Page: 1/768   >>
心身共に崩れた週

4月15日月曜日。珍しく週末に仕事のことをちょっと考えてしまったりしたのでそれに引きずられる形でいつも以上に疲労感の強い週明け。ランオフにしても結局は走る日と同じような時間に目が覚めてしまうため、寝貯めという点ではあまり意味がない。どちらかというと前日夜に「明日はゆっくり寝られる」と思う幸福感があるぐらいかしらん。

 

DSC09949.JPG
朝から仕事でバタバタしつつ、結局何も進んでいないような感じで帰宅して気分転換の意味合いでローラーを35min。晩ゴハンはパスタ。

 

DSC09950.jpg
4月16日火曜日。メンタル由来の可能性大だけど、睡眠サイクルとの関係も悪かったのか、目覚ましが鳴って起きるもかなりしんどい。なもんで正直「ペース走いややなー」という気分が全開。しかし走るには最高な気候に助けられて「とりあえず無理のないペースで走ろう」というところまで気持ちを持ち直して着替えてスタート。

 

シューズはTakumi sen boost2。後でログを見ると、これもまだ100kmも使ってなかったのね。腰周りから臀部にかけて重たさがあり、全体に疲れが溜まっているのもあってやはりペースを上げられる感じがない。とりあえず最後まで持続できそうな体感ペースで入って後は淡々と距離を刻むだけ。大したスピードでもないのに、5kmほどいくと次第にキツさが増してくる。ひたすら我慢我慢我慢でトータル15km。ave.3:56/kmと最低限のラインはクリアできたけど、平均心拍150bpmは期待値よりもだいぶ高め。

 

DSC09957.JPG

DSC09955.JPG
今日もまた何をやってるか分からんうちに一日が終わった感じで、身体は疲れてるけどちょっと気分転換が必要だったのでローラー20min。時間は短いながらも平均3.3倍w/kg程度では踏んだのだが、それでも平均心拍118bpmでSTRAVAの相対的トレーニングスコアはたったの5だった。ちなみに今朝のランだとこのスコアが107なので、単純比較するといかに自転車トレのトレーニング効果が低いのかが分かる。体感的なしんどさとしては、この数値のような開きがあるようにはまったく思えないのだけども。それだけ身体がランのほうに強く順応しているということかもしれん。晩ゴハンは定番の鶏もも肉の黒酢照り煮。

 

4月17日水曜日。昨晩はかなり疲労感が強く、喉の違和感も含めてちょっと体調を崩しかけてるなーという感じ。目覚ましが鳴って起きるも、走りに行くのを身体が相当にイヤがっている感じ。ただ、気持ちよく二度寝できそうな感覚でもなかったので、とりあえず軽くジョグだけでもと着替えてスタート。走り出してみていけそうだったらいくつもりで、一応シューズは坂道走用のClifton3を履いて出た。住吉川沿いを遡上し、キツくなったら途中で折り返すつもりで渦ヶ森の登坂へ。ゼーハーしないペースで淡々と登っているうちに自然と身体がそのリズムに慣れてくる感じで、少しずつラクに身体が動き始めてきた。葉桜に変わりつつある木々を見て気を紛らわせながらとりあえず頂上まで。身体は面白いもので、ここまで走ってきた後のほうが、起床直後のめちゃくちゃしんどい感覚と比べてかなりラクに気持ちよく感じられること。途中まで下ってから短い上り返しをプラスして、下りは飛ばしすぎないようにセーブしながらトータル14.2kmで獲得標高400mほど。速度のほうもave.4:19/kmで、想定していたよりもまともなタイムだった。

 

DSC09958.jpg
引き続き気持ちばかりが急いて、仕事はまったく進まないままに少し残業して帰宅。晩ごはんは先日のイベリコ豚のアレンテージョ風の残りとサラダなど。風呂に入る前にローラー25min。まだ1年も使っていないはずなGARMINのプレミアムHRMのストラップが切れてしまい、心拍が計測できないためトレーニングスコアはゼロだった。

 

4月18日木曜日。久しぶりに仕事の不安で目が覚めてココロがザワつくイヤな感覚を味わう。横になっていても眠れず辛いので、ゆっくりと起き出してジョグへ。普段は「レースのためのトレーニング」という位置づけになっているランニングだけど、ココロが疲れているときや不安感に苛まれているときなどは、ゆっくりとジョグすることでその辺がリセットされて気持ちが軽くなる効果が確実にある。なので今朝も漠然とした不安感を解消すべく、意識的にかなりペースを落としたジョグで16kmほど。走り終わると、先に無闇に心配だったことも「まぁなんとかなるかな」と少しは楽観できていた。


しかし結局日中は思う通りに事が進まず、というか自分の力の無さを痛感してばかりの内容で再び気持ちが疲れてしまった。残業した後に、珍しく同じ部署の人たちと少しだけ飲みに行った。空腹のまま、30分少々で生中を4~5杯飲んだおかげで、最近ではほとんどなかったような酔いの回り方を感じた。帰宅してすぐにシャワーを浴びて、寝た。

 

4月19日金曜日。過度の飲酒の悪影響をありありと感じる寝つきの悪い夜で、2時過ぎに一度目が覚めてからは半覚醒状態のままあまり眠れず、水を飲んだりトイレに行ったりしながら5時過ぎにベッドから出た。頭が痛くて気分も悪く、軽い二日酔いの状態。今日も歓送迎会があるのだが、アルコールは控えめにして食べるほうに専念しようと思いながら着替えてジョグへ。軽く汗をかいて少しでも身体が軽くなりますようにと思いながら10kmだけ。しかしいつもの金曜日と比べても相当に身体の状態が悪く、動きにまったくキレがないし心肺のほうもキツい感じがする。あらためて良い身体パフォーマンスのためには普段の生活管理がいかに重要かというのを逆説的に実感しながら、それでも走り終わった後は少し身体が軽くなっていた。先週と比べると今週は心身ともに疲労気味で、バイオリズム的にも低い周期だったような気がする。来週末のレースに向けて、ここから上げていければいいんだけど。夜は歓送迎会。心身ともにかなり疲れているのを感じる。しかし自分のメンタル、ここまで弱かったかしらんと我ながら情けなくなる。

| かっつん | 20:55 | comments(0) | - | pookmark |
NIKE VAPORFLY 4%(2足目)

4月9日火曜日のこと、スマホへナイキアプリのほうから通知が来ていて、一部で先行販売されていたヴェイパーフライの新色がオンライン購入できるとのこと。転売のほうもさすがに落ち着いたのか、今回はものの数分で売り切れることもなく、昼休みの時間になってもまだ普通に買える状況。巷の噂では「4%」のリリースはこれが最後で、次は名称未定だけどバージョンアップされた「5%」的なものが登場するんだとか。

 


「でももうシーズン終わってるし、あと半年もすればセール価格で「4%」が購入できるようになってるかもしれんから今は買わんでいいやろ、こんな高価なューズ」と理性的に判断する自分がいた一方、「いやいや、次のモデルが全然あかんかって、やっぱり「4%」は神シューズやったな、って皆が欲しがっても初代ヴェイパーフライみたく廃版でもう二度と買えない状況になってるかもよ?そしたら次のシーズン、どのシューズで走るん?一足ぐらいストックしといたほうがええんちゃうん?」と囁くもう一人のアホな自分がいた。そしてそのアホなほうの自分に従って購入。

 

もちろん練習でこれを使えるようなブルジョワではないので、秋以降のレースシーズンまでは箱入りのまま置いておくことになりそう。しかしナイキの販売戦略に見事にハマっている感じがする。これまでの感覚からしたら、いくらレースシューズとはいえ耐用距離160kmと言われるそれに3万円を願わくば、この半値ぐらいで普通に買える状況が来れば嬉しいのだが。

| かっつん | 20:18 | comments(0) | - | pookmark |
北の地獄

4月14日日曜日。昨日は長めに走ったわりには疲労感はそれほどでもないかなと思っていたのだが、今朝起きてみるとかなり身体が重い。走って飲んでようさん食べてまた自転車に乗って、ってやってるから、たぶん内臓が休まる暇がないんだろう。背中に重さを感じるのはきっとそっち系の疲労があるということ。とりあえず一歩も動きたくないぐらいのしんどさだったけど、軽くジョグしたほうが結果的に身体がラクになるというのは分かっているため、とりあえず5kmだけでもと着替えてスタート。

 

そういえば昨日になって住吉川沿いの工事関係の封鎖が解かれていたのは、今日開催される東神戸マラソンの関係もあるのかしらん?とか考えながら、少しずつ身体が解れてくるのを感じつつキロ5前後のかなりゆっくりしたペースで六アイのほうへ向かう。昼前から天気が崩れるって予報だったけど、まだしばらくは大丈夫そう。そういえば今日は伊吹山ヒルクライムも開催されるんやった、とか思い出しながら、雨だと寒くて下山がキツいやろうなーとか、今年はまだ一度もバイク実走してへんわ、とか考えながら結局は騙し騙しで六甲アイランドを周回してトータル16.5km走って終了。ave.4:45/kmと最近の中では一番のスローペースだったけど、おかげで起きた時よりもだいぶ身体がラクになった。

 

DSC09908.jpg
朝ごパンに、昨日焼いた桜あんぱん。生地の加水量を増やしたので成型があまりうまくいかなかったけど、桜餡を包んだミルキーな生地が美味しかった。

 

ランチにはシャラン鴨を低温調理して、香草パン粉焼き風にオーブンで仕上げたものをメインに。パンを焼き出すとやっぱり楽しくて続けざまに焼いてしまうのだが、今日も胡桃とアーモンドのカンパーニュを仕込んで、焼きたてのそれと一緒にいただいた。

 

DSC09940.JPG
さておき、今日はフランダースクラシックの最終戦、北の地獄ともクラシックの女王とも形容されるParix-Roubaixが開催される。ツールのようなステージレースにはステージレースならではの面白さがあるけど、やっぱり全ての選手が己の全力をかけてぶつかりあうワンデーレースの興奮には敵わないなと思うこの頃。およそ普通であればまともに走ることなんて出来ないだろう激烈な石畳区間を50km以上も含む全長250km以上に及ぶこれ以上過酷なレースはないだろうと思ってしまうほどに過酷なレース。今年は逃げらしい逃げがほとんど最後まで決まらず、見ているだけで吐き気がしてきそうなほどに過酷さを極めて見えるレース展開だった。Jスポの実況・解説陣の良い意味でワイワイと盛り上がったトークも久しぶりに聞いて、やっぱりこっちのほうが面白いなと思ったり。
 

DSC09942.JPGDSC09946.JPG

ピザとワインでパリールーベ観戦とか考えてたけど、さすがにお腹が空かないのとアレコレ作り過ぎて疲れていたのでパスタにした。

| かっつん | 20:20 | comments(0) | - | pookmark |
33.33km

4月13日土曜日。目覚ましが鳴る前に目が覚めた。例によってこれから走る距離のことを考えると少し憂鬱になるが、走っている最中、特に坂を上りきった時の達成感というか爽快感みたいなものを思い出すなどして気分を盛り上げつつ、先週よりも20分ほど早い5時40分頃にスタート。手袋なしだと若干手が冷たいなと感じるような気温。でも暑過ぎず寒過ぎずで走るのには最高のコンディションかも。コースは先週と同じく、六甲アイランドを周ってから後半に坂道走を入れる予定で。もしもしんどかったら20kmで切り上げて帰ってもええで〜とか、キロ4半超えるようなペースでも全然OKやで〜と、嫌がる自分の脳を騙し騙す感じで、キツいと感じない強度で距離を刻んでいく。


いつもよりはZOOM FLY SPの独特のクッション・反発を感じないなーと思いながら、六アイの外周へ入って、一般道とはスケール感の違う直線的な外周道路を淡々と進んでいく。土曜日は路肩にたくさんの大型トラックは止まっているものの、基本的にこの時間は人や一般車両の動きはほとんど見られず、どこかしら非日常な感覚を味わえるところが面白い。今日のランチの組み合わせのことなどを考え気を紛らわせつつ、周回コースを一周して15km。平地だけ走ってお茶を濁そうかという弱気にも駆られつつ、とりあえず住吉川方面へ戻る。昨日まで閉鎖されていた川沿いの東側通路が開放されているのを「???」と横目に見ながら遡上していき、そのまま渦ヶ森の登坂へ。上り始めから既に脚がかなりキツくて、体感的には歩いているような速度で無駄なことを考える余裕もなく進んでいく。

 

Screenshot_20190415-204715.jpg

ただ面白いことに、後でログを見るとこの登坂区間は平日早朝に走っている時よりもペースが速く、かつ今回は先週末に走った際よりも速かった。この辺のペースは体感速度や主観的なキツさとは全然一致しない。先週末で終わりかしらんと思っていた桜も、ここ渦ヶ森では今週こそが満開で、朝の透明な光に照らされた桜並木の下を走る時間はなかなかに贅沢。登って下って、また少し登りかえしてから下って、先週よりも少し距離を延ばしてゾロ目にしようと33.33kmでフィニッシュ。

 

 

キロ4半アンダーならOKだと思ってたけど、実際はave.4:14/kmと速め。平日トレの蓄積疲労がある状態で、このぐらいのキツさでこのペースが出せるなら、それなりに疲労抜きをしていけば再来週の香住ジオパークフルマラソンでのキロ4も不可能ではない目標かなーと思った。

 

DSC09878.jpg
走った距離のわりには元気で、朝ごパンを食べてすぐに食材の買出しに行って、ランチの支度。

 

 

今日はポルトガル料理で、豚肉とアサリのアレンテージョ風、タコのリゾット、エビと文旦のサラダ。KALDIで買ったポルトガルの赤ワインを空けたけど、これはまぁ値段なりというか、特に「おぉ!」となるような味ではなかった。KALDIで取り扱うポルトガルワインは1,000円前後でもかなり美味しいものが多いんだけど。

 

DSC09898.JPGDSC09900 - コピー.JPGDSC09902.JPG
昼からはパンを焼いたり映画を観たりして過ごし、夕方にローラーをしたけど150wぐらいしか出ず。自覚しているよりも身体は疲れているのかしらん。晩ごはんは真鱈のカレー風味ムニエルとお茶漬け、枝豆など。

| かっつん | 20:53 | comments(0) | - | pookmark |
香住ジオパークフルマラソンの目標タイム

4月12日金曜日。今朝は短距離のつなぎジョグなのでわりと気楽に起床。とは言え、仕事のほうの気がかりで若干ココロが重いのだが・・・。住吉川の東側は国道より南が工事のため基本的に通行できない感じになっていて、周回コースとしてちょっと使い難くなってしまった。気になるのは、今回全面的に舗装をやり直したとしても、また梅雨末期から秋の台風シーズンにかけての大雨で河川が溢れた際に、同じように捲れてしまうんじゃないかしらん?ということ。まぁその辺は道路工事の専門家でもないのでよくわからないけど。

 


今日はなかなかに忙しく、いささか気が重くなるような案件をいくつか抱えつつ帰宅。すると10連休初日にエントリーしている香住ジオパークフルマラソンの案内が届いていた。初めて走る大会なので目標タイム設定が難しいけど、コースマップを見たり、過去に走られた方のGPSログなどを見ると、獲得標高はだいたい500~600mぐらいになるみたい。であれば頑張ればキロ4でサブ50を狙う、というのもそれほど無理な設定だとは思わない。自分と走力が同じぐらいの知り合いの方もだ、いたいキロ4で走られていたみたい。ただ、当日の気温が20度を超えるようであれば、暑さに弱い自分としてはパフォーマンスがかなり下がってしまいそう。あと、今回は練習の一環として走るので、あまりテーパリングなど調整をしないで臨むつもり。なので2月頃のシーズン中ほどは良いパフォーマンスが発揮できないかもしれない。まぁそんなことよりも何よりも、一番気がかりなのは直前週の仕事がちゃんと片付いて休暇に入れるのかしらん?という部分なのだが。。来週から早め早めに動いていかねば。

 

晩ゴハンはパスタ。

| かっつん | 20:31 | comments(0) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode