Page: 1/674   >>
さようならiPod shuffle

先日のランで大汗をかいて水没故障させてしまったiPod Shuffle(4th)。また、買い換えかーと思って見ていたら、先月末でAppleが販売終了を決めていたという話を知った。iPod Shuffleとの出会いは初代が出た2005年に遡る。その頃はまだランニングはしていなかったんだけど、ちょうど板ガムを数枚重ねた程度のボリュームの躯体に、たしか512MB分の音楽データを入れて、今からしてみれば信じられないぐらい飾りっ気のない白いナイロンストラップで首からかけてどこにでも持ち歩いていた。それまでの携帯型音楽プレーヤーといえばもっぱらSONYのMDウォークマンを使っていたような時代で(もちろん進んでいる人はシャッフルではないiPodを使っていたんだど)、そこに登場したこの限りなくシンプルで、小さく軽く、必要最低限にして十分な機能を携えた安価なshuffleの登場は、そう浅くはない自分の音楽生活にかなりのインパクトをもって入り込んできた。先のストラップが黄ばんでくるぐらいにいつも携帯しヘヴィユースしていた初代shuffleは、そのシンプルさゆえに壊れることもなく、その間にAppleからは第2、第3世代のシャッフルが発売され、そして2007年に発売された第4世代のシャッフルこそが、携帯型音楽プレーヤーの一つの到達点とも言えそうな魅力をもったアイテムだった。


この上なくシンプルで小さなその躯体には、音楽を携帯して持ち歩く中で、こうだったらいいなと漠然と感じていた要素がそのシンプルさゆえに過不足なく実現されていて、これは本当に凄い製品だと興奮したのを覚えている。そこには、昨今のように処理速度や容量といったスペック上の数値で競い合うのとは全く別のベクトルを持った、革命的なアイデアの力が在ったと思う。自分の中ではこの、第4世代のshuffleを超えるようなApple製品はこれまで出てきていないし、きっとこれから先も出てこないだろうなと感じている。4度目か5度目の買い換えで、そしてもしかしたらこれが最後のパートナーになるかもしれない新しいiPod shuffleを手元に見ながら、そんな昔日の記憶を思い返していた。

| かっつん | 21:08 | comments(0) | - | pookmark |
最遅レコードを記録

8月14日月曜日。いつものように朝ランはなしにして、その分ゆっくり寝た、、、と言いたいところだけど、寝不足感は否めず。引き続き奥さんはお盆休みだけど、ワタクシはカレンダー通りにお仕事へ。毎年この時期になるとお盆ダイヤに変わっていることを忘れるのだが、今年は覚えていた←どーでもいい。


朝に鉄サプリを飲み忘れたのが関係してか、久しぶりに立ち眩みが酷い。ただ、3日連続で距離走をしたわりにはダメージがあまりなく、ペースを落とせばあれぐらいは大丈夫なんだと分かった反面、それほどダメージがない強度だとトレーニング効果がかなり低いんではないかと考えてしまったり・・・

 

DSC03984.jpg
帰宅して晩ごはんは毎週1回は作っている冷しゃぶに、実家から貰ってきた素麺をあわせて食べた。今回はエスニック系なタレではなく、久しぶりに茅乃舎だしを使って作った。

 

風呂前にローラー。

 

8月15日火曜日。起きてみると予報通り雨。それほど強く降っていなかったので、着替えてランへ。今週も故障しない範囲で愚直に坂道走の予定。雨だとウォーキングする人やランナーもほとんどおらず、快適。ついでに体感的にも相当に涼しくて快適。ペースを上げる必要はなく、とりあえず上りをこなせればいいという考えで住吉台方面へ。抑えた速度なので心肺的にもそれほど苦しくなく、まだ週末の疲れをひきずりつつある火曜日のジョグとしては悪くない感触。下りはスリップして転んだりしないよう注意しながら。途中、下りでも体幹を軸にしっかり走れている感じがあったり、こちらも悪くない印象。だいたい先週の平日と同じでキロ4半ぐらいで走ってたのかなーと思ってログを見たところ、ave.4:44/kmとこのコース最遅を記録(+o+)走ってる最中の感触が悪くなかっただけに、なんかビミョーな気持ちに。。ついでに平均心拍も体感より高めの141bpmだった。

 

DSC03987.jpg
晩ごはんは少し久しぶりなレシピ。鶏肉と根菜を黒酢をベースにしたタレで照り煮に。帰宅して20分ちょいでできてしまうお手軽メニューだけど、これがめちゃくちゃ美味いのだ。スナップエンドウとかアスパラガスとかがあればグリーンな差し色になってキレイだったんだけど、生憎そんなものは無かったので冷凍グリーンピースで埋め合わせ。

 

8月15日水曜日。暑い暑いと言っている間に季節は進み、気づけば起床時にはまだ薄暗い、そんな環境になっていた。ものすごーく眠くて、正直、ベッドに戻ってまた眠りたい気分が半分以上を占めていたけど、なんでか知らんが踏みとどまって着替えてジョグへ。完全な思いつきだけど、今月は故障しない範囲で愚直に坂道走を繰り返そうと考えていて、今朝も住吉川の周回コースから渦ヶ森の登坂へ入っていった。シューズは今日が2回目となるNIKEのズーム・エリート9。シューレースを少し緩めてみたところ、前回あったような圧迫痛はほとんど解消されて(終盤で少しだけ痛みは出たけど)、全般に悪くない感触。


ここ最近はペースがかなり遅いのもあってか、足自体はそれほど重くない。以前だったら坂道走の翌日なんかは疲労物質がまだ足にたっぷり残っていて大変という感じだったんだけど、最近は慣れが半分、それほど追い込めていないのが半分といったところかしらん。今朝もそれなりに息は弾むけど苦しくって今すぐやめたいと思うような心拍には程遠い強度で淡々と登っていた。上り坂をこれぐらいの速度で一定のリズムを刻みながら上っていくのは、苦しさよりも何とも言えない気持ち良さ(昂揚感?)が勝ってくる。気温が低めなのか、発汗量も少なめ。復路も悪くない感触で下って帰宅。だいたい前回と同じでキロ4半切れてたらいいなーと思って手元を見るとave.4:35/kmと遅すぎ。今回もまたこのコースの最遅レコードとなってしまった。。そらキツくなくて気持ち良くも感じるはずだわ。。体感よりも実際のペースがこれだけ遅いほうにズレていて、加えていうと平均心拍が思ったより高めでかつ最高心拍は低い、というのはあまり無いことなので、自覚している以上に身体は疲れていて、無意識下で何かストップがかかっているのか?とも考えたり。

 

DSC03999.jpg

晩ごはんはリンゴのポークジンジャーソテー。冷蔵庫にあるもので、、、という前提で作った料理で、これまた帰宅して20分ぐらいで出来るお手軽なレシピ。すりおろしたリンゴ効果で、安いテキカツ用の豚肉が下処理なしでも十分に柔らかくなる。昨日のプレート共々、奥さんからはかなりの高評価だった。付け合わせにナスと赤パプリカのマリネ。これまた一瞬でできる料理だが、ビネガーとスパイスに少し工夫をすればかなり美味しく出来上がる。

| かっつん | 21:20 | comments(2) | - | pookmark |
背骨が歪んでいる

DSC03819.JPG
8月12土曜日。目覚ましが鳴って起きたけど眠くて30分だけ二度寝しようとしたらタイマーの設定時刻を間違えてしまい、気づいたらもう空が明るくなってきていたという。慌てて用意をして6時にスタート。昨日の坂道30卅の筋肉痛はなく、ただし蓄積疲労で今日はもうオフにしたいと思うほどに身体はだるい。モチベーションを保つために、先日購入したNIKE Air Zoom Speed Elite9を投入することに。ランニングを始めてから5年ほどにして初めてのナイキ。今年2月の別府大分毎日マラソンの際、親しくさせてもらっている同年代ランナーのNさんからLUNA SPIDER R6を試着させてもらってたんだけど、その時の足入れ感が良かったのを覚えていた。

 

NIKEのチャートによればこのElite9はサブ3.5カテゴリに位置づけられてたけど、210g強という軽さもあって、サブ3クラスとしても全然OKなんじゃないかと思える佇まい。足入れした最初の印象としては、足首周りがカッチリしている&爪先部のスペースにはわりと余裕があるという感じ。特に足首周りのカッチリとした固定感は、レース時に履いているターサーなどと比べても強いように感じる。室内試し履きで歩いてみると、ヒール部のクッショニング(ズーム?)をかなり感じるけど、実際に走り出してみると、思いのほか接地の感触は硬めで、聞いていたようなアッパーのフニャフニャ感もなく。ただ、シューレースを適当に調節して走り出したのもあってややキツ過ぎたようで、走り出して3km行かないうちに右足を中心に圧迫痛が出てきてしまった。こうなると足裏にかけて熱をもったような痛みが広がってくるので結構辛い。元々疲れ気味だったのもあって、早々に坂道走は諦めて平坦コースの六甲アイランド方面へ。スタートが昨日より40分ほど遅いのもあって、走り出しからモロに陽射しがあって暑い。。これはだめだ、15劼農擇蠑紊欧撞△蹐Δ塙佑┐覆ら周回コースを一周。そのまま住吉川方面へ帰っていったところ、太陽が雲に隠れたおかげで若干走りやすそうな天候に。これなら住吉川沿いの登坂コースに入ればさらに涼しくなるかも!?と思い直してそのまま住吉台方面の上りへ向かった。足のほうは熱くて痺れるという段階を通り越して、体感的には逆に痛みが遠のいたような状態。前日に30匣籠餐をしたわりにはハムストリングスなどに強烈な疲労が残っている感じでもなく、速いペースではないけど淡々と上っていった。全体的に心拍は上っておらず、後でデータを見るとave.136bpmとかなり低い。トレーニング効果は低いけど、9月の村岡対策としてはこの内容でも間違っていないはず、、、トータル23.0/405m↑で終了。

 

DSC03842.jpg
朝ごパンは先日に焼いたパウンド。コーンミールとセミドライのアップルミントを組み合わせた少し変わったレシピ。そのままでも美味しいけど、ヨーグルトやジャム、メープルシロップなどを合わせて食べるのも良さげ。

 

DSC02925.JPG
この日は実家へ帰省。と言っても大阪なので、ドアtoドアで1時間ぐらいなんだけど。母親と弟と3人で、ランチは実家近くでお気に入りのインド/ネパール料理店へ。相変わらずのコストパフォーマンスで今回も美味しかったけど、インパクトとしては初回>>2回目>今回という感じか。初回がディナータイムだったのもあるけど、味にもう少し複雑なスパイスの深みがあったような気がしないでもない。飲食店って美味しいだけでは必ずしも継続していけない難しさがあって、特に最近はそうした厳しさも一段と増していそう、、、と一消費者として感じているので、特に何ができるわけでもないけど、こんな美味しくて良いお店には頑張ってほしいと思うワタクシめ。少しでも利益になればと思い、MUSTANGビールを注文して飲んだ←単に自分が飲みたかっただけ。。


ところで最近は実家へ帰った際には、鍼灸の専門学校へ通っている弟に指圧をしてもらうのが常になっている。そのたびに確実に腕が上がっているのを感じるけど、今回もバイト前の忙しい時間を削って30分ほど指圧してくれた。主な指摘事項は以下のとおり


’惺の一部が曲がっている
∈幻のみ一部にコリがある
G惷攫りがかなりガチガチ


,砲弔い討魯妊好ワークなどでの姿勢の歪みから来ているのかも?とのこと。本人には特に自覚なし。△砲弔い討楼柄阿ら書いてるように、普段のジョグなどで距離が15劼鯆兇┐襪△燭蠅砲覆襪函決まって左腕がだるく痺れたようになる症状が出てくる。腕降りなどフォームに原因があるんだろうなと思いつつ、もう1年以上ずっと治らない。この左肩のコリもそれが原因だろう。これが背骨の歪みとも多少なりとも関係しているのかは不明。に関しては、トレランや坂道走などでの登坂距離が増えたことに因る。上りだと自分が思っている以上に背筋群を使うようで、富士登山競走の6合目以降では、ハムストリングス以上に背筋(多裂筋)のあたりがガチガチに張っていた。普段の補強運動として背筋は毎日100回やってるけど、たぶん全然足りてないんだろう。弟いわく、一般的には肩周りなど上半身はガチガチに凝っていても、腰回りになるとふにゃふにゃな人がほとんどだとのこと。今回はこの背筋周りを中心にほぐしてもらい、かなり身体がラクになった。ちなみに自分としては肩甲骨周りが硬くてそれが腕降りの可動域にも影響してるんじゃないかと思ってたけど、これも弟によると、一般的な観点からは柔らかいほうだと言われた。2年前に行った鍼灸整体院でも同じようなことを言われたので、左腕がだるくなる症状やフォームの悪さなどはまた別のところに要因があるのかもしれない。

 

DSC02930.JPG
昼もたくさん食べたが、夜も母親の料理をお腹いっぱいになるまで食べた。料理が上手い人の特徴で、作り方や調味などを聞いてもほとんど「適当に」とか「その場で味見しながら」とかいう答えが返ってくるので参考にはできないけど(笑)いつか自分もこんなゴハンが作れるようになりたいなーと、帰ってきて食べるたびに思う。

 

8月13日日曜日。昨晩は蚊に刺された痒みで夜中の3時に目が覚めるという悲惨。寝ぼけながらベープをつけたけど、なぜかそいつが効かずさらに4か所ほど刺されて悶絶するという地獄を見た。そんなんで起きる時間になったもんだから寝不足感が半端なく、暑いしもうやめて寝ようよーと囁く自分の中の人がいたが、それほど強い声ではなかったため振り切ってジョグへ。三連休の当初予定としては全て坂道走で80劼倭りたいと考えていた。んでもって自分の場合、休日前に目論んだこうしたワークアウトって、大抵は初日で疲れ果ててしまって回復が追い付かず後が続かないパターン。今回も2日目にして大幅に獲得標高を減らすことになってしまって、今朝も足が向かったのは平地の六甲アイランドコース。足のほうは、先週の水曜から坂道を中心に距離を走っているわりにはそれほど強烈に疲れている感じもなく、まぁペースは遅いけど普通に走れる感じ。加えて今朝は、ここ数日と比べると格段に湿度が下がって、体感気温が低く感じられる。15劼任笋瓩襪、平地で20劼砲垢襪、後半に坂道走を入れてみるかという選択肢をぐるぐるとさせながら六甲アイランドを周回。ちなみに昨日のジョグ中の多量の発汗によって、またまたiPod shuffleがお亡くなりになってしまった。ペースがダラダラしたものだけに、無音だと精神的な退屈さや苦痛が倍増する気がする。とりあえず周回コースを一回りして、発汗量が少なく行けそうだったので坂道走をすることに。住吉川沿いを遡上しながら、少しライトな住吉台方面に行くか、よりガッツリ登る渦ヶ森にするか考える。そうなってくるといつもの「せっかく走りに出たんだから」という貧乏根性が働いて、後者のガッツリ系な渦ヶ森を走ることに。このぐらいの遅ペースだと、走れば走るほど身体が慣れてきてラクに走れるなーと思いつつ、それでも終盤の区間ではそれなりにゼーハーしつつ頂上まで。下り始めるももうちょい行けそうだったので、短めの上りループを追加。結局はトータル27.3劼600m弱↑と、当初ノルマの最低ギリギリのラインはこなした感じ。

 

DSC03893.JPG
朝食はスイカとかイチジクとか。身体が水分を欲している。

 

DSC03914.JPG
奥さんは実家へ帰省中なので、昼ゴハンは一人で簡単に。ブライニング処理した鶏むね肉で蒸し鶏を作って、フレッシュなサルサ・メヒカーナをソースに見立てて食べた。トルティーヤは以前作って余ったのを冷凍保存していたやつ。映画『硫黄島からの手紙』『ブラッドダイヤモンド』を観ながらだらだらと。朝のトレーニングで脱水が激しすぎたのか、その後ずーっと頭が痛い。。ビールを飲んだらさらに頭が痛くなり・・・

 

DSC03928.jpg
それほど欲していないのにスコーンを食べたり焼きたてのリュスティックをつまんだり・・・

 

DSC03973.jpg
以前から欲しいと思っていたヌードルメーカーを買ってしまったので、晩ゴハンは早速これで生パスタを製麺してみることに。初めてだからプレーンなそれにすればいいのに、冷蔵庫にほうれん草があったので、茹でたそれを練り込んでみることに。シート状にも出せるのでフェットチーネもできるんだけど、カットする術が包丁しかないので今回は1.6个諒震融斗佑如ビギナーズラックもあってか、思っていたよりはうまくできた。ソースは生ハムやアスパラガス、キャベツなどが入ったクリーム系。さすがに生パスタはもっちもちで、いつも食べている乾麺とはまったく別物って感じで美味しかった。奥さんの分も作ったけど、鰻食べてきたから要らん、とのこと(ー_ー)!!ワインはカリフォルニアワインの有名メーカーPAINTE BRIDGEの安旨な赤。Zinfandel(primitivo)というとかなり濃い(クドい)印象があってガッツリ肉系と合わせるような葡萄品種だけど、こちらのは明るい華やかさがあってスルスルと飲みやすく、今日のようなパスタでも十分に相性が良かった。グラス3杯ぐらい飲んだけど、悪酔いする感じもなく。これはリピしてもいいな。

| かっつん | 22:09 | comments(0) | - | pookmark |
滅多にやらない買い食い

DSC03831.JPG
8月11日金曜日。祝日。いつもだるいだるいと書いているこのblogだが、それでも最近のダルさは睡眠や休養の不足からくる身体からの正常なサインの範疇といった感じで、以前みたいに脳が何らかの拒絶反応を示している感じの病的なそれではなくなった、ように思う。ま、この辺は高強度のトレーニングをやらなくなった(出来なくなった)ことが大きいんだろうけど。

 

そんなことをぼんやり5分ほど考えながら準備をして、5時20分頃からジョグへ。起き抜けなので身体は重いが、脚の蓄積疲労は予想していたよりはマシで、それなりには走れそう。昨日まで気になっていた左ハムの強い張りも気にならない程度まで回復した模様。しかし昨日に引き続いて湿度をたっぷり含んだ空気は重く、直射日光こそないものの相当に暑い。。息を吸っても酸素があまり入ってこない感覚があり、いつも以上に苦しい立ち上がり。今朝は村岡を意識して、坂道コースで距離走の予定。最初に山幹の1本上の道を通って高羽のほうへ向かい、そこから鶴甲のほうまで上っていく。数値上は渦ヶ森よりも斜度・距離ともに楽なはずなんだけど、視覚的な問題なのか、体感的にはいつもここの上りが辛く感じる。のっけから相当な発汗量で、これは携帯しているsimple hydrationのボトルだけじゃ足りんなと早々に思いつつ、走るというよりは耐えるといった様相でなんとか上り切って、ペースを上げ過ぎないよう注意しながら来た道を下り返す。この時点で発汗のためシューズの中までグチャっとしていて不快(-"-)接地のたびにズチャズチャいうその音に軽く萎えつつ、せっかく走りに出たんだからという貧乏根性により渦ヶ森の登坂を開始。川沿いで木陰も多いため、傾斜がキツく厳しいけど夏場には有り難いコースとも言える。ここに来るまでに給水ボトルの中身が3分の1ぐらい(100婉)になっていて、登坂の途中で自販機休憩することに。極力停止時間は短くしたいので、水を買って一口含んで、残りは道端に置いてそのまま上りを再開。ランの途中で自販機ストップを入れたのはたぶん3年前の夏依頼。その時はコーラをボトルに移した結果、噴出して全身がベトベトになったのを覚えている。。ラン中に止まるのはイヤだけど、ヘタに給水を我慢して熱中症にでもなった日にはエラいことなので、ここは大事をとって・・・とそんなことを考えながら、いつもながらに最もキツい上り返し区間をこなす。ここでエネルギー的にも大事をとって、ジェル1本を補給。渦ヶ森の下りでは右足のインソールが折れ曲がる状態になって不快度↑。昨年の村岡でも途中からこうなったけど、シューズ内が濡れてくる&下り坂になると初代cliftonのインソールはヘニョヘニョに折れてしまいがち。止まって直してもどうせまたすぐ同じことになるので、そのまま走り続けて先ほどの給水地点へ。ここで空になった手持ちボトルへ先ほどの水の残りを移して、再度別のループから渦ヶ森を上り返す。脚はヘロヘロで全然スピードは出ていないが、走り始めの辛さキツさと比べると、淡々とスローペースで上る分にはむしろ身体が動きに慣れてきた分だけ余裕があるように思う。そうしてヘロヘロと上まで行って、またまた下って今度は住吉台方面へ上り返す。川からの涼風が吹く区間は、体感温度が5℃ぐらい下がってもうちょい頑張れそうな気分になったり、しかしこんなんで本当に村岡120kmは完走できるんだろうかと毎度のことながら心配になる。そういえば今朝はお盆ということもあって、霊園があるこの辺りはお墓参りとおぼしき車列が早朝から少なくなく。怪しい運転の車もあったため、撥ねられて自分が霊園入りにならんよう気をつけながら走っていた。最後に短い上り周回をプラスして、結局は30劼900mほど登って終了。ave.4:46/kmと、だいたい体感していた程度に遅く、ベストコンディションでないとは言え、もう少し速く走れてたらなーと、思ってもしょうがないことを考えたり。

 

DSC03780.jpg
暑さでバテバテのため食欲はあまり無く。昼にしっかり食べることにして、朝ごパンはスコーンとヨーグルト。フラフラとしながら買い物に行って、コンロとオーブンの熱気のWパンチにやられながらお昼ゴハンの準備。

 

DSC03804.jpg
今日は肉を食おうと決めていたので、ちょっとだけ良い牛肉をステーキにして、それをメインにしたプレートで。牛肉は2時間ほどブライニング処理をしてから、低温調理で30分プラスα。最近はもう、霜降りよりも赤身の旨みを噛みしめるほうが嬉しいそんな年齢になってしまった。つけあわせは当初はカリフラワーのマッシュなんかを考えてたけど、スーパーで良いのが売っていなかったので、変更してカブのポタージュに。あとはリンゴとブリーチーズのサラダとラペ。映画『キングコング 髑髏島の巨神』を観ながらハッピーなお昼ごはんタイムだった。

 

DSC03852.jpg

おやつにメロン。

 

DSC03856.jpg

DSC03871.JPG
晩ごはんは珍しく饂飩。羊挽き肉で肉味噌的なものを作って、焼きナスとか色々トッピングして食べた。

| かっつん | 20:03 | comments(0) | - | pookmark |
3日連続の距離走

日々確実に疲労は蓄積してるけど、ペースが遅いせいか思っていたほどではなく。とはいっても食べたり飲んだりも含めて身体が休まる時間がなく、ちゃんと労わってあげないとどこかで壊れることは間違いないので気をつけねば。←言うだけ。

| かっつん | 21:28 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode