Page: 1/655   >>
疲労が抜けない&体重増加


4月27日木曜日。昨日は坂道走を回避したので、その埋め合わせも兼ねて今朝は少し長めに走るつもりで早めに起床。眠いは眠いけどそこまでウダウダせずに起きられたのでそれなりに疲れはとれたかな?と思っていたのだが、走り出してみると相当にダルい。どうやら今週はダメな週っぽいと思いつつ、とりあえず距離だけはこなそうという意識で予定通り六アイ方面へ。気候的には申し分ないんだけど、何せ己のコンディションが悪いがために走っていても辛さや我慢の気持ちが先に立ってあんまり気持ち良くなれない。まーこういうときもあるよねと思うしかないのだが。。体調不良といえば今週はお腹の不調に悩まされることが多く、便秘だったりいきなりの腹痛に見舞われたり、なんか良くない感じ。その便秘気味なところも一因かと思うけど、だいたい59kg前後で推移していた体重も61圓泙覗加。基本的には好きなものを好きなだけ食べるという方針だけど、さすがにちょっとこれはダメなラインだろうと思うので少し節制しようかしらん。

 

DSC00554.jpg

DSC00558.JPG
というわけで今晩は炭水化物はやや控えめに、鶏もも肉を照り焼きにしてたんぱく質メインで摂取。

| かっつん | 21:02 | comments(0) | - | pookmark |
心臓より腎臓か


4月24日月曜日。朝練はお休みにして長めに寝る。昨日はそこまで詰め込み過ぎなかったので、ほぼグロッキー状態ないつもの週明けと比べればだいぶ余裕がある感じ。がしかし、朝から脇腹がシクシクと痛み、昼過ぎぐらいからだったと思うけど、左眼のほうに眼下痙攣の症状が・・・。すぐ治るだろうと思ってたけど、この後丸1日経っても治らず。。ストレスか疲労かその両方か。ただ向かいの席の人いわく、ストレスや疲労はそんな風に顕在化してるほうがまだマシで、知らず内側に溜まっていくほうが危険なんだとか。

 

帰宅して30分ほどローラー。トレーニングとしては中途半端だと思うけど、汗かくことで体調は良くなるのでその点で意味はあるのかと。

 

DSC00544.JPG

晩ごはんは塩糀と蜂蜜でマリネしていた鶏もも肉を焼いて、そら豆とサルシッチャのケークサレや高菜の炒め物なんかと合わせて食べた。あとベーグルも。適当&食べ過ぎ。

 

4月25日火曜日。仕事で気がかりな点があり、メンタル弱ネスな自分としてはただちにそれが睡眠に反映してとても浅い眠り。朝も5時前には目が覚めてしまい、アラームがなる時刻まであーでもないこーでもないとベッドの中で考えて悶々としていた。低調なメンタルに引きずられる形で身体もあまり調子が良くない感じだったけど、こういう時はとにかく走ってしまえば少しはマシになるのが経験的にわかっていたのでジョグへ。しかーし、昨日はオフみたいなもんだったのに脚が回復してなくて大腿部が重く、緩め意識のペースのわりに全然ラクに感じない。珍しくサングラスをかけ忘れていて世界が眩しい。こらキロ4:40秒台後半だなと思いつつ10卅って確認すると、ave.4:19/kmと飛ばし過ぎだった。眼下痙攣が治まらず、走ってる間だけは気にならなかったけど、、、と思いながらシャワーを浴びて、今週はベランダに洗濯物すら干せないので不便過ぎるわと思いながら朝ごはんを食べて仕事へ行って、帰ってきて晩ごはん。

 

DSC00546.JPG
あらためて何かを作る元気はなかったので、先日トマト煮の残りをリメイクする形で鯖カレー玄米ごはんっぽいものを作った。ゴハンの上に載っているのはグリルでローストした茄子を裂いたもの。

 

4月26日水曜日。昨日は晩ごはんを食べた後に強い眠気を感じ、早く寝なければと思いつつお弁当用の常備菜を作るなどしていると結局はいつもより遅いぐらいの時間になってしまった。今朝は坂道走をやるつもりで目覚ましをセットしてたけど、図らずも15分ほど二度寝してしまって慌てて起きた。睡眠不足感がまったく解消されておらず、まともに身体が動きそうになかったので坂道走はやめてジョグへ。昨日に引き続いて身体が重く、楽になりそうな気配もないままなんとかいつもの10劼鮠嘆宗Aりながら考えていたことの8割方は、今日の自分と奥さんのお弁当の中身と、晩ごはんは何にしよう?ということだった。

 

DSC00553.JPG
んで、結局帰りしにスーパーへ寄って手羽元と春キャベツなどを買い、STAUBさん頼みでスチーム煮にして食べた。

 

最後に表題の件。近頃わりと真剣に心配しているのが、このままの生活を続けていたら内臓系に遠からずなんらかの障害が出てくる

のではないか?ということ。マラソンやヒルクライムなど、それなりに身体へ負荷のかかるトレーニングをしていると、早朝からこんなに心拍上げたら心臓によくないなとか、人間の心臓の一生の拍動数は決まってるから、毎日ゼーハーするような高い負荷で追い込んでたら早死にするとかいう考えがあって、自分もある程度それは事実だろうなーと思ったりする。その一方で、最近思うことは、持久系競技を中心にしたライフスタイルだと、心臓よりも腎臓や肝臓などの内臓系への負担が危ないんじゃないかということ。マラソンを走った直後の血液検査だと、腎臓や肝機能系の項目に即入院レベルの数値が出るというのはよく言われていることで、加えて自分のようにトレーニング後にはプロテインや各種サプリメントを補給し、消費した分は食べないとということでしっかり食べて、寝る前にはまたサプリメントやらを摂取して〜というようなことをしていると、おそらく腎臓や肝臓がまともに休まる時間がなく、相当な負担がかかっているんじゃないだろうかと。今はまだ若いのでそれが具体の症状として出てないだけで、いずれも自覚症状の出難い器官ということもあって、将来的には重篤な疾患の原因になるんじゃないかと心配している。だからと言って走るのをやめるとかトレーニングをフィットネスレベルに落とすとかいうのは現実的ではないので、とりあえず就寝前のサプリメントの摂取を減らしていくというのが落としどころだろうか。。

| かっつん | 22:25 | comments(0) | - | pookmark |
ランニングとはまた全く違う負荷

DSC00473.JPG
4月22日土曜日。有り難いことに、この日はヒルクライムのお誘いをいただいており、実に8ヶ月ぶりに六甲山へ登ることになっていた。6時に目覚ましをかけるも少し脳が興奮していたのか、5時過ぎに目が覚めてしまっていた。ネジが緩んでガタガタになっていた左クリートを調整し直したりしつつ、着替えて6時過ぎに出発。ちょっと困ったのが、久しぶり過ぎて何を着ていったらいいのか見当がつかなかったこと。ランだと早朝でも半袖+ランパンで丁度いいぐらいの気候だけど、山上だと下界より5℃ぐらい気温が低くてそれなりに冷えるだろうからと、とりあえず半袖ジャージ+アームウォーマー(秋冬用)+ラファジレという格好でいくことに。下はサーマルビブ+ニーウォーマー。念のためRapahaのウィンドジャケットも背中に突っ込んでいった。6時半の待ち合わせを目指して弓木のローソンへ。久しぶり過ぎてなんかヘンな感じ。実走だとやはり、ローラーよりもハンドル位置が低く感じる。


今回お誘いいただいたのは、関西ヒルクラ界では知る人ぞ知る存在のれすとまんさん。ホビーのヒルクライマーの中ではトップレベルの速さを誇る方で、かつフラペ+スニーカーという特異なスタイルがインパクト大。以前、2,3回だけ山上でスライドしたり、拙blogにコメントをいただいたことこそあるものの、自分からすれば山の神さまみたいな人なので結構緊張しつつ、待ち合わせ場所へ到着。その直前に、給水ボトルを忘れたことに気がついた・・・。コンビニから出てきたU-sacさん(れすとまんさん)と挨拶。今日は本当にゆっくりとしか走れないのですいませんとお断りしつつ、高羽からお喋りクライムをスタート。意外と空気がヒンヤリしてるなーとか、そうだった、どれだけゆっくり登っても六甲山はキツいんだった、、、とか、久しぶりに感じる独特の負荷を思い出しながら、表六甲DWへ到着する頃には既に結構息が上がっていた。。自転車乗りの間ではありがちなポタポタ詐欺もなく、優しいU-sacさんはこちらのノロノロペースに付き合ってくれて、まだ人や車のほとんどいない朝の六甲山を2人してじっくりと登っていった。基本的に登る時は常に全力で!というU-sacさんのスタイル(とメンタル)はかねてより凄いなと思っていて、その辺りを伺ってみるも「どのみちしんどいならその時間が短いほうがいい」というなんともシンプルな理由。確かに単純で言うのは簡単だけど、実際にそれが出来るか出来ないかのココロの強さが、一流とそれ以外を分ける大きなポイントなんだよなーとあらためて思った。

 

山上は思っていたよりも寒く、ヒルクラでかいた汗はすぐに冷えてしまった。そのまま裏六甲を下り、おそらく1年ぶりぐらいになるだろうこのコースを上り返す。先ほどの表よりは少しだけ強度が上がって、先行するU-sacさんを追走する形。途中で気付いたけど、その先行ペースがなんとも絶妙。ハンドルミラーで確認してるんだろうけど、自分が千切れずになんとか付いて行こうと思えるギリギリのペーシングで走ってくれてるっぽい。なので、追いつきそうでいて追いつけない・・・近づいたと思ったらまたちょっと離れる・・・という感じで気づけばあと1kmを切っていた。で、ラスト300mを切ったあたりでU-sacさんが加速。この日初めて見たとんでもなスピードで一気にぶっ飛んでいった。頑張って少しでも食らいつこうとか考えることすらできないような異次元のスピード。。は、速ぇー、、、と呟くことしか出来なかった。そのまま西のほうへと下っていって、何気に出勤前クライムだったU-sacさんとは牧場前でお別れ。せっかくなので掬星台へ寄って帰ろうと、これまた久しぶりに奥摩耶ドライブウェイを下ったり上ったり。途中で軽いチェーン落ちがあったものの、今朝は走り屋さんたちもおらず、静かな朝の空気を噛みしめながら気持ち良く走った。この辺にきて逆に脚は回り始める感覚があって、実際にケイデンスもこの辺りが最も高かった。給水ボトル忘れちゃったので大丈夫かしらんと心配していたものの、結局は無補給無給水でも問題なく。安全運転を意識しながら下山して、無事帰宅。サイコン上は2時間ジャストのライドで、信号などその他の停止時間が加えて16分ほどだった。途中、心拍データに異常が出ていた区間がけっこうあったのも関係してるけど、これだけの時間トレーニングしたわりに消費カロリーはわずかに770kcal。ランだと90分ほどで900kcalほどいくので、その点からすると効率が悪いなとも思ったが、実際の消耗感からすると、単に計測機器や方法の違いによる差異で、実際はどちらも同じぐらいのカロリー消費なんじゃないかと思う。

 


30kmジョグした後より疲れてるな、、、と思いながら8時半に帰宅したところ、既にマンションの修繕工事が始まっており、壁をはつったりなんやで物凄い騒音。うちは最上階なので、屋上でその手の作業が同時並行的に行われているらしい今朝は本当にうるさくて、家の中にいても会話ができないぐらい。。これは、、、キツいわ・・・と思いながら朝ごパンにスコーンを食べた。とりあえずこのまま家におったら気が狂いそうだわと出掛ける算段をしていたら、10時頃になって騒音の発生源が移動した感じで、うるさいはうるさいけど我慢できるレベルに。なのでまぁ、気を取り直してお昼もおうちごはんで。

 


3日ほど塩とハーブでマリネしておいたマトンチョップを、80℃のオーブンで2時間ほどオイル煮にしてコンフィ風に。合わせてタコとセロリのトマト煮、イカのアヒージョ風を作って自家製カンパーニュを添えて昼から完全に飲むモードなメニュー。最近はこの時間が本当に楽しくて、幸せ。じゃあ休日はもうずっと飲んだり食べたりしてればいいんじゃね?とちらり思ったりすることもあるけど、トレーニングしてる時間はしんどかったり辛かったりするけれど、それがあってこそこの幸せな時間の密度が増すんだろうなという気はしている。たぶんダラダラと食って飲んでしてるだけだと絶対にこの満足感は得られない。ついでに言うと、お腹も空かないから食べ物がこんなに美味しく感じられることもないだろう。つまるところ、キツいしんどいと言いながらもトレーニングという余剰に打ち込むことが出来るだけ余裕のある日常を送ることができる有り難さをあらためて感じた、ということか。

 


奥さんは昼から美容室へ出掛けたので、例によって自分はお菓子を焼いたり晩ごはんを仕込んだり。朝のヒルクラは思っていた以上にダメージがあったようで、最近あまりなかったような事後疲労を感じる。夕方にちょっとだけローラーをしようかとバイクをセッティングし直して着替えて跨るところまでいったけど、これはカロリー消費意外にまったく意味のないトレーニングになりそうだと感じて中止。自分にしては賢明な判断。

 

晩ごはんは思いつきレシピ。さっと茹でてタヒニソースと和えた豚ロースを小松菜、新玉葱と合わせたエスニックな豚しゃぶ。今日は炭水化物を減らしてタンパク質を多めにしようと、メインのご飯やパンなどの代わりにファラフェルを揚げて合わせて食べた。

 

4月23日日曜日。ランでもバイクでも、山を走るのは独特の負荷がかかるようで、今朝は想像以上にそのダメージが残っている。もう少し横になっていたかったけど、とりあえず短い距離でもいいのでジョグしようと思って出走。いつもながらのなりゆきペースだったけど、イメージとしては走り終わった後のほうがラクになるような感覚で。昨日よりも空気がヒンヤリとしていて、久しぶりにネックウォーマーで顔を覆っていた。途中からはずっと、帰ってから食べるマフィンのセッティングをどうしようかしらんということを考えつつ。。キロ5でもいいやという感じだったけど、結果的には最近のジョグとほとんど同じave.4:22/kmで20.2辧A枋蠶未蝓∩り終わった後のほうが元気になっているような感じで整えることができた。

 

朝ごパンは米粉のバナナマフィン。白崎裕子さんのレシピで作るのは2回目だけど、これが本当に美味しい。ふわっふわで完熟バナナの甘さが香る。内側のふわふわとは対照的に、トップが少しカリっとした焼き上がりになるところもたまらん。めちゃくちゃ美味しかった♪んでもって今日こそはやり過ぎないように気をつけようと思っていたので、とりあえずパンを焼くのは自粛。というか、冷蔵庫も冷凍庫もストックしている食べ物でいっぱいになりつつあって、これ以上焼いても食べ切れないうちに傷んでしまう恐れがあったため。ただ、天然酵母作りだけは先週から続けていて、うまくいけば来週末には初の自家製天然酵母でのパン作りが楽しめそう。そのためにも今週はちょっと我慢だな。

 

お昼ごはんは珍しく中華。先日igで超おいしそうな麻婆豆腐のpicを見て、週末は絶対にこれを作る〜!と決めていたのでした。麻婆豆腐自体あんまり作ったことがないけど、今回は羊肉を使ったお初なレシピ。豆板醤、甜麺醤、豆鼓醤、オイスターソース、花椒なんかが入ったわりと本格的なレシピ。豆板醤は入れ過ぎると厳しそうだったので、大匙1ぐらいにしておいた。せっかく中華鍋があるのでパラパラの炒飯も作りたいと思いつつ、麻婆豆腐と同時並行でやろうとするとなんだかテンパってしまいそうだったので、炊飯器での炊き込み風レシピを採用。まだまだ詰めが甘いところはあるけど、それなりに本格的な味で美味しかった♪

 

DSC00478.jpg

DSC00526.jpg
この日は本当に珍しく、昼からはあまり詰め込み過ぎずに基本のんびりモード。日曜日は工事もお休みなのでとても静か。外はめちゃくちゃ良い天気なのでどっか出掛けたいような気もしたけど、基本的に我が家の空間が大好きなのでやっぱり今日も出掛けずに引きこもりちゃん。


夕方に少しだけローラーをしてお腹をすかせておく。

 

 

 

DSC00531.JPG
晩ごはんは最近お気に入りの鶏もも肉とキャベツのクミンスチーム煮。前2回は鳥肉やさんの骨付きもも肉でやったけど、今回はスーパーのそれで。結果、ホロホロさ加減は変わらずも、味のコクや深みは以前のものとは比べるべくもない、、、って感じ。やっぱり鶏肉専門店の肉ってすごいんやーと実感したのでした。作った。

| かっつん | 21:12 | comments(3) | - | pookmark |
食欲が・・・

食べても食べても満たされないこの感覚はこれまた病的(/ω\)

| かっつん | 21:23 | comments(0) | - | pookmark |
山神様に誘われて

今朝は8カ月ぶりに六甲山でヒルクライム。お誘いいただいたれすとまんさんに感謝!基本、僕のノロノロペースにお付き合いいただきましたが、裏六甲のラスト300mでチラリと垣間見えた加速っぷりはあれはもう自転車にエンジンついてるとしか思えない凄さでした。

| かっつん | 20:25 | comments(2) | - | pookmark |

Search

管理人運営の音楽サイト

Winterlight
ポストロックを中心に紹介。 轟音・サイケ・シューゲイザーからUK/USインディーまで この辺の音が好きな人は覗いてみてください



Entry

     

Category

Archives

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Profile

Comment

Trackback

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode