをぐるぐると。腕振りは、腕を振るというよりは肩甲骨を動かして上腕を引き付ける感覚のほうが理想とするフォームには近いはずなんだけど、これがなかなか思ったようには動かない。おそらく肩甲骨の可動域がイメージする動きに対応するほどにはまだ足りてないんだろうなと思いながら。少しずつ心拍が上がっていくのを感じながら淡々と走っていたところ、たしか20卅宛紊廼腹感を覚える。いつものように起き抜けで水を1杯だけ飲んで、あとは無補給無給水で行く予定だったけど、、、昨日の晩ごはんが少し少なかったのか!?とか考えながら、まぁとりあえず大丈夫だろうと思いながら周回を続ける。かなり退屈だったけど、我慢して当初予定の4周回を終了。あとは5劼良路で終了、のはずだったんだけど、ここにきて空腹感は明らかな枯渇感へと変わっていた。だけど、あと5辧4劼伴宅が近づいてきていたこともあり、なんとか粘れるだろうとの考えてしまい、保険で持っていたジェルには手を出さず。が、27匆瓩で「あ、これはちょっとヤバいかも」という感覚がしてきて、思わずランパンからジェルをまさぐり出す。この時既に手が震えていて思うように動かず。ここまで来てもなお「あと2劼阿蕕で瓦譴襪世蹐Α廚箸いμ軌嫐な意識が働いて、手にとったジェルをとりあえず持ったまま走り続けた。が、28.5卉賄世阿蕕い世辰燭、身体感覚が遠のいてきた〜と思った直後に下半身がビリビリと痺れる感じで真っ直ぐに走れなくなり、よろける。「あ、エネルギー切れたわ」と思い慌ててジェルを口に運んだが、そんなにすぐにエネルギーが吸収されるはずもなく、そこから1劼曚匹鬟茱蹈茱蹐帆りながらなんとか帰宅。

 

とりあえず手近にあった干し芋を口に放り込み、プロテインを摂取してシャワー。身体に力が入らん、、、と思いながら、玄米と納豆、みそ汁という平日メニューで朝食を済ませ、椅子に座って下を向いていたら3分ほど意識が飛んでいた。

 

DSC04326.JPGDSC04328.jpg


意識が回復したのでスーパーへ買い出しに行って、2時間ほどかけてランチにスリランカ料理を5品作った。食べながら福岡国際マラソンを中継で見てたけど、事前の大きな期待にしっかりと応えて結果を出した大迫の走りは圧巻。1~4位までの選手が全てNIKEのヴェイパーフライを履いていたことから、自分の中でももはやこのシューズは無視できない存在に(ー_ー)!!優勝したノルウェーのモーエン選手は自己ベストを大きく更新するタイムを記録していたけど、アフリカ勢のようなしなやかな体型というよりはパワーで押すタイプのがっちりした体形に見えたところも、このシューズとの相性という意味で気になるところ。

 

DSC04331.JPG
常備菜を数点作って、急いで着替えて京都へ。今晩は大好きなお店でのディナー。その前に自分は新京極のSTEPへ寄り道して、adizero takumi sen boost3の試着を。知らなかったが、今年のわりと早い段階で、アディダスと三村さんの契約が終了したそうで、つまり今後はこの匠シリーズの新作が出ることはおそらく無いだろうとのこと。一部で12月1日にtakumi sen boost4の名称で出回っていたシューズは、単なるboost3の別カラーだった。しかしこれ、アディダスのサイトを見ても非常に紛らわしい掲載がされていて、これをboostの新作だと思って購入する人がいてもおかしくない。こういう宣伝の仕方が、いまいちアディダスを好きになれない大きな理由でもある。とりあえずboost3を購入するつもりで出かけたけど、先のヴェイパーフライの存在が気になっていまい、この日は購入を見送った。夕方で足が浮腫んでいたせいもあるのか、試着した感触としては、boost2よりハーフサイズアップしたものがジャストフィットだった。

 

DSC04333.JPGDSC04336.JPGDSC04338.JPGDSC04341.JPGDSC04342.JPGDSC04346.JPGDSC04347.JPG
17時からディナー。朝のエネルギー切れによるダメージが尾をひいており、いつもより食べられない。。泣く泣くデザートは断念。次回は絶対ティラミス食べる。

| かっつん | 20:33 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode